発毛・育毛コラム一覧

  • 毛量が多いと将来はげる!?薄毛になる原因と予防方法について

    毛量の多さは人によって違いがありますが、毛量が多いと将来はげるという話を聞いたことはないでしょうか? 人よりも毛量が多いと思っている方の中には、「そのうち薄毛になるんじゃないか」という不安を抱えている方もいると思います。 そこで今回は、毛量が多いと将来はげるのかという点や薄毛になる原因、将来はげないための予防方法についてご紹介していきますので、薄毛や抜け毛が心配な方はぜひご一読ください。 「毛量が多い=将来はげる」って本当? 「毛量が多いと将来的にはげる」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、本当に毛量の多さが将来的な薄毛に関係しているのか気になるところです。 結論から言うと毛量が多いからといって将来はげるわけではなく、薄毛はさまざまなことが原因となって起こる可能性があります。 まずは、毛量の多さと薄毛の関係性について確認していきましょう。 毛量に関わらずはげるケースはある 「毛量が多いと将来はげる」という話には科学的根拠があるわけではないので、毛量が多いからといって必ずしもはげるわけではありません。 しかし、毛量が多い方も普段のヘアケアや生活習慣に気を遣わず油断していると、将来的にはげるリスクを高めることになるので注意が必要です。 薄毛になる原因については、また後ほど詳しくご紹介していきますのでそちらをご覧ください。 毛量が多い人は入念なヘアケアが大切 毛量が多い人は、シャンプーなどのヘアケアを入念に行わないと、皮脂汚れなどを十分に落とし切ることができず頭皮環境が悪化してしまう恐れがあります。 またトリートメントなどで髪の毛を保湿しようと思っても、毛量が多いために髪の毛全体に保湿成分が行き渡らない可能性もあるでしょう。 他にもシャンプーの泡を洗い流すときにしっかりとすすがないと、すすぎ残しが生じて成分が残留した状態になり頭皮環境の悪化に繋がります。 ドライヤーで乾かすときも、毛量が多いと乾かすのに時間がかかり熱ダメージを受けやすくなりますし、十分乾いてない状態で完了してしまうと頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなるので注意しなければなりません。 毛量が多くても髪の毛1本1本が細く柔らかい場合は注意! たとえ毛量が多い人でも、髪の毛1本1本の毛質が細くて柔らかくなっている場合には、将来的にはげる可能性があるので気をつけましょう。 毛質が細かったり柔らかかったりと弱々しくなっている場合は、髪の毛に十分な栄養が届いていないことが考えられます。 髪の毛が栄養不足だと、抜け毛などに繋がって将来的にはげる可能性も出てきますので、普段の食事や生活習慣に気を遣うことが大切です。 毛量の多さがはげに繋がるわけではないなら薄毛の原因は何? 毛量の多さが将来的な薄毛に関係しているわけではありませんが、はげる原因にはさまざまなものがあるため、毛量が多い方も注意しなければなりません。 では、薄毛になる原因にはどのようなものがあるのかチェックしていきましょう。 薄毛の原因①乱れた生活習慣を送っている 乱れた生活習慣を送っていると健康面にさまざまな悪影響があるといわれていますが、当然のことながら頭皮や髪の毛にも良くありません。 例えば、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時の間に眠ることで髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンが分泌され、髪の毛が健やかに成長するといわれています。 しかし、不規則な生活習慣を送っていると午前2時を回っても起きている場合があり、成長ホルモンが正常に分泌されず髪の毛が育ちにくくなりかねません。 薄毛の原因②栄養バランスが偏った食事ばかりしている 髪の毛が健やかに育つためには、髪の毛に欠かせない栄養をきちんと摂取する必要がありますが、栄養バランスが偏った食事ばかりしていても髪の毛が栄養不足に陥ってしまいます。 特に育毛には、「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」が欠かせないと言われていますので、この3つの栄養素は積極的に摂取することが大切です。 また普段から揚げ物やインスタント食品など脂質の多いものばかり食べていると、皮脂が多く分泌されて毛穴詰まりを起こしやすくなり頭皮環境の悪化に繋がり、薄毛になりかねません。 薄毛の原因③運動不足やストレス過多 髪の毛の成長に必要な栄養や酸素は血液によって運ばれていきますが、運動不足やストレス過多が原因で頭皮が血行不良に陥ると栄養や酸素が正常に運ばれません。 栄養や酸素が不足した髪の毛は、当然のことながら元気がなくなって細く弱々しくなり、最終的に抜け毛を引き起こしてしまうでしょう。 また、ストレスを強く感じると自律神経が緊張して血管の収縮を起こすため、頭皮に十分な栄養・酸素が運ばれなくなります。 適度な運動習慣は、血行促進やストレス解消にも繋がりますので、まずは無理のない範囲で長く続けられる運動を始めてみてはいかがでしょうか? 薄毛の原因④正しい方法でシャンプーできていない 頭皮の皮脂や汚れを落とすために、ゴシゴシと力強く洗ったり何度もシャンプーしたりすると頭皮が傷ついて頭皮環境を悪化させてしまう場合があります。 また皮脂を必要以上に落とし過ぎると頭皮の乾燥を招く恐れがあり、乾燥すると不足した油分を補うために皮脂が過剰分泌されるケースもあるため注意が必要です。 乾燥が気になる方は、保湿成分配合のシャンプーを使ったり刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使うと良いでしょう。 薄毛の原因⑤家族に薄毛の人がいる(遺伝) はげる原因の多くは「遺伝」と言われており、家族に薄毛の方がいると自分自身も将来的にはげる可能性が高いです。 しかし家族に薄毛の方がいるからといって必ずしも自分もはげるというわけではなく、生活習慣や食事などに気を遣うことで薄毛を予防することも可能です。 将来はげないために今からできる予防方法はある? 今はまだ毛量が多くてはげる心配がない方も、さまざまなことが原因となって将来はげてしまう可能性は十分にあります。 では将来はげてしまわないために、今からできる予防方法にはどんなものがあるのか確認していきましょう。 予防方法①規則正しい生活習慣に整える 髪の毛に関わらず、健康的に過ごしていくためにも意識しておきたいのが「規則正しい生活習慣」です。 もし毎日のように深夜2時や3時を過ぎても起きているという方がいれば、就寝時間をもう少し早めに設定すると良いでしょう。 また、寝る前にスマホを触っていると覚醒して寝付きが悪くなることがあるので、スマホの代わりに音楽を聴いたり読書をしたりするのもおすすめです。 他にもお風呂に入る際に湯船でしっかり温まると、身体がリラックスモードに切り替わりますので、寝付きやすくなりますよ。 予防方法②栄養バランスを意識した食事を摂る インスタント食品やファストフードばかり食べていると、栄養バランスが偏って髪の毛が元気に成長しなくなってしまいますので、しっかりと栄養バランスを意識した食事を摂りましょう。 髪の毛の主成分であるタンパク質をはじめ、ミネラルやビタミン類を積極的に摂取すると良いですが、その他の栄養素もバランス良く摂って健康を維持することが大切です。 不足しがちな栄養素に関してはサプリメントなどで補うという方法もありますので、自分に合った方法で栄養管理をしていきましょう。 予防方法③運動習慣やストレス解消を意識する 適度な運動習慣は、血行促進やストレス解消といった効果が期待できますので、ウォーキングやストレッチなど簡単な運動から始めてみると良いです。 特にデスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢でいることが多く肩や首が凝り固まって血行不良を起こしやすいため、仕事の合間や休憩時間に軽いストレッチをするだけでも効果が期待できます。 ストレス解消に関しては趣味に打ち込んだり温泉に行ったりするのも1つの方法ですし、アロマオイルを使って香りに癒されるという方法などもありますので、自分に合った方法でストレスを解消していくと良いでしょう。 予防方法④正しい方法でシャンプーする 頭皮への刺激が気になる方は、アミノ酸系や弱酸性のシャンプーなど頭皮や髪の毛にやさしいものを選ぶのがおすすめです。 正しいシャンプーの方法としては、まずシャンプーをする前に軽くブラッシングをすることで皮脂やフケといった汚れを落としやすくしましょう。 そしてぬるま湯(38~40℃)で髪の毛をしっかりと濡らし、シャンプーをよく泡立ててから指の腹を使ってやさしく丁寧に洗っていきます。 シャンプー後はすすぎ残しがないように十分に洗い流して、タオルで余分な水気を取ってからドライヤーを使って乾かしていきましょう。 予防方法⑤発毛サロンに相談する 生活習慣や食事を見直しても抜け毛が減らなかったり、将来的にはげる不安が解消されない場合は発毛サロンに相談するのも1つの方法です。 発毛サロンに相談することで、現在の頭皮や髪の毛の状態をチェックしてくれますので、「抜け毛が増えているか」「薄毛になりつつあるか」といった不安の解消にも繋がります。 もし抜け毛や薄毛の兆候が見られる場合も、原因を調べたうえで1人ひとりに合った方法でケアを行なってくれますので薄毛の改善を目指すことが可能です。 まとめ|毛量が多いからといって将来はげるわけではない 「毛量が多いと将来的にはげるのではないか」という不安を抱えている方もいるかもしれませんが、毛量の多さは薄毛と関係ありません。 薄毛は生活習慣や食事、ヘアケア方法などさまざまなことが原因で起こりうるものですので、毛量に関係なく誰にでもはげる可能性はあります。 もし「将来的にはげるのを防ぎたい」「最近抜け毛が気になってきた」という方がいれば、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、人工太陽光を使った頭皮マッサージや高水圧マイクロレベルジェット噴流による毛穴の洗浄によって頭皮を発毛しやすい状態へと導いていきます。 また睡眠や食生活などのアドバイスもさせていただきますので、生活習慣の面で不安があるという方もご安心ください!

  • 水泳がはげる原因に!?プールの塩素は抜け毛に繋がるの??

