発毛・育毛コラム一覧

  • 頭皮にも日焼けは禁物⁉薄毛やハゲとの関係は?日焼け予防で薄毛対策

    「日焼けが身体に悪いことは知っているけれど、頭皮の日焼けも髪の毛に悪いの?」 「頭皮を日焼けすると抜け毛が増えるって本当なの?」 日焼けは、腕や首などの部位はしっかり対策できていても、頭皮の日焼け対策は疎かになってしまいがちですよね。 紫外線による頭皮の日焼けは、そのままにしておくと乾燥やフケの症状が現れ、最悪の場合は抜け毛や薄毛になってしまう危険性があります。 当記事では、頭皮の日焼けによるトラブルを薄毛やはげとの関係性に触れながら解説していきます。 また、頭皮の日焼け対策やうっかり日焼けしてしまった時の対処法についてもご紹介しているため、頭皮の日焼けや予防法が気になる方は是非最後までご覧ください! 頭皮が日焼けするとどうなる?薄毛やはげとの関係性 頭皮が日焼けすることで、髪の毛や頭皮へのダメージはもちろんのこと、その後の髪の毛の成長にも影響を及ぼします。 ここでは、頭皮の日焼けによって起きてしまう症状を3つご紹介します。 頭皮の乾燥による薄毛や抜け毛 頭皮が日焼けをすると炎症を起こし、いわゆるやけどの状態になります。 頭皮がやけどを起こすと、頭皮の水分が無くなることで乾燥状態になり、赤みやかゆみの症状が出ることや、乾燥した頭皮がめくれてフケの原因にもなります。 また、やけどの症状が毛穴まで広がることで抜け毛の症状が出始め、度重なる日焼けのダメージ蓄積で頭皮環境が悪くなると薄毛の原因に繋がることもあるのです。 頭皮の乾燥は、すぐに抜け毛や薄毛の症状が現れるというわけではないですが、紫外線対策をせずにそのままにしておくと、最終的に髪の毛がはげることに繋がってしまいます。 白髪が増えやすくなる 紫外線を浴びることで、肌が日焼けして黒くなってしまうのはメラニン色素が肌を変色させているためですが、頭皮が日焼けをすると髪色の主成分であるメラニン色素が生成されなくなります。 メラニン色素が生成されなくなる理由としては、頭皮が紫外線を浴びることで活性酸素という物質が大量に生成され、メラニン色素を生成しているメラノサイトにダメージを与えるからです。 メラニン色素が生成できなくなると、生えてくる髪の毛が黒や茶色ではなく、色が付いていない白髪が生えてきます。 しかし、頭皮の日焼けが原因で生えてくる白髪は、メラノサイトへのダメージの積み重ねで徐々に生えてくるため、紫外線対策をすることで白髪を予防することができます。 ヘアカラーの色落ちが激しくなる ヘアカラーは、髪のキューティクルの中に染料を浸透させることで色を付けているという仕組みなのですが、日焼けをすることで染料を閉じ込めているキューティクルが再び開いてしまい、ヘアカラーの色素が外に出て色落ちしやすくなってしまいます。 色が早く落ちてしまうと染めるペースも早くなり、毎月ヘアカラーをしているという方もいらっしゃるかと思いますが、髪の毛に休みの期間を設けずにヘアカラーをしてしまうことで頭皮やキューティクルへのダメージが蓄積されていき、最終的には薄毛や抜け毛・はげの原因にもなりかねません。 ヘアカラーを長持ちさせ、健康な頭皮状態を保つためにも髪の毛や頭皮の日焼け対策は重要です。 頭皮の日焼けを防ぐ対策法 頭皮が日焼けしていると抜け毛や薄毛に繋がってしまうなど、頭皮環境を悪化させてしまう原因の1つですが、紫外線を防ぐ対策法を講じることで頭皮にダメージを与えずに健康な状態を保つことができます。 ここでは、すぐに実践できる簡単な対策法を2つご紹介します。 帽子や日傘で紫外線を避ける 頭皮の日焼けは、紫外線が頭皮に直接当たることで起きてしまうため、帽子や日傘で紫外線をカットすると頭皮の日焼けを防ぐことができます。 日焼け予防に効果的な帽子はいくつか種類がありますが、UVカット率が99%以上の帽子をおすすめします。 帽子は被るだけで紫外線をカットしてくれますが、長時間装着していることで頭皮が蒸れて雑菌が繁殖してしまうため、室内時は外すなど頭皮環境への配慮も大切です。 日傘は女性のイメージが強いですが、最近では男性でも使いやすいユニセックスデザインの日傘も販売されています。 帽子と日傘を併用して、さらに強力な紫外線カットで頭皮の日焼けを予防しましょう。 頭皮用の日焼け止めを使う 日焼け止めと聞くと、「腕や足に塗って日焼けを予防するアイテム」というイメージがありますが、頭皮専用の日焼け止めも存在します。 頭皮用の日焼け止めは、ミストタイプのものからクリームタイプのもの、頭皮を含めた全身に使えるタイプの日焼け止めまで様々あるため、目的や好みに合わせて頭皮用の日焼け止めを1つは常備しておくことをおすすめします。 うっかり頭皮を日焼けしてしまった時の対処法は? 頭皮は、海やプールへ行く際やちょっと外出する際など、日焼け対策を忘れてしまいがちな部位です しかし、頭皮の日焼けはすぐに影響が出るものではないため、応急措置を施すことで頭皮へのダメージを最小限に抑えることが可能です。 冷たいタオルで頭皮をクールダウンする 上述の通り、頭皮が日焼けをするとやけどの状態になりますが、このやけどしている状態を長続きさせないことが頭皮を日焼けしてしまった時の対処法の1つです。 頭皮のやけどには、冷たいタオル等を頭皮に当てて温度を下げてあげることで、やけどの症状が収まります。 冷たいものなら何を当てても良いわけではなく、凍った保冷材や氷を直接頭皮に当てる行為は頭皮や髪に良くないためNGです。 頭皮がやけどしているときはいつも以上に敏感なため、極力刺激を与えないように冷たいタオルでゆっくり炎症を抑えていくことが大切です。 頭皮を保湿して乾燥をさせない 頭皮の日焼けは、いつも頭皮に潤いを与えていた水分が失われている状態のため、非常に乾燥しています。 頭皮の乾燥をそのままにしておくと、赤みやフケの原因になるため、早急に保湿をしてあげることが大切です。 頭皮の保湿は、化粧水を使用して行います。 基本的には、使用する化粧水は顔用のもので問題ないですが、敏感肌の方やより頭皮に効果的な保湿をしたいという方は、頭皮用の化粧水を別途用意しましょう。 頭皮への保湿は濡れている状態ではなく、お風呂後のドライヤーで髪を乾かし終わった清潔な状態で使用をすることが最も効果的です。 下記の記事では、頭皮に使える正しい化粧水の選び方や化粧水の使い方について紹介しています。頭皮の保湿について知りたい方は合わせてご覧ください。 https://super-scalp.com/column/7643 頭皮にも日焼けは禁物⁉薄毛やハゲとの関係は?まとめ 頭皮の日焼けは、帽子や日傘といった物理的に紫外線をカットする方法から頭皮用の日焼け止めを使って予防する方法など、手軽に実践できる対策法で大幅に日焼けのリスクを下げることができます。 上記でお伝えした頭皮の日焼け対策を実践しても改善されない方や、過去の日焼けで抜け毛・薄毛が目立つ方は、スーパースカルプ発毛センターの最先端発毛療法を利用することをおすすめします。 スーパースカルプ発毛センターでは、98.7%の発毛実績をもとにお客様1人ひとりの頭皮環境やホルモンバランス等を分析して、お客様の状態に最適な発毛プランをご提案するだけではなく、睡眠や食事等の生活習慣のアドバイスもさせていただいております。 また、全国に80店舗以上のお店を構えているため、抜け毛や薄毛の症状はもちろん、髪の毛に関する不安や疑問等があれば遠慮なくお近くの店舗にご相談ください。

  • 更年期に薄毛になりやすい人の特徴とは?薄毛を予防する対策法もご紹介

    「更年期に薄毛になりやすいって本当?」 更年期とは閉経を挟んだ前後10年間を指しており、一般的には40~50代の女性に現れます。 更年期は女性なら誰しもが経験する時期であり、更年期は髪の毛だけではなく身体的・精神的に様々な変化がみられる時期です。 更年期に起こる症状は主に下記の症状が挙げられます。 イライラ 身体のだるさ 頭痛 不眠 抜け毛や薄毛 息切れ 当記事では、「なぜ更年期に薄毛や抜け毛の症状がみられるのか?」というトピックを取り上げ、更年期に薄毛になりやすい人の特徴や更年期に薄毛にならないための対策法について解説していきます。 なぜ更年期は薄毛になりやすい? 女性は更年期に入ると女性ホルモンの分泌が低下するため、自律神経が乱れて身体の至る所に変化が見られます。 髪の毛に関しても、女性ホルモンのエストロゲンが減少することでヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長が遅くなることや髪の毛が細くなることが薄毛になりやすい原因として挙げられているのです。 また、肌の新陳代謝が低くなることで頭皮の生まれ変わりに時間がかかり、乾燥やダメージを修復する回復力が下がることも理由として挙げられます。 さらに、過去にブリーチやパーマを立て続けに行ったことによる髪へのダメージや不規則な生活習慣も薄毛になりやすい原因とされています。 しかし、女性の薄毛や抜け毛の症状は男性とは異なり、遺伝の影響は受けにくいと言われているため、しっかり対策することで薄毛や抜け毛を予防することが可能です。 更年期に薄毛になりやすい人の特徴 更年期に薄毛になりやすい人は、更年期になる前の食事や生活習慣が影響していると言われていますが、更年期での身体的・精神的な症状は人それぞれのため、食事や生活が不規則な人でも全く薄毛にならないという場合もあります。 以下の中で当てはまる項目が多い方は、更年期で薄毛になりやすいといわれているため注意や対策が必要です 喫煙者 全く運動をしていない 不規則な生活習慣 睡眠時間が少ない 日頃の食事バランスが良くない 髪を染める時は美容院ではなく市販のカラー剤で染めている ブリーチを何度も繰り返したことがある パーマを繰り返しかけたことがある 更年期に薄毛になりたくないという人は、ブリーチやパーマは控えて頭皮を休ませる期間をしっかり設けることや食生活を見直して適度な運動を取り入れることで、薄毛の予防になります。 喫煙も更年期の薄毛に影響しているため、禁煙をすることで薄毛へのリスクを下げることができます。 更年期に薄毛にならないための対策 更年期に訪れる女性の薄毛の症状は、男性とは異なり遺伝の影響を受けにくいため、しっかり対策をすることで更年期でも元気で美しい髪の毛を維持することができます。 当記事では、更年期の薄毛を防ぐ具体的な対策方法を3つご紹介していきます。 規則正しい生活習慣にする タンパク質中心の食事にする 女性用の育毛剤を付けて頭皮マッサージを行う 簡単に実践できる対策を厳選してご紹介しているため、薄毛や抜け毛が不安な人は是非参考にしてみてください。 規則正しい生活習慣にする 1つ目は、規則正しい生活習慣に変えるという対策法です。 更年期は女性ホルモンの減少による自律神経の乱れが原因で薄毛やイライラ、頭痛や不眠といった症状が見られます。 さらに、更年期は身体が重く、何をするにしてもストレスになってしまいますが、そんな時こそ朝起きてすぐの軽いウォーキングやしっかりとまとまった睡眠時間を取る等、規則正しい生活習慣に整えることが大切です。 生活習慣を変えることで薄毛の予防だけではなく、不眠等の予防にもなるため、更年期の症状を全体的に予防することにも繋がります。 運動が苦手という人は、最初は軽いウォーキングやお風呂後のストレッチから始めてみるだけでも心身共に変化が表れてくるため、少しづつ継続することが大事です。 タンパク質中心の食事にする 2つ目は、薄毛対策として最も効果的と言われているタンパク質中心の食事に変更するというものです。 髪の毛は主成分の8割がタンパク質を構成するアミノ酸で構成されており、健康的な髪の毛を維持するためには、女性の場合は最低でも1日当たり50gのタンパク質を摂取する必要があります。 食事は「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の3つで構成されていますが、一般的にタンパク質の摂取量が不足している人が多く、炭水化物と脂質中心の食事は髪の毛をはじめとする身体全体に悪い影響を与えてしまいます。 最近では、コンビニでもサラダチキンやプロテインバーといったタンパク質を中心とした食品も多いため、手軽に摂取できる環境が整っています。 タンパク質だけを摂取することは身体に良くないため、炭水化物と脂質も取りすぎないように上手く摂取していくことが髪の毛にも良い健康的な食事といえるでしょう。 中でもおすすめのタンパク質食材は大豆食品です。 大豆には女性ホルモンと同じ作用を持つ大豆イソフラボンという成分が含まれており、体内でエストロゲンと同じように働いてくれるため、大豆食品を意識的に摂取するように心がけるだけで、更年期の薄毛対策になります。 スーパーなどでよく見る豆腐や納豆のような大豆食品にも大豆イソフラボンが含まれていますが、大豆イソフラボンは1日の上限摂取量が70mg程度と言われているため、豆腐1丁や豆乳コップ1杯程度を継続して摂取し続けていくことをおすすめします。 女性用の育毛剤を付けて頭皮マッサージを行う 3つ目は、育毛剤を使用した頭皮マッサージです。 更年期の頭皮は乾燥や血行が悪くなるため、頭皮マッサージで血行を良くして頭皮を柔らかくしてあげることが大切です。 また、女性用の育毛剤を頭皮に付けてあげることで育毛環境が整うだけではなく、保湿効果も期待できます。 ほかにも育毛効果のある薬を利用して予防・対策をするという方法もありますが、薬の副作用に抵抗があるという方は薬不使用のスーパースカルプ発毛センターへ1度お越しください! 更年期に薄毛になりやすい人の特徴は?まとめ 更年期に薄毛になりやすい人は、これまでの髪へのダメージの蓄積や不規則な食生活が関係しています。 女性は男性と異なり、薄毛や抜け毛が遺伝の影響を受けにくいため、早めの対策で更年期の薄毛を防ぐことが可能です。 大豆等のタンパク質中心の食事や生活習慣を整えることが薄毛対策として効果的ではありますが、それでも更年期の薄毛が不安な人はスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、更年期で薄毛にお困りのお客様から更年期関係なく薄毛が心配なお客様まで、現在の頭皮環境をお調べし、その結果をもとに1人ひとりの薄毛や抜け毛の原因を突き止めてお客様の頭皮に最適なケアを行います。 スーパースカルプ発毛センターは全国に80店舗以上展開しているため、少しでも頭皮環境や薄毛抜け毛が気になる人はお近くの店舗にお気軽にお問い合わせください。

  • エクステを付けるとはげるの?原因や対策法をご紹介!

    エクステは髪の長さや髪色を気軽に変えることができるため、特に女性から人気があります。 最近では男性もエクステを付けてヘアスタイルを楽しんでいるという方も増えており、男女関係なくおしゃれを楽しめるアイテムになっています。 しかし、エクステをこれから付けてみたいという方や既にエクステを付けて楽しんでいる方の中には、「エクステを付けたら将来はげないの?」と不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 当記事では 「エクステははげるのか?」 「エクステを付ける時の注意点やケア方法」 について解説していきます。エクステや薄毛抜け毛に興味がある方はぜひ最後までご覧ください。 エクステを付けるとはげるって本当? 結論からお伝えすると、エクステを付けることではげるような医学的な根拠はありません。 薄毛や抜け毛・ハゲで連想されるパーマやタバコは直接的にはげるリスクがありますが、エクステに関しては直接的にはげる可能性は低いとされています。 しかし、エクステを付けた場合は地毛に比べて頭皮への負担は少なからずあるため、付けている時のケアを怠ることや無理な扱いをしてしまうと抜け毛や薄毛の原因になることがあります。 エクステは「付けることではげる原因になる」というものではありませんが、付けている時のケアが非常に重要になってきます。 エクステを付ける時の注意点とケア方法 髪の毛にシールでくっ付けるタイプや編み込んでつけるタイプなど、エクステには様々なタイプがあり、エクステをつけているときにケアを怠ると抜け毛や薄毛に繋がりかねません。 エクステを清潔に保つことができるだけではなく綺麗な状態を長くキープすることもできるため、エクステを長期間楽しみたい!という方は特にケアが必要不可欠になってきます。 今回は4つの注意点やケア方法をご紹介していきます。 シャンプー時は優しく丁寧に洗う ごしごしと力を入れて洗ってしまうとエクステを引っ張りかねず、エクステが取れてしまうだけでなくエクステがついている毛ごと抜けてしまう可能性も考えられるため、エクステをつけているときは優しく丁寧にシャンプーをすることが大切です。 また、シャンプーは原液を直接頭皮に付けて洗うのではなく、泡立てネットやボディウォッシュボールでしっかり泡立ててから頭皮につけるように洗うと負担をさらに抑えることができます。 さらに、すすぎ残しがあると頭皮環境の悪化につながり、頭皮環境が悪化することで最終的には抜け毛や薄毛を引き起こすことがあるため、洗い流すときはエクステの接着面にシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流すことが重要です。 エクステ部分をしっかり乾かす エクステは接着面だけでなく毛も地毛より乾きずらく、いつものようにドライヤーを当ててもなかなか乾かないということもあると思います。 しっかり乾かさないと雑菌が発生して痒みや匂いの原因となり、素敵なエクステが苦痛なものになってしまうため、エクステをつけている時はいつも以上にドライヤーでしっかりと乾かすように心がけ、半乾きの状態を作らないことが大切です。 半乾きの状態になってしまうとエクステが取れやすくなるだけでなく、頭皮のカビやフケの原因となり、髪の毛に十分な栄養が行き届かない原因や育ちにくくなる原因にもなってしまいます。 地毛と絡まないようにこまめにブラッシングする 頭皮を引っ張る原因になり、頭皮や髪への負担が大きくなってしまいうと抜け毛やエクステがまとまらずにボサボサになってしまうため、こまめにブラッシングしましょう。 また、その際は根元を手でしっかりと持ち、毛先から少しずつ梳かしていくようにすると頭皮やエクステへの負担を抑えることができます。 エクステ毛に使うブラシは毛先が細かい馬毛やプラスチック製のものではなく、エクステへの負担が少ないシリコン製のやわらかいクッションブラシがおすすめです。 流さないトリートメントでしっかり保湿をする エクステを綺麗に長持ちさせるためにはしっかりトリートメントで保湿をしてあげることが大切です。 保湿をすることでエクステが長持ちするだけではなく、清潔な状態をキープできるため、フケや痒みといった症状も抑えることができます。 トリートメントにはいくつかの種類がありますが、お風呂の後に付ける洗い流さないトリートメントを使うことをおすすめします。 はげたくない方のためのエクステとの付き合い方 「はげたくないけれどエクステを付けてヘアスタイルを楽しみたい」とお考えの方は多いのではないでしょうか。 エクステと上手く付き合っていくことで、好きなヘアスタイルを長く綺麗に保つことができ、頭皮への負担も軽減できます。 はげる心配をせずにエクステと付き合っていくために重要な3つのポイントを下記でご紹介していきます。 エクステの種類にこだわる エクステは髪に接着する方法がいくつかあり、エクステの種類によって長持ちしやすいものから頭皮への負担が少ないもの、取り外しが簡単なものまで様々です。 シールエクステ 編み込みエクステ 超音波エクステ プルエクステ 初めてエクステを付けるという方は付け心地が軽く、なじみやすいシールエクステかプルエクステがおすすめです。 シールエクステもプルエクステも乾きやすく、4種類のエクステの中で1番扱いやすい種類になっています。 編み込みエクステは取れにくく、取り外しが簡単で個人でも簡単にオフすることができますが、編み込んでいるため非常に乾きにくく頭皮への負担も大きいです。 超音波エクステは髪の毛用のボンドを使用してエクステをつけていくため接着面が小さく、エクステをつけられる範囲が広いのが特徴ですが、オフする際は髪の毛に除光液をつけてペンチで潰すという工程を踏まないといけないため、個人ではオフできないのはもちろんのこと、髪の毛を傷める原因にもなりかねません。 取り外しはエクステを扱っている美容院でやってもらう エクステをつけるのにも高額な金額がかかりますが、オフをするときにも3,000円程度かかるため「オフするだけなら自分でやっちゃおう!」と思われる方も多いですが、シールやプル・超音波エクステなどは自分でオフしようとすると頭皮に大きなダメージを与えてしまうのでおすすめできません。 お金と手間はかかってしまいますが、しっかりと資格を持ったプロの美容師さんにエクステを外してもらうことがおすすめです。 エクステを長期間付けないようにする エクステは種類によっては1~2ヵ月保つことができ、ケア次第では長くて3か月ほど楽しむことができます。 しかし長期間エクステを付けることで、少なからず頭皮への負担は日々蓄積されていくため、頭皮を休ませてあげる期間を設けることが大切です。 具体的にはエクステをオフすると同時に新たに付けるのではなく、一定期間はエクステをつけずに頭皮を休ませるなどの対策をとることで、頭皮の負担を減らしながらその後のエクステも楽しむことができます。 エクステを付けるとはげるの?まとめ 今回はエクステを付けるとはげるの?というトピックについて解説してきました。 エクステは好きな髪色やヘアスタイルをすぐに作ることができるため、非常に高い人気があります。 しかしエクステはケア次第で抜け毛や薄毛の原因にもなり、最悪の場合はげることに繋がる可能性もあるため、エクステを付ける時は毎日のケアが大切になってきます。 エクステのケアや付き合い方を意識するだけで、清潔感を保ちながらエクステを楽しむことも可能です。 それでも将来抜け毛や薄毛になるのが不安という方は発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターに是非ご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは男女問わず1人ひとりに合った最適な発毛プランを提供しているほか、食生活や生活習慣のアドバイスもさせていただいております。 スーパースカルプ発毛センターは全国に80店舗以上展開しているため、髪の毛のことでお困りの方はぜひ近くの店舗へお越しください。

  • 白髪の人はハゲない?白髪と薄毛の関係性について解説します!

