koramu_doraiya「ドライヤーは、髪を傷めると聞いたから」と洗髪後のドライヤーをためらっている方も多いのでないでしょうか?ふと気づくと「自然乾燥」という言葉も良く使われるようになったと感じます。

確かに、ドライヤーは高温の熱風を長時間、髪にあて続けるのはよくないですし、近づけすぎると頭皮や髪を傷める原因にもなります。
しかしドライヤーをせずに放置しておくのもよくはありません!

洗髪後濡れたままにしておくと水分が蒸発する時に、一緒に熱も奪われてしまいます。
そうすると、頭の温度が下がって、頭皮の血行が悪くなり、育毛によくありません。
髪は血液により送られてくる栄養をもらい成長するので、頭皮の血行が悪いと髪にとって良い環境ではありません。
また、濡れたままの髪を放置しておくことは、湯冷めや風邪を引き起こしますし、頭皮の菌繁殖の原因にもなります。(記載場所を移動)

だから、シャンプー後は乾いたタオルで十分に水気を拭きとってから、短時間で乾かすようにして下さい。
具体的には、ドライヤーを使います。髪を洗ったら、濡れたままで放置するのではなく、「高温」「長時間」「近づけすぎ」という3点に気をつけてドライヤーを使用して、ある程度、水分が取れた段階で手早く終えるようにして下さい。

しかし、育毛にもっと良いドライヤーの使い方があります。それは、上記3点の「高温」「長時間」「近づけすぎ」の真逆のドライヤーの使い方です。
その真逆とは、「高温=熱風」が通常のドライヤーですが、「温風」の力で髪と頭皮を確実に乾かします。
「長時間」する事がNGとされていたドライヤーを、時間をかけてしっかりと根元から毛先までしなやかな髪をキープします。
「近づけすぎ」は良くないと言われていたドライヤー。その理由は、熱風とドライヤーから放たれる電磁波が原因です。

つまり、髪の育毛に良い理想のドライヤーは、『温風』で肌に近づけても熱くなく、『電磁波』が出ていないドライヤーです。
このようなドライヤーもたくさん商品化されています。
使用方法やドライヤー選びを間違えないように、洗髪後はしっかりとドライヤーで髪と頭皮を乾かしましょう!


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
育毛・発毛アドバイス
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
アクセスランキング
頭皮の病気の種類と対策、頭皮湿疹の種類と症状と特徴1位
なぜ頭皮が硬くなるのか?ほとんどが日常的な生活習慣の中にあります。2位
髪の90%以上がケラチンというタンパク質で構成されています。ダイエットや偏食には注意!3位
「毛根が死んでいる」はウソ!毛根は死んでいません。細い産毛を製造し続けています!4位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは5位
ページトップへ戻る

発毛実績97.8% お試し発毛体験

男性はこちら 女性はこちら 今すぐ電話する 受付10時~18時