    みなさんの中には、運動するために水泳をしている、もしくは始めようと思っている方もいるのではないでしょうか? 水泳をして運動習慣を身につけるのはとても良いことですが、プールに含まれる塩素がはげる原因になるという話もあるため、髪の毛や頭皮へのダメージが気になるところです。 そこで今回は、プールで水泳をすると塩素によってはげる可能性はあるのか、また抜け毛や薄毛を予防する方法はあるのかについてご紹介していきます。 水泳をしているとプールの塩素ではげる? みなさんの中には、「水泳をしているとプールの水に含まれる塩素が原因ではげる」という話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 運動不足の解消や健康的な生活のためにプールに通って水泳を始めようと考えている方や、昔から水泳を続けている方にとっては無視できない話ですよね。 塩素はプールの衛生を保つために必要なものですが、本当に抜け毛や薄毛に繋がってしまうのか確認しておきましょう。 塩素が頭皮や髪の毛に及ぼす影響とは? プールの水に含まれている塩素はタンパク質に付着する特性を持っており、タンパク質が主な成分である髪の毛や頭皮に付着するとダメージを与えるといわれています。 塩素が髪の毛に付着すると、髪の毛の1番外側にある「キューティクル」という組織が破壊され、髪の毛がダメージを受けやすくなったり乾燥を引き起こす原因に繋がりかねません。 またプールに通い続けている方の中には、髪の毛の色が茶色っぽくなっている方がいますが、これは塩素が持つ漂白作用によるものです。 分かりやすく言えば、ブリーチをして髪の毛の色素を抜いたときと似たような状態なので、髪の毛が負うダメージは言うまでもありません。 水泳後のヘアケアを怠るとはげる可能性を高める? 上記でお話したように、頭皮や髪の毛に塩素が触れることでさまざまな影響を及ぼしますが、水泳の頻度が週1回程度の場合や水泳後のヘアケアを徹底している場合は塩素によるダメージを抑えられるでしょう。 反対に水泳後にきちんとヘアケアをしなかったり、髪の毛をきちんと乾かさずに濡れたままの状態にしていると頭皮や髪の毛のダメージに繋がるため注意が必要です。 また水泳ではげる原因としては、プールの塩素以外にもさまざまなものが考えられますので、その他の原因については後ほどご紹介していきます。 水泳は良い運動習慣に繋がり抜け毛予防になる場合もある プールの水に含まれる塩素は、頭皮や髪の毛に影響を与えるといわれていますが、水泳を始めて運動習慣を身につけることは健康だけでなく抜け毛の予防に繋がる場合もあります。 例えば、デスクワークをしている方は毎日同じ姿勢でいることが多いため、肩や首周りが凝り固まって血行不良になっているケースが少なくありません。 血行不良になると頭皮への血流も悪くなって、髪の毛に必要な栄養や酸素が行き届きにくくなるため、結果的に抜け毛や薄毛を引き起こす可能性を高めます。 そして、水泳にはクロール・バタフライ・平泳ぎ・背泳ぎといろんな泳ぎ方がありますが、いずれも肩や腕を大きく動かしたり、息継ぎで首を前後左右に振ったりしますよね。 こうした動作が適度なストレッチになって凝りや血行不良の解消に繋がり、髪の毛にきちんと栄養や酸素を行き届きやすくしてくれます。 さらに水中では水圧がかかることで筋肉や血管が収縮するため、心臓の動きが活発になって血行の促進が期待できるでしょう。 プールの塩素以外ではげる原因とは? 「水泳を始めてから抜け毛が増えたような気がする」という場合、どうしてもプールの塩素が原因だと思いがちですが、塩素以外にも原因がある場合が考えられます。 ここからは、水泳をする際にどういった要素がはげる原因に繋がるのかという点についてご紹介していきますので、これから水泳を始めようと考えている方は参考にしてみてください。 水泳ではげる原因①屋外プールの場合は紫外線ダメージを受けやすい 屋外プールで水泳をする場合は、塩素だけでなく紫外線によるダメージも受けやすくなるため気をつけなければなりません。 紫外線を浴び続けると、頭皮の乾燥を招き頭皮環境の悪化に繋がるだけでなく、髪の毛の元になる毛母細胞が正常に機能しなくなる場合があるといわれています。 ほとんどのプール施設では、プールの水質維持のために水泳キャップの着用がルールとして設けられているので、水泳キャップを被ることで紫外線予防にも繋がります。 水泳ではげる原因②水泳キャップによる締め付けや着脱時の刺激 プールでは、基本的に水泳キャップを被って泳ぐことがほとんどですが、着用する水泳キャップによっては頭部への締め付けがきつく血流の悪化を起こしかねません。 血流が悪化することで髪の毛への栄養や酸素が届きにくくなるだけでなく、酸欠を引き起こしやすくなって体調不良に繋がることもあるので気をつけましょう。 水泳キャップの締め付け感に関しては、「メッシュ

  • 男性ホルモンが多いとはげる?薄毛と男性ホルモンの関係性を解説

    男性の中には、 「将来的にはげるのではないか?」 「最近、抜け毛が増えてきた気がする」 などと薄毛に関するお悩みを抱えている方が多くいらっしゃるかと思います。 薄毛の原因にはさまざまなものが挙げられますが、その中の1つに「男性ホルモンが多いとはげる」という話を聞いたことがありませんか? 今回は、薄毛と男性ホルモンの関係性を解説しながら、はげる原因や対策方法についてご紹介していきます。 男性ホルモンがはげる原因になるのは本当? 薄毛に男性ホルモンが影響しているのは事実ですが「男性ホルモン=はげる原因」というのは少し語弊があるので、まずは薄毛と男性ホルモンの関係性について知っていきましょう。 男性ホルモンには、大きく分けて「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」という2つの種類があり、それぞれ異なる働きを持っています。 では、テストステロンとジヒドロテストステロンの特徴について確認していきましょう。 テストステロンは男性の健康に必要不可欠なホルモン 男性ホルモンの一種であるテストステロンは、男性らしい骨格や肉体を作るために欠かせないホルモンです。 男性の場合、テストロテンの約95%が精巣の中で残りの約5%が副腎(ふくじん)と呼ばれる小さな臓器で合成・分泌されていると言われています。 テストロテンは具体的には筋肉量の増加や体脂肪の減少、男性としての機能の維持といった働きがあり、男性の身体・精神を健康に維持するために必要不可欠なホルモンです。 ジヒドロテストステロンという男性ホルモンがはげる原因になる もう1つの男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、年齢によって異なる働きがあるとされています。 胎児期:男性の外性器の発達 思春期:体毛や声変わりの発言 成人期:AGAや皮脂分泌、前立腺肥大など 上記のようにジヒドロテストステロンは胎児期から思春期にかけては男性の発育に影響するのですが、成人期を迎えるとAGA(男性型脱毛症)など薄毛を引き起こす原因になる男性ホルモンになってしまいます。 一般的にAGAの症状として見られる生え際の後退(M字ハゲ)や頭頂部の薄毛(O字ハゲ)などは、このジヒドロテストステロンが大きく影響していると言われています。 ジヒドロテストステロンが増えるメカニズムとは? ジヒドロテストステロンは、育毛に関わる毛母細胞を攻撃する特性を持っており、髪の毛の成長を妨害するため「悪玉男性ホルモン」や「脱毛ホルモン」と呼ばれることも多いです。 ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合することで発生すると言われており、発生したジヒドロテストステロンが毛母細胞にある「男性ホルモン受容体」と結び付くことで脱毛因子を増やし抜け毛を引き起こします。 ただし薄毛はジヒドロテストステロンだけではなく、さまざまなことが原因になって起こると言われているため、原因に合った薄毛対策を行なっていくことが大切です。 男性ホルモン以外のはげる原因について 男性ホルモンのジヒドロテストステロンはあくまでもはげる原因の1つに過ぎず、薄毛を引き起こす原因にはさまざまなものが挙げられます。 例えば不規則な生活習慣を送っていたり、栄養バランスが偏った食事ばかりしていると薄毛を引き起こす可能性を高めることに繋がりかねません。 そこでここからは、男性ホルモン以外のはげる原因についてご紹介していきます。 はげる原因①不規則な生活習慣 みなさんの中には、「毎日十分な睡眠時間が確保できている」「しっかりと熟睡できている」という方がどれくらいいるでしょうか? 仕事や夜ふかしが原因で寝不足になっていたり睡眠の質が低下していると、髪の毛の成長に必要な成長ホルモンの分泌が妨げられてしまい薄毛に繋がる可能性があります。 またテレワークや自粛生活によって運動不足になっていると血行不良を起こしやすくなり、頭皮の血流が悪化すると髪の毛に必要な酸素や栄養が届きにくくなると言われているので適度な運動を心がけることが大切です。 このように睡眠不足や運動不足によって規則正しい生活習慣を送れていないことは、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 はげる原因②栄養バランスが偏った食事 毎日、高カロリー・高脂質なものや糖質の多いものを食べていたり、無理な食事制限でダイエットをしていたりすると栄養バランスが偏って髪の毛に悪い影響を与えてしまいます。 ラーメン・揚げ物・インスタント食品・ファストフードなどは、美味しい分カロリーや脂質が高く血液がドロドロになりやすいです。 血液がドロドロになると血流が悪くなるので、頭皮の血行不良も引き起こし髪の毛に酸素や栄養が届きにくくなります。 また、栄養が偏ることで髪の毛に欠かせない栄養が不足して、髪の毛が元気に育たなくなってしまうので気をつけましょう。 はげる原因③ストレスの増加 仕事やプライベートなどで強いストレスを受けると、自律神経が乱れて交感神経が働き続けることになり身体の緊張状態が続きます。 緊張状態が続くと血管が収縮して血流が悪化するため、酸素や栄養が頭皮に届かなくなり抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 また睡眠不足もストレス増加に繋がるだけでなく成長ホルモンの分泌が妨げられるので、「生活習慣を正して睡眠の質を高めること」と「ストレスを溜め込み過ぎないようにすること」は、薄毛対策をするうえで非常に大切だと言えるでしょう。 薄毛が気になり始めたときのはげ対策 ・最近おでこが広くなってきた気がする ・髪の毛のボリュームが減ったかも このように薄毛が気になり始めてきたら、早めに対策を講じて今以上に薄毛が進行しないようにしていきましょう。 ここからは、薄毛が気になり始めたときのはげ対策についてご紹介していきます。 はげ対策①規則正しい生活習慣を意識する 先ほどご紹介したように、不規則な生活習慣は抜け毛・薄毛を引き起こす原因になりかねませんので、まずは生活習慣を見直すことが大切です。 例えば、寝る前にスマホの画面を見ていると頭が覚醒しやすく寝付きを悪くする原因になるので、睡眠の質を高めるためにもスマホの代わりに読書や音楽鑑賞をするなどが挙げられます。 他にも湯船にゆっくり浸かることで副交感神経が働き、リラックスした状態になり寝付きやすくなるでしょう。 はげ対策②髪の毛に良い食生活を心がける 脂っこいものや高カロリーなものばかり食べているという方は、野菜なども取り入れて栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 人間の身体は、「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」「炭水化物」「脂質」の5大栄養素をバランス良く摂取することで健康の維持に繋がります。 特に「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」は、髪の毛にも欠かせない栄養素と言われていますので、積極的に食事に取り入れると良いです。 はげ対策③発毛サロンでケアを受ける 生活習慣や食事を見直しても抜け毛や薄毛が良くならないという場合は、発毛サロンに相談してケアを受けることをおすすめします。 特に男性ホルモンの影響で薄毛が進行している場合、自分ではどのように対処したらいいのか分からないという方もいるでしょう。 そういった場合でも発毛サロンであれば、マッサージや毛穴汚れの除去を行なったりホルモンバランスを整えるためのサポートをしてくれます。 「生え際が後退してきた」「頭頂部の毛が薄くなった」など、薄毛の兆候が現れたと感じたらすぐに発毛サロンに相談すると良いでしょう。 男性ホルモンとはげの関係性と対策方法まとめ はげには、男性ホルモンの1つである「ジヒドロテストステロン」が大きく関係しており、別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれているジヒドロテストステロンが増えるとAGA(男性型脱毛症)を招く原因に繋がると言われています。 また薄毛の原因は、男性ホルモンによる影響の他にも不規則な生活習慣や栄養バランスが偏った食事・ストレスの増加などさまざまです。 薄毛が気になり始めた方はもちろん抜け毛が増えた原因を知りたいという方は、一度スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、当社製品で男性ホルモンの分泌を抑えて髪の毛の成長期間を正常に戻すケアを対策を行なったり、人工太陽光とマッサージで頭皮の毛細血管を拡張し毛根に栄養を届けやすくすることが可能です。 他にも日々の生活習慣で乱れたホルモンバランスを整えるために、睡眠や食生活などのアドバイスもさせていただきます。 過去に育毛剤やAGA治療薬を試したけど効果がなかったという方も、ぜひスーパースカルプ発毛センターで発毛を目指しましょう!