    「白髪になるかハゲるかどちらかだ」 と都市伝説的に噂になっている白髪と薄毛の関係ですが、この噂は本当なのでしょうか? この記事では白髪と薄毛それぞれの原因や予防法についてご紹介します。 薄毛や白髪など髪について悩まれている方は是非参考にしてみてください。 白髪の人はハゲないって本当? 「白髪の人はハゲない」という噂ですが、実際には白髪が多ければハゲないという噂には医学的な根拠はありません。 薄毛の人は白髪が目立たないこともあるため、イメージが先行して出来た噂に過ぎないようです。 そのため、若い時に白髪が多くても将来的に薄毛に悩まされることもありますし、その逆ももちろん起こり得ます。 また、白髪と薄毛の原因には様々な要因が考えられますが、共通している部分もいくつかあり、白髪が多いと薄毛になるリスクが高いとも考えられているようです。 白髪が増える原因 まずは白髪が増えてしまう原因についてご紹介します。 そもそも白髪とは、メラニンという色素が抜けてしまい白くなった髪の毛のことです。 メラニン色素はメラノサイトという細胞によって生成されますが、何らかの要因によってメラニンを作ることができなくなり、最終的に白髪になってしまいます。 白髪ができる原因はこのメラニンが関係しているため白髪は必ずしも年配の方や高齢者の方がなるものではなく、若い方でも白髪があったりしてもおかしくありません。 栄養不足 白髪の1つ目の要因として考えられるのは栄養不足です。 メラノサイトが正常に働くためには栄養が不可欠ですが、そもそも栄養が足りていなければメラニンを生成することが出来ません。 また、この時必要になる栄養素は解明されていないため、バランスの良い食事など偏りのない食生活が重要なポイントになります。 ストレスや睡眠不足 2つ目に原因として考えられるのは、ストレスや睡眠不足です。 ストレスが溜まっていると血行が悪くなり、メラノサイトに十分な栄養が供給されなくなるとメラニンが生成できず白髪になってしまうため、バランスの良い食事や適度な運動で血流を良くして全身の血行が良くなるように意識しましょう。 また、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が促されず、メラノサイトの働きが悪くなってしまうのです。 成長ホルモンの正常な分泌のために、6時間以上の睡眠時間の確保を心がけましょう。 紫外線 3つ目に原因として挙げられるのは、髪や頭皮に直接当たった紫外線です。 髪や頭皮が長時間紫外線に当たってしまうとダメージによって髪の内部のメラニン色素が破壊されてしまったり、頭皮の内側にある毛根の細胞が破壊されてしまうため、メラノサイトにもダメージが加わります。 そのため、頭皮にも日焼け止めをつけたり、帽子をかぶったり日傘を使うなどして直接紫外線が当たらないような工夫が必要です。 薄毛の原因 続いて薄毛の原因についてご紹介します。 最近抜け毛が増えたなと感じている方は、髪質の変化や細くて短い抜け毛が多くないかなど薄毛のセルフチェックを行ってみてください。 男性の3割が悩みを抱えていると言われている薄毛ですが、男性だけではなくもちろん女性にも起こります。 男女で原因は違う点もあるのですが基本的な要因は同じなため、まずは悩みの原因をしっかり把握しましょう。 男性ホルモンやホルモンバランスの乱れ まず考えられる原因は、男性ホルモンやホルモンバランスの乱れです。 男性の場合、通常は男性ホルモンが体毛を濃くしますが、頭皮内の酵素と出会うことにより悪性男性ホルモンというものに変質してしまい悪性男性ホルモンは髪の成長期を短くしてしまうため、髪が細く短くなり、抜けやすくなってしまいます。 また、女性の場合も同様に、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増えていることにより髪の毛の成長が妨害され、薄毛になっているのです。 頭皮の血液循環 2つ目は頭皮の血液循環です。 髪の毛は血液が運搬している栄養素や酵素を元に作られているため、血行不良が起こると髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなり薄毛の原因になります。 長時間のデスクワークやPC・スマホ操作により血液の循環は悪くなってしまうため、適度に体を動かし血流を良くしていきましょう。 生活習慣の乱れ 最後に食生活や不規則な生活リズムなどの生活習慣の乱れが原因として挙げられます。 食事に関しては、量が少ないことはもちろん、高脂質・高カロリーな食事が多いことも原因になります。 また、睡眠不足も成長ホルモンの分泌を妨げてしまうため、薄毛の原因です。 過度な飲酒や喫煙なども髪の毛の成長の妨げになるため、気を付ける必要があります。 白髪も薄毛も予防するには? 白髪や薄毛の原因をご紹介しましたが、いくつか共通点もありますよね。 髪の毛には十分な栄養が必要なため、それが不足してしまうと白髪や薄毛につながってしまうようです。 そこでここからは、白髪も薄毛も予防するために必要な対策についてご紹介します。 生活習慣を整える まずは生活習慣を整えましょう。 食事面では髪の主成分であるタンパク質を意識しながら、バランスの良い食事を摂ることが大切です。 また、外食が多く栄養バランスを整えるのが難しい方は、ビタミンや亜鉛など栄養素はサプリなどを活用するのもおすすめです。 睡眠については、まとまった睡眠時間を確保し、毎日同じ時間に眠れるように意識しましょう。 休みの前日に夜更かしをし、翌日は昼までダラダラと過ごしてしまう方も多いかもしれませんが、毎日規則正しい生活リズムを意識することが大切です。 ストレスの発散 また、ストレスの発散方法を確立しておくことも大切です。 お休みの日は思いっきり休暇を満喫したり、適度な運動を習慣にするなど、自分なりにストレスを軽減できる方法を知っておきましょう。 気心の知れた友人と過ごし相談をしたり、趣味に没頭したりと、普段頑張りすぎている自分をゆっくりリラックスさせる時間を作るとストレスも発散できそうです。 白髪の人はハゲない?まとめ 白髪や薄毛の原因、そして予防法についてご紹介しました。 白髪の人はハゲないという噂に惑わされず、薄毛も白髪も予防できるように規則正しい生活やストレス解消を上手く取り入れてみてください。 薄毛やハゲの原因は人それぞれです。1人ひとりの薄毛・ハゲの根本となっている原因を突き止め、その原因から取り除いていくことで薄毛やハゲの対策が可能になります。 その他にも髪のべたつきや頭皮のお悩みなど、ご自身での解決はなかなか難しいお悩みはぜひお気軽にスーパースカルプ発毛センターにご相談下さい。

  • 頭皮が臭い!?その原因と対策方法をご紹介します!

    頭皮の臭いが気になって思考錯誤しているのに臭いが改善しない場合は、間違った対策をしている可能性があります。 頭皮の臭いは健康状態のバロメーターであり、頭皮の状態が悪化していることを教えてくれているため頭皮が臭うという方はケア方法の見直しや対策が必要です。 今回は、頭皮の臭いの原因とセルフチェックの仕方、そして頭皮の臭いの対策方法についてご紹介していきます。頭皮の臭いが気になる方は参考にしてください。 頭皮が臭くなる原因は? 頭皮の臭いを気にして毎日きちんとシャンプーをし、様々なケア商品を試したり思考錯誤したりしているにも関わらず頭皮の臭いが消えずに悩んでいるという方は多くいらっしゃいます。 頭皮が臭くなる主な原因は、 ・皮脂と汗 ・加齢臭 ・間違ったシャンプー/ヘアケアの仕方 の3つです。 頭皮の臭いを改善するには、原因を把握して対策することが大切です。 まずは、3つの原因を細かくみていきましょう。 臭い原因①頭皮から出る皮脂と汗 頭皮には皮脂を分泌する皮脂腺が身体の中で1番多くあり、汗を分泌する外分泌腺である汗腺は身体の中で3番目に多いといわれています。さらに頭皮は皮脂や汗の分泌量が多い状況に加えて髪の毛に覆われて高温多湿になっているため、雑菌が繁殖しやすい環境なのです。 本来、皮脂や汗は頭皮を乾燥から守る役目があり、必要な分だけ分泌する働きがありますが体調やホルモンバランスの変化によって分泌量や成分が変化します。 分泌量が過剰になると雑菌が繁殖して頭皮の臭いの原因になるため日頃から注意したい点の1つです。 臭い原因②頭皮から出る加齢臭 加齢臭とは、40代以降の男女に見られる古い油や枯草のような臭いの体臭のことです。 40代以降になると皮脂の中にある脂肪酸のパルミトオレイン酸の分泌が増加し、空気中の酸素によって酸化します。酸化したパルミトオレイン酸はノネナールという成分に変化して加齢臭の原因となります。 頭皮から出る皮脂の量は身体の中で1番多く、ノネナールが大量発生している可能性が高いため年を重ねるにつれて頭皮の臭いが気になる場合は加齢臭を疑ってよいでしょう。 臭い原因③間違ったシャンプーの仕方 頭皮の臭いが気になって1日に何度もシャンプーしたり、洗浄力も強いシャンプーを使ったりしていませんか? 頭皮の皮脂には頭皮の乾燥を防ぎ、潤いを与えるという役目があります。 洗浄力の強いシャンプーを使ったり、1日何度も洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮に足りない潤いを与えようと皮脂が過剰に分泌されます。 このように皮脂が必要以上に分泌されると、雑菌が繁殖したりノネナールが発生してしまうため、頻繁なシャンプーは逆効果です。 頭皮についた皮脂や汗・整髪料がきちんと洗い流せていない場合にも臭いの原因になるため、洗いすぎにも注意が必要ですが洗えていないのも良くありません。 頭皮の臭いをセルフチェックしよう 自分では気づきにくい頭皮の臭いですが、もしかしたら知らないうちに周りの人に臭いで迷惑をかけているかもしれません。 まずは、頭皮の臭いをセルフチェックしましょう。 ①頭皮を指で触ってチェック チェックを始める前に、ぬるま湯で手を洗って手についている汚れや臭いを落としましょう。 手が清潔な状態になったら指の腹を ・頭頂部・後頭部・側頭部・生え際の順に押し付け、指の腹の臭いを確認してください。 このセルフチェックは頭皮の臭いが強くなる夜に、さらに入浴前にチェックするのがおすすめです。 ②枕や帽子をチェック 髪の毛や頭皮に触れているものには臭いが移っているため、ずっとかぶっていた帽子の臭いや朝起きてすぐの枕の臭いを確認しましょう。 毎日使っている枕が臭くて頭皮の臭いに気が付いたという方も少なくありません。 ③ドライヤーでチェック 髪の毛が乾いた状態で、ドライヤーの風を温風モードにして後頭部に当てましょう。 ドライヤーの風が顔に向かってくるようにすると臭いを感じやすくなります。また、この方法も入浴前に行うのがおすすめです。 頭皮の臭い対策4選 頭皮の臭いは、ご自身の健康状態や頭皮ケアを見直す必要があるというメッセージです。 ここでは頭皮の臭いを改善する対策を4つご紹介します。頭皮の臭いが気になっているという方は是非参考にしてください。 頭皮の臭い対策①シャンプーの仕方を見直す 頭皮や髪についた汚れを落とすためのシャンプーですが、間違ったやり方だと汚れが残り臭いの原因になるため正しいシャンプーの方法を紹介します。今日シャンプーをする時から取り入れましょう。 ①髪の毛を濡らす前に頭皮全体をブラッシングして、頭皮についた汚れを浮かす ②ぬるま湯で髪の毛と頭皮をしっかり濡らして、お湯で落ちる汚れを落とす ③シャンプーを手のひらと指を使ってしっかりと泡立ててから、後頭部・耳の上と後ろ・生え際・首筋につける ④指の腹を使って、頭皮や髪の毛の根本をマッサージするようにまんべんなく、洗い残しがないように洗う ⑤指の腹を使って、頭皮についたシャンプーをしっかりと洗い流し、髪の毛は指を通しながら洗う ⑥洗い終わったら、タオルで水気をふき取り、ドライヤーで髪の毛の根元から髪を乾かす シャンプーをするときや洗い流すときは指の腹を使うようにし、洗い流すときはすすぎ流しのないように時間をかけて洗い流すようにしましょう。 また、シャンプー後にドライヤーをする際に半乾きの状態で放置してしまうとにおいの原因になってしまうため、しっかりと乾かすようにしてください。 頭皮の臭い対策②食事と睡眠を見直す 頭皮の臭いは健康のバロメーターといっても過言ではなく、食生活の乱れや睡眠不足が頭皮の臭いの原因にもなります。 肉やチーズなどの動物性たんぱく質や脂質、スナック菓子など糖分の多い食べ物を食べ続けると臭いの原因である皮脂の分泌が増えますが、動物性たんぱく質や脂質・糖分は身体を作る栄養源のため、排除するのではなく野菜や果物と一緒にバランスよく食べましょう。 睡眠も健康的な頭皮を保つためには欠かせません。 睡眠不足が続くと睡眠中に分泌される成長ホルモンが減少して頭皮のダメージを修復できなくなってしまい、成長ホルモンが修復できないと成長ホルモンに代わって皮脂がダメージを修復しようと皮脂が過剰に分泌されて臭いの原因になるため、頭皮の代謝を活性化し、良好な健康状態を保つためにも質の高い睡眠が大切です。 頭皮の臭い対策③頭皮環境を見直す 頭皮環境を見直すには、気を付けるポイントが2つあります。 ①髪の毛を濡れたまま放置しない ②紫外線のダメージから守る シャンプーの後に髪の毛を濡れたまま放置していると雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になるためシャンプーの後はタオルドライをし、ドライヤーの風を頭皮にあてて根元から乾かすようにしましょう。 汗や雨で髪の毛が濡れた時もタオルを使ってなるべく早く頭皮についた水分をふき取るようにすることが大切です。 また、頭皮は紫外線を1番浴びやすい場所ですが日焼け止めを塗っている方は非常に少ないです。 紫外線のダメージを受けた頭皮は、ダメージ修復しようとして皮脂の分泌が過剰になってしまうため、頭皮を紫外線のダメージから守るために帽子や日傘を使用しましょう。 頭皮の臭い対策④枕カバーを頻繁に洗う 寝ている時の頭皮からは汗や皮脂が出ていますが、それらはすべて枕カバーが吸収しています。 せっかくシャンプーで頭皮を綺麗にしても枕が汚れた状態ではその汚れが頭皮についてしまうため、頭皮の臭いを防ぐためにも枕カバーはできるだけ毎日洗濯するなどして清潔な状態を保つようにしましょう。 頭皮の臭いに悩んでいる方は発毛サロンに相談するのもおすすめ 頭皮の臭いを改善しようと思考錯誤したにもかかわらず、臭いが改善しない場合もあるのではないでしょうか? そのような場合は、1人で悩まずに頭皮ケアのプロであるスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、専用の機械で頭皮の健康状態や毛穴の汚れ具合をチェックして、頭皮環境悪化の原因を明白にします。1人ひとりの頭皮にあった施術を提供しているため、頭皮の臭いに悩んでいる方はお気軽にお近くの店舗までお問い合わせください。 頭皮の臭いの原因と対策方法のまとめ 頭皮の臭いの原因は、皮脂と汗・加齢臭と間違ったシャンプーの仕方です。 頭皮の臭いを改善するにはシャンプーの仕方や食生活・睡眠を見直す必要があり、頭皮環境を改善させるためにも髪を濡れたまま放置しないこと、そして紫外線から頭皮を守るようにしましょう。 自分では臭いを改善できない場合は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 頭皮の環境をチェックして気になる臭いの原因を調べ、改善するためのアドバイスをお伝えします。 頭皮の臭いや健康状態だけでなく抜け毛や将来の薄毛が気になる方は、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターまでご相談ください。

