パーマをあてて、おしゃれなヘアスタイルを楽しみたいという方は多いです。

しかし、キツいパーマをしたり何度も繰り返しあてたりするとハゲるという話をよく聞きます。

せっかくおしゃれのつもりでも、ハゲると言われたら躊躇してしまうものです。

そこでこの記事では、パーマとハゲの因果関係をご紹介していきます。

併せて、パーマでハゲる原因や対策方法についても解説しますので最後までご覧ください。

パーマをあてるとハゲる原因とは?

パーマをあてるとハゲる原因

パーマをあてるとハゲるという話をよく耳にしますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、パーマをあてることによってハゲる可能性はあります。

絶対にハゲると断言できるわけではないですが、少なくともハゲる原因の一つにはなりうるでしょう。

そもそもパーマがどういったもので、髪の毛にどんな影響を与えるのかご存知ですか?

まずは、パーマの仕組みとその影響について知っていきましょう。

ハゲる原因といわれるパーマの仕組み

パーマは、主に「1液」「2液」という2種類のパーマ液を使用します。

1液は、毛髪内部の結合部分を切り離すために使用するパーマ液です。

そして2液によって、切り離した髪の毛を再結合させます。

事前にあてたい形にロッドを巻いておけば、再結合した際に理想のカールに仕上げるというわけです。

このようにパーマでは、毛髪内部の結合部分を切り離したり再結合させたりするので、当然ダメージが蓄積されます。

何度もパーマをあてれば、次第に髪の毛は細く弱くなっていくでしょう。

こういったことが原因で、パーマはハゲるといわれているのです。

パーマはキューティクルが剥がれる

パーマがハゲるといわれている理由としては、もう一つあります。

それは、パーマをあてることでキューティクルが剥がれるという点です。

キューティクルとは、いわゆる髪の毛のハリ・ツヤを守ってくれる存在をさします。

パーマ液を塗布することでキューティクルが剥がれて、髪の毛が細く弱くなることがあるのです。

それだけでなくパーマ液に含まれる毒性の成分が原因で、頭皮に炎症を引き起こすこともあります。

頭皮の環境が悪化すれば、当然ハゲる可能性を高めることに繋がるでしょう。

こうしたことが「パーマはハゲる」といわれている原因です。

パーマでハゲるのを防ぐ対策方法は?

パーマでハゲるのを防ぐ対策方法

パーマをあてることで、髪の毛や頭皮にダメージを与えます。

そのダメージに対して、何も対策を講じなければハゲる可能性も否めません。

では、パーマをあてたことが原因でハゲたように感じたり、髪の毛が細く感じたりしてきた場合の対策方法はあるのでしょうか。

ここからは、パーマでハゲるのを防ぐ対策方法についてご紹介します。

適切なヘアケア方法を行う

パーマによる髪の毛へのダメージを感じたら、適切な方法でヘアケアを行いましょう。

髪の毛の外部・内部によるダメージ補修を行えば、髪の毛を綺麗に見せられます。

ただし使用するヘアケアアイテムによっては、油分が含まれたものも多いです。

油分が多すぎると、かえって頭皮の毛穴詰まりを引き起こす原因にもなります。

頭皮環境が悪くなれば、ハゲる可能性を高めるので注意しましょう。

専門クリニックに相談する

「パーマが原因でハゲるのではないか」と不安に感じている方もいると思います。

実際にパーマをしてから髪の毛が細くなったように感じると、急に薄毛に対する恐怖心が増すでしょう。

明らかに髪の毛に元気がない、細くなったと感じている方は、一度専門クリニックに相談してみるのも一つの方法です。

スーパースカルプ発毛センターでも、一人ひとりの毛髪・頭皮の状態に合わせて、適切な対策・改善方法を提案いたします。

薄くなったと感じたら今後のパーマは控える

もし一度パーマをあてて、髪の毛に悪影響を感じたのであれば、今後パーマをあてることは控えるべきでしょう。

一度ならまだしも、何度も繰り返しあてることは当然髪の毛にも頭皮にも良くありません。

また、パーマでヘアスタイルにボリュームを持たせて薄毛をカバーする方もいますが、ダメージが蓄積されるのでやめましょう。

パーマをあてないほうがよい人の特徴

パーマをあてないほうがよい人の特徴

これから初めてパーマをあてるという方もいることでしょう。

しかし髪の毛や頭皮の状態によっては、パーマをあてないほうがよい場合もあります。

パーマをおすすめしない方の特徴について、以下にまとめました。

・洗髪した際などかなりの抜け毛が目立つ
・頻繁に頭皮に強い痒みを感じる
・すでに頭皮の炎症がひどい

上記のようなケースでは、髪の毛・頭皮の状態が良くないことが考えられます。

場合によっては、皮膚科などに相談したほうがよい可能性もあるでしょう。

ダメージの少ないパーマはある?

パーマと一言に言っても、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。

一般的には、以下のような種類があげられます。

・コールドパーマ
・クリープパーマ
・エアウェーブ
・ストレートパーマ
・縮毛矯正 etc…

この中でクリープパーマやエアウェーブは、比較的ダメージを抑えられるパーマです。

美容師さんに相談して、ダメージの少ないパーマを選択することも検討してみてはいかがでしょうか。

パーマでハゲる原因まとめ

発毛・薄毛の相談はスーパースカルプ発毛センターへ

今回は、パーマをあてるとハゲると言われている理由や原因についてご紹介しました。

パーマでハゲる原因としては、主に以下のようなものがあげられます。

・パーマ液によって髪の毛内部の結合部分を切り離すから
・キューティクルが剥がれ髪の毛が無防備状態になるから
・パーマ液の毒性などによって頭皮に炎症が起こるから

もしパーマが原因で髪の毛がダメージを負っても、ヘアケアすることでダメージ補修が行えます。

しかし自宅でのヘアケアでは、十分な対策にならない可能性もあるでしょう。

「パーマをあてたら髪の毛が細くなった気がする」
「ハゲるような気がして不安」

こういった方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

今の髪の毛・頭皮の状態をチェックして、一人ひとりにマッチした対策をご提案します。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは2位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介3位
ヨーグルトが髪に良い理由は?育毛・薄毛予防に効果的な食べ方を紹介4位
猫っ毛はハゲや薄毛になりやすい?猫っ毛がハゲる原因と改善方法は?5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験