  • 温泉に育毛効果がある?薄毛対策に最適な温泉の効能について

    温泉といえば、日々の疲れを癒してくれたり神経痛や冷え性を改善してくれたりと、私たちの身体にさまざまな良い効果をもたらしてくれると言われていますよね。 実は、温泉には疲労や神経痛・冷え性だけでなく「薄毛」にも効果があるという話をご存知でしょうか? そこで今回は、温泉が育毛に効果的と言われている理由や育毛効果が期待できる温泉の種類、その他の育毛対策の方法などについてご紹介していきます。 温泉が育毛に効果的と言われている理由とは? 私たちが暮らしている日本には全国各地にさまざまな温泉地があり、かなり古い時代から多くの人々に親しまれてきました。 温泉にはさまざまな効能があるとされており、怪我や病気の治療を目的に温泉地へ足を運ぶ方も少なくありません。 では温泉が育毛に効果的と言われている理由としては、どういったものがあるのか確認してみましょう。 温泉の育毛効果①身体を芯から温めて血行を促進する 温泉には「温熱作用」と呼ばれる作用があり、温泉に浸かって身体が温まると血管が拡張して全身の血行が促進されます。 頭皮の血行が良くなることで髪の毛に栄養や酸素が行き届きやすくなるので、髪の毛の成長促進にも繋がるでしょう。 また血行が促進されると体内に蓄積された老廃物や疲労物質などが体外へ排出されやすくなったり、筋肉の緊張がほぐれることで凝りなどの解消にも効果があると言われています。 さらに温泉には「水圧作用」もあり、水圧によって血管に圧力が加わることで手足に溜まった血液が押し出されて心臓の動きが活発になり血液循環を促すので、血行を良くしたいときには温泉に入るのがおすすめです。 温泉の育毛効果②リラックス効果を得られる 先ほど温泉には「温熱作用」と「水圧作用」があるという話をしましたが、この2つの作用に加えて「浮力作用」と呼ばれるものもあります。 温泉に浸かっていると身体が軽く感じると思いますが、これはお湯の浮力によって温泉の中の重力が地上の9分の1になり同時に体重も9分の1になるからです。 この浮力によって身体を支えている筋肉や関節の負担も軽くなり、緊張がほぐれたり疲労が解消されやすくなるのでリラックスした状態を作ることができます。 薄毛はストレスが原因になることもありますので、温泉にゆっくり浸かってリラックスすれば薄毛対策の一環にもなるでしょう。 温泉の育毛効果③高い抗炎症作用を持つ「温泉藻類」が注目されている 日本有数の温泉地である大分県別府市には源泉数が約3,000もあり、世界一の温泉地としても有名です。 ある研究所の研究結果によると、別府温泉にある源泉の中に高抗炎症作用を持った藻類がいることが分かりました。 「温泉藻類RG92」と名付けられたその藻類はリウマチや腰痛、慢性皮膚炎などを癒す効果があるとされていましたが、その高い抗炎症作用から炎症が原因で起こるとされる「円形脱毛症」や「老人性脱毛症」にも効果的とされています。 育毛に効果的とされる温泉の種類とは? 温泉にはさまざまな泉質があり、大きく以下の9種類に分けられているのをご存知でしょうか? ・単純泉 ・塩化物泉 ・炭酸水素塩泉 ・硫酸塩泉 ・炭酸泉(二酸化炭素泉) ・含鉄泉 ・硫黄泉 ・放射能泉 それぞれに異なる効能があるとされているのですが、この中で育毛に効果的とされる温泉の種類を3つご紹介していきます。 育毛におすすめの温泉①炭酸泉(二酸化炭素泉) 炭酸泉は二酸化炭素を含んでいる温泉のことで、温泉に浸かったときに身体に気泡がつくのが特徴です。 湯に含まれている二酸化炭素が皮膚から吸収されると、身体が酸素を求めて入ってきた二酸化炭素を体外に排出しようとします。 そのときに血管が拡張して頭皮の血行が促進されることで、髪の毛に栄養や酸素が行き届きやすくなるので育毛効果が期待できるでしょう。 育毛におすすめの温泉②炭酸水素塩泉 炭酸水素塩泉は、古い角質や毛穴の汚れを落としてくれる働きがあると言われており、頭皮環境を良くするだけでなくツルツルなお肌へと導いてくれます。 さらに皮膚表面から水分の発散が活発になるため、体温が放散されることで清涼感を味わうこともできリフレッシュしたいときにもぴったりです。 育毛におすすめの温泉③硫黄泉 硫黄泉は卵の腐ったような匂いがする点が特徴で、炭酸泉と同様に血管を拡張させる働きがあるので頭皮の血行を良くしたい場合におすすめと言えるでしょう。 硫黄泉を頭にかけることで上記のような効果を期待できますが、硫黄泉はpHが酸性の場合が多いため、酸性度が高いと皮膚がただれるなどの問題が生じる可能性があり注意が必要です。 育毛効果を高めたいなら温泉以外の対策も必要不可欠! 抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、日頃のストレス解消や血行促進を目的に温泉地へ足を運んでみるのも良いと思います。 しかし育毛対策をする場合は、温泉だけではなくさまざまな角度からアプローチしていくことが大切です。ここからは、育毛効果が期待できる温泉以外の対策についてご紹介していきます。 育毛対策①規則正しい生活習慣を送る 乱れた生活習慣を送っていると髪の毛だけでなく身体にもさまざまな影響を及ぼしますので、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。 髪の毛は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって育つと言われているので、深夜まで起きていると成長ホルモンの分泌が妨げられて成長しづらくなってしまいます。 身体や脳を休めてストレスを溜め込み過ぎないようにするためにも、きちんと睡眠時間を確保するようにしましょう。睡眠の質を上げたり寝付きを良くするためには、湯船に浸かって身体を温めたり適度な運動を心がけたりするのがおすすめです。 また食事に気を遣うことも大切で、栄養バランスの悪い食事ばかりしていると髪の毛に必要な栄養が不足してしまい髪の毛がちゃんと成長しませんので、髪の毛に良いとされるタンパク質やミネラル・ビタミン類を中心に栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 育毛対策②正しい方法でヘアケアをする 頭皮環境を良くするためにゴシゴシと髪の毛を洗ったり、何度もシャンプーしたりするのは頭皮環境の悪化に繋がる恐れがあるので注意が必要です。 頭皮の皮脂や汚れを洗い落とそうとしてゴシゴシと力強く洗ってしまうと頭皮を傷つける可能性があるだけでなく、何度もシャンプーをすると必要な皮脂まで落としかねません。 頭皮に皮脂が不足してしまうと、不足した頭皮の油分を補うために皮脂が過剰分泌されてしまい、毛穴詰まりなどを引き起こしやすくなりますので、アミノ酸シャンプーなど低刺激のものでやさしく洗うようにしましょう。 また入浴する際は、ゆっくり湯船に浸かることで温熱作用・水圧作用・浮力作用による効果は得られますので、普段シャワーしか浴びないという方も入浴習慣を身につけるところから始めてみてはいかがでしょうか? 育毛対策③発毛サロンでケアを受ける 育毛のために温泉地に足を運んだり生活習慣やヘアケアの見直しをしても、なかなか良い結果が得られないということもあると思います。 そういったときは、発毛サロンに相談して適切なケアを受けることで頭皮環境を改善し、効果的な育毛・発毛を目指すことが可能です。 また発毛サロンではヘアケア方法をレクチャーしてくれたり、髪の毛に良い食事のアドバイスをしてくれたりするので、自宅ケアの効果を高めることにも繋がるでしょう。 温泉が育毛に効果的と言われる理由と効能まとめ 温泉には「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」という3つの作用があり、血行促進効果やリラックス効果が期待できるでしょう。 この3つの作用は自宅の湯船に浸かることでも得られますが、温泉には育毛に良い効果をもたらしてくれる成分が含まれているものもあります。 特に「炭酸泉(二酸化炭素泉)」「炭酸水素塩泉」「硫黄泉」は、血行促進効果や毛穴の汚れを落としてくれる働きがあると言われている温泉の種類です。 ただ温泉に入るだけで育毛効果が現れるとは限りませんので、しっかりと抜け毛や薄毛の原因を知ったうえで適切なケアをしていきたいという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは頭皮や髪質を調べて薄毛の原因を判断し、1人ひとりに合った方法で発毛ケアを行なっていきます。 薄毛はストレスも原因の1つになりますので温泉で日々の疲れを癒しながら、ぜひ併せてスーパースカルプ発毛センターで発毛ケアを行なってみませんか?