  • 髪の毛や頭皮がベタつく原因は?正しい洗い方や対処法をご紹介します

    だんだんと気温も上がってきて汗をかく季節になると、髪の毛や頭皮のベタつきが気になってきますよね。 毎日しっかりシャンプーをしてケアもしているはずなのに夕方になるとベタベタと油っぽく、前髪は額に張り付くなんてことも。 今回は髪の毛がベタついてしまう原因や、それを防ぐための対処法をご紹介します。 正しい髪の洗い方もお教えしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 髪の毛がベタつく原因 しっかりとシャンプーしたはずなのに髪がベタついていたり、ふとした瞬間に頭皮のベタつきが気になったりしませんか? ベタつきの原因には主に以下の4つが考えられるそうです。 過剰な皮脂 原因の1つとして挙げられるのは顔や頭皮から分泌される皮脂です。 頬っぺたなどの部分はしっかりと保湿できていても額は頬っぺたほど丁寧に保湿できていないという方が多く、お肌が乾燥肌の方は乾燥のあまり皮脂が余分に分泌されてしまうなど、額が脂っぽくなってしまいます。 また、元々の体質で皮脂の出やすい方や、10代〜20代前半にかけては皮脂の分泌が多い時期のためベタつきが気になることも多いかもしれません。 皮脂分泌が多いタイプであるにも関わらずしっとりタイプのヘアケアを使ってしまっていたり、体質に合わないケアが原因になっていることもあります。 乱れた生活習慣 生活習慣の乱れが頭皮の環境の悪化につながることがあり、頭皮環境が乱れると痒みやベタつき、臭いなどの頭皮トラブルの原因になります。 具体的には、偏った食生活や睡眠不足・ストレスや運動不足などに気をつけ、規則正しい生活を送ることを心がけることが大切です。 特に、油分を摂りすぎると皮脂の分泌量も増えると言われているため、体内の環境を整えることも重要なポイントです。 以下の記事は産後に起こる薄毛について説明した記事ですが、産後も食生活が乱れることが原因で薄毛になったりします。食生活と薄毛の関係性について説明しているため、こちららも併せてご覧ください! https://super-scalp.com/column/4981/ シャンプーの仕方 髪の毛のベタつきには洗髪の仕方が原因になることもあります。 シャンプーをする際に洗浄力の強すぎるシャンプーを使用してしまうと過剰な洗浄によって頭皮のうるおいを洗い流してしまうことがあるのです。 頭皮の潤いを洗い流してしまうと乾燥した頭皮を潤すために皮脂が余計に分泌されやすくなり、過剰な皮脂がベタつきの原因になります。 以下の記事ではシャンプーの適切な頻度と仕方などについて説明しているため、正しいシャンプーの回数や方法が気になるという方はご一読ください。 https://super-scalp.com/column/7727/ 正しい髪の洗い方 髪のベタつきの原因には髪の洗い方も関係していることが分かりましたね。 ここからはベタつきの改善のため、正しい髪の洗い方をご紹介します。 今まで毎日行ってきたシャンプーの方法をいきなり変えるのは慣れるまで大変かもしれませんが、この機会に髪の洗い方を見直してみませんか? ①ブラッシング いきなり髪の毛を濡らすのではなく、まず髪の毛が乾いた状態でしっかりと髪の毛全体をブラッシングしましょう。 目の荒いブラシで髪の毛全体をブラッシングすることで頭皮を優しく刺激することができるだけでなくほこりなどの髪の汚れをとり、髪の絡まりを解くことができます。 ②ぬるま湯で予洗い 次に38〜40℃のぬるま湯で予洗いをします。 シャンプーをする際、シャンプーを頭皮につけて洗い流すという行為が目的となってしまっている方が多いため、予洗いをせずに簡単に濡らしてから洗い始めてしまうという方も多いですが予洗いをするかしないかで頭皮環境に大きく影響してきます。 ぬるま湯を髪全体と頭皮にかけ、頭皮や髪についた汚れやスタイリング剤をしかっりと洗い流しましょう。 ③泡立てたシャンプーで洗う シャンプーをする際はシャンプーの液をそのまま頭皮につけて洗うという方が多いのですが、シャンプーを適量手に取ったら手のひらで空気と水を混ぜるようにしてしっかりと泡立ててから洗うようにしましょう。 先に泡立てておくことでシャンプー中の摩擦を防ぐことができます。 髪を洗う時もゴシゴシとこすって洗わず、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗い、すぐ時は頭皮にシャンプーが残らないようしっかりと時間をかけて洗い流しましょう。 ④なるべく早く乾かす お風呂から出たらなるべく早くドライヤーで髪を乾かします。 自然乾燥をしている方や暑い夏などはなかなかドライヤーをする気が起きないこともあるかもしれませんが、髪が濡れたままの状態で放置すると頭皮に湿気がこもり臭いの原因になったり、髪の毛が痛む原因にもなるため気をつけましょう。 ベタつく髪の対処法 正しい髪の洗い方をマスターしても効果がでるまでにはしばらく時間がかかりますし、汗をかいてしまった時や元々皮脂の分泌が多い方はどうしても髪のベタつきが気になってしまうこともありますよね。 ここでは、正しく髪を洗っているにも関わらず髪がベタついてしまった時の対処法をご紹介します。 対処法①生活習慣を整える まずは髪のベタつきの原因である乱れた生活習慣を整えることが大切です。 頭皮や髪のベタつきの原因は汗の水分ではなく汗に含まれるミネラルなのですが、このミネラルの量は生活習慣や体調によって増減します。 生活習慣が乱れていたり体調を崩している時はミネラルが多く含まれベタつきの原因になるため、規則正しい生活を心がけ健康的な生活をすることを心がけましょう。 対処法②ドライシャンプーを活用する 外出時などにベタつきが気になってしまう場合は、ドライシャンプーを活用するのも1つの方法です。 頭皮や髪に吹きかけてタオルで拭き取れば、髪のベタつきもリフレッシュできるため出先でのお直しに最適なアイテムです。 ベタつきが気になりやすい方や気温が高く汗をかきやすい日には、ドライシャンプーをカバンに忍ばせておきましょう。 対処法③フェイスパウダーなどを活用する 額に前髪が張り付くことにお悩みなら、ベースメイクに使用するフェイスパウダーを活用することができます。 汗腺の多いおでこの生え際部分にフェイスパウダーをつけておくことで、汗や皮脂をブロックし、前髪のベタつきを防ぐことができます。 皮脂が多いからと言って脂取りシートなどで皮脂を取り除いてしまうと乾燥が増し、余計に皮脂が分泌しようとしてしまうため、脂取りシートの使用は注意が必要です。 ベタつく髪の毛の対処法まとめ 髪や頭皮のベタつきの原因と正しい髪の洗い方、そしてベタついてしまった髪の対処法についてご紹介しました。 生活習慣や元々の体質など原因として考えられるものもいくつかあり、その対処法としても簡単に取り組めるものを取りあげました。 これまでベタつきに悩まされていた方もこの記事を参考に対策をしてみてください。

  • シャンプーのベスト頻度は?正しいシャンプーで健康な頭皮になる方法

    習慣で毎日シャンプーしている方が多くいらっしゃると思いますが、1日1シャンプーは適切な回数なのでしょうか? 人によって肌質が異なるように、頭皮と髪の毛の状態や質にも個人差があります。ここでは、頭皮の状態や季節の変化を考慮したシャンプーをする最適な頻度と正しいシャンプー方法をご説明します。 シャンプーの回数に悩んでいる方は、是非参考にしてください。 シャンプーの頻度は基本1日1回がおすすめ シャンプーをする目的は、髪の毛や頭皮についた汚れを落とすためですが、シャンプーをする適切な頻度は頭皮と髪の状態によって異なり、また季節の変化にも合わせる必要があります。 ここでは、頭皮の状態や季節の変化に合わせたシャンプーのベスト頻度について説明します。 基本は1日1回 1日の終わりには髪の毛に汚れがつき、頭皮からは皮脂と汗が出ているため、そのままにしておくと臭いや痒みの原因になります。 特に、頭皮の皮脂分泌が多い人や身体を動かして汗をかいた日はシャンプーでしっかりと汚れを洗い流してください。1日の汚れはその日のうちに落として、健康的な頭皮を維持しましょう。 頭皮環境の健康状態を保つためには、基本的には1日1シャンプーがおすすめです。毎日シャンプーすることで健やかな頭皮を保つことができ、髪の毛の成長を促せるでしょう。 乾燥肌&髪が細い人は2日に1回でOK 基本は1日1シャンプーですが、頭皮が乾燥している方や髪の毛が細い方は2日に1回で問題ありません。 シャンプーをすると頭皮の皮脂や汗を洗い流すことができますが、乾燥肌の方の場合はもともと皮脂が少ないため、毎日シャンプーすると乾燥やフケ・痒みの原因になります。 髪の毛が細い人は髪の毛が乾燥しやすく、パサつきやすいため、ご自身の髪の毛の状態を観察しつつシャンプーの間隔をあけたほうがよいでしょう。 シャンプーの回数は季節の変化に合わせよう 季節によって気温や湿度が異なるため、季節の変化に合わせてシャンプーの回数も変えましょう。 気温と湿度が高い夏は沢山汗をかいて頭皮の皮脂分泌も盛んになるため、1日1シャンプーがおすすめです。1日1シャンプーだと頭皮のべたつきが気になるという場合は、夜の入浴時にはシャンプーをして、日中はお湯のみで汗や皮脂を洗い流すことがおすすめです。 気温が低くて空気が乾燥している冬は、汗をかきにくく頭皮は乾燥しているため頭皮の状態に合わせて2日〜3日に1回シャンプーしましょう。 正しいシャンプー方法のポイント5つ 頭皮の健康を保つためには、シャンプーの頻度だけでなくシャンプーのやり方にも気を付けてください。毎日なんとなくしているシャンプーを見直すことが健康的な頭皮への近道です。 健やかな頭皮と髪の毛のためにも、これから紹介する正しいシャンプー方法を日々のシャンプーに取り入れましょう。 ポイント①シャンプー前にブラッシングする シャンプーをする前、髪の毛が乾いた状態で全体をブラッシングしましょう。 ブラッシングをすることで皮脂や汚れが浮き上がってくるため、少量のシャンプーで汚れが落ちやすくなります。 ポイント②ぬるま湯で髪や頭皮についた汚れを落とす 通常シャンプーをする際はシャンプー前に髪の毛を濡らしてからシャンプーを付けると思いますが、この時に38度から40度のぬるま湯を1~2分間、髪の毛と頭皮にしっかりとかけるようにしましょう。 この時、手のひらや指の腹を使ってすすぐように、たっぷりのぬるま湯を含ませると汚れの大半は落とせます。 シャンプーをする前にぬるま湯で汚れを落とすことが頭皮環境を良くするための秘訣の1つです。 ポイント③泡立ててから頭皮につける シャンプーをする際は、シャンプーの液をそのまま頭皮に付けて洗う方が多いと思いますが、シャンプーを手のひらに出したらしっかりと泡立ててから頭皮につけるようにしましょう。 シャンプーを直接頭皮に付けるとシャンプーが毛穴に詰まってしまい、シャワーで落とし切れない場合がありますが、泡立てることで汚れを落としやすくなります。 頭皮の毛穴が詰まってしまうと、薄毛や抜け毛の原因になるため薄毛や抜け毛にならないためにも気を付けたいポイントですね。 ポイント④丁寧に優しく汚れを落とす シャンプーを頭皮につけたら、指の腹を使って優しく丁寧に地肌をマッサージするように洗いましょう。頭皮をしっかりと洗うと髪の毛も洗うことができているため、髪の毛を必要以上にこすり合わせないよう注意してください。 また、爪を立てて洗うと頭皮に傷がついてトラブルのもとになるため気を付けましょう。 ポイント⑤洗い残しがないようにしっかり洗い流す シャンプーを洗い流すときは、洗い残しがないようにじっくりと時間をかけてください。シャンプーが頭皮に残ってしまうと毛穴つまりの原因となり、薄毛や抜け毛などほかのトラブルにつながるため、丁寧に洗い流しましょう。 シャンプーのしすぎは今すぐやめよう 頭皮のべたつきや臭いが気になるからと、1日に何度もシャンプーをしていませんか?しかしながら、頻繁なシャンプーは頭皮トラブルの原因になってしまうことがあります。 ここでは、シャンプーをしすぎるとどのようなトラブルが起こるのか説明します。 乾燥やダメージの原因になる シャンプーは頭皮の皮脂や汗・汚れを落とす役目がありますが、1日に何度もシャンプーをすると必要な皮脂も洗い流してしまうため、頭皮が乾燥してしまいます。 皮脂は頭皮を外的刺激から守るバリア機能があるため、ある程度の皮脂は健康的な頭皮には必要不可欠です。 頭皮が乾燥するとフケや痒み・抜け毛などのトラブルが起こりやすくなります。健康的な頭皮には適度な皮脂が必要なため、過剰なシャンプーは今すぐやめましょう。 皮脂が増える原因になる シャンプーのしすぎは頭皮に必要な皮脂を洗い流してしまうため、注意が必要です。 皮脂は頭皮に潤いを与えて紫外線や乾燥から頭皮を守る役目があるため、必要な皮脂まで洗い流してしまうと頭皮環境は悪化してダメージを受けやすくなります。 また、頭皮に皮脂が少なくなると頭皮を守るために必要以上の皮脂が分泌されるため、洗えば洗うほど皮脂が分泌されて今まで以上にべたつきが気になるという状態が起こります。 薄毛の原因になる シャンプーを1日に何度もしている人は朝もしくは昼、そして夜の入浴時にシャンプーをしているのではないでしょうか? 朝や昼はゆっくりシャワーを浴びる時間がない場合が多く、慌ててシャンプーをしている可能性があり、慌ててシャンプーをしていると無意識に力を入れて洗ってしまったり、シャンプーをしっかりと洗い流せていない、もしくは汚れが落ちていないということも考えられます。 このような洗い方では、頭皮に傷が付いたり毛穴に汚れが詰まるなど頭皮環境が悪化してしまいます。このような状態が続くと、抜け毛が増えて薄毛が進行する恐れがあるため注意が必要です。 頭皮ケアに悩んでいる方は発毛サロンに相談! 健康的な頭皮を保つためには、頭皮の状態や季節に合わせてシャンプーの頻度を変える必要がありますが、ご自身ではなかなか改善できない場合があります。 「シャンプーの回数や、やり方を見直したけれど頭皮環境が改善されない」 「かゆみやフケ、抜け毛が気になる」 「自分の頭皮に合うケアの方法を知りたい」 そんな時は、頭皮ケアのプロであるスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、1人ひとりの頭皮状態に合わせて施術を行い、セルフケアのアドバイスを行っています。 健康的な頭皮を保ち、健やかな髪を育てるためにも、ぜひスーパースカルプ発毛センターにお気軽にお問合せください。 シャンプーの頻度と正しいシャンプー方法のまとめ シャンプーのベストな頻度は1日1回ですが、ご自身の頭皮の状態をよく観察し、季節に合わせて回数を変えましょう。 頭皮の環境を改善するには、日々のシャンプーを見直すことが大切です。 しかし、ご自身ではなかなか頭皮環境が改善できない場合もあると思います。 そんな時は是非スーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 頭皮の状態をチェックして頭皮環境が悪化している根本原因を取り除き、正常なヘアサイクルへ戻すための施術を行い、セルフケアや日常生活でのアドバイスをいたします。

  • 頭皮ケアは保湿が大切!化粧水の正しい選び方と使い方について

    普段、肌が乾燥しないように化粧水などを使って保湿ケアをする場合が多いですが、実は頭皮も同じように保湿してあげることが大切なのをご存知でしょうか? 頭皮も顔と繋がっているため、何もしないままだと乾燥してしまい、痒みやフケといった頭皮トラブルを引き起こしかねません。 そこで今回は、頭皮の保湿ケアに欠かせない化粧水の正しい選び方や使い方についてご紹介していきます。 頭皮に化粧水が必要な理由とは? 健康的な髪の毛を維持するためには、ヘアケアだけでなく頭皮ケアも一緒に行うことが大切であり、頭皮ケアをする際にぜひ取り入れてほしいのが「化粧水」です。 化粧水と聞くとスキンケアに使うイメージがあると思いますが、頭皮も皮膚の一部ですので肌と同様に、乾燥しないように保湿してあげる必要があります。 では、頭皮に化粧水が必要な理由としては、どういったものが挙げられるのでしょうか? 理由①痒みやフケといった頭皮トラブルにつながるから 頭皮が乾燥しているということは、本来バリア機能の役割を果たしている皮脂が不足しているということであり、その結果外部からの刺激を受けやすくなって、頭皮がピリピリとした痒みを感じたりフケが発生しやすくなったりとさまざまな頭皮トラブルを引き起こしてしまいかねません。 また爪で掻くと頭皮が傷つき、その傷から雑菌が入ると炎症やデキモノを発生させる恐れがあるため、普段から化粧水で頭皮を保湿することが大切です。 理由②薄毛や抜け毛の原因になる場合があるから 上述したように、皮脂は外的刺激や雑菌から頭皮を守るバリア機能の役割を持っているため、乾燥して皮脂が不足すると外的刺激や雑菌の影響を受けて頭皮環境が悪化して抜け毛を引き起こし、その状態が続けば最終的に薄毛につながってしまう可能性もあります。 また頭皮の乾燥は、不規則な生活習慣などによって頭皮が血行不良を起こしていることが原因になるケースもあり、頭皮が血行不良を起こすと髪の毛の成長に欠かせない酸素や栄養が行き届きづらくなり、抜け毛を助長することにもなりかねないため、頭皮の保湿とともに生活習慣の改善も必要です。 理由③不足した油分を補うために皮脂が過剰分泌するから みなさんの中には、「頭皮が脂っぽかったりベタベタしている」という方もいるかもしれませんが、それは頭皮の乾燥が原因になっている可能性があります。 頭皮が乾燥すると、不足した油分を補うために皮脂が過剰分泌されてしまい、その皮脂によって毛穴詰まりを引き起こして頭皮トラブルにつながることも珍しくありません。 皮脂が過剰分泌しないようにするためには、化粧水などによって頭皮をに潤いを与え、保湿してあげることが大切です。 頭皮が乾燥するのは何が原因? 痒みやフケだけでなく抜け毛・薄毛を予防するためにも、化粧水を使って頭皮を保湿してあげることが大切なわけですが、そもそもなぜ頭皮が乾燥してしまうのでしょうか? ここからは、頭皮が乾燥する原因についてご紹介します。 原因を知ったうえで正しく保湿ケアを行なっていきましょう。 頭皮が乾燥する原因①洗浄力の高いシャンプーの使用 シャンプーによっては洗浄力の高い成分を含む製品があり、そういったシャンプーを使っていると必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥を引き起こしかねません。 また、それほど洗浄力が高くないシャンプーを使っていたとしても、頭皮に付着した汚れや雑菌などを落とすために何度もシャンプーをしていると頭皮の乾燥につながるため、特に乾燥しやすい方は保湿成分を含むシャンプーや、頭皮にやさしい洗浄成分が配合されたアミノ酸シャンプーを使うと良いでしょう。 頭皮が乾燥する原因②乾燥しやすい冬の時期 冬になると肌が乾燥してつっぱったり、粉を吹いたりすることがありますが、冬の時期は頭皮も同じように乾燥しやすいです。 こうした季節的な要因で乾燥を引き起こし、乾燥によって頭皮のターンオーバーが乱れてしまい、フケが増えたり痒みや炎症につながります。 乾燥しやすい冬の時期は、上記のような頭皮トラブルが起こりやすいので、特に頭皮の保湿ケアが大切です。 頭皮が乾燥する原因③紫外線によるダメージ 上述したように冬は乾燥しやすいため、「乾燥しやすい冬だけ保湿ケアをすればいいの?」と思うかもしれませんが、実は夏も保湿ケアは欠かせません。 夏は、一年の中で最も紫外線量が多くなる時期であるため、何も対策していないと紫外線によるダメージを受けて頭皮が乾燥してしまいます。 具体的には、紫外線量は4月頃から増え始め夏場にピークを迎えるため、春頃から紫外線対策をすることが大切です。 そして秋は、夏に蓄積された紫外線ダメージによって、乾燥や抜け毛といったトラブルを引き起こしやすいので、季節関係なく保湿ケアを行うことが必要となります。 頭皮の乾燥を防ぐ!正しい化粧水の選び方 頭皮の乾燥を防ぐためには化粧水を使って保湿するのが良いですが、化粧水にもさまざまな製品やタイプがあるため、どれを選べばいいか分からない方もいらっしゃいます。 そこでここからは、化粧水を選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。 実際に購入するときの参考にしてください。 化粧水の選び方①含有成分を確認する 化粧水を選ぶ際は、頭皮を保湿してくれるセラミドやヒアルロン酸Na・水溶性コラーゲンといった成分が配合されているものがおすすめです。 また、保湿成分だけでなく健康的な頭皮の維持に効果的なパンテノールや、アロエベラ液汁などの整肌成分が含まれているかもチェックしましょう。 他にも痒みやフケに悩んでいる場合は、抗炎症・抗菌作用があるグリチルリチン酸ジカリウムなどが配合された頭皮ケアローションも検討すると良いです。 一方でエタノールや香料・着色料などの添加物は、頭皮環境の悪化や乾燥を助長する可能性がある成分のため、できるだけ含まれない製品を選ぶことをおすすめします。 化粧水の選び方②テクスチャーやタイプで選ぶ 化粧水には、ざっくり分けると「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」があり、それぞれテクスチャーに違いがあります。 さっぱりタイプは、みずみずしくさらっとしたテクスチャーになっており、汗や皮脂が出やすい夏場や脂性肌・混合肌の方におすすめです。 しっとりタイプは、文字通りしっとりとしたまろやかなテクスチャーで、肌が乾燥しやすい方や冬の時期におすすめの化粧水となっています。 また化粧水には、スプレータイプ・ノズルタイプ・エアゾールタイプなど容器にも違いがあり、化粧水がミスト状に噴射されるスプレータイプやエアゾールタイプは、初心者にも扱いやすいタイプです。 毛量が多く、スプレータイプやエアゾールタイプだと髪の毛にも付いてしまいそうという方は、頭皮に直接塗布することができるノズルタイプが良いでしょう。 頭皮を保湿ケアしよう!正しい化粧水の使い方 自分の肌質や頭皮の悩みに合った化粧水を選んだら、次は実際に化粧水を頭皮に塗布していきますが、きちんと保湿するためにも正しく使わなければなりません。 では、保湿ケアをする際の化粧水の正しい使い方についてご紹介していきます。 化粧水の使い方①髪の毛をかき分けて頭皮に塗布する スプレータイプやエアゾールタイプの化粧水を使う場合は、そのままミストを噴射すると髪の毛に保湿成分が付いてしまい、頭皮にまで届けることができません。 そのため、化粧水を塗布したい箇所の髪の毛をかき分けて、頭皮に直接塗布するイメージで使うようにしましょう。 ノズルタイプに関しては、頭部の数カ所に化粧水を塗布して頭皮全体に行き渡るように指先を使って伸ばしていけばOKです。 化粧水の使い方②指の腹を使ってやさしくなじませる 化粧水のタイプに限らず、ただ頭皮に付けるだけでは保湿成分が十分に行き渡らないため、指の腹を使ってやさしくなじませましょう。 ガシガシと力を入れてしまうと、頭皮が傷ついて頭皮環境の悪化やトラブルに発展する可能性もあります。トラブルに発展しないためにも揉み込むようになじませていくと良いです。 また、化粧水によって使用頻度や1回あたりの量の目安が異なるため、パッケージなどに記載されている使い方をよく確認してから使用することをおすすめします。 頭皮の乾燥に悩んでいる方は発毛サロンに相談するのもおすすめ 頭皮の乾燥は、季節的な要因の他に使っているシャンプーが合わなかったり、シャンプーの仕方が良くなかったりすることも原因です。 また場合によっては、不規則な生活習慣や普段のヘアケア・頭皮ケアが不十分なことも原因になり得ます。 そのまま頭皮の乾燥を放置していると、頭皮環境が悪化して次第に抜け毛や薄毛につながる恐れもあるため、頭皮の乾燥に悩んでいる方はぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、1人ひとりの頭皮の状態に合わせた方法でケアを行うだけでなく、生活習慣やセルフケアのアドバイスも行っています。 頭皮環境の改善だけでなく、抜け毛・薄毛でお悩みの方もスーパースカルプ発毛センター独自の方法で解決へと導いていきます!頭皮環境や薄毛・抜け毛でお悩みの方はまずはお気軽にお近くの店舗までお問い合わせください。 頭皮の化粧水の正しい選び方と使い方まとめ 頭皮の乾燥を放置していると痒みやフケといった頭皮トラブルの他に、抜け毛や薄毛といった悩みに発展することもあります。頭皮の乾燥によるトラブルを避けるためにも、化粧水を使ってしっかりと保湿ケアを行いましょう。 頭皮が乾燥する主な原因としては、以下のようなものが挙げられます。 ①洗浄力の高いシャンプーの使用 ②乾燥しやすい冬の時期 ③紫外線によるダメージ 化粧水を選ぶ際は、保湿成分や整肌成分など化粧水に含まれている有効成分を確認することと、自分に合ったテクスチャーやタイプを選ぶことが大切です。 また化粧水を使うときは、頭皮にしっかりと付くように髪の毛をかき分けてから塗布し、そのあとは指の腹を使ってやさしくなじませましょう。 乾燥の原因が分からない方や、頭皮環境の悪化によって抜け毛や薄毛にお悩みの方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 頭皮にニキビができる原因とは?対策方法も併せてご紹介します