  • 加齢とともに薄毛は進行する?原因と予防方法をご紹介します

    私たち人間は、加齢とともに身体のさまざまな機能が衰えていくと言われており、例えば体力の低下や肌の老化などいろんな変化が挙げられます。 その中でも加齢に伴う薄毛は多くの人が抱えている悩みの1つで、周りからの視線が気になったり実年齢より老けて見えたりと気に病むことも少なくありません。 そこで今回は、加齢に伴う薄毛の原因や予防方法についてご紹介していきますので薄毛が気になってきた方はぜひお一読ください。 加齢に伴う薄毛で抱える悩みとは? 加齢とともに老化が進むと、薄毛や抜け毛だけではなくシワやシミといった肌の老化や体力の衰えなど身体にさまざまな変化が起こります。 PRTIMESによると200名の男性を対象としたある調査データでは、加齢による変化の中で最も気になることに「薄毛」を選ぶ男性が約70%もいました。 他にも「体力の衰え」「白髪」「体臭・口臭などのニオイ」「体型の変化」「肌の老化」といった悩みを挙げる方もいましたが、薄毛が気になるという方が最も多いです。 では実際に薄毛が気になっている方や薄毛と自覚している方は、どういった悩みを抱えているのか確認してみましょう。 ①周囲からの視線が気になる 加齢とともに薄毛が進行し始めると、まず周囲からの視線が気になる方が多いです。 外を歩いているときや電車に乗っているときなどに、周囲の人が自分の薄毛の部分を見ているんじゃないかと感じてしまうことも少なくありません。 また友人や会社の同僚などに薄毛イジりをされたり、陰で笑われている気がしたりして落ち込んでしまうこともあるようです。 ②実年齢より老けたように見える 薄毛のせいで実年齢よりも老けて見られるということに悩む人も多く、ある調査では髪の毛が1cm後退するごとに平均5.7歳も老けて見えるということが分かっています。 初対面の人と会うときや異性とデートをするときなどに、老けてると思われるのではないかと考えてしまい自信が持てなくなることも珍しくありません。 肌やファッションに若々しさがあっても「薄毛」というだけで老けて見られることもあり、年齢が若ければ若いほどコンプレックスに感じてしまう方は多いです。 ③ヘアセットが上手くいかない 薄毛になると髪の毛全体のボリュームが少なくなるだけでなく、髪の毛1本1本も細くて弱々しい毛質になるため、スタイリング剤を使ってもヘアセットが上手くいかなくなります。 無理にヘアセットをしても不自然なスタイリングになってしまいますし、そもそも薄毛だとワックスなどを塗布することに抵抗があるという方もいるでしょう。 ヘアセットが上手くできないと、自分に自信が持てなくなるだけでなく清潔感を演出できなかったりおしゃれを楽しめなかったりして気分も落ち込んでしまいます。 加齢とともに薄毛が進行する原因について 最近では薄毛に悩む若い世代の方も増えていますが、薄毛と聞くと中高年層に多いイメージがあるという方がほとんどではないでしょうか? ここからは、加齢とともに少しずつ薄毛が進行していくのは何が原因になっているのかご紹介していきたいと思います。 加齢による薄毛の原因①ヘアサイクルの変化 どんな人でも1日あたり約100本前後の抜け毛があると言われていますが、これは古くなった髪の毛が抜け落ちるからなので、抜け落ちてもやがて新しい髪の毛が生えてくるため、日常的に抜け毛があっても完全に髪の毛がなくなることはありません。 この「古くなった髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛に生え変わる」という一連の流れを「ヘアサイクル」といいます。 年齢を重ねるとこのヘアサイクルに変化が起き成長期に髪の毛が上手く成長しなかったり、髪の毛の成長が完全に止まった状態である休止期の髪の毛の割合が増えたりすることが加齢による薄毛の原因です。 加齢による薄毛の原因②ストレスの増加 加齢に伴って抱えるストレスも増えてくる傾向にあり、例えば男性であれば会社での地位が上がって責任や業務量が増えるといったことが挙げられるでしょう。 女性であれば家事や育児によるストレスを抱えることもあり、こうしたストレスの増加が薄毛に繋がるケースも少なくありません。 加齢による薄毛の原因③ホルモンバランスの乱れ 女性の場合、加齢によってホルモンバランスに乱れが生じて抜け毛や薄毛を引き起こす原因に繋がるケースがあります。 女性ホルモンの「エストロゲン」は髪の毛の成長に欠かせない役割を担っているため、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが減少すると髪の毛の成長を遅らせたり抜け毛が増えたりといったことを起こしかねません。 このエストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンであるため閉経と同時に減少してしまうので、結果的に加齢に伴って薄毛を引き起こすというわけです。 また男性も生活習慣や食事、加齢などさまざまな原因でホルモンバランスの乱れを引き起こして、抜け毛や薄毛に繋がることもあります。 加齢による薄毛を予防する方法とは? 加齢を止めることはできませんが、加齢による薄毛を予防することができるのであれば対策していきたいところです。 そこでここからは、加齢による薄毛を予防する方法についてご紹介していきます。 加齢による薄毛の予防方法①ヘアケアを見直す 年齢を重ねても元気な髪の毛を維持するためには、日頃のシャンプーなどのヘアケアを正しく行うことが欠かせません。 皮脂や汚れをしっかりと洗い流せていないと毛穴の詰まりを引き起こし、髪の毛に必要な栄養や酸素が十分に届かなくなる可能性があります。 しかし過剰に洗い過ぎたり洗浄力の強いシャンプーを使ったりすると、必要以上に皮脂を取り除いてしまいかえって頭皮の乾燥を招く恐れがあるので注意が必要です。 本来、皮脂は頭皮を外的刺激から守るバリア機能を担っていますので、皮脂を取り除き過ぎるとバリア機能が低下した頭皮を守るために皮脂が過剰分泌され、結果的に頭皮環境の悪化に繋がる可能性があるので、適切な方法でシャンプーやヘアケアを行うことが大切です。 基本的には、シャンプー前に髪の毛全体をぬるま湯で流してからシャンプーをよく泡立てて、指の腹を使ってやさしく揉み込むように洗いましょう。 頭皮が乾燥しやすい方は保湿成分が含まれたシャンプーを使ったり、コンディショナーで髪の毛に潤いを与えてあげるのもおすすめです。 洗い終えたらシャワーですすぎ残しのないようにしっかりと流し、タオルドライをしてからドライヤーでよく乾かすようにしてください。 加齢による薄毛の予防方法②生活習慣を改善する 加齢に伴う薄毛は、ストレスが大きく影響している場合もありますので、生活習慣を改善してストレスを溜め込みすぎないようにすることも大切です。 例えば、夜遅くまで起きていると睡眠不足によって脳や身体が十分に休まらず、余計にストレスを感じやすくなってしまいますし、眠っている間に成長ホルモンが分泌されて髪の毛が育つと言われているので、睡眠不足は髪の毛にとっても良くありません。 寝付きが悪い方は、お風呂に入るときに湯船にゆっくり浸かったりお風呂上がりに軽いストレッチをするのもおすすめです。 他にも寝る前にスマホを見ると覚醒して寝付きが悪くなってしまうので、代わりに読書をしたりリラックスできる音楽を聴いたりするのも良いでしょう。 加齢による薄毛の予防方法③栄養バランスの取れた食事を摂る 健康的な髪の毛を育むためには、栄養バランスの取れた食事を心がけることも大切です。 脂っこいものや高カロリーなものを摂取し過ぎると、皮脂が分泌しやすくなって頭皮環境の悪化に繋がってしまいます。 髪の毛に良いと言われている「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」を中心に、バランスの取れた食事を意識することで髪の毛の成長の促進に繋がるでしょう。 上記の栄養素だけではなく身体のエネルギーになる炭水化物や脂質などもバランス良く摂取して、健康的な体作りを意識することも大切です。 加齢による薄毛の予防方法④発毛サロンに相談する ・ヘアケアを見直す ・生活習慣を改善する ・栄養バランスの取れた食事を摂る 上記のような対策を講じても、抜け毛が減らなかったり薄毛が良くならなかったりする場合は、発毛サロンに相談してみるのも良いでしょう。 発毛サロンでは、抜け毛や薄毛の原因を調べて1人ひとりに合った方法で発毛ケアを受けることができます。 さらにヘアケア方法や食事・睡眠といった生活習慣の面でアドバイスしてもらえるので、適切な方法で薄毛対策を行うことが可能です。 また薄毛は加齢以外にもさまざまな原因が考えられますので、しっかりと原因を見極めて正しい対策を行うためにも、一度発毛サロンに相談してみるのがおすすめです。 加齢に伴う薄毛の原因と予防方法まとめ 加齢による薄毛の原因は、主に「ヘアサイクルの変化」「ストレスの増加」「ホルモンバランスの乱れ」といったことが挙げられます。 加齢に伴って仕事や家事・育児など、さまざまな面でストレスを感じる機会が増えますので、ストレスを溜め込み過ぎないようにすることが大切です。 また年齢を重ねるとヘアサイクルやホルモンバランスが乱れて、髪の毛の成長が遅くなったり抜け毛が増えて結果的に薄毛に繋がる可能性があるので、日頃から栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活習慣を心がけましょう。 薄毛を防ぐためにいろんな対策を行なっても、なかなか良い結果が得られないという場合は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮マッサージや毛穴汚れの洗浄などに加えて睡眠や食事などのアドバイスも行なっています。 「昔に比べて髪の毛が薄くなった気がする」「将来、薄毛にならないか不安」という方も、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 冬はハゲるリスクが上がる?その原因と対策方法をご紹介します!

    冬になると寒さや乾燥によって風邪をひきやすかったり、肌荒れがしやすくなると言われていますが、実はハゲるリスクが上がるとも言われているのをご存知でしょうか? 夏場は、強い紫外線によるダメージや汗・皮脂による毛穴の詰まりが原因で薄毛に繋がりそうというイメージはできますが、なぜ冬にハゲると言われているのか気になるところです。 そこで今回は、冬にハゲると言われている原因と対策方法についてご紹介していきます。 冬にハゲるリスクが上がると言われている原因とは? 肌の乾燥や手荒れが気になり始める冬は保湿クリームなどでケアをする方が多くなると思いますが、実は肌や手だけではなく頭皮も乾燥するのをご存知でしょうか? そういった頭皮の乾燥や身体の冷えが薄毛を招くと言われており、中には「冬になると抜け毛が増える気がする」と悩んでいる方もいると思います。 そこでまずは正しく対策していけるように、冬にハゲるリスクが上がると言われている原因について理解していきましょう。 冬にハゲるリスクが上がる原因①身体が冷えて血管が収縮するから 冬になると手足がかじかんだり身体が凍えたりしますが、この身体の冷えが冬にハゲるリスクが上がると言われている原因の1つです。 気温が低くなって身体が冷えると血管が収縮し血行が悪くなり、頭皮への血流も悪くなってしまうため髪の毛に十分な栄養や酸素が行き届かなくなります。 その結果、栄養不足に陥った髪の毛はどんどん元気を失っていき、最終的に抜け毛を引き起こして薄毛を招くというわけです。 冬にハゲるリスクが上がる原因②頭皮が乾燥してトラブルに繋がるから 冬は寒いだけでなく乾燥しやすい季節でもあり肌や手がカサつくことがありますが、気が付きにくいだけで頭皮も同じように乾燥を引き起こしています。 頭皮が乾燥するとフケや痒みといった頭皮トラブルに繋がるだけでなく、バリア機能が低下しているため外的刺激によるダメージを受けやすいです。 これらのような頭皮トラブルやダメージによって頭皮環境が悪化し、抜け毛や薄毛に繋がるとも言われています。 冬にハゲるリスクが上がる原因③夏の紫外線ダメージが蓄積されるから 日差しが強い夏場にきちんと紫外線対策をしていないと、夏の間に蓄積された紫外線ダメージの影響が秋冬シーズンに現れて抜け毛などのトラブルを引き起こしかねません。 頭皮が紫外線を浴び続けてダメージを負うと、老化の原因になる活性酸素が生成されて髪の毛が成長しづらくなったり発毛サイクルが遅くなったりすると言われています。 また東京医科歯科大学の研究によると、健康的な髪の毛を生やすために必要な頭皮の「17型コラーゲン」と言われる成分を紫外線が壊してしまうということが分かっており、冬の抜け毛を予防するには紫外線から頭皮を守ることが大切です。 冬の抜け毛対策でハゲるリスクを抑えよう! 冬の寒さや乾燥で抜け毛が増えないように、しっかりと対策を行なって冬を乗り越えていきましょう。 ここからは冬のハゲるリスクを抑えるために、どのような抜け毛対策を行なっていけばいいのかご紹介していきます。 冬の抜け毛対策①身体を冷やさないようにしっかり防寒する 身体が冷えると血管が収縮して頭皮に栄養や酸素が行き届かなくなるので、まずは身体を冷やさないようにしっかりと防寒することが大切です。 特に秋から冬にかけての季節替わりの時期は、日中暖かく夜になると冷えるといった日が多いため、薄手のアウターを持ち歩くようにしておきましょう。 他にも特に気温が下がる真冬の時期には、マフラーや手袋だけでなくカイロなども使って身体が冷えないように心がけてください。 冬の抜け毛対策②血行が良くなるものを食べる 身体が冷えやすい方は、食事面を見直して血行が良くなる食べ物を食べるようにするのも対策方法の1つです。 血行が良くなる食べ物としては、血行促進作用があるビタミンEなどが豊富に含まれている生姜やゴボウ・レンコンといった根菜類が挙げられます。 また唐辛子に含まれるカプサイシンは代謝を良くして身体を温める効果があり、身体が温められると血管が拡張して血行促進に繋がるので辛いもの好きの方にはおすすめの食材です。 身体を温めて血行が促進されれば、頭皮への血流も良くなり髪の毛に必要な栄養が行き届きやすくなるでしょう。 冬の抜け毛対策③入浴やストレッチで血行を促進する 入浴やストレッチによって身体を温めることで滞った血行が促進されるので、冷え予防になるだけでなく頭皮に十分な栄養や酸素が行き渡りやすくなります。 入浴する際は低めの温度に設定して長めに湯船に浸かることで、血行が良くなって身体の芯から温まるのでおすすめです。 他にもお風呂上がりに軽いストレッチを行なったり、ヨガやウォーキングといった運動習慣を身につけることで血行を促進することができます。 冬の抜け毛対策④保湿ケアで頭皮の乾燥を防ぐ 身体の冷えによる血流の悪化だけではなく、「乾燥」も冬の抜け毛対策として気をつけたいことの1つです。 頭皮が乾燥すると抜け毛やフケ・痒みなどを引き起こす原因になるだけでなく、不足した油分を補おうと皮脂が過剰分泌されて毛穴詰まりを招く可能性もあります。 そのため乾燥しやすい冬場は、保湿成分配合のシャンプーや洗浄力が強過ぎないシャンプーに切り替えるなどの対策を行うといいでしょう。 ハゲる前に!発毛サロンでケアを受けるのがおすすめ 自分で冬の抜け毛対策を行なっても、なかなか抜け毛が減らなかったり頭皮トラブルが良くならなかったりすることもあると思います。 そういったときは、1人で抱え込まず発毛サロンに相談してプロのケアを受けるのがおすすめです。ここからは、発毛専門サロンのスーパースカルプ発毛センターのケアをおすすめする理由についてご紹介していきます。 おすすめの理由①毛穴の汚れを除去して育毛ケア効果をアップ 頭皮が乾燥してバリア機能が低下すると、外的刺激などから頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されるため毛穴詰まりを引き起こしかねません。 皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうと頭皮環境が悪化して抜け毛が増える原因になるので、しっかりと毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い落とすことが大切です。 スーパースカルプ発毛センターでは、「高水圧マイクロレベルジェット噴流」によって毛穴に詰まった汚れをしっかりと除去するため毛穴の状態を良くすることができます。 毛穴の状態が良くなると毛根の奥まで育毛剤が届きやすくなるため、育毛ケア効果をアップさせることにも繋がるでしょう。 おすすめの理由②頭皮の血行を促進するマッサージが受けられる 冬にハゲると言われているのは、冷えによって血管が収縮し頭皮の血行が滞ってしまうことが原因の1つですので、頭皮の血行を促進してあげる必要があります。 スーパースカルプ発毛センターでは、人工太陽光とマッサージによって頭皮の毛細血管を拡張させる方法を導入しているので、効率良く毛根に栄養を届けやすくすることが可能です。 おすすめの理由③生活習慣のアドバイスを貰える スーパースカルプ発毛センターでは毛穴汚れの除去や頭皮マッサージといったケアに加えて、食事や睡眠など生活習慣に関するアドバイスも行なっています。 抜け毛や薄毛に繋がるような栄養バランスの乱れた食生活や、質の悪い睡眠を見直せばホルモンバランスを整えることができ、髪の毛が成長しやすい環境へと導くことができますので、気になることがあればお気軽にご相談ください。 冬にハゲるリスクが上がると言われている原因と対策方法まとめ 冬にハゲるリスクが上がると言われている原因としては、以下のようなものが挙げられます。 ・身体が冷えて血管が収縮するから ・頭皮が乾燥してトラブルに繋がるから ・夏の紫外線ダメージが蓄積されるから こうした原因の対策方法としては、「身体を冷やさないようにすること」と「乾燥しないように保湿すること」です。 しかし人によっては、身体が冷えやすく頭皮の血行が良くならなかったり保湿ケアをしているのに乾燥してしまったりすることもあるのではないでしょうか。 そういったときはスーパースカルプ発毛センターへご相談いただければ、頭皮ケアで血行を促進させることはもちろん頭皮の状態に合わせてケアさせていただきます。 病院のAGA治療や市販の育毛剤では良くならなかったという方も、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • ウィッグを被るとはげる!?薄毛になる原因と注意点について

    ウィッグは、若い女性を中心に多くの方がおしゃれアイテムとして利用しており、気軽にヘアカラーやヘアスタイルを変えられるのが魅力の1つです。 しかしウィッグを被るとはげる可能性があるという話もあり、普段からウィッグを被る機会が多い方は注意しなければなりません。 そこで今回は、ウィッグを被るとはげると言われている原因やウィッグを被るときの注意点、そしてウィッグを被りながらできる薄毛対策についてご紹介します。 ウィッグを被るとはげると言われている原因とは? 日常的にウィッグを使用している場合、長時間着用し続けることも多いため頭皮が蒸れたり痒くなったりすることも珍しくありません。 このように頭皮が蒸れて痒くなると頭皮環境が悪化しやすくなり、抜け毛や薄毛に繋がる可能性があるので注意が必要です。 まずは上記のようなことを含め、ウィッグを被るとはげると言われている原因についてご紹介していきます。 はげる原因①ウィッグを被り続けることで頭皮が蒸れる ウィッグを被ることによってはげると言われている原因の1つは、ウィッグを長時間装着し続けることによる頭皮の蒸れです。 最近では通気性が改善されたウィッグも販売されていますが、それでもウィッグを装着していない時と比べると蒸れやすくなっています。 頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい、頭皮に雑菌が増えると炎症や痒みといった問題を引き起こし頭皮環境の悪化に繋がりかねません。 頭皮環境が悪化することで抜け毛などが増えて結果的に薄毛を招く恐れもありますので、長時間ウィッグをする際は頭皮の蒸れ対策が大切です。 はげる原因②ウィッグのお手入れ不足で雑菌が繁殖しやすくなる 先ほどウィッグを長時間装着し続けることで頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなると言いましたが、頭皮の雑菌などは日々のシャンプーで落とすことができます。 しかしウィッグのお手入れがしっかりできていないとウィッグ側に残った雑菌が繁殖しやすくなるため、清潔じゃない状態のままウィッグを使い続けることになりかねません。 ウィッグを使ったあとは、しっかりとお手入れをして清潔な状態を保つことが大切になります。 はげる原因③ウィッグを装着することによる頭皮への負担 ウィッグにはさまざまな装着方法があり、大きく分けると ・ピン ・テープ ・接着剤 ・編み込み式 ・複合型 以上の5種類です。 ウィッグを装着する際は、装着方法に関わらず頭皮への負担がかかり、この負担が蓄積されることによって頭皮の状態が悪化して抜け毛や薄毛を引き起こす場合があります。 装着方法によっては蒸れやすくなったり血行が悪くなったりすることもあるため、定期的にウィッグを被らない日を設けるなど頭皮を休ませる機会を作ると良いでしょう。 ウィッグが原因ではげるのを防ぐための注意点 ウィッグを使ってオシャレの幅を広げたいと考えていても、ウィッグを被ることではげるのであれば使い続けるのは控えたいところです。 しかし、いくつかのポイントを押さえることでウィッグが原因ではげるのを防げる可能性がありますので、ここからはウィッグを使用する際の注意点について確認していきましょう。 注意点①購入時に通気性をチェックしておく ウィッグではげると言われているのは蒸れが原因の1つですので、できるだけ蒸れないように購入時に通気性の高いウィッグを選ぶことが大切です。 ウィッグの種類によっては通気性に優れたメッシュ素材のものもあるため、購入する際にはどのような素材が使われているか確認しましょう。 注意点②ウィッグを使ったらきちんと洗って乾かす ウィッグを使ったあとは、蒸れによって雑菌が繁殖した状態になっていますので、使用後はきちんと洗ってウィッグを清潔に保つと良いです。 ウィッグの洗い方は、YouTubeなどにアップされている動画を観て手順などを確認しながら行うと分かりやすいでしょう。 洗ったあとに濡れた状態で置いていると再び雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、洗い終わったら水気がなくなるまでしっかりと乾燥させることも大切です。 注意点③ウィッグを被らない日を設けて頭皮を休ませる 日常的にウィッグを使っている方もいるかと思いますが、頭皮を休ませるためにもウィッグを被らない日を設けると良いでしょう。 ウィッグを被らない日を設けることで、頭皮への負担を軽減できるだけでなく蒸れなども避けられますので、頭皮環境の悪化防止に繋がります。 特に夏場は気温が高く蒸れやすいので、極力ウィッグを被らないようにしたほうが頭皮や髪の毛にとっては良いです。 ウィッグを被りながら薄毛対策はできる? 「ウィッグを被るのはやめたくない!」 「事情があって毎日ウィッグを付けなきゃいけない」 といった方は、きちんとウィッグのお手入れをしたり定期的に頭皮の休息日を設けたりして薄毛対策しましょう。 また薄毛対策は、日々のヘアケアや生活習慣の見直しなどによっても行えますので、ウィッグを被りながらでもできる対策を取り入れていくことをおすすめします。 そこでここからは、ウィッグを被りながらできる薄毛対策についてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。 薄毛対策①正しいヘアケアをして頭皮環境を清潔に保つ ウィッグによって頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなりますので、しっかりとシャンプーをして頭皮や髪の毛を清潔に保つようにしましょう。 頭皮に付着している雑菌や汚れを洗い落とすために洗浄力の高いシャンプーを使うと、必要な皮脂まで落としてしまいかえって乾燥を招く恐れがあるので注意が必要です。 皮脂は、頭皮を外的刺激から守る役割を持っていますので、必要以上に頭皮を落とすと頭皮が刺激に敏感になって炎症や痒みを引き起こす原因になりかねません。 頭皮が乾燥し過ぎると低下したバリア機能を補うために皮脂が過剰分泌されて、毛穴詰まりなどを起こしやすくなり頭皮環境の悪化に繋がる場合があります。 頭皮の乾燥を防ぐためには、保湿成分配合のシャンプーや低刺激のアミノ酸系シャンプーを使うのがおすすめです。 また髪の毛が湿った状態だと雑菌が繁殖しやすくなりますので、洗ったあとはしっかりとすすぎ残しのないようにお湯で流し、軽くタオルドライしてからドライヤーでよく乾かしましょう。 薄毛対策②栄養バランスの取れた食事を摂る 栄養バランスが偏った食事ばかりしていると髪の毛に必要な栄養が不足してしまい、抜け毛に繋がる可能性があるので普段の食生活の見直しも大切です。 仕事が忙しく帰宅時間が遅くなるとインスタント食品やファストフードなどで済ませたくなりますが、高カロリー・高脂質な食事は皮脂を大量に分泌させ頭皮環境を悪化させることに繋がりかねません。 髪の毛に良いと言われる「タンパク質」「ミネラル(亜鉛)」「ビタミン類」を中心に、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。 普段の食生活では良い栄養バランスを保てないという場合は、サプリメントを取り入れるのも1つの方法です。 薄毛対策③発毛サロンに相談してプロのケアを受ける ヘアケアや食事などを見直しても抜け毛が減らなかったり薄毛が良くならないという場合は、1人で抱え込まずに発毛サロンに相談すると良いでしょう。 抜け毛や薄毛の原因は、ウィッグによる蒸れや食事以外にも普段の生活習慣やストレスにある場合も考えられます。 正しく薄毛対策をしていくためにはまず原因を見極めることが大切ですので、薄毛の原因を知るためにも発毛サロンに相談するのはおすすめです。 発毛サロンでは、頭皮や髪の毛の状態をチェックして原因を調べてくれるだけでなく、1人ひとりに合った方法でケアしたり食事や生活習慣のアドバイス をしてくれます。 ウィッグを使うようになってから抜け毛が増えたような気がするという方は、1度発毛サロンに相談してみてはいかがでしょうか。 ウィッグがはげると言われる原因と注意点まとめ ウィッグを被るとはげると言われている原因としては、大きく分けて以下の3つが挙げられます。 ①ウィッグを被り続けることで頭皮が蒸れる ②ウィッグのお手入れ不足で雑菌が繁殖しやすくなる ③ウィッグを装着することによる頭皮への負担 ウィッグが原因ではげるのを防ぐためには、頭皮が蒸れにくいように通気性の高いウィッグを使ったり、ウィッグを使ったあとはきちんとお手入れをしてウィッグを清潔に保つことが大切です。 またウィッグの装着によって頭皮が受ける負担を軽減するために、ウィッグを装着しない日を設けるのも良いでしょう。 こうした対策を行なっても抜け毛や薄毛が良くならないという場合は、他に原因がある可能性もありますので1度スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮や髪の毛の状態をお調べして原因を見つけたうえで、1人ひとりに合った方法でケアを行なっていきます。また、薬不使用なので副作用を心配する必要もありません。 正しいヘアケア方法や髪の毛に良い食事方法などについてもアドバイスさせていただきますので、「薄毛が気になるようになった」「抜け毛が増えた」といった方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターまでお越しください。