    シャンプーをしているとき、ふと頭皮にニキビができていることに気がついたという経験は、みなさんもあるのではないでしょうか? 頭皮にニキビができているということは、頭皮環境が悪化している可能性が考えられるので対策が必要です。 そこで今回は、頭皮にニキビができる原因と対策方法についてご紹介していきますので、頭皮ニキビが気になっている方はぜひ参考にしてみてください。 頭皮にニキビができる原因は一体なに? みなさんの中には、毎日ちゃんとシャンプーをしているにも関わらず頭皮にニキビができてしまったという方もいるのではないでしょうか? シャンプーをしていても頭皮ニキビができてしまう場合、使用しているシャンプーが肌に合っていないのかもしれません。 そこでまずは、頭皮にニキビができる原因についていくつかご紹介していきます。 頭皮ニキビの原因①ヘアケアアイテムが肌に合っていない シャンプーやトリートメントといったヘアケアアイテムは、さまざまなメーカーから販売されていますが、それぞれ含有成分が異なったり乾燥肌向け・脂性肌向けなどいろんなタイプがあるのをご存知でしょうか? シャンプーやトリートメントによって自分の肌との相性がありますので、合っていないものを使っていると頭皮にニキビができる原因になりかねません。 他にも油分を多く含むようなスタイリング剤を多用している場合、その成分が毛穴に詰まってニキビができるというケースもあります。 頭皮ニキビの原因②正しい方法でシャンプーができていない 自分の肌に合ったシャンプーやトリートメントを使っていたとしても、正しい方法で使用できていないと頭皮ニキビにつながる可能性があるため注意が必要です。 例えば、汚れを落とそうと力強くゴシゴシと洗うと頭皮が傷ついてしまい、傷ついた箇所に雑菌が付着すると炎症やニキビにつながります。 他にも皮脂を取り除くために数回にわたってシャンプーをすると、頭皮が乾燥してバリア機能が弱まったりかえって皮脂が過剰分泌され毛穴詰まりの原因になるので気をつけましょう。 頭皮ニキビの原因③栄養バランスが偏った食生活を送っている 動物性の脂質ばかりを多く取り入れてしまうと、ホルモンバランスや腸内フローラの乱れや皮脂が過剰分泌したりして頭皮ニキビができやすくなります。 他にも食品添加物が含まれているインスタント食品やジュース、甘いものをよく口にする場合も頭皮ニキビを引き起こす原因になりかねないので注意が必要です。 頭皮ニキビの原因④枕などの寝具が不衛生になっている 毎日使っている枕などの寝具は、眠っている間に汗や皮脂が付着して衛生状態が悪くなり、雑菌が繁殖しやすい環境になっている場合があります。 雑菌が繁殖している枕やシーツを使っていれば、その雑菌が頭皮に付着してニキビなどのトラブルに発展するケースも珍しくありません。 頭皮ニキビの原因⑤帽子などを被る機会が多い 普段から帽子を被る機会が多い場合や仕事でヘルメットを長時間装着する場合は、頭皮が蒸れることによって雑菌が繁殖しやすくなります。 その雑菌が原因でニキビが発生するケースもありますが、帽子やヘルメットによって頭皮が締め付けられるなど負担がかかることで、炎症が起こって毛穴詰まりを引き起こすケースもあるので注意しましょう。 頭皮にニキビができたときの対策方法とは? 頭皮ニキビの原因についてご紹介しましたが、頭皮ニキビができているということは頭皮環境が悪化している可能性が高いです。 そのため頭皮ニキビを発見したら、しっかりと対策して改善を目指していく必要があります。 では、頭皮にニキビができたときの対策方法としては、どのような方法があるのでしょうか? 頭皮ニキビの対策方法①使用しているヘアケアアイテムを見直す もし「最近シャンプーを買い替えてから頭皮にニキビができやすくなった気がする」といった心当たりがある場合は、使用しているヘアケアアイテムを見直してみましょう。 石油系界面活性剤や添加物といった成分が配合されているシャンプーは、洗浄力が高いものが多いですが頭皮への刺激が強く頭皮トラブルにつながる恐れがあります。 そのため敏感肌の方は低刺激なアミノ酸シャンプーを使ってみたり、乾燥肌の方は保湿成分配合のシャンプーを使ってみたりするとよいでしょう。 頭皮ニキビの対策方法②正しい方法でシャンプーを行う シャンプーをするとき、皮脂汚れを落とそうと力強くゴシゴシと洗ってしまう方もいるかもしれませんが、力を入れすぎると頭皮が傷ついてしまうのでよくありません。 まずはぬるま湯で髪の毛全体を濡らし、手のひらでシャンプーを泡立ててから揉み込むように洗っていきましょう。 また爪を立てるように洗うのではなく、指の腹を使ってやさしく洗ってあげることが大切です。 すすぎ残しがあると、シャンプーの成分が毛穴に詰まってニキビを引き起こす原因につながってしまうので、すすぎ残しがないようにしっかりと流しましょう。 頭皮ニキビの対策方法③栄養バランスの整った食生活を心がける 脂質や糖質を摂取し過ぎると皮脂が過剰分泌して頭皮がベタついて、頭皮ニキビができやすい環境を作ってしまうので過剰摂取には注意しなければなりません。 またほうれん草や豚レバーなどに豊富に含まれている「ビタミンB2」は、脂質代謝を活性化させ皮脂の分泌を正常化する効果がありますので、頭皮ニキビ予防には積極的に摂取したい栄養素です。 頭皮ニキビの対策方法④枕カバーなどをこまめに洗濯する 「最近、枕カバーを洗っていない」という場合は、1度洗濯して清潔な状態にしてあげましょう。 枕カバーだけでなくシーツなども雑菌が繁殖している可能性があるので、定期的に洗濯したり干したりすることをおすすめします。 頭皮ニキビの対策方法⑤帽子などをよく被る場合はムレ対策をする 普段から帽子やヘルメットをよく被る方は、頭皮の蒸れが原因で頭皮ニキビを発生させている可能性があるので、こまめに汗を拭いたり定期的に被っているものを取って頭皮が蒸れないように心がけましょう。 また帽子やヘルメットの内側は、汗や皮脂が付着して雑菌が繁殖しやすくなっていますので、定期的に洗ったり除菌スプレーなどで対策するのもおすすめです。 頭皮環境が悪くなると抜け毛につながる可能性があるので注意 頭皮ニキビができている場合、以下のように頭皮環境が悪くなっていることが考えられるので、何も対策しないままだと抜け毛につながる恐れもあります。 ・栄養が不足している ・毛穴詰まりを起こしている ・頭皮に雑菌が付着している ・頭皮が乾燥している ・頭皮の皮脂が過剰分泌している 頭皮ニキビは頭皮環境が悪化しているサインだと捉えて、先ほどご紹介した対策方法を実践して改善に努めましょう。 しかし具体的に何をしたらいいかわからなかったり、対策してみても改善されなかったりすることもあると思うので、そういった場合は、頭皮環境の改善や発毛ケアに長けた発毛サロンに相談してみるのがおすすめです。 正しくケアしたいなら発毛サロンに相談しよう 頭皮ニキビを改善するために自分なりにいろんな対策をしようと思っても、余計に悪化したら嫌だという方もいると思います。 そういった方は、頭皮環境改善のプロである発毛サロンなどに相談してみるとよいでしょう。 発毛サロンでは、最新機器や技術を用いて頭皮環境をチェックし、頭皮ニキビができている原因や頭皮環境が悪化している原因を調べてくれます。 そしてその状態に合わせて適切なケアやアドバイスをしてくれるので、正しい方向性で改善を目指していくことが可能です。 頭皮ニキビができる原因と対策方法まとめ 頭皮ニキビができる原因としては、主に以下のようなものが挙げられます。 ・ヘアケアアイテムが肌に合っていない ・正しい方法でシャンプーができていない ・栄養バランスが偏った食生活を送っている ・枕などの寝具が不衛生になっている ・帽子などを被る機会が多い 使っているヘアケアアイテムやシャンプー方法を見直したり、栄養バランスの取れた食生活を心がけたりすることで改善を目指すことができるでしょう。 しかし自分でいろんな対策を講じてみてもなかなか改善されなかったり、具体的にどういったことをすればいいかわからないという方は、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 頭皮の状態をチェックして頭皮ニキビができている原因をお調べし、その原因に対して適切なアプローチをすることで頭皮環境の改善を目指します。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮環境の改善だけでなく抜け毛予防にも効果的なケアを行なっていますので、頭皮ニキビや抜け毛にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください!

  • 頭皮の色味で状態が変わる?茶色の頭皮は抜け毛悪化につながる!

    抜け毛・薄毛を予防するためには、健康的な頭皮を維持することがとても大切ですが、髪の毛に隠れて見えないこともあり、普段から頭皮環境を気にかけている方は意外と少ないものです。 健康的な頭皮は青白い色をしていますが、人によって黄色や赤色、茶色などさまざまな色をしているケースがあります。 そこで今回は、頭皮の色味別にどのような状態なのかということやその改善方法についてご紹介していきますので参考にしてみてください。 頭皮の色味で頭皮環境の状態をチェックできる 本来、健康な状態の頭皮は青白い色をしているのですが、みなさんの頭皮はどんな色をしているでしょうか? 頭皮の状態によって大きく「黄色」「赤色」「茶色」の3つの色味に分けられ、それぞれ異なる原因で頭皮環境が悪化していることが考えられます。 まずは、黄色・赤色・茶色それぞれの色に分けて、頭皮がどのような状態になっているのか確認していきましょう。 黄色の頭皮の状態 頭皮が黄色になっている場合は、揚げ物などの脂っこい食べ物ばかり食べていたり、頭皮が乾燥していることによって分泌された皮脂の酸化が原因の可能性が高く、頭皮全体がベタベタと脂っぽくなっている場合が多いです。 またストレスが溜まっていたり、紫外線を浴びすぎると皮脂の酸化を促す要因になってしまうため、ストレス管理や紫外線対策をすることが大切になってきます。 赤色の頭皮の状態 頭皮が赤色になっている場合は、頭皮が炎症を起こしており頭皮環境がかなり悪化していることが予想されます。 頭皮の乾燥によってバリア機能が低下して外的刺激を受けやすくなっていたり、使用しているシャンプーやスタイリング剤が肌に合っていないことも原因の1つです。 また、炎症以外にもフケや痒みといった症状が出ている場合は、頭皮環境が良くない状態ですので発毛サロンなどに相談するのがよいでしょう。 茶色の頭皮の状態 頭皮が茶色になっている場合は、ストレスや睡眠不足などで新陳代謝が悪化して老廃物が溜まり、頭皮が血行不良を起こしていることが原因となっている可能性が高いです。 また、頭皮の血流が悪くなると髪の毛の成長に必要な酸素や栄養素が行き届きにくくなり、結果的に抜け毛や薄毛につながりかねません。 頭皮の色味別!環境を改善する方法 頭皮が何色をしているかによって頭皮環境の状態が異なるので、改善するためにはそれぞれに合った方法を実践する必要があります。 ここからは、黄色・赤色・茶色それぞれの色味に分けて改善方法についてご紹介していきます。 黄色の頭皮の改善方法 黄色の頭皮の場合は、皮脂の過剰分泌や皮脂の酸化が原因だと考えられますので、不要な皮脂をしっかりと洗い落としてあげることが大切です。 ただしシャンプーの回数を増やせばいいというわけではなく、皮脂が過剰分泌されてしまっている原因に合わせて対策していきましょう。 例えば脂っこいものばかりを食べていて皮脂が大量に分泌されているのであれば、少し洗浄力の高いシャンプーを使って洗うのも1つの方法です。 反対に乾燥によって皮脂が過剰分泌されてしまっている場合は、洗浄力の高いシャンプーを使うとかえって乾燥を招くことになりかねませんので、保湿成分の入ったシャンプーを使ったり、必要な皮脂まで落とさないようにやさしく洗ってあげるとよいでしょう。 赤色の頭皮の改善方法 赤色の頭皮の場合は、紫外線などの外的刺激や使用しているシャンプーなどが合っていないことが原因として考えられますので、ヘアケア全般の見直しが必要です。 外出するときは帽子を被ったり、頭皮・髪の毛用の日焼け止めを使って紫外線対策することをおすすめします。 また、シャンプーに石油系界面活性剤や添加物が含まれていると頭皮に悪影響を及ぼす可能性があるので、低刺激なアミノ酸系シャンプーなどを使ってみるとよいです。 茶色の頭皮の改善方法 茶色の頭皮の場合は、頭皮の血行不良が主な原因として考えられるため、頭皮マッサージや軽い運動を行なって血行を良くしてあげましょう。 またストレスや肩・首まわりの凝りも頭皮の血流悪化につながる可能性があるので、趣味などでストレス解消したりストレッチなどを実践してみるのもおすすめです。 他にも血流悪化で新陳代謝が低下し老廃物が溜まっていると茶色い頭皮を招きかねないので、積極的に水を飲んで体内の老廃物を外に流してあげましょう。 頭皮環境を改善したいなら発毛サロンに相談しよう 実際に自分の頭皮の色を確認してみようと思ったけど、自分ではなかなか判断がつきづらかったりそもそも確認しづらかったりすることもあると思います。 そういったときは、発毛サロンに相談して頭皮環境や髪の毛の状態を調べてもらうのがおすすめです。 では、発毛サロンではどのようなことをしてくれるのか、簡単にご紹介していきます。 自分の頭皮の色味をチェックしてくれる 発毛サロンは、頭皮環境や髪の毛の状態をチェックしてくれるので、自分の頭皮が何色なのかを調べてもらうことが可能です。 現状がわからないと適切な対策を講じるのは難しいので、発毛サロンに相談すれば今の状態を知って原因をはっきりさせたうえで正しく対策していくことができます。 頭皮の状態に合わせてケアを行なってくれる 発毛サロンで頭皮の色味を調べてもらって抜け毛や頭皮環境が悪化している原因が分かれば、適切な方法でケアを受けることが可能です。 発毛サロンでは、専用の機材などを使って毛穴を洗浄したり頭皮マッサージを行なったりしてくれるので、頭皮環境の改善を目指すことができます。 食事や生活習慣に関するアドバイスをしてくれる 発毛サロンによってはサロンでのケアを行うだけでなく、食事や睡眠などに対してアドバイスをしてくれるところもあります。 アドバイスを参考に生活習慣を見直していけば、乱れたホルモンバランスや悪化した頭皮環境の改善にもつながるでしょう。 茶色の頭皮の状態や対策方法まとめ 健康的な頭皮は青白い色をしていますが、頭皮環境が悪化しているとその状態によって黄色や赤色、茶色の頭皮になるケースがあります。 頭皮の色 原因 黄色 偏った食生活や乾燥が原因で過剰分泌した皮脂が酸化している 赤色 紫外線などの外的刺激や不適切なヘアケアで炎症を起こしている 茶色 ストレスや睡眠不足で頭皮が血行不良を起こしている このように頭皮の色味によって原因や頭皮環境の状態が異なるので、状態に合わせて対策を進めていくことが大切です。 しかし自分では頭皮が何色なのか判断できなかったり、どのように対策していけばいいのか分からなかったりする場合は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください! 頭皮環境をチェックして頭皮がどのような状態になっているのか、何が原因なのかといったことをお調べして頭皮の状態に合ったケアを行います。 もちろん食事や睡眠など生活習慣面に関しても、ていねいにサポート・アドバイスさせていただきますので、普段の生活を見直して頭皮環境の改善を目指すことが可能です。 頭皮の状態が悪くて悩んでいるという方はもちろん、抜け毛が増えて将来的に薄毛にならないか不安という方も、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 貧血が原因で抜け毛を引き起こす?原因と予防方法をご紹介します