  • 薄毛の兆候をチェック!ハゲが進行する前に早めの対策を行おう

    みなさんの中には 「最近、髪の毛が細くなってきた気がする」 「おでこが広くなってきたかも」 と薄毛の兆候を感じて、将来的にハゲるのではないかと不安を抱えている方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、薄毛の兆候かどうかを確かめるチェックリストをご用意しましたので、当てはまるものがあるか確認してみてください。 また、併せて薄毛の原因や対策方法についてもご紹介していきます。 まずは薄毛の兆候である7つの項目をチェックしてみよう 「ハゲる」と言っても急に髪の毛が抜けるわけではなく、何かしらの兆候が現れ始めてから徐々に薄毛になっていくことが多いです。 薄毛の兆候として現れる症状を以下の7つの項目にしてみましたので、抜け毛や薄毛が気になり始めた方は当てはまるものがいくつあるかセルフチェックしてみてください。 ①うまくスタイリングできなくなってきた ②フケが出るようになってきた ③頭皮に痒みや赤みを感じる機会が増えた ④以前よりも頭皮が硬くなった ⑤抜け毛の量が多くなった ⑥髪の毛1本1本が細くなった ⑦おでこの後退やボリュームダウンが気になるようになった 心当たりのあるものが多いほど将来的に薄毛になる可能性が高いといえますので、症状が進行する前に早めの対策が必要になってくるでしょう。 まずは、それぞれの薄毛の兆候のチェック項目について1つずつ解説していきます。 薄毛の兆候①うまくスタイリングできなくなってきた 普段から髪の毛をスタイリングしている方の中には、「最近うまくまとまらなくなってきた」と感じている方もいるのではないでしょうか。 髪の毛のスタイリングが決まらない理由は、髪の毛が栄養不足を起こして細く弱々しくなっているからかもしれません。 髪の毛が痩せ細って弱くなっていると、スタイリング剤でまとめたくてもワックスの重さに耐えきれず、髪の毛が立ち上がらなくなったりすぐにへたってしまったりします。 うまくスタイリングできなくなってきた場合は、髪の毛の元気がなくなっていることが考えられますので、対策を講じないと抜け毛が増えて薄毛に繋がる可能性があるでしょう。 薄毛の兆候②フケが出るようになってきた ふとしたときに自分の肩の上にフケがたくさん落ちていることに気づいたら、それも薄毛の兆候の可能性があります。 フケが発生するのは、頭皮の皮脂バランスが安定しておらず頭皮が乾燥してしまっているということが原因の1つとして考えられるでしょう。 本来、頭皮の皮脂は外的刺激などから頭皮を守るバリア機能を担っているのですが、乾燥してしまうとバリア機能が弱まり頭皮がダメージを受けやすくなります。 また乾燥し過ぎると外的刺激から頭皮を守るために皮脂が過剰分泌され、皮脂やフケが毛穴に詰まって頭皮環境が悪化し抜け毛を引き起こしかねません。 薄毛の兆候③頭皮に痒みや赤みを感じる機会が増えた 「ふと頭皮に痒みを感じて指で掻こうとしたらデキモノができていた」など頭皮に痒みや赤みがあった場合、頭皮環境が悪化している可能性があります。 頭皮に痒みや赤みが起こる原因は、「スタイリング剤やトリートメントなどの成分、皮脂汚れのすすぎ残しがあるから」というのが1つです。 また洗浄力の強過ぎるシャンプーを使ったり1日に何度も髪の毛を洗ったりすると、頭皮が乾燥して痒みや赤みを発生させることがあります。 他にも紫外線によるダメージやストレス、アレルギーといったことが原因となって頭皮に痒みや赤みを引き起こすケースも珍しくありません。 薄毛の兆候④以前よりも頭皮が硬くなった 普段の生活の中で頭皮が硬くなったと気付くのは難しいですが、もし「硬くなった気がする」と感じる場合は頭皮が血行不良を起こしている可能性が大きいです。 頭皮が血行不良を起こしているということは、本来血液によって運ばれてくる栄養や酸素が髪の毛に行き届いていないということでもあります。 指を立てた状態で両手の指の腹を頭皮に当てて頭皮を前後左右に動かしてみて、頭皮がスムーズに動かない場合は頭皮が血行不良を起こして硬くなっているといえるでしょう。 薄毛の兆候⑤抜け毛の量が多くなった 薄毛の兆候の中でも比較的気が付きやすいものが「抜け毛の量」で、シャンプーをしたときや寝起きの枕などを見たときに抜け毛が多いと将来的に薄毛になる可能性があります。 しかし、どんな人でも1日あたり100本前後の抜け毛があると言われているため、目に見えて抜け毛の量が増えたというわけでなければ深刻に考え過ぎる必要はありません。 実際に抜け毛を1本1本数えることは難しいので、例えば「浴室の排水溝に髪の毛が溜まるペースが早くなったかどうか」で判断してみるのも1つの方法といえるでしょう。 また秋頃には、夏の紫外線ダメージなどによって抜け毛の本数が増えるとも言われていますので、その抜け毛が季節要因なのか薄毛の兆候なのか判断するには発毛サロンなどに相談するのがおすすめです。 薄毛の兆候⑥髪の毛1本1本が細くなった 「髪の毛1本1本が細くなったような気がする」という場合、頭皮の血行不良が原因で髪の毛にきちんと栄養が行き渡っていないか、薄毛の原因になると言われている「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの影響を受けて髪の毛が成長しづらくなっていることが考えられます。 いずれにしても髪の毛がうまく成長できず細くなっている可能性があるので、将来的に薄毛に進行してしまう前に対策を講じる必要があるでしょう。 薄毛の兆候⑦おでこの後退やボリュームダウンが気になるようになった おでこが広くなったように感じたり髪の毛全体のボリュームが減った気がする場合は、AGAという男性型脱毛症に見られる兆候ですので早めの対策が必要です。 ・前髪を上げたときにおでこがM字型になっている ・頭頂部やつむじ周辺の髪の毛がO字型に薄くなっている こうした状態になっている、もしくはなりかけている場合は、今後さらに症状が進行して薄毛になる可能性が高いのでクリニックや発毛サロンに相談しましょう。 薄毛の兆候が現れる原因にはどんなものがある? ここまで薄毛の兆候についてご紹介しましたが、そもそも薄毛の兆候が現れる原因としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか? ここからは、薄毛に繋がる原因についてご紹介していきます。 薄毛の兆候が現れる原因①不規則な生活習慣を送っている 忙しい毎日を送っていたり遅い時間まで夜ふかししたり、不規則な生活不規則な生活習慣習慣を送っていると薄毛の兆候が現れる原因になりかねません。 私たちの身体は、午後10時~午前2時の間に成長ホルモンが分泌されると言われており、この時間帯に睡眠を摂ることで髪の毛が成長します。 しかし深夜まで起きていると成長ホルモンの分泌が妨げられることにより、髪の毛が育ちにくくなって抜け毛や薄毛に繋がるので連日の夜ふかしは控えたほうが良いでしょう。 他にもオフィスワークやテレワークが増えて運動不足になると、代謝の低下や血行不良を起こしやすくなるので、髪の毛が健康的に育ちにくくなります。 薄毛の兆候が現れる原因②食事の栄養バランスが乱れている みなさんの中には、普段からインスタント食品やファストフード・揚げ物といった食べ物をよく食べているという方もいるのではないでしょうか。 こうした高カロリー・高脂質なものを頻繁に食べていると、皮脂の分泌量が増えて毛穴詰まりを引き起こしやすくなります。 また偏った食生活を送っていると、髪の毛に欠かせないと言われているタンパク質や亜鉛・ビタミンといった栄養素が不足しがちになって髪の毛が元気に育ちません。 薄毛の兆候が現れる原因③ストレス過多に陥っている ストレス社会と言われている現代社会では、毎日夜遅くまで働いていたり会社の人間関係に悩んだりして過度なストレスを抱える人が増えています。 ストレス過多に陥ると自律神経が乱れて交感神経が優位に立って血管が収縮しやすくなるため、血行不良を起こして髪の毛が栄養不足になりかねません。 また自律神経が乱れると寝付きにくくなったり睡眠の質が下がったりして、睡眠不足になる可能性があるのでストレスの溜め込み過ぎには注意が必要です。 薄毛の兆候が現れる原因④誤ったヘアケアを行なっている 皮脂汚れをしっかり落とすために、数回にわたって髪の毛を洗ったり洗浄力の強いシャンプーを使っていると必要な分の皮脂まで落としてしまう恐れがあります。 皮脂を落とし過ぎると乾燥を招くだけでなく皮脂が過剰分泌されてしまうので、頭皮環境の悪化に繋がりかねません。 また汚れを落とそうと力を入れて髪の毛を洗うと、頭皮を傷つけてしまう場合がありますのでやさしく丁寧に洗うことが大切です。 薄毛の兆候が現れる原因⑤家族の中に薄毛の人がいる ご両親や祖父母の中に薄毛の方がいると、その子どもや孫にも遺伝して徐々に薄毛の兆候が現れる場合があると言われています。 また薄毛が遺伝する確率は75~90%程度と高く、特に母方の親族に薄毛の方がいると遺伝しやすいという話もあるようです。 薄毛の兆候が現れる原因⑥悪玉男性ホルモンの影響を受けている 男性の薄毛に関しては、「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」という2つの男性ホルモンが影響しています。 テストステロンはモテホルモンとも呼ばれており、がっしりとした骨格や筋肉質な体型など男らしい身体を作る良いホルモンです。 しかしこのテストステロンに5αリダクターゼという物質が結合することによって、悪玉男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンに変わります。 このジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を妨げる働きがあり、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になる男性ホルモンです。 薄毛対策はお早めに!兆候が見られたときの対策方法 薄毛の兆候が現れる原因にはさまざまなものがあることが分かりましたが、もし何らかの兆候が見られた場合は早めに対策していくことをおすすめします。 ここからは、薄毛の兆候が見られた場合に行なってほしい対策方法についてご紹介していきますので、最初のセルフチェックで当てはまるものがあった方はぜひ参考にしてください。 対策方法①不規則になっている生活習慣を見直す 薄毛対策をするうえで、まずは普段の生活を見直して不規則な生活習慣を送っていないか、毎日夜ふかしをしていないかを確認してみましょう。 寝付きが悪い方はゆっくり湯船に浸かったり、軽いストレッチやウォーキングなど適度な運動を心がけることで寝付きやすい状態を作ることが可能です。 また深酒や寝酒はかえって睡眠を浅くしてしまう場合があるので、お酒を飲む方は飲み過ぎないように注意しましょう。 対策方法②栄養バランスの取れた食事を行う 栄養バランスの偏った食生活を送っていると、髪の毛だけでなく身体そのものの健康に影響を及ぼすことがありますので、栄養バランスの取れた健康的な食事を心がけることが大切です。 髪の毛に良いといわれている栄養素としてはタンパク質や亜鉛、ビタミン類などが挙げられますが、その他の炭水化物や脂質などもバランスよく摂取するようにしましょう。 対策方法③自分に合った方法でストレス解消する ストレスの溜め過ぎは髪の毛はもちろん精神的にもよくありませんので、自分に合った方法でストレス解消を目指すことをおすすめします。 例えば好きな映画を観たり読書をしたりと1日家でゆっくり過ごすのも良いですし、ショッピングや旅行など趣味を楽しむのも良いです。 人それぞれ気持ちをリフレッシュする方法は異なりますので、うまくストレスと向き合いながら溜め込まないように気をつけましょう。 対策方法④正しい方法でヘアケアを行う シャンプーのしすぎは頭皮の乾燥を招いて頭皮環境の悪化に繋がり、すすぎ残しがあると皮脂汚れやリンスの成分などが頭皮に残って毛穴詰まりを引き起こす原因になります。 シャンプーをするときは、まずぬるま湯で髪の毛と頭皮を十分に濡らし、よく泡立てたシャンプーでやさしく丁寧に洗いましょう。 洗い終わったあとはシャワーでしっかりとシャンプーを洗い流し、すすぎ残しがないようにすることが大切です。 またお風呂上がりに髪の毛を濡れた状態にしておくと、少しずつ髪の毛の水分が蒸発して乾燥しやすくなってしまいますので、やさしくタオルドライをしてからドライヤーで髪の毛全体を乾かすようにしてください。 対策方法⑤発毛サロンに相談してケアを受ける 生活習慣や食事の見直しをしても薄毛の兆候がなくならないという場合は、発毛サロンに相談してプロのケアを受けるのも1つの方法です。 発毛サロンでは、頭皮や髪の毛の状態をチェックして原因を調べてもらい、1人ひとりに合った方法でケアを受けることができます。 また食事や睡眠など生活習慣の面でもアドバイスをもらうことができますので、さまざまなアプローチで薄毛の悩みを解決へと導いていくことが可能です。 薄毛の兆候と兆候が見られたときの対策方法まとめ 最後におさらいとして、薄毛の兆候にどのようなものがあるのか再度確認しておきましょう。 ①うまくスタイリングできなくなってきた ②フケが出るようになってきた ③頭皮に痒みや赤みを感じる機会が増えた ④以前よりも頭皮が硬くなった ⑤抜け毛の量が多くなった ⑥髪の毛1本1本が細くなった ⑦おでこの後退やボリュームダウンが気になるようになった 薄毛の兆候には上記の7つがあり、人によって当てはまる項目や個数には違いがあると思います。 項目によっては必ずしも薄毛に繋がるとは限りませんが、不安に感じる方や早めにケアを受けたいという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 頭皮や髪の毛の状態を見て薄毛の兆候があるかどうかチェックし、兆候が見られる場合は1人ひとりの髪質や肌質に合わせて適切なケアを行わせていただきます。 AGA治療や育毛剤を試したけど効果がなかったという方はもちろん、将来的にハゲないか知りたいという方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • タバコを吸うとはげるって本当!?喫煙が薄毛を招く原因と対処法