    抜け毛を引き起こす原因には、不規則な生活習慣を送っていたり偏った食事を摂っていたりなどさまざまなことが挙げられますが、実は貧血も原因の1つになるといわれているのをご存知でしょうか? そこで今回は貧血を起こすメカニズムについて解説しながら、なぜ貧血が原因で抜け毛を引き起こしてしまうのかという点や予防方法についてご紹介していきますので、貧血を起こしやすい方や薄毛に悩まれている方はぜひご一読ください。 貧血が起こるメカニズムについて知ろう 抜け毛を引き起こす原因になり得る貧血ですが、その原因について説明する前にまずは貧血が起こるメカニズムについて確認していきましょう。 貧血とは、かんたんに説明すると血が薄くなる病気のことを指し、立ちくらみやめまいをはじめ倦怠感や集中力低下などさまざまな症状を引き起こします。 では、なぜ貧血が起こるのでしょうか? 貧血の原因のほとんどは鉄分不足 貧血といわれる症状の多くは、鉄分不足が原因で起こる「鉄欠乏症貧血(てつけつぼうしょうひんけつ)」です。 無理なダイエットや偏った食事、女性であれば生理や妊娠・授乳などで需要が増えることが原因で鉄分やビタミン不足につながります。鉄分やビタミンなどの栄養素が不足すると赤血球の生産が低下してしまい、貧血を引き起こすというわけです。 他にも怪我や病気が原因で出血を起こして赤血球の数が減少することも貧血の原因の1つといわれています。 また出血が長期化すると通常時よりも大量に血球を生産する必要があるため、その材料になる鉄などが不足して赤血球の生産が低下することにもつながりかねません。 貧血を起こすメカニズムは赤血球に含まれるヘモグロビンの減少 赤血球に含まれるヘモグロビンは鉄分を原料に合成されるのですが、鉄分不足になるとヘモグロビンが作れなくなって貧血を引き起こします。 ヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ役割を持っていますので、ヘモグロビンが減少すると身体が酸素不足に陥って立ちくらみ・めまい・動悸・息切れといった症状が現れます。 症状がなくても隠れ貧血の可能性があるので要注意! 「立ちくらみやめまいはないから貧血じゃなさそうだし自分は大丈夫かな」と思っている方もいるかもしれませんが、最近では「隠れ貧血(潜在性鉄欠乏症)」の方も増加傾向にあるようなので注意が必要です。 体内にある鉄分の60〜70%は血液中のヘモグロビンに含まれており、残りの30〜40%は肝臓や脾臓に「貯蔵鉄」として貯め込まれています。 この貯蔵鉄は、ヘモグロビンの鉄分が不足した際に使ういわば貯金のような存在で、この貯蔵鉄が使われている状態が隠れ貧血です。 隠れ貧血の段階では、まだ貯蔵鉄が底をついていないため症状が現れづらく、血液中の鉄分も数値的には基準を満たしているためなかなか気づきにくいとされています。 放置していると次第に貯蔵鉄も底をついてしまい、鉄分不足に陥って貧血につながる恐れがあるので不安な方は1度病院などで検査してもらうとよいでしょう。 貧血が原因で抜け毛を引き起こすといわれているのはなぜ? ここまで貧血が起こるメカニズムや原因について解説してきましたが、その貧血が原因で抜け毛が起こるといわれているのは一体なぜなのでしょうか? ここからは、貧血による抜け毛の原因についてご紹介していきます。 貧血による抜け毛の原因①頭皮の酸素不足 貧血によって抜け毛が起こるといわれているのは、酸素を体中に運ぶ役割を持ったヘモグロビンが減することで頭皮が酸素不足に陥るからです。 髪の毛は、成長するために血液に乗って運ばれてきたタンパク質・ミネラル・ビタミンといった栄養素を補給するだけでなく、発毛を促進するために酸素も取り入れています。 しかし貧血が原因で頭皮が酸素不足に陥るとうまく酸素を補給できなくなってしまい、少しずつ髪の毛が弱くなったり細くなったりして最終的に抜け毛につながりかねません。 貧血による抜け毛の原因②頭皮の栄養不足 髪の毛の成長には、酸素以外にさまざまな栄養素が欠かせないわけですが、その栄養素を取り入れるためには普段の食事がとても大切です。 しかし偏った食生活を送っていると鉄分が不足して貧血を引き起こす原因になるだけでなく、タンパク質やビタミンなどの必要な栄養素も不足気味になってしまいます。 鉄分やタンパク質、ビタミンは髪の毛の成長に必要不可欠な栄養素ですので、不足すると当然のことながら髪の毛の成長が妨げられて抜け毛を引き起こす原因につながるでしょう。 貧血による抜け毛を予防する方法はある? 貧血は、たちくらみやめまいといった症状が注目されがちですが、実は抜け毛や薄毛を引き起こす原因にもなる可能性があります。 では、貧血によって抜け毛を引き起こさないためにはどうすればいいのでしょうか? ここからは、貧血による抜け毛の予防方法についてご紹介していきます。 予防方法①栄養バランスの良い食生活を心がける 貧血は、偏った食事によって栄養バランスが乱れ鉄分不足になるのが原因の1つなので、まずは栄養バランスの良い食生活を心がけることが大切です。 貧血予防のために鉄分ばかりを積極的に取り入れるのではなく、髪の毛に欠かせないタンパク質やビタミンなどバランスを考えて摂取することで髪の毛の成長につながります。 予防方法②規則正しい生活習慣を意識する せっかく食生活を見直してバランスの良い食事を摂っても、生活習慣が乱れてしまっていると効果が半減することになるので規則正しい生活習慣も意識しましょう。 寝不足やストレスによって疲労が溜まると、身体が凝り固まって血流が悪化し頭皮に酸素や栄養素が行き届きにくくなる可能性があります。 また健康的な生活、そして健康的な髪の毛の育成には、しっかりと睡眠を摂ることとストレスを溜め込みすぎないことも大切です。 予防方法③発毛サロンに相談する 自分なりに食事に気を遣ったり生活習慣の改善に努めたりしても、なかなか抜け毛がなくならないという場合もあるかもしれません。 そういった場合は、発毛サロンに相談することによって自分では気づけなかった改善点などを知るきっかけになります。 もちろん抜け毛を改善するためのケアや私生活におけるアドバイスなどもしてもらえるので、自分ではどうしたらいいかわからないという方は1度発毛サロンに相談してみるのもおすすめです。 貧血による抜け毛の原因と予防方法まとめ 貧血は、無理なダイエットや偏った食事などによって鉄分などの栄養不足が生じ、赤血球の生産量が低下してしまうことが主な原因です。 そして貧血を起こすと、血液中に含まれるヘモグロビンが減少し頭皮に十分な酸素が行き渡らなくなったり、髪の毛に必要な栄養素が不足することで抜け毛につながるといわれています。 不足しがちな鉄分を摂取するためには、まず偏った食生活を改善して栄養バランスの整った食事を摂ることが大切です。 「どういう食事が良いのかわからない」「自分なりに対策しているけど抜け毛が減らない」という方は、発毛専門サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください! 食事や生活習慣に関するアドバイスをさせていただくことはもちろん、抜け毛の原因を調べて1人ひとりに合った方法でケアを行い、抜け毛・薄毛の改善を目指していきます。 将来薄毛になるかもしれないという不安が精神的なストレスになって、抜け毛を悪化させてしまう可能性もありますので、まずはお気軽にお近くのスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • はちみつは薄毛予防に最適?はちみつに秘められた発毛効果について

    薄毛が気になっている方の中には、頭皮や髪の毛に良い栄養素を積極的に摂ろうと普段の食事に気を遣いはじめたという方もいるのではないでしょうか? 薄毛予防に効果的とされる食品にはさまざまなものがありますが、「はちみつ」も抜け毛予防や頭皮を健康に保つのに効果がある食品の1つとされているのをご存じでしょうか? 今回は、はちみつに含まれる成分にどんな効果があるのか、はちみつを使った薄毛予防にはどんな方法があるのかについてご紹介していきます。 薄毛予防に良い?はちみつの成分にはどんな効果があるの? はちみつは、こんがりと焼いたトーストにたっぷりとたらして食べたり、お砂糖の代わりにホットミルクに入れて飲んだりするととても美味しいですよね。 はちみつの良いところは、ただ美味しいだけでなく栄養価がとても高いため、頭皮環境を良くしたり発毛を手助けしてくれたりと薄毛予防にも効果的な点です。 例えば、はちみつに含まれるコリンという成分には血管の拡張作用があるといわれており、頭皮の血行を促進して髪の毛に必要な栄養や酸素を行き届きやすくしてくれます。 このほかにも薄毛に効果的な成分がたくさん含まれていますので、まずははちみつに含まれる薄毛予防の有効成分について確認していきましょう。 はちみつの効果①ポリフェノールが頭皮を健やかに はちみつに豊富に含まれているポリフェノールには抗酸化作用があるといわれており、頭皮を健やかな状態に保ってくれる効果があります。 頭皮が酸化すると赤みや痒み・ニオイといった頭皮トラブルを引き起こして、抜け毛や薄毛のリスクを高めることに繋がりかねません。 しかしはちみつに含まれるポリフェノールが酸化を防いでくれるため、頭皮環境を整えて抜け毛や薄毛を改善する効果が期待できます。 はちみつの効果②ミネラルが頭皮の血行を促進 薄毛予防に欠かせない栄養素の1つに亜鉛があるのですが、はちみつには亜鉛などのミネラルが豊富に含まれている点も魅力的なポイントです。 髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質を主成分としており、ケラチンは食事から摂取したタンパク質をアミノ酸に分解したものから生成されます。 亜鉛は、タンパク質を分解するために必要不可欠な栄養素とされており、発毛対策には亜鉛を積極的に摂取することが大切です。 またはちみつに含まれるマグネシウムには血行促進効果がありますので、頭皮の血行を良くして髪の毛に必要な栄養や酸素を届きやすくしてくれます。 はちみつの効果③ビタミンB群が発毛をサポート はちみつに含まれているビタミンB2は、皮脂が過剰に分泌されるのを防いだり、髪の毛を生成する毛母細胞の働きを活発にする効果があるとされ薄毛予防に欠かせない成分です。 このほかにも血行を良くする効果があるビタミンB3やB7、頭皮環境を整える働きがあるビタミンB9など、薄毛予防に効果的なビタミンB群が豊富に含まれています。 はちみつを使った薄毛予防にはどんな方法がある? はちみつは基本的に食べるものというイメージがありますが、薄毛対策に関しては食べる以外にもさまざまな使い方があるため、自分に合った方法を取り入れてみると良いでしょう。 ここからは、はちみつを使った薄毛予防にはどのような方法があるのかという点についてご紹介していきます。 薄毛の予防方法①はちみつを使った料理を食べる はちみつは、トーストやヨーグルトにかけて食べたりミルクに混ぜて飲んだりといろんな方法で摂取することができますが、中でもおすすめしたいのが「ナッツのはちみつ漬け」です。 これまでご紹介したように、はちみつには抗酸化作用や血行促進効果がありますが、ナッツにもビタミン類が豊富に含まれており、はちみつとナッツの組み合わせはより良いとされています。 アーモンドにはアンチエイジング効果が期待できるビタミンEやビタミンB2が含まれており、くるみにはポリフェノールが豊富に含まれていて抗酸化作用が高いです。 また身体を温めて血行を良くしてくれるショウガをはちみつに漬けておやつ感覚で食べたり、紅茶で割ってハニージンジャーティーとして飲むといった方法もあります。 薄毛の予防方法②はちみつを使ったヘアケア製品を使う はちみつはシャンプーや石鹸、育毛剤などさまざまな製品にも使われており、毎日のヘアケアとして使用することで薄毛を予防することも可能です。 はちみつが配合されたヘアケア製品は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、頭皮や髪の毛の保湿効果が期待できます。 また髪の毛が潤うことで艷やかな髪質に整えてくれるため、パサつきなどの解消にも繋がるでしょう。 薄毛の予防方法③はちみつで髪の毛をパックする はちみつをヘアパックとして使用する薄毛の予防方法もあり、準備するものは「はちみつ」と「ホットタオル」だけなので気軽にチャレンジしやすいです。 はちみつヘアパックを行う場合は、シャンプーをしてからではなくシャンプー前に行うようにしましょう。 まず、ぬるま湯で髪の毛全体をすすいだあとはちみつを大さじ2~3杯手に取り、頭皮・髪の毛全体に塗ってなじませていき、十分になじませたらはちみつの成分を頭皮や髪の毛にしっかりと浸透させるために、ホットタオルで頭全体をくるんでください。 10~20分程度置いてからお湯ではちみつをしっかりと流し、あとはいつも通りシャンプーやトリートメントをするだけです。 はちみつヘアパックを行うと頭皮や髪の毛が保湿されて乾燥予防になるだけでなく、まとまりが良くなるのでスタイリングなどもしやすくなります。 はちみつで薄毛対策をするときの注意点について はちみつには、発毛に効果的な成分がたくさん含まれていることが分かりましたが、薄毛対策をする場合にはいくつか注意が必要です。 ここからは、はちみつで薄毛対策をするときの注意点についてご紹介していきます。 はちみつの効果を得るなら生はちみつを選ぶ はちみつには、ビタミンやミネラルなど薄毛予防に欠かせない栄養素が豊富に含まれていますが、実は加工処理や精製処理されたものだと栄養素が壊れてしまい効果が失われてしまうそうです。 そのため、しっかりとはちみつの効果を得たいのであれば、加熱処理されていないものや天然はちみつ100%のものを選ぶようにしましょう。 はちみつシャンプーを使う場合は正しい方法で行う はちみつシャンプーなどの製品を使用して薄毛予防する際は、パッケージに記載されている使用方法などをしっかりと確認することが大切です。 またシャンプーをするときは、頭皮の汚れや皮脂を落とすためにゴシゴシと力強く洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまいかねません。 指の腹を使って揉み込むように、やさしく丁寧に洗い上げることを意識しましょう。 はちみつで薄毛対策をしても改善しない場合は発毛サロンに相談しよう はちみつで薄毛対策をしても抜け毛が減らなかったり薄毛が改善しない場合は、発毛サロンに相談することをおすすめします。 はちみつから頭皮や髪の毛に必要な栄養素を摂取しても、それ以外の部分に抜け毛や薄毛の原因があればはちみつの効果は半減してしまうでしょう。 そのため、発毛サロンで頭皮や髪の毛の状態を調べてもらい原因を知ったうえで適切なケアを受けるのが良いです。 はちみつに秘められた薄毛予防の効果まとめ はちみつには、抗酸化作用があるポリフェノールや頭皮環境を整えてくれるビタミンB群、髪の毛の主成分であるケラチンの生成に欠かせないミネラルなど、薄毛予防に効果的な成分が豊富に含まれています。 はちみつを使った食品やヘアケア製品を取り入れたり、はちみつでヘアパックしたりとさまざまな方法で薄毛対策を行うことが可能です。 しかし抜け毛や薄毛の原因にはさまざまなものがあるため、はちみつを積極的に摂取したからといって必ずしも薄毛が改善するとは限りません。 もし「抜け毛が減らない」「薄毛が改善されない」という場合は、他に原因がある可能性が高いので、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮や髪の毛の状態をお調べして1人ひとりに合った方法でケアを行なっていきます。 睡眠や食事などの生活習慣へのアドバイスもさせていただきますので、正しい生活習慣を身につけて薄毛の改善を目指すことも可能です。 またスーパースカルプ発毛センターは薬に頼らない方法でケアしていきますので、これまでAGA治療薬や育毛剤で効果がなかったという方はもちろん、副作用が怖くて薄毛治療をためらっていたという方も安心してご利用いただけます!

  • トリートメントの正しい使い方・選び方を知って薄毛対策しよう!

    みなさんの中には、薄毛予防のために普段からヘアケアに気を遣っているという方もいると思いますが、トリートメントの正しい使い方をご存知でしょうか? 正しく使わないと逆に薄毛のリスクを高めてしまう可能性があるため、特に気にしていなかったという方は正しい使い方を身につけましょう! そこで今回は、トリートメントの正しい使い方や選び方、そして使う際に気をつけたいポイントなどについてご紹介していきます。 トリートメントの正しい選び方は? トリートメントの正しい使い方を知る前に大切になってくるのが、どんなトリートメントを選べばいいのかという点です。 トリートメントと一言に言ってもさまざまな種類がありますので、自分の髪質や悩みに合わせて選ぶ必要があります。 まずは、トリートメントの正しい選び方について確認していきましょう。 トリートメントの選び方①トリートメントする目的に合わせて選ぶ トリートメントには、大きく分けて「洗い流すタイプ」と「洗い流さないタイプ」の2タイプがあり、それぞれ特徴が異なります。 まず、洗い流すタイプのトリートメントは高い補修効果がある点が特徴となっており、シャンプー後に使うことで髪の毛の奥までしっかりと浸透させることが可能です。 髪の毛の乾燥やダメージが気になるときや、紫外線をたくさん浴びてダメージを負ったときには洗い流すタイプのトリートメントを使うと良いでしょう。 洗い流さないタイプのトリートメントは保護効果が高い点が特徴で、お風呂上がりに使用することでドライヤーの熱ダメージから髪の毛を保護してくれます。 毛量が多い方や髪の毛が長い方は、ドライヤーで髪の毛を乾かすのに時間がかかったり、ヘアアイロンでスタイリングするときに熱ダメージを負いやすいので、洗い流さないタイプのトリートメントを使うのがいいでしょう。 トリートメントの選び方②悩みに合ったタイプのものを選ぶ トリートメントは商品によって含まれている成分に違いがあるため、髪の毛の悩みに合わせて有効成分が配合されたトリートメントを選ぶようにしましょう。 例えば、髪の毛が紫外線や熱によってダメージを受けている場合は、グリセリンやセラミドが配合されたトリートメントを使うことでダメージ補修やパサつきを抑える効果が期待できます。 他にも髪の毛が細くて柔らかい場合は、ノンシリコンのトリートメントを使用することで髪の毛にボリュームを出すことが可能です。 また髪の毛にハリ・コシがないという場合は、植物油を使ったトリートメントで保湿すると良いでしょう。 トリートメントの選び方③頭皮マッサージできるものを選ぶ トリートメントは頭皮につけないことを推奨しているものがほとんどですが、商品によっては頭皮につけてマッサージできるものもあります。 頭皮マッサージをすることで頭皮の血行が良くなり育毛の促進にも繋がりますので、薄毛が気になっている方は頭皮につけてマッサージできるタイプのトリートメントを選ぶと良いでしょう。 トリートメントで薄毛対策をするなら正しく使うことが大切! トリートメントには、髪の毛のダメージ補修・保湿・薄毛予防といった効果が期待できますが、正しく使わないとかえって頭皮環境を悪化させてしまう可能性があります。 そこでここからは、トリートメントの正しい使い方についてご紹介していきますので、今の使い方に問題ないか確認してみてください。 トリートメントの使い方①トリートメント前にまずはシャンプーから トリートメントを使う際は、まずシャンプーをして頭皮や髪の毛に付着した汚れを洗い流してあげることが大切です。 また熱すぎる温度で洗うと頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまいかねませんので、ぬるま湯を使うようにしてください。 洗浄力の高いシャンプーを使うと髪の毛がダメージを負ったり、洗い上がりに乾燥しやすくなったりするので、ダメージやパサつきが気になる場合は洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーがおすすめです。 トリートメントの使い方②目的によってつけ方を変える シャンプーをしっかりすすいだあとはトリートメントをしていきますが、そのままトリートメントをつけるよりも軽くタオルドライして髪の毛の余分な水気を取り除いたほうが有効成分が浸透しやすくなります。 また、トリートメントを使用する目的がダメージケアの場合は、毛先を中心に髪の毛全体にトリートメントを伸ばしていきましょう。 薄毛対策や育毛ケアを目的としている場合は、育毛用のトリートメントを使って髪の毛の根元につけることでハリ・コシのアップに繋がります。 トリートメントの使い方③すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す トリートメントを髪の毛全体に馴染ませたら、すぐに流すのではなく2~3分置くようにすると有効成分を髪の毛の奥まで浸透させることができます。 しばらく置いたら、髪を擦らないようにやさしく丁寧にすすいでいきますが、すすぎ残しがないように気をつけることがポイントです。 すすぎ残しがあると雑菌が繁殖して頭皮環境の悪化や臭いの原因に繋がる恐れもありますので、しっかりとすすぐようにしましょう。 トリートメントを使う際に気をつけたいポイント トリートメントの正しい使い方についてご紹介しましたが、ちょっとした不注意が薄毛リスクを高める可能性もありますので、ここからはトリートメントを使う際に気をつけたいポイントについてお話していきます。 先ほどお話しした「すすぎ残しがないように気をつける」ことに加えて、どういった点に気をつけておけばよいのでしょうか? 注意ポイント①頭皮につかないようにする 使用するトリートメントのタイプにもよりますが、基本的にトリートメントを使用する際は頭皮につかないように気をつけましょう。 頭皮にトリートメントがついてしまうと、成分が残留したり毛穴に入り込んだりして頭皮トラブルに繋がる恐れがあります。 また髪の毛の根元や頭皮にトリートメントがつくことで、成分の重さによって髪の毛全体がボリュームダウンして薄毛になったように見えてしまう可能性もあるでしょう。 注意ポイント②毛質に合ったものを使う 髪の毛のダメージを補修してくれるトリートメントですが、どんな毛質にも合っているわけではないため、自分の毛質に合ったものを使うことが大切です。 実際にトリートメントを使ってみて洗い上がりに髪の毛がベタついたり、反対にパサついたりする場合は毛質に合っていない可能性があります。 メーカーによってはテスターを用意しているところもありますので、製品を購入する前に1度テスターで試してみると良いでしょう。 注意ポイント③改善が見られない場合は発毛サロンに相談する トリートメントでヘアケアをしていても抜け毛が減らなかったり、逆に抜け毛が増えた気がするという場合は、使っているトリートメントが合っていないか正しく使えていない可能性があります。 また、トリートメント以外に抜け毛や薄毛の原因がある可能性も考えられますので、不安な方は発毛サロンに相談するとよいでしょう。 発毛サロンでは、頭皮環境や髪の毛の状態をチェックしてくれますので、今使っているトリートメントが合っているかどうか確かめることもできます。 もしトリートメントの成分が毛穴に詰まっていたり頭皮環境の悪化を引き起こしているなら、毛穴の洗浄などを行なって頭皮環境を改善することも可能です。 トリートメントの正しい使い方・選び方まとめ 薄毛対策や育毛ケアの一環でトリートメントを使うときは、以下のようなポイントを押さえて商品選びをすることをおすすめします。 ①トリートメントする目的に合わせて選ぶ ②悩みに合ったタイプのものを選ぶ ③頭皮マッサージできるものを選ぶ また正しく使わないと、かえって頭皮環境を悪化させて抜け毛や薄毛のリスクを高めてしまう恐れがありますので、今回ご紹介した正しい使い方を参考にしながらケアしていきしましょう。 もし、トリートメントでヘアケアをしても抜け毛がなくならなかったり薄毛が進行している気がする場合は、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、高水圧マイクロレベルジェット噴流で毛穴に詰まった汚れや残留物を除去し頭皮環境を整え、毛根の奥まで育毛成分を届きやすくすることが可能です。 薄毛は、トリートメントだけでは改善できない場合もありますので、薄毛や抜け毛にお悩みの方はぜひ当発毛サロンをご利用ください。