    値上がりが続くタバコですが、喫煙者の中にはたとえ金額が上がったとしても吸いたいという方が多いのではないでしょうか。 しかしタバコを吸い続けることは、さまざまな健康被害を引き起こすだけでなく薄毛を招く原因にも繋がると言われています。 そこで今回は、喫煙が薄毛を招く原因やセルフでできる禁煙方法、そしてタバコを吸いながらできる薄毛対策などについてご紹介しますのでぜひご一読ください。 タバコを吸うとはげると言われている6つの原因 みなさんの中には「普段からタバコを吸っているけどはげてないから大丈夫だろう」と安易に考えてしまっている方はいませんか? 今は大丈夫だと思っていても毎日吸い続けていれば、将来的にはげる可能性は大いにありますので油断は禁物です。 ではタバコを吸うとはげると言われている原因は、どういったものがあるのか確認していきましょう。 タバコではげる原因①血管が収縮して栄養が不足する タバコを吸ったとき私たちの身体にはさまざまな変化が起きているのですが、その中の1つが「血管の収縮」です。 タバコに含まれるニコチンという成分には血管の収縮作用があり、全身の血流を悪くする原因に繋がります。 髪の毛が健康に成長するためには血液を通して栄養や酸素を摂取する必要がありますが、血管が収縮すると頭皮に十分な栄養や酸素が行き届かなくなるため抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 タバコではげる原因②髪の毛に欠かせないビタミンを大量に消費する ビタミンには、髪の毛が成長しやすいように頭皮環境を整えてくれる役割があると言われており、髪の毛に欠かせない栄養素の1つです。 ビタミンにも種類がたくさんありますが、例えばビタミンEには、血管を拡張させる働きがあり頭皮の血流を良くして栄養や酸素を行き届きやすくしてくれます。 さらにビタミンCを一緒に摂取することで相乗効果を発揮するとも言われているなど、ビタミンは育毛・発毛において重要な栄養素です。 しかしタバコを吸うと髪の毛に欠かせないビタミンが大量に消費されるため、髪の毛の成長に悪影響を及ぼし、薄毛や抜け毛に繋がると言われています。 タバコではげる原因③薄毛の原因になる男性ホルモンが増える タバコを吸うと男性ホルモンが増加すると言われており、ハーバード大学公衆衛生学部の調査では「喫煙によって男性ホルモンが10~30%増加する」という結果が発表されました。 タバコを吸うことで増加すると言われている男性ホルモンの1つ「テストステロン」は、筋肉質な体型などを構成してくれるホルモンでモテホルモンとも呼ばれています。 しかし薄毛の原因になると言われているもう1つの男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」もタバコを吸うことによって増えてしまうので、喫煙するとはげると言われる原因の1つです。 タバコではげる原因④活性酸素によって細胞が老化する タバコには老化の原因に繋がる活性酸素を生み出す物質が含まれており、タバコ1本で100兆個もの活性酸素を体内に生成すると言われています。 活性酸素が増加すると髪の毛の成長に必要な毛母細胞の活動が低下し、髪の毛を生やす元気が損なわれてしまうことになりかねません。 またビタミンにはこの活性酸素を抑制する「抗酸化作用」がありますが、タバコを吸うとビタミンも消費されてしまうためタバコは髪の毛の天敵とも言えるでしょう。 タバコではげる原因⑤悪玉コレステロールが増える ニコチンには、中性脂肪の合成を促す働きを持つ「カテコールアミン」というホルモンを分泌する特徴があり、血中の中性脂肪値が高くなると血液がドロドロになり血流が悪くなります。 タバコを吸うことによって悪玉コレステロールが増加して血流が悪くなり、髪の毛に必要な栄養や酸素が行き渡りにくくなることで薄毛に繋がるというわけです。 タバコではげる原因⑥タバコを吸っていないときのストレス ニコチンがもたらす人体への悪影響の中でも特に有名なのが、その依存性の高さではないでしょうか。 タバコを吸っていない時間が長くなると体内のニコチンが切れて、タバコを吸いたくなったりイライラしたりしてストレスが溜まっていきます。 ストレスが蓄積されると自律神経が乱れて交感神経が優位になり、血管が収縮して血流の悪化に繋がるので頭皮に栄養が行き渡りません。 またストレスを強く感じていると脳や身体が常に緊張状態になり、寝付きが悪くなって睡眠不足に陥るため余計にストレスを溜め込むことに繋がる恐れがあります。 セルフでできる禁煙方法を実践してはげるリスクを抑えよう! タバコを吸っていると薄毛を引き起こすリスクを高める可能性があるため、できることなら禁煙するのが1番理想的といえるでしょう。 しかしタバコの怖いところはニコチンによる依存性の高さで、禁煙しようと思っても簡単にはやめられません。 いきなり禁煙してもストレスに繋がってしまう恐れがあるので、まずはできる範囲から徐々に喫煙回数を減らしていくと良いでしょう。 そこでここからは、セルフでもできる禁煙方法についてご紹介していきます。 セルフでできる禁煙方法①アメやガムなどで気を紛らわす タバコを吸うことが習慣化してしまっている方は、タバコを吸っていないときに口寂しさを感じてしまうものです。 そのためアメやガムといったタバコの代わりとなるもので気を紛らわせることで、ストレスを緩和しながら喫煙回数を徐々に減らし結果としてはげるリスクも下げられる可能性があります。 しかしアメやガムといったお菓子を食べる回数が増えると、体重が増えて肥満体型に繋がる可能性がありますので注意が必要です。 セルフでできる禁煙方法②禁煙グッズを使用する タバコの代わりにアメやガムなどを食べて気を紛らわすという方法は手軽にチャレンジしやすいですが、人によってはやはりタバコを我慢できない場合もあるでしょう。 そういった場合は、ニコチンパッチなどの禁煙グッズを使用してみるのも1つの方法です。 ニコチンパッチはドラッグストアで購入できるほか禁煙外来でも処方される医薬品で、タバコを吸いたい衝動を抑えてくれるため禁煙の成功率も高いと言われています。 将来的にタバコをやめてはげる原因を1つでも断ちたいという方は、禁煙グッズを取り入れてみてはいかがでしょうか? セルフでできる禁煙方法③電子タバコに買い換える 電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱して水蒸気を発生させ、その水蒸気を吸って香りを楽しむというものです。 日本で販売されている電子タバコはニコチン・タール0なので、タバコを吸っている感覚を味わいながらも禁煙を目指すことができます。 ニコチンが含まれていないためしばらくは吸いたい衝動に駆られる可能性もありますが、リキッドにはさまざまなフレーバーがあるので香りを楽しみながら吸うことができ、ストレスを抑えつつ薄毛の原因となるタバコをやめられるかもしれません。 禁煙が難しいときの対処法は?タバコを吸いながら薄毛対策は可能? セルフでできる禁煙方法をいくつかご紹介しましたが、いろんな方法を実践してみてもタバコをやめるのは難しく、ニコチンの依存性がそれほど強いということがわかります。 ここからは禁煙が難しいときの対処法やタバコを吸いながら薄毛対策することはできるのかといった点についてお話していきます。 対処法①禁煙外来に通う 自力で禁煙することが難しい場合は、禁煙外来に通ってサポートを受けながら禁煙を目指すのも1つの方法です。 禁煙外来はタバコがやめられないという方に向けて禁煙をサポートする医療システムのことで、患者さんの喫煙歴を把握した上で禁煙補助薬を処方し禁煙を目指していきます。 禁煙外来では、呼気一酸化炭素濃度測定を行なって禁煙しているかどうかをすぐ判断することができ、また医師からの禁煙アドバイスなども受けられるので1人で禁煙を目指すよりも心強いです。 薄毛に悩んでいる方の中には1つでも原因となるものを解決したいと考えている方もいると思いますので、医師のサポートを受けて禁煙できる確率を上げてみてはいかがでしょうか? 対処法②ビタミンを積極的に摂取する どうしてもタバコがやめられないという方でも「減煙する」という努力は大切になってきますが、ビタミンを積極的に摂取することで喫煙を続けながら薄毛対策に繋げることができるでしょう。 タバコに含まれるニコチンはビタミンを大量に消費してしまうので、消費した分を補うようにビタミンをたくさん摂取することを心がけてみてください。 レモン・アセロラ・ピーマン・ブロッコリー・ケール・トマトといった食べ物には、ビタミンCなどが豊富に含まれていますので普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。 もし普段の食事だけではビタミンが不足しがちという場合は、サプリメントで効率良く摂取することも検討すると良いですよ。 対処法③発毛サロンでケアを受ける 発毛サロンでは、薄毛の悩みを解消するために原因を調べた上で1人ひとりに合った方法でケアを行なってくれます。 頭皮ケア・ヘアケアといった方法で薄毛を改善していくのはもちろん、普段の食事や睡眠といった生活習慣に対するアドバイスも行なってくれるのでさまざまな方法でアプローチすることが可能です。 またタバコはあくまで薄毛を引き起こす原因の1つなので、喫煙をしていて薄毛に悩んでいると言う方でも直接的な原因はたばこだけではなかったという場合も考えられます。タバコ以外の原因を調べるという意味でも発毛サロンに相談するのはおすすめといえます。 タバコを吸うとはげる原因と対処法まとめ タバコを吸うとはげると言われている原因としては、主に以下のようなことが挙げられます。 ・血管が収縮して栄養が不足する ・髪の毛に欠かせないビタミンを大量に消費する ・薄毛の原因になる男性ホルモンが増える ・活性酸素によって細胞が老化する ・悪玉コレステロールが増える ・タバコを吸っていないときのストレス タバコを吸うとはげる原因になるだけでなく、さまざまな健康被害を引き起こす可能性があるため、髪の毛や身体のことを想うのであれば禁煙を目指すのが良いでしょう。 しかしタバコをやめるのは、かなりの覚悟が必要ですし強いストレスを抱えることにもなりかねませんので、自分に合った方法で禁煙に努めることをおすすめします。 できるだけ禁煙のストレスを抑えながら薄毛や抜け毛といった悩みを解消したいと考えている方は、お近くのスーパースカルプ発毛センターへお越しください。 プロの発毛技能士が頭皮や髪の毛の状態をチェックして1人ひとりに合った方法でケアを行い、食事や睡眠といった生活習慣に関するアドバイスもさせていただきます。 「クリニックのAGA治療では期待する効果がなかった」 「育毛剤を使ってみたけど変わらなかった」 という方も、まずはお気軽にご相談ください。