  • 毛量が多いと将来はげる!?薄毛になる原因と予防方法について

    毛量の多さは人によって違いがありますが、毛量が多いと将来はげるという話を聞いたことはないでしょうか? 人よりも毛量が多いと思っている方の中には、「そのうち薄毛になるんじゃないか」という不安を抱えている方もいると思います。 そこで今回は、毛量が多いと将来はげるのかという点や薄毛になる原因、将来はげないための予防方法についてご紹介していきますので、薄毛や抜け毛が心配な方はぜひご一読ください。 「毛量が多い=将来はげる」って本当? 「毛量が多いと将来的にはげる」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、本当に毛量の多さが将来的な薄毛に関係しているのか気になるところです。 結論から言うと毛量が多いからといって将来はげるわけではなく、薄毛はさまざまなことが原因となって起こる可能性があります。 まずは、毛量の多さと薄毛の関係性について確認していきましょう。 毛量に関わらずはげるケースはある 「毛量が多いと将来はげる」という話には科学的根拠があるわけではないので、毛量が多いからといって必ずしもはげるわけではありません。 しかし、毛量が多い方も普段のヘアケアや生活習慣に気を遣わず油断していると、将来的にはげるリスクを高めることになるので注意が必要です。 薄毛になる原因については、また後ほど詳しくご紹介していきますのでそちらをご覧ください。 毛量が多い人は入念なヘアケアが大切 毛量が多い人は、シャンプーなどのヘアケアを入念に行わないと、皮脂汚れなどを十分に落とし切ることができず頭皮環境が悪化してしまう恐れがあります。 またトリートメントなどで髪の毛を保湿しようと思っても、毛量が多いために髪の毛全体に保湿成分が行き渡らない可能性もあるでしょう。 他にもシャンプーの泡を洗い流すときにしっかりとすすがないと、すすぎ残しが生じて成分が残留した状態になり頭皮環境の悪化に繋がります。 ドライヤーで乾かすときも、毛量が多いと乾かすのに時間がかかり熱ダメージを受けやすくなりますし、十分乾いてない状態で完了してしまうと頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなるので注意しなければなりません。 毛量が多くても髪の毛1本1本が細く柔らかい場合は注意! たとえ毛量が多い人でも、髪の毛1本1本の毛質が細くて柔らかくなっている場合には、将来的にはげる可能性があるので気をつけましょう。 毛質が細かったり柔らかかったりと弱々しくなっている場合は、髪の毛に十分な栄養が届いていないことが考えられます。 髪の毛が栄養不足だと、抜け毛などに繋がって将来的にはげる可能性も出てきますので、普段の食事や生活習慣に気を遣うことが大切です。 毛量の多さがはげに繋がるわけではないなら薄毛の原因は何? 毛量の多さが将来的な薄毛に関係しているわけではありませんが、はげる原因にはさまざまなものがあるため、毛量が多い方も注意しなければなりません。 では、薄毛になる原因にはどのようなものがあるのかチェックしていきましょう。 薄毛の原因①乱れた生活習慣を送っている 乱れた生活習慣を送っていると健康面にさまざまな悪影響があるといわれていますが、当然のことながら頭皮や髪の毛にも良くありません。 例えば、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時の間に眠ることで髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンが分泌され、髪の毛が健やかに成長するといわれています。 しかし、不規則な生活習慣を送っていると午前2時を回っても起きている場合があり、成長ホルモンが正常に分泌されず髪の毛が育ちにくくなりかねません。 薄毛の原因②栄養バランスが偏った食事ばかりしている 髪の毛が健やかに育つためには、髪の毛に欠かせない栄養をきちんと摂取する必要がありますが、栄養バランスが偏った食事ばかりしていても髪の毛が栄養不足に陥ってしまいます。 特に育毛には、「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」が欠かせないと言われていますので、この3つの栄養素は積極的に摂取することが大切です。 また普段から揚げ物やインスタント食品など脂質の多いものばかり食べていると、皮脂が多く分泌されて毛穴詰まりを起こしやすくなり頭皮環境の悪化に繋がり、薄毛になりかねません。 薄毛の原因③運動不足やストレス過多 髪の毛の成長に必要な栄養や酸素は血液によって運ばれていきますが、運動不足やストレス過多が原因で頭皮が血行不良に陥ると栄養や酸素が正常に運ばれません。 栄養や酸素が不足した髪の毛は、当然のことながら元気がなくなって細く弱々しくなり、最終的に抜け毛を引き起こしてしまうでしょう。 また、ストレスを強く感じると自律神経が緊張して血管の収縮を起こすため、頭皮に十分な栄養・酸素が運ばれなくなります。 適度な運動習慣は、血行促進やストレス解消にも繋がりますので、まずは無理のない範囲で長く続けられる運動を始めてみてはいかがでしょうか? 薄毛の原因④正しい方法でシャンプーできていない 頭皮の皮脂や汚れを落とすために、ゴシゴシと力強く洗ったり何度もシャンプーしたりすると頭皮が傷ついて頭皮環境を悪化させてしまう場合があります。 また皮脂を必要以上に落とし過ぎると頭皮の乾燥を招く恐れがあり、乾燥すると不足した油分を補うために皮脂が過剰分泌されるケースもあるため注意が必要です。 乾燥が気になる方は、保湿成分配合のシャンプーを使ったり刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使うと良いでしょう。 薄毛の原因⑤家族に薄毛の人がいる(遺伝) はげる原因の多くは「遺伝」と言われており、家族に薄毛の方がいると自分自身も将来的にはげる可能性が高いです。 しかし家族に薄毛の方がいるからといって必ずしも自分もはげるというわけではなく、生活習慣や食事などに気を遣うことで薄毛を予防することも可能です。 将来はげないために今からできる予防方法はある? 今はまだ毛量が多くてはげる心配がない方も、さまざまなことが原因となって将来はげてしまう可能性は十分にあります。 では将来はげてしまわないために、今からできる予防方法にはどんなものがあるのか確認していきましょう。 予防方法①規則正しい生活習慣に整える 髪の毛に関わらず、健康的に過ごしていくためにも意識しておきたいのが「規則正しい生活習慣」です。 もし毎日のように深夜2時や3時を過ぎても起きているという方がいれば、就寝時間をもう少し早めに設定すると良いでしょう。 また、寝る前にスマホを触っていると覚醒して寝付きが悪くなることがあるので、スマホの代わりに音楽を聴いたり読書をしたりするのもおすすめです。 他にもお風呂に入る際に湯船でしっかり温まると、身体がリラックスモードに切り替わりますので、寝付きやすくなりますよ。 予防方法②栄養バランスを意識した食事を摂る インスタント食品やファストフードばかり食べていると、栄養バランスが偏って髪の毛が元気に成長しなくなってしまいますので、しっかりと栄養バランスを意識した食事を摂りましょう。 髪の毛の主成分であるタンパク質をはじめ、ミネラルやビタミン類を積極的に摂取すると良いですが、その他の栄養素もバランス良く摂って健康を維持することが大切です。 不足しがちな栄養素に関してはサプリメントなどで補うという方法もありますので、自分に合った方法で栄養管理をしていきましょう。 予防方法③運動習慣やストレス解消を意識する 適度な運動習慣は、血行促進やストレス解消といった効果が期待できますので、ウォーキングやストレッチなど簡単な運動から始めてみると良いです。 特にデスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢でいることが多く肩や首が凝り固まって血行不良を起こしやすいため、仕事の合間や休憩時間に軽いストレッチをするだけでも効果が期待できます。 ストレス解消に関しては趣味に打ち込んだり温泉に行ったりするのも1つの方法ですし、アロマオイルを使って香りに癒されるという方法などもありますので、自分に合った方法でストレスを解消していくと良いでしょう。 予防方法④正しい方法でシャンプーする 頭皮への刺激が気になる方は、アミノ酸系や弱酸性のシャンプーなど頭皮や髪の毛にやさしいものを選ぶのがおすすめです。 正しいシャンプーの方法としては、まずシャンプーをする前に軽くブラッシングをすることで皮脂やフケといった汚れを落としやすくしましょう。 そしてぬるま湯(38~40℃)で髪の毛をしっかりと濡らし、シャンプーをよく泡立ててから指の腹を使ってやさしく丁寧に洗っていきます。 シャンプー後はすすぎ残しがないように十分に洗い流して、タオルで余分な水気を取ってからドライヤーを使って乾かしていきましょう。 予防方法⑤発毛サロンに相談する 生活習慣や食事を見直しても抜け毛が減らなかったり、将来的にはげる不安が解消されない場合は発毛サロンに相談するのも1つの方法です。 発毛サロンに相談することで、現在の頭皮や髪の毛の状態をチェックしてくれますので、「抜け毛が増えているか」「薄毛になりつつあるか」といった不安の解消にも繋がります。 もし抜け毛や薄毛の兆候が見られる場合も、原因を調べたうえで1人ひとりに合った方法でケアを行なってくれますので薄毛の改善を目指すことが可能です。 まとめ|毛量が多いからといって将来はげるわけではない 「毛量が多いと将来的にはげるのではないか」という不安を抱えている方もいるかもしれませんが、毛量の多さは薄毛と関係ありません。 薄毛は生活習慣や食事、ヘアケア方法などさまざまなことが原因で起こりうるものですので、毛量に関係なく誰にでもはげる可能性はあります。 もし「将来的にはげるのを防ぎたい」「最近抜け毛が気になってきた」という方がいれば、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、人工太陽光を使った頭皮マッサージや高水圧マイクロレベルジェット噴流による毛穴の洗浄によって頭皮を発毛しやすい状態へと導いていきます。 また睡眠や食生活などのアドバイスもさせていただきますので、生活習慣の面で不安があるという方もご安心ください!

  • 水泳がはげる原因に!?プールの塩素は抜け毛に繋がるの??

    みなさんの中には、運動するために水泳をしている、もしくは始めようと思っている方もいるのではないでしょうか? 水泳をして運動習慣を身につけるのはとても良いことですが、プールに含まれる塩素がはげる原因になるという話もあるため、髪の毛や頭皮へのダメージが気になるところです。 そこで今回は、プールで水泳をすると塩素によってはげる可能性はあるのか、また抜け毛や薄毛を予防する方法はあるのかについてご紹介していきます。 水泳をしているとプールの塩素ではげる? みなさんの中には、「水泳をしているとプールの水に含まれる塩素が原因ではげる」という話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 運動不足の解消や健康的な生活のためにプールに通って水泳を始めようと考えている方や、昔から水泳を続けている方にとっては無視できない話ですよね。 塩素はプールの衛生を保つために必要なものですが、本当に抜け毛や薄毛に繋がってしまうのか確認しておきましょう。 塩素が頭皮や髪の毛に及ぼす影響とは? プールの水に含まれている塩素はタンパク質に付着する特性を持っており、タンパク質が主な成分である髪の毛や頭皮に付着するとダメージを与えるといわれています。 塩素が髪の毛に付着すると、髪の毛の1番外側にある「キューティクル」という組織が破壊され、髪の毛がダメージを受けやすくなったり乾燥を引き起こす原因に繋がりかねません。 またプールに通い続けている方の中には、髪の毛の色が茶色っぽくなっている方がいますが、これは塩素が持つ漂白作用によるものです。 分かりやすく言えば、ブリーチをして髪の毛の色素を抜いたときと似たような状態なので、髪の毛が負うダメージは言うまでもありません。 水泳後のヘアケアを怠るとはげる可能性を高める? 上記でお話したように、頭皮や髪の毛に塩素が触れることでさまざまな影響を及ぼしますが、水泳の頻度が週1回程度の場合や水泳後のヘアケアを徹底している場合は塩素によるダメージを抑えられるでしょう。 反対に水泳後にきちんとヘアケアをしなかったり、髪の毛をきちんと乾かさずに濡れたままの状態にしていると頭皮や髪の毛のダメージに繋がるため注意が必要です。 また水泳ではげる原因としては、プールの塩素以外にもさまざまなものが考えられますので、その他の原因については後ほどご紹介していきます。 水泳は良い運動習慣に繋がり抜け毛予防になる場合もある プールの水に含まれる塩素は、頭皮や髪の毛に影響を与えるといわれていますが、水泳を始めて運動習慣を身につけることは健康だけでなく抜け毛の予防に繋がる場合もあります。 例えば、デスクワークをしている方は毎日同じ姿勢でいることが多いため、肩や首周りが凝り固まって血行不良になっているケースが少なくありません。 血行不良になると頭皮への血流も悪くなって、髪の毛に必要な栄養や酸素が行き届きにくくなるため、結果的に抜け毛や薄毛を引き起こす可能性を高めます。 そして、水泳にはクロール・バタフライ・平泳ぎ・背泳ぎといろんな泳ぎ方がありますが、いずれも肩や腕を大きく動かしたり、息継ぎで首を前後左右に振ったりしますよね。 こうした動作が適度なストレッチになって凝りや血行不良の解消に繋がり、髪の毛にきちんと栄養や酸素を行き届きやすくしてくれます。 さらに水中では水圧がかかることで筋肉や血管が収縮するため、心臓の動きが活発になって血行の促進が期待できるでしょう。 プールの塩素以外ではげる原因とは? 「水泳を始めてから抜け毛が増えたような気がする」という場合、どうしてもプールの塩素が原因だと思いがちですが、塩素以外にも原因がある場合が考えられます。 ここからは、水泳をする際にどういった要素がはげる原因に繋がるのかという点についてご紹介していきますので、これから水泳を始めようと考えている方は参考にしてみてください。 水泳ではげる原因①屋外プールの場合は紫外線ダメージを受けやすい 屋外プールで水泳をする場合は、塩素だけでなく紫外線によるダメージも受けやすくなるため気をつけなければなりません。 紫外線を浴び続けると、頭皮の乾燥を招き頭皮環境の悪化に繋がるだけでなく、髪の毛の元になる毛母細胞が正常に機能しなくなる場合があるといわれています。 ほとんどのプール施設では、プールの水質維持のために水泳キャップの着用がルールとして設けられているので、水泳キャップを被ることで紫外線予防にも繋がります。 水泳ではげる原因②水泳キャップによる締め付けや着脱時の刺激 プールでは、基本的に水泳キャップを被って泳ぐことがほとんどですが、着用する水泳キャップによっては頭部への締め付けがきつく血流の悪化を起こしかねません。 血流が悪化することで髪の毛への栄養や酸素が届きにくくなるだけでなく、酸欠を引き起こしやすくなって体調不良に繋がることもあるので気をつけましょう。 水泳キャップの締め付け感に関しては、「メッシュ

  • 男性ホルモンが多いとはげる?薄毛と男性ホルモンの関係性を解説

    男性の中には、 「将来的にはげるのではないか?」 「最近、抜け毛が増えてきた気がする」 などと薄毛に関するお悩みを抱えている方が多くいらっしゃるかと思います。 薄毛の原因にはさまざまなものが挙げられますが、その中の1つに「男性ホルモンが多いとはげる」という話を聞いたことがありませんか? 今回は、薄毛と男性ホルモンの関係性を解説しながら、はげる原因や対策方法についてご紹介していきます。 男性ホルモンがはげる原因になるのは本当? 薄毛に男性ホルモンが影響しているのは事実ですが「男性ホルモン=はげる原因」というのは少し語弊があるので、まずは薄毛と男性ホルモンの関係性について知っていきましょう。 男性ホルモンには、大きく分けて「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」という2つの種類があり、それぞれ異なる働きを持っています。 では、テストステロンとジヒドロテストステロンの特徴について確認していきましょう。 テストステロンは男性の健康に必要不可欠なホルモン 男性ホルモンの一種であるテストステロンは、男性らしい骨格や肉体を作るために欠かせないホルモンです。 男性の場合、テストロテンの約95%が精巣の中で残りの約5%が副腎(ふくじん)と呼ばれる小さな臓器で合成・分泌されていると言われています。 テストロテンは具体的には筋肉量の増加や体脂肪の減少、男性としての機能の維持といった働きがあり、男性の身体・精神を健康に維持するために必要不可欠なホルモンです。 ジヒドロテストステロンという男性ホルモンがはげる原因になる もう1つの男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、年齢によって異なる働きがあるとされています。 胎児期:男性の外性器の発達 思春期:体毛や声変わりの発言 成人期:AGAや皮脂分泌、前立腺肥大など 上記のようにジヒドロテストステロンは胎児期から思春期にかけては男性の発育に影響するのですが、成人期を迎えるとAGA(男性型脱毛症)など薄毛を引き起こす原因になる男性ホルモンになってしまいます。 一般的にAGAの症状として見られる生え際の後退(M字ハゲ)や頭頂部の薄毛(O字ハゲ)などは、このジヒドロテストステロンが大きく影響していると言われています。 ジヒドロテストステロンが増えるメカニズムとは? ジヒドロテストステロンは、育毛に関わる毛母細胞を攻撃する特性を持っており、髪の毛の成長を妨害するため「悪玉男性ホルモン」や「脱毛ホルモン」と呼ばれることも多いです。 ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合することで発生すると言われており、発生したジヒドロテストステロンが毛母細胞にある「男性ホルモン受容体」と結び付くことで脱毛因子を増やし抜け毛を引き起こします。 ただし薄毛はジヒドロテストステロンだけではなく、さまざまなことが原因になって起こると言われているため、原因に合った薄毛対策を行なっていくことが大切です。 男性ホルモン以外のはげる原因について 男性ホルモンのジヒドロテストステロンはあくまでもはげる原因の1つに過ぎず、薄毛を引き起こす原因にはさまざまなものが挙げられます。 例えば不規則な生活習慣を送っていたり、栄養バランスが偏った食事ばかりしていると薄毛を引き起こす可能性を高めることに繋がりかねません。 そこでここからは、男性ホルモン以外のはげる原因についてご紹介していきます。 はげる原因①不規則な生活習慣 みなさんの中には、「毎日十分な睡眠時間が確保できている」「しっかりと熟睡できている」という方がどれくらいいるでしょうか? 仕事や夜ふかしが原因で寝不足になっていたり睡眠の質が低下していると、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンの分泌が妨げられてしまい薄毛に繋がる可能性があります。 またテレワークや自粛生活によって運動不足になっていると血行不良を起こしやすくなり、頭皮の血流が悪化すると髪の毛に必要な酸素や栄養が届きにくくなると言われているので適度な運動を心がけることが大切です。 このように睡眠不足や運動不足によって規則正しい生活習慣を送れていないことは、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 はげる原因②栄養バランスが偏った食事 毎日、高カロリー・高脂質なものや糖質の多いものを食べていたり、無理な食事制限でダイエットをしていたりすると栄養バランスが偏って髪の毛に悪い影響を与えてしまいます。 ラーメン・揚げ物・インスタント食品・ファストフードなどは、美味しい分カロリーや脂質が高く血液がドロドロになりやすいです。 血液がドロドロになると血流が悪くなるので、頭皮の血行不良も引き起こし髪の毛に酸素や栄養が届きにくくなります。 また、栄養が偏ることで髪の毛に欠かせない栄養が不足して、髪の毛が元気に育たなくなってしまうので気をつけましょう。 はげる原因③ストレスの増加 仕事やプライベートなどで強いストレスを受けると、自律神経が乱れて交感神経が働き続けることになり身体の緊張状態が続きます。 緊張状態が続くと血管が収縮して血流が悪化するため、酸素や栄養が頭皮に届かなくなり抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 また睡眠不足もストレス増加に繋がるだけでなく成長ホルモンの分泌が妨げられるので、「生活習慣を正して睡眠の質を高めること」と「ストレスを溜め込み過ぎないようにすること」は、薄毛対策をするうえで非常に大切だと言えるでしょう。 薄毛が気になり始めたときのはげ対策 ・最近おでこが広くなってきた気がする ・髪の毛のボリュームが減ったかも このように薄毛が気になり始めてきたら、早めに対策を講じて今以上に薄毛が進行しないようにしていきましょう。 ここからは、薄毛が気になり始めたときのはげ対策についてご紹介していきます。 はげ対策①規則正しい生活習慣を意識する 先ほどご紹介したように、不規則な生活習慣は抜け毛・薄毛を引き起こす原因になりかねませんので、まずは生活習慣を見直すことが大切です。 例えば、寝る前にスマホの画面を見ていると頭が覚醒しやすく寝付きを悪くする原因になるので、睡眠の質を高めるためにもスマホの代わりに読書や音楽鑑賞をするなどが挙げられます。 他にも湯船にゆっくり浸かることで副交感神経が働き、リラックスした状態になり寝付きやすくなるでしょう。 はげ対策②髪の毛に良い食生活を心がける 脂っこいものや高カロリーなものばかり食べているという方は、野菜なども取り入れて栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 人間の身体は、「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」「炭水化物」「脂質」の5大栄養素をバランス良く摂取することで健康の維持に繋がります。 特に「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」は、髪の毛にも欠かせない栄養素と言われていますので、積極的に食事に取り入れると良いです。 はげ対策③発毛サロンでケアを受ける 生活習慣や食事を見直しても抜け毛や薄毛が良くならないという場合は、発毛サロンに相談してケアを受けることをおすすめします。 特に男性ホルモンの影響で薄毛が進行している場合、自分ではどのように対処したらいいのか分からないという方もいるでしょう。 そういった場合でも発毛サロンであれば、マッサージや毛穴汚れの除去を行なったりホルモンバランスを整えるためのサポートをしてくれます。 「生え際が後退してきた」「頭頂部の毛が薄くなった」など、薄毛の兆候が現れたと感じたらすぐに発毛サロンに相談すると良いでしょう。 男性ホルモンとはげの関係性と対策方法まとめ はげには、男性ホルモンの1つである「ジヒドロテストステロン」が大きく関係しており、別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれているジヒドロテストステロンが増えるとAGA(男性型脱毛症)を招く原因に繋がると言われています。 また薄毛の原因は、男性ホルモンによる影響の他にも不規則な生活習慣や栄養バランスが偏った食事・ストレスの増加などさまざまです。 薄毛が気になり始めた方はもちろん抜け毛が増えた原因を知りたいという方は、一度スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、当社製品で男性ホルモンの分泌を抑えて髪の毛の成長期間を正常に戻すケアを対策を行なったり、人工太陽光とマッサージで頭皮の毛細血管を拡張し毛根に栄養を届けやすくすることが可能です。 他にも日々の生活習慣で乱れたホルモンバランスを整えるために、睡眠や食生活などのアドバイスもさせていただきます。 過去に育毛剤やAGA治療薬を試したけど効果がなかったという方も、ぜひスーパースカルプ発毛センターで発毛を目指しましょう!

  • 温泉に育毛効果がある?薄毛対策に最適な温泉の効能について

    温泉といえば、日々の疲れを癒してくれたり神経痛や冷え性を改善してくれたりと、私たちの身体にさまざまな良い効果をもたらしてくれると言われていますよね。 実は、温泉には疲労や神経痛・冷え性だけでなく「薄毛」にも効果があるという話をご存知でしょうか? そこで今回は、温泉が育毛に効果的と言われている理由や育毛効果が期待できる温泉の種類、その他の育毛対策の方法などについてご紹介していきます。 温泉が育毛に効果的と言われている理由とは? 私たちが暮らしている日本には全国各地にさまざまな温泉地があり、かなり古い時代から多くの人々に親しまれてきました。 温泉にはさまざまな効能があるとされており、怪我や病気の治療を目的に温泉地へ足を運ぶ方も少なくありません。 では温泉が育毛に効果的と言われている理由としては、どういったものがあるのか確認してみましょう。 温泉の育毛効果①身体を芯から温めて血行を促進する 温泉には「温熱作用」と呼ばれる作用があり、温泉に浸かって身体が温まると血管が拡張して全身の血行が促進されます。 頭皮の血行が良くなることで髪の毛に栄養や酸素が行き届きやすくなるので、髪の毛の成長促進にも繋がるでしょう。 また血行が促進されると体内に蓄積された老廃物や疲労物質などが体外へ排出されやすくなったり、筋肉の緊張がほぐれることで凝りなどの解消にも効果があると言われています。 さらに温泉には「水圧作用」もあり、水圧によって血管に圧力が加わることで手足に溜まった血液が押し出されて心臓の動きが活発になり血液循環を促すので、血行を良くしたいときには温泉に入るのがおすすめです。 温泉の育毛効果②リラックス効果を得られる 先ほど温泉には「温熱作用」と「水圧作用」があるという話をしましたが、この2つの作用に加えて「浮力作用」と呼ばれるものもあります。 温泉に浸かっていると身体が軽く感じると思いますが、これはお湯の浮力によって温泉の中の重力が地上の9分の1になり同時に体重も9分の1になるからです。 この浮力によって身体を支えている筋肉や関節の負担も軽くなり、緊張がほぐれたり疲労が解消されやすくなるのでリラックスした状態を作ることができます。 薄毛はストレスが原因になることもありますので、温泉にゆっくり浸かってリラックスすれば薄毛対策の一環にもなるでしょう。 温泉の育毛効果③高い抗炎症作用を持つ「温泉藻類」が注目されている 日本有数の温泉地である大分県別府市には源泉数が約3,000もあり、世界一の温泉地としても有名です。 ある研究所の研究結果によると、別府温泉にある源泉の中に高抗炎症作用を持った藻類がいることが分かりました。 「温泉藻類RG92」と名付けられたその藻類はリウマチや腰痛、慢性皮膚炎などを癒す効果があるとされていましたが、その高い抗炎症作用から炎症が原因で起こるとされる「円形脱毛症」や「老人性脱毛症」にも効果的とされています。 育毛に効果的とされる温泉の種類とは? 温泉にはさまざまな泉質があり、大きく以下の9種類に分けられているのをご存知でしょうか? ・単純泉 ・塩化物泉 ・炭酸水素塩泉 ・硫酸塩泉 ・炭酸泉(二酸化炭素泉) ・含鉄泉 ・硫黄泉 ・放射能泉 それぞれに異なる効能があるとされているのですが、この中で育毛に効果的とされる温泉の種類を3つご紹介していきます。 育毛におすすめの温泉①炭酸泉(二酸化炭素泉) 炭酸泉は二酸化炭素を含んでいる温泉のことで、温泉に浸かったときに身体に気泡がつくのが特徴です。 湯に含まれている二酸化炭素が皮膚から吸収されると、身体が酸素を求めて入ってきた二酸化炭素を体外に排出しようとします。 そのときに血管が拡張して頭皮の血行が促進されることで、髪の毛に栄養や酸素が行き届きやすくなるので育毛効果が期待できるでしょう。 育毛におすすめの温泉②炭酸水素塩泉 炭酸水素塩泉は、古い角質や毛穴の汚れを落としてくれる働きがあると言われており、頭皮環境を良くするだけでなくツルツルなお肌へと導いてくれます。 さらに皮膚表面から水分の発散が活発になるため、体温が放散されることで清涼感を味わうこともできリフレッシュしたいときにもぴったりです。 育毛におすすめの温泉③硫黄泉 硫黄泉は卵の腐ったような匂いがする点が特徴で、炭酸泉と同様に血管を拡張させる働きがあるので頭皮の血行を良くしたい場合におすすめと言えるでしょう。 硫黄泉を頭にかけることで上記のような効果を期待できますが、硫黄泉はpHが酸性の場合が多いため、酸性度が高いと皮膚がただれるなどの問題が生じる可能性があり注意が必要です。 育毛効果を高めたいなら温泉以外の対策も必要不可欠! 抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、日頃のストレス解消や血行促進を目的に温泉地へ足を運んでみるのも良いと思います。 しかし育毛対策をする場合は、温泉だけではなくさまざまな角度からアプローチしていくことが大切です。ここからは、育毛効果が期待できる温泉以外の対策についてご紹介していきます。 育毛対策①規則正しい生活習慣を送る 乱れた生活習慣を送っていると髪の毛だけでなく身体にもさまざまな影響を及ぼしますので、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。 髪の毛は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって育つと言われているので、深夜まで起きていると成長ホルモンの分泌が妨げられて成長しづらくなってしまいます。 身体や脳を休めてストレスを溜め込み過ぎないようにするためにも、きちんと睡眠時間を確保するようにしましょう。睡眠の質を上げたり寝付きを良くするためには、湯船に浸かって身体を温めたり適度な運動を心がけたりするのがおすすめです。 また食事に気を遣うことも大切で、栄養バランスの悪い食事ばかりしていると髪の毛に必要な栄養が不足してしまい髪の毛がちゃんと成長しませんので、髪の毛に良いとされるタンパク質やミネラル・ビタミン類を中心に栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 育毛対策②正しい方法でヘアケアをする 頭皮環境を良くするためにゴシゴシと髪の毛を洗ったり、何度もシャンプーしたりするのは頭皮環境の悪化に繋がる恐れがあるので注意が必要です。 頭皮の皮脂や汚れを洗い落とそうとしてゴシゴシと力強く洗ってしまうと頭皮を傷つける可能性があるだけでなく、何度もシャンプーをすると必要な皮脂まで落としかねません。 頭皮に皮脂が不足してしまうと、不足した頭皮の油分を補うために皮脂が過剰分泌されてしまい、毛穴詰まりなどを引き起こしやすくなりますので、アミノ酸シャンプーなど低刺激のものでやさしく洗うようにしましょう。 また入浴する際は、ゆっくり湯船に浸かることで温熱作用・水圧作用・浮力作用による効果は得られますので、普段シャワーしか浴びないという方も入浴習慣を身につけるところから始めてみてはいかがでしょうか? 育毛対策③発毛サロンでケアを受ける 育毛のために温泉地に足を運んだり生活習慣やヘアケアの見直しをしても、なかなか良い結果が得られないということもあると思います。 そういったときは、発毛サロンに相談して適切なケアを受けることで頭皮環境を改善し、効果的な育毛・発毛を目指すことが可能です。 また発毛サロンではヘアケア方法をレクチャーしてくれたり、髪の毛に良い食事のアドバイスをしてくれたりするので、自宅ケアの効果を高めることにも繋がるでしょう。 温泉が育毛に効果的と言われる理由と効能まとめ 温泉には「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」という3つの作用があり、血行促進効果やリラックス効果が期待できるでしょう。 この3つの作用は自宅の湯船に浸かることでも得られますが、温泉には育毛に良い効果をもたらしてくれる成分が含まれているものもあります。 特に「炭酸泉(二酸化炭素泉)」「炭酸水素塩泉」「硫黄泉」は、血行促進効果や毛穴の汚れを落としてくれる働きがあると言われている温泉の種類です。 ただ温泉に入るだけで育毛効果が現れるとは限りませんので、しっかりと抜け毛や薄毛の原因を知ったうえで適切なケアをしていきたいという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは頭皮や髪質を調べて薄毛の原因を判断し、1人ひとりに合った方法で発毛ケアを行なっていきます。 薄毛はストレスも原因の1つになりますので温泉で日々の疲れを癒しながら、ぜひ併せてスーパースカルプ発毛センターで発毛ケアを行なってみませんか?

  • 加齢とともに薄毛は進行する?原因と予防方法をご紹介します

    私たち人間は、加齢とともに身体のさまざまな機能が衰えていくと言われており、例えば体力の低下や肌の老化などいろんな変化が挙げられます。 その中でも加齢に伴う薄毛は多くの人が抱えている悩みの1つで、周りからの視線が気になったり実年齢より老けて見えたりと気に病むことも少なくありません。 そこで今回は、加齢に伴う薄毛の原因や予防方法についてご紹介していきますので薄毛が気になってきた方はぜひお一読ください。 加齢に伴う薄毛で抱える悩みとは? 加齢とともに老化が進むと、薄毛や抜け毛だけではなくシワやシミといった肌の老化や体力の衰えなど身体にさまざまな変化が起こります。 PRTIMESによると200名の男性を対象としたある調査データでは、加齢による変化の中で最も気になることに「薄毛」を選ぶ男性が約70%もいました。 他にも「体力の衰え」「白髪」「体臭・口臭などのニオイ」「体型の変化」「肌の老化」といった悩みを挙げる方もいましたが、薄毛が気になるという方が最も多いです。 では実際に薄毛が気になっている方や薄毛と自覚している方は、どういった悩みを抱えているのか確認してみましょう。 ①周囲からの視線が気になる 加齢とともに薄毛が進行し始めると、まず周囲からの視線が気になる方が多いです。 外を歩いているときや電車に乗っているときなどに、周囲の人が自分の薄毛の部分を見ているんじゃないかと感じてしまうことも少なくありません。 また友人や会社の同僚などに薄毛イジりをされたり、陰で笑われている気がしたりして落ち込んでしまうこともあるようです。 ②実年齢より老けたように見える 薄毛のせいで実年齢よりも老けて見られるということに悩む人も多く、ある調査では髪の毛が1cm後退するごとに平均5.7歳も老けて見えるということが分かっています。 初対面の人と会うときや異性とデートをするときなどに、老けてると思われるのではないかと考えてしまい自信が持てなくなることも珍しくありません。 肌やファッションに若々しさがあっても「薄毛」というだけで老けて見られることもあり、年齢が若ければ若いほどコンプレックスに感じてしまう方は多いです。 ③ヘアセットが上手くいかない 薄毛になると髪の毛全体のボリュームが少なくなるだけでなく、髪の毛1本1本も細くて弱々しい毛質になるため、スタイリング剤を使ってもヘアセットが上手くいかなくなります。 無理にヘアセットをしても不自然なスタイリングになってしまいますし、そもそも薄毛だとワックスなどを塗布することに抵抗があるという方もいるでしょう。 ヘアセットが上手くできないと、自分に自信が持てなくなるだけでなく清潔感を演出できなかったりおしゃれを楽しめなかったりして気分も落ち込んでしまいます。 加齢とともに薄毛が進行する原因について 最近では薄毛に悩む若い世代の方も増えていますが、薄毛と聞くと中高年層に多いイメージがあるという方がほとんどではないでしょうか? ここからは、加齢とともに少しずつ薄毛が進行していくのは何が原因になっているのかご紹介していきたいと思います。 加齢による薄毛の原因①ヘアサイクルの変化 どんな人でも1日あたり約100本前後の抜け毛があると言われていますが、これは古くなった髪の毛が抜け落ちるからなので、抜け落ちてもやがて新しい髪の毛が生えてくるため、日常的に抜け毛があっても完全に髪の毛がなくなることはありません。 この「古くなった髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛に生え変わる」という一連の流れを「ヘアサイクル」といいます。 年齢を重ねるとこのヘアサイクルに変化が起き成長期に髪の毛が上手く成長しなかったり、髪の毛の成長が完全に止まった状態である休止期の髪の毛の割合が増えたりすることが加齢による薄毛の原因です。 加齢による薄毛の原因②ストレスの増加 加齢に伴って抱えるストレスも増えてくる傾向にあり、例えば男性であれば会社での地位が上がって責任や業務量が増えるといったことが挙げられるでしょう。 女性であれば家事や育児によるストレスを抱えることもあり、こうしたストレスの増加が薄毛に繋がるケースも少なくありません。 加齢による薄毛の原因③ホルモンバランスの乱れ 女性の場合、加齢によってホルモンバランスに乱れが生じて抜け毛や薄毛を引き起こす原因に繋がるケースがあります。 女性ホルモンの「エストロゲン」は髪の毛の成長に欠かせない役割を担っているため、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが減少すると髪の毛の成長を遅らせたり抜け毛が増えたりといったことを起こしかねません。 このエストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンであるため閉経と同時に減少してしまうので、結果的に加齢に伴って薄毛を引き起こすというわけです。 また男性も生活習慣や食事、加齢などさまざまな原因でホルモンバランスの乱れを引き起こして、抜け毛や薄毛に繋がることもあります。 加齢による薄毛を予防する方法とは? 加齢を止めることはできませんが、加齢による薄毛を予防することができるのであれば対策していきたいところです。 そこでここからは、加齢による薄毛を予防する方法についてご紹介していきます。 加齢による薄毛の予防方法①ヘアケアを見直す 年齢を重ねても元気な髪の毛を維持するためには、日頃のシャンプーなどのヘアケアを正しく行うことが欠かせません。 皮脂や汚れをしっかりと洗い流せていないと毛穴の詰まりを引き起こし、髪の毛に必要な栄養や酸素が十分に届かなくなる可能性があります。 しかし過剰に洗い過ぎたり洗浄力の強いシャンプーを使ったりすると、必要以上に皮脂を取り除いてしまいかえって頭皮の乾燥を招く恐れがあるので注意が必要です。 本来、皮脂は頭皮を外的刺激から守るバリア機能を担っていますので、皮脂を取り除き過ぎるとバリア機能が低下した頭皮を守るために皮脂が過剰分泌され、結果的に頭皮環境の悪化に繋がる可能性があるので、適切な方法でシャンプーやヘアケアを行うことが大切です。 基本的には、シャンプー前に髪の毛全体をぬるま湯で流してからシャンプーをよく泡立てて、指の腹を使ってやさしく揉み込むように洗いましょう。 頭皮が乾燥しやすい方は保湿成分が含まれたシャンプーを使ったり、コンディショナーで髪の毛に潤いを与えてあげるのもおすすめです。 洗い終えたらシャワーですすぎ残しのないようにしっかりと流し、タオルドライをしてからドライヤーでよく乾かすようにしてください。 加齢による薄毛の予防方法②生活習慣を改善する 加齢に伴う薄毛は、ストレスが大きく影響している場合もありますので、生活習慣を改善してストレスを溜め込みすぎないようにすることも大切です。 例えば、夜遅くまで起きていると睡眠不足によって脳や身体が十分に休まらず、余計にストレスを感じやすくなってしまいますし、眠っている間に成長ホルモンが分泌されて髪の毛が育つと言われているので、睡眠不足は髪の毛にとっても良くありません。 寝付きが悪い方は、お風呂に入るときに湯船にゆっくり浸かったりお風呂上がりに軽いストレッチをするのもおすすめです。 他にも寝る前にスマホを見ると覚醒して寝付きが悪くなってしまうので、代わりに読書をしたりリラックスできる音楽を聴いたりするのも良いでしょう。 加齢による薄毛の予防方法③栄養バランスの取れた食事を摂る 健康的な髪の毛を育むためには、栄養バランスの取れた食事を心がけることも大切です。 脂っこいものや高カロリーなものを摂取し過ぎると、皮脂が分泌しやすくなって頭皮環境の悪化に繋がってしまいます。 髪の毛に良いと言われている「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」を中心に、バランスの取れた食事を意識することで髪の毛の成長の促進に繋がるでしょう。 上記の栄養素だけではなく身体のエネルギーになる炭水化物や脂質などもバランス良く摂取して、健康的な体作りを意識することも大切です。 加齢による薄毛の予防方法④発毛サロンに相談する ・ヘアケアを見直す ・生活習慣を改善する ・栄養バランスの取れた食事を摂る 上記のような対策を講じても、抜け毛が減らなかったり薄毛が良くならなかったりする場合は、発毛サロンに相談してみるのも良いでしょう。 発毛サロンでは、抜け毛や薄毛の原因を調べて1人ひとりに合った方法で発毛ケアを受けることができます。 さらにヘアケア方法や食事・睡眠といった生活習慣の面でアドバイスしてもらえるので、適切な方法で薄毛対策を行うことが可能です。 また薄毛は加齢以外にもさまざまな原因が考えられますので、しっかりと原因を見極めて正しい対策を行うためにも、一度発毛サロンに相談してみるのがおすすめです。 加齢に伴う薄毛の原因と予防方法まとめ 加齢による薄毛の原因は、主に「ヘアサイクルの変化」「ストレスの増加」「ホルモンバランスの乱れ」といったことが挙げられます。 加齢に伴って仕事や家事・育児など、さまざまな面でストレスを感じる機会が増えますので、ストレスを溜め込み過ぎないようにすることが大切です。 また年齢を重ねるとヘアサイクルやホルモンバランスが乱れて、髪の毛の成長が遅くなったり抜け毛が増えて結果的に薄毛に繋がる可能性があるので、日頃から栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活習慣を心がけましょう。 薄毛を防ぐためにいろんな対策を行なっても、なかなか良い結果が得られないという場合は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮マッサージや毛穴汚れの洗浄などに加えて睡眠や食事などのアドバイスも行なっています。 「昔に比べて髪の毛が薄くなった気がする」「将来、薄毛にならないか不安」という方も、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 冬はハゲるリスクが上がる?その原因と対策方法をご紹介します!