  • 薄毛と汗にはどんな関係がある?汗をかく仕組みと対処法について

    気温が高くなる夏はもちろんですが、暖房が効いたオフィスや電車内にいると暑くて額から汗が流れてきたという経験がある方は多いのではないでしょうか。 実は汗をかくと薄毛になると言われており、汗をかきやすい方にとっては 「本当に汗が薄毛を招くのか」 「汗をかいたらどんな対処をすればいいのか」 などについて気になるところです。 そこで今回は薄毛と汗にはどんな関係があるのか、そして汗をかく仕組みと対処法についてご紹介していきます。 汗をかくと薄毛になると言われている理由とは? 「汗をかくと薄毛になる」という話を耳にしたことがある方もいるかと思いますが、そもそも本当に汗が薄毛の原因になるのでしょうか? 実際は汗をかくこと自体が直接的に薄毛を引き起こすわけではなく、汗をかいたあとの対処法に問題がある場合がほとんどです。 ではなぜ汗をかくと薄毛になると言われているのか、まずはその理由についてご紹介していきたいと思います。 汗で薄毛になる理由①かいた汗を長時間放置するから 蒸し暑い日やスポーツしたあとなど、汗をかいたままの状態を長い時間放ったらかしにしていると汗と皮脂が酸化し頭皮に雑菌が繁殖します。 雑菌の繁殖により頭皮のニオイや痒みといった頭皮トラブルに繋がると、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 汗で薄毛になる理由②頭皮が蒸れるから 人間の皮膚には肌のバリア機能を保ってくれる役割を持つ「皮膚常在細菌」と呼ばれるいくつかの菌が存在しており、複数の菌がバランスを取り合うことでさまざまな外的刺激から肌を守ってくれています。 しかし汗をかいて頭皮が蒸れた状態になると、汗や皮脂を餌にする皮膚常在細菌がみるみる繁殖していき菌のバランスが崩れて毛穴の詰まりや炎症を引き起こします。 菌が繁殖して毛穴の詰まりや炎症が起こると、頭皮環境が悪化して頭皮の痒みやフケの発生だけでなく抜け毛・薄毛といったトラブルにも繋がるので菌が繁殖しやすい環境を作らないことが大切です。 汗で薄毛になる理由③皮脂やスタイリング剤と混ざるから 頭皮に汗をかいたときに毛穴から分泌される皮脂と汗が混ざり、頭皮に付着したり毛穴に詰まったりすることで、頭皮環境の悪化を起こして薄毛に繋がると言われているのも理由の1つです。 他にもワックスなどのスタイリング剤が汗と混ざることで、スタイリング剤が毛穴に入り込みやすい状態になり毛穴詰まりを引き起こすケースもあります。 ただ皮脂が分泌されることやスタイリング剤の使用が直接薄毛を引き起こすわけではなく、その後のヘアケアで頭皮に付着した皮脂汚れやスタイリング剤を十分に洗い落とせていないことが原因となっている場合が多いです。 頭皮に汗をかく仕組みとは? 頭皮に汗をかくと薄毛を引き起こす可能性がありますが、そもそも頭皮に汗をかく仕組みはどのようになっているのでしょうか? ここでは頭皮に汗をかく仕組みと、汗を分泌する汗腺の種類についてご紹介していきます。 汗は汗腺から、皮脂は毛穴から分泌される 「汗は毛穴から分泌されている」と勘違いしやすいのですが、汗は毛穴ではなく「汗腺」と呼ばれるところから分泌されており毛穴から分泌されるのは皮脂です。 身体にはこの汗腺がたくさんあり、汗はスポーツや入浴によって上がった体温を調節するために汗腺から分泌されます。 頭皮にも身体と同じ汗腺があるため、身体と同じように頭皮からも汗が分泌されるというわけです。 汗腺には2つの種類がある 汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる2つの種類があり、頭皮にはエクリ線が多く存在しています。 エクリン腺から分泌される汗は99%が水でできているため無色透明でニオイがないのですが、アポクリン腺から分泌される汗にはいろんな不純物が含まれていて乳白色をしているのが特徴です。 このアポクリン腺から分泌された汗に含まれる成分を皮膚常在細菌が分解することによって、汗特有の嫌なニオイが発生します。 頭皮にある汗腺のほとんどはエクリン腺なので嫌なニオイが発生することは少ないですが、汗をかいたまま放置していると雑菌が繁殖しニオイや薄毛の原因になる場合もあるので注意が必要です。 薄毛を予防!汗をかいたときの対処法 汗をかくことは体温調節に欠かせない機能であり、汗の分泌量に個人差はありますが人間であれば誰にでも起こる生理現象の1つといえます。 汗がきっかけで薄毛を引き起こさないようにするためには、汗をかいたときにどのように対処するかが大切です。そこでここからは、薄毛予防に繋がる汗をかいたときの対処法についてご紹介していきます。 汗の対処法①汗をかいたらこまめに拭く 汗をかいたまま放置していると汗と皮脂が酸化して頭皮に菌が繁殖しやすくなってしまうので、汗をかいたらこまめに拭くことを習慣にしましょう。 また帽子を被る場合は蒸れやすく菌が好む環境を作ってしまうため、定期的に帽子を脱いで汗を拭けるようにタオルやハンカチを常備しておくことをおすすめします。 汗の対処法②シャンプーで洗い流す 汗をかいた日は、必ずお風呂に入りシャンプーで汗や皮脂汚れを洗い流して、頭皮を清潔な状態に保ちましょう。 まずはぬるま湯で頭皮と髪の毛を十分に濡らし、シャンプーを十分に泡立ててから、頭皮を傷つけないように指の腹を使ってやさしく丁寧に洗っていきます。 洗い終わったあとは、すすぎ残しがないようにしっかりとシャワーで洗い流すようにしてください。 汗の対処法③頭皮ケアシャンプーを使用する 汗によって頭皮に炎症や湿疹ができている場合は、炎症を抑える成分が含まれている頭皮ケアシャンプーを使うのも1つの方法です。 炎症などが起こっていなくても、夏場など汗や皮脂が出やすい季節になったら、頭皮ケアシャンプーを頭皮トラブル予防として使うこともできます。 また、冬場など乾燥しやすい季節は保湿成分が含まれたシャンプーを使うなど、季節によってシャンプーを使い分けるのもおすすめです。 汗の対処法④発毛サロンでケアを受ける 汗をかきやすい方や頭皮トラブル・薄毛が心配な方は、発毛サロンに通ってケアを受けるのも対処法の1つになります。 発毛サロンは、抜け毛・薄毛の原因を確認して1人1人に合った方法でケアを行なってくれるだけでなく、ヘアケア方法や生活習慣などのアドバイスを受けることも可能です。 また何か頭皮トラブルが起こる前に発毛サロンでケアを受けておけば、炎症や抜け毛などの予防にも繋がります。 汗をかくと薄毛になると言われている理由と対処法まとめ 汗をかくこと自体が薄毛の原因になるわけではありませんが、汗をかいたあとにきちんと対処せずに放置していると菌が繁殖したり毛穴詰まりを起こしたりして頭皮環境が悪くなり、抜け毛や薄毛を引き起こします。 汗をかいたときは以下のような対処法を実践して、頭皮トラブルや薄毛の予防に努めましょう。 ・汗をかいたらこまめに拭く ・シャンプーで洗い流す ・頭皮ケアシャンプーを使う もし自分でケアしているにも関わらず「頭皮トラブルが良くならない」「抜け毛が増えた気がする」といった場合は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 正しいケア方法についてアドバイスさせていただくのはもちろんのこと、汗以外に原因がないか調べたうえで適切なケアを行なって悩みを解決いたします! まだそれほど薄毛が気になっていない方を始め、汗をかきやすく将来的に薄毛にならないか不安という方など、ぜひお気軽にお近くのスーパースカルプ発毛センターへお越しください。

  • 夜勤はハゲやすいと言われる原因とは?併せて対策方法もご紹介!

    みなさんの中には、夜勤をしている方やこれから夜勤の職種に転職を考えている方もいると思いますが、「夜勤はハゲやすい」という話を耳にしたことはありませんか? そのような方の中には、夜勤をしていると本当にハゲてしまうのか、どうしてハゲると言われているのか気になる方もいることでしょう。 そこで今回は、夜勤をしているとハゲやすいと言われている原因とその対策方法についてご紹介していきます。 夜勤をしているとハゲると言われている原因は? 日勤と比べて夜勤をしている方のほうが、ハゲるリスクが高いという話を