    冬になると寒さや乾燥によって風邪をひきやすかったり、肌荒れがしやすくなると言われていますが、実はハゲるリスクが上がるとも言われているのをご存知でしょうか? 夏場は、強い紫外線によるダメージや汗・皮脂による毛穴の詰まりが原因で薄毛に繋がりそうというイメージはできますが、なぜ冬にハゲると言われているのか気になるところです。 そこで今回は、冬にハゲると言われている原因と対策方法についてご紹介していきます。 冬にハゲるリスクが上がると言われている原因とは? 肌の乾燥や手荒れが気になり始める冬は保湿クリームなどでケアをする方が多くなると思いますが、実は肌や手だけではなく頭皮も乾燥するのをご存知でしょうか? そういった頭皮の乾燥や身体の冷えが薄毛を招くと言われており、中には「冬になると抜け毛が増える気がする」と悩んでいる方もいると思います。 そこでまずは正しく対策していけるように、冬にハゲるリスクが上がると言われている原因について理解していきましょう。 冬にハゲるリスクが上がる原因①身体が冷えて血管が収縮するから 冬になると手足がかじかんだり身体が凍えたりしますが、この身体の冷えが冬にハゲるリスクが上がると言われている原因の1つです。 気温が低くなって身体が冷えると血管が収縮し血行が悪くなり、頭皮への血流も悪くなってしまうため髪の毛に十分な栄養や酸素が行き届かなくなります。 その結果、栄養不足に陥った髪の毛はどんどん元気を失っていき、最終的に抜け毛を引き起こして薄毛を招くというわけです。 冬にハゲるリスクが上がる原因②頭皮が乾燥してトラブルに繋がるから 冬は寒いだけでなく乾燥しやすい季節でもあり肌や手がカサつくことがありますが、気が付きにくいだけで頭皮も同じように乾燥を引き起こしています。 頭皮が乾燥するとフケや痒みといった頭皮トラブルに繋がるだけでなく、バリア機能が低下しているため外的刺激によるダメージを受けやすいです。 これらのような頭皮トラブルやダメージによって頭皮環境が悪化し、抜け毛や薄毛に繋がるとも言われています。 冬にハゲるリスクが上がる原因③夏の紫外線ダメージが蓄積されるから 日差しが強い夏場にきちんと紫外線対策をしていないと、夏の間に蓄積された紫外線ダメージの影響が秋冬シーズンに現れて抜け毛などのトラブルを引き起こしかねません。 頭皮が紫外線を浴び続けてダメージを負うと、老化の原因になる活性酸素が生成されて髪の毛が成長しづらくなったり発毛サイクルが遅くなったりすると言われています。 また東京医科歯科大学の研究によると、健康的な髪の毛を生やすために必要な頭皮の「17型コラーゲン」と言われる成分を紫外線が壊してしまうということが分かっており、冬の抜け毛を予防するには紫外線から頭皮を守ることが大切です。 冬の抜け毛対策でハゲるリスクを抑えよう! 冬の寒さや乾燥で抜け毛が増えないように、しっかりと対策を行なって冬を乗り越えていきましょう。 ここからは冬のハゲるリスクを抑えるために、どのような抜け毛対策を行なっていけばいいのかご紹介していきます。 冬の抜け毛対策①身体を冷やさないようにしっかり防寒する 身体が冷えると血管が収縮して頭皮に栄養や酸素が行き届かなくなるので、まずは身体を冷やさないようにしっかりと防寒することが大切です。 特に秋から冬にかけての季節替わりの時期は、日中暖かく夜になると冷えるといった日が多いため、薄手のアウターを持ち歩くようにしておきましょう。 他にも特に気温が下がる真冬の時期には、マフラーや手袋だけでなくカイロなども使って身体が冷えないように心がけてください。 冬の抜け毛対策②血行が良くなるものを食べる 身体が冷えやすい方は、食事面を見直して血行が良くなる食べ物を食べるようにするのも対策方法の1つです。 血行が良くなる食べ物としては、血行促進作用があるビタミンEなどが豊富に含まれている生姜やゴボウ・レンコンといった根菜類が挙げられます。 また唐辛子に含まれるカプサイシンは代謝を良くして身体を温める効果があり、身体が温められると血管が拡張して血行促進に繋がるので辛いもの好きの方にはおすすめの食材です。 身体を温めて血行が促進されれば、頭皮への血流も良くなり髪の毛に必要な栄養が行き届きやすくなるでしょう。 冬の抜け毛対策③入浴やストレッチで血行を促進する 入浴やストレッチによって身体を温めることで滞った血行が促進されるので、冷え予防になるだけでなく頭皮に十分な栄養や酸素が行き渡りやすくなります。 入浴する際は低めの温度に設定して長めに湯船に浸かることで、血行が良くなって身体の芯から温まるのでおすすめです。 他にもお風呂上がりに軽いストレッチを行なったり、ヨガやウォーキングといった運動習慣を身につけることで血行を促進することができます。 冬の抜け毛対策④保湿ケアで頭皮の乾燥を防ぐ 身体の冷えによる血流の悪化だけではなく、「乾燥」も冬の抜け毛対策として気をつけたいことの1つです。 頭皮が乾燥すると抜け毛やフケ・痒みなどを引き起こす原因になるだけでなく、不足した油分を補おうと皮脂が過剰分泌されて毛穴詰まりを招く可能性もあります。 そのため乾燥しやすい冬場は、保湿成分配合のシャンプーや洗浄力が強過ぎないシャンプーに切り替えるなどの対策を行うといいでしょう。 ハゲる前に!発毛サロンでケアを受けるのがおすすめ 自分で冬の抜け毛対策を行なっても、なかなか抜け毛が減らなかったり頭皮トラブルが良くならなかったりすることもあると思います。 そういったときは、1人で抱え込まず発毛サロンに相談してプロのケアを受けるのがおすすめです。ここからは、発毛専門サロンのスーパースカルプ発毛センターのケアをおすすめする理由についてご紹介していきます。 おすすめの理由①毛穴の汚れを除去して育毛ケア効果をアップ 頭皮が乾燥してバリア機能が低下すると、外的刺激などから頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されるため毛穴詰まりを引き起こしかねません。 皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうと頭皮環境が悪化して抜け毛が増える原因になるので、しっかりと毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い落とすことが大切です。 スーパースカルプ発毛センターでは、「高水圧マイクロレベルジェット噴流」によって毛穴に詰まった汚れをしっかりと除去するため毛穴の状態を良くすることができます。 毛穴の状態が良くなると毛根の奥まで育毛剤が届きやすくなるため、育毛ケア効果をアップさせることにも繋がるでしょう。 おすすめの理由②頭皮の血行を促進するマッサージが受けられる 冬にハゲると言われているのは、冷えによって血管が収縮し頭皮の血行が滞ってしまうことが原因の1つですので、頭皮の血行を促進してあげる必要があります。 スーパースカルプ発毛センターでは、人工太陽光とマッサージによって頭皮の毛細血管を拡張させる方法を導入しているので、効率良く毛根に栄養を届けやすくすることが可能です。 おすすめの理由③生活習慣のアドバイスを貰える スーパースカルプ発毛センターでは毛穴汚れの除去や頭皮マッサージといったケアに加えて、食事や睡眠など生活習慣に関するアドバイスも行なっています。 抜け毛や薄毛に繋がるような栄養バランスの乱れた食生活や、質の悪い睡眠を見直せばホルモンバランスを整えることができ、髪の毛が成長しやすい環境へと導くことができますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。 冬にハゲるリスクが上がると言われている原因と対策方法まとめ 冬にハゲるリスクが上がると言われている原因としては、以下のようなものが挙げられます。 ・身体が冷えて血管が収縮するから ・頭皮が乾燥してトラブルに繋がるから ・夏の紫外線ダメージが蓄積されるから こうした原因の対策方法としては、「身体を冷やさないようにすること」と「乾燥しないように保湿すること」です。 しかし人によっては、身体が冷えやすく頭皮の血行が良くならなかったり保湿ケアをしているのに乾燥してしまったりすることもあるのではないでしょうか。 そういったときはスーパースカルプ発毛センターへご相談いただければ、頭皮ケアで血行を促進させることはもちろん頭皮の状態に合わせてケアさせていただきます。 病院のAGA治療や市販の育毛剤では良くならなかったという方も、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • ウィッグを被るとはげる!?薄毛になる原因と注意点について

    ウィッグは、若い女性を中心に多くの方がおしゃれアイテムとして利用しており、気軽にヘアカラーやヘアスタイルを変えられるのが魅力の1つです。 しかしウィッグを被るとはげる可能性があるという話もあり、普段からウィッグを被る機会が多い方は注意しなければなりません。 そこで今回は、ウィッグを被るとはげると言われている原因やウィッグを被るときの注意点、そしてウィッグを被りながらできる薄毛対策についてご紹介します。 ウィッグを被るとはげると言われている原因とは? 日常的にウィッグを使用している場合、長時間着用し続けることも多いため頭皮が蒸れたり痒くなったりすることも珍しくありません。 このように頭皮が蒸れて痒くなると頭皮環境が悪化しやすくなり、抜け毛や薄毛に繋がる可能性があるので注意が必要です。 まずは上記のようなことを含め、ウィッグを被るとはげると言われている原因についてご紹介していきます。 はげる原因①ウィッグを被り続けることで頭皮が蒸れる ウィッグを被ることによってはげると言われている原因の1つは、ウィッグを長時間装着し続けることによる頭皮の蒸れです。 最近では通気性が改善されたウィッグも販売されていますが、それでもウィッグを装着していない時と比べると蒸れやすくなっています。 頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい、頭皮に雑菌が増えると炎症や痒みといった問題を引き起こし頭皮環境の悪化に繋がりかねません。 頭皮環境が悪化することで抜け毛などが増えて結果的に薄毛を招く恐れもありますので、長時間ウィッグをする際は頭皮の蒸れ対策が大切です。 はげる原因②ウィッグのお手入れ不足で雑菌が繁殖しやすくなる 先ほどウィッグを長時間装着し続けることで頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなると言いましたが、頭皮の雑菌などは日々のシャンプーで落とすことができます。 しかしウィッグのお手入れがしっかりできていないとウィッグ側に残った雑菌が繁殖しやすくなるため、清潔じゃない状態のままウィッグを使い続けることになりかねません。 ウィッグを使ったあとは、しっかりとお手入れをして清潔な状態を保つことが大切になります。 はげる原因③ウィッグを装着することによる頭皮への負担 ウィッグにはさまざまな装着方法があり、大きく分けると ・ピン ・テープ ・接着剤 ・編み込み式 ・複合型 以上の5種類です。 ウィッグを装着する際は、装着方法に関わらず頭皮への負担がかかり、この負担が蓄積されることによって頭皮の状態が悪化して抜け毛や薄毛を引き起こす場合があります。 装着方法によっては蒸れやすくなったり血行が悪くなったりすることもあるため、定期的にウィッグを被らない日を設けるなど頭皮を休ませる機会を作ると良いでしょう。 ウィッグが原因ではげるのを防ぐための注意点 ウィッグを使ってオシャレの幅を広げたいと考えていても、ウィッグを被ることではげるのであれば使い続けるのは控えたいところです。 しかし、いくつかのポイントを押さえることでウィッグが原因ではげるのを防げる可能性がありますので、ここからはウィッグを使用する際の注意点について確認していきましょう。 注意点①購入時に通気性をチェックしておく ウィッグではげると言われているのは蒸れが原因の1つですので、できるだけ蒸れないように購入時に通気性の高いウィッグを選ぶことが大切です。 ウィッグの種類によっては通気性に優れたメッシュ素材のものもあるため、購入する際にはどのような素材が使われているか確認しましょう。 注意点②ウィッグを使ったらきちんと洗って乾かす ウィッグを使ったあとは、蒸れによって雑菌が繁殖した状態になっていますので、使用後はきちんと洗ってウィッグを清潔に保つと良いです。 ウィッグの洗い方は、YouTubeなどにアップされている動画を観て手順などを確認しながら行うと分かりやすいでしょう。 洗ったあとに濡れた状態で置いていると再び雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、洗い終わったら水気がなくなるまでしっかりと乾燥させることも大切です。 注意点③ウィッグを被らない日を設けて頭皮を休ませる 日常的にウィッグを使っている方もいるかと思いますが、頭皮を休ませるためにもウィッグを被らない日を設けると良いでしょう。 ウィッグを被らない日を設けることで、頭皮への負担を軽減できるだけでなく蒸れなども避けられますので、頭皮環境の悪化防止に繋がります。 特に夏場は気温が高く蒸れやすいので、極力ウィッグを被らないようにしたほうが頭皮や髪の毛にとっては良いです。 ウィッグを被りながら薄毛対策はできる? 「ウィッグを被るのはやめたくない!」 「事情があって毎日ウィッグを付けなきゃいけない」 といった方は、きちんとウィッグのお手入れをしたり定期的に頭皮の休息日を設けたりして薄毛対策しましょう。 また薄毛対策は、日々のヘアケアや生活習慣の見直しなどによっても行えますので、ウィッグを被りながらでもできる対策を取り入れていくことをおすすめします。 そこでここからは、ウィッグを被りながらできる薄毛対策についてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。 薄毛対策①正しいヘアケアをして頭皮環境を清潔に保つ ウィッグによって頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなりますので、しっかりとシャンプーをして頭皮や髪の毛を清潔に保つようにしましょう。 頭皮に付着している雑菌や汚れを洗い落とすために洗浄力の高いシャンプーを使うと、必要な皮脂まで落としてしまいかえって乾燥を招く恐れがあるので注意が必要です。 皮脂は、頭皮を外的刺激から守る役割を持っていますので、必要以上に頭皮を落とすと頭皮が刺激に敏感になって炎症や痒みを引き起こす原因になりかねません。 頭皮が乾燥し過ぎると低下したバリア機能を補うために皮脂が過剰分泌されて、毛穴詰まりなどを起こしやすくなり頭皮環境の悪化に繋がる場合があります。 頭皮の乾燥を防ぐためには、保湿成分配合のシャンプーや低刺激のアミノ酸系シャンプーを使うのがおすすめです。 また髪の毛が湿った状態だと雑菌が繁殖しやすくなりますので、洗ったあとはしっかりとすすぎ残しのないようにお湯で流し、軽くタオルドライしてからドライヤーでよく乾かしましょう。 薄毛対策②栄養バランスの取れた食事を摂る 栄養バランスが偏った食事ばかりしていると髪の毛に必要な栄養が不足してしまい、抜け毛に繋がる可能性があるので普段の食生活の見直しも大切です。 仕事が忙しく帰宅時間が遅くなるとインスタント食品やファストフードなどで済ませたくなりますが、高カロリー・高脂質な食事は皮脂を大量に分泌させ頭皮環境を悪化させることに繋がりかねません。 髪の毛に良いと言われる「タンパク質」「ミネラル(亜鉛)」「ビタミン類」を中心に、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。 普段の食生活では良い栄養バランスを保てないという場合は、サプリメントを取り入れるのも1つの方法です。 薄毛対策③発毛サロンに相談してプロのケアを受ける ヘアケアや食事などを見直しても抜け毛が減らなかったり薄毛が良くならないという場合は、1人で抱え込まずに発毛サロンに相談すると良いでしょう。 抜け毛や薄毛の原因は、ウィッグによる蒸れや食事以外にも普段の生活習慣やストレスにある場合も考えられます。 正しく薄毛対策をしていくためにはまず原因を見極めることが大切ですので、薄毛の原因を知るためにも発毛サロンに相談するのはおすすめです。 発毛サロンでは、頭皮や髪の毛の状態をチェックして原因を調べてくれるだけでなく、1人ひとりに合った方法でケアしたり食事や生活習慣のアドバイス をしてくれます。 ウィッグを使うようになってから抜け毛が増えたような気がするという方は、1度発毛サロンに相談してみてはいかがでしょうか。 ウィッグがはげると言われる原因と注意点まとめ ウィッグを被るとはげると言われている原因としては、大きく分けて以下の3つが挙げられます。 ①ウィッグを被り続けることで頭皮が蒸れる ②ウィッグのお手入れ不足で雑菌が繁殖しやすくなる ③ウィッグを装着することによる頭皮への負担 ウィッグが原因ではげるのを防ぐためには、頭皮が蒸れにくいように通気性の高いウィッグを使ったり、ウィッグを使ったあとはきちんとお手入れをしてウィッグを清潔に保つことが大切です。 またウィッグの装着によって頭皮が受ける負担を軽減するために、ウィッグを装着しない日を設けるのも良いでしょう。 こうした対策を行なっても抜け毛や薄毛が良くならないという場合は、他に原因がある可能性もありますので1度スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮や髪の毛の状態をお調べして原因を見つけたうえで、1人ひとりに合った方法でケアを行なっていきます。また、薬不使用なので副作用を心配する必要もありません。 正しいヘアケア方法や髪の毛に良い食事方法などについてもアドバイスさせていただきますので、「薄毛が気になるようになった」「抜け毛が増えた」といった方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターまでお越しください。

なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
5月~6月は抜け毛が増える季節。この時期に最も気を付けるべき事とは?1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは3位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは4位
【頭皮画像】これだけ生えれば初期脱毛は当たり前。発毛中の抜け毛の質について解説します。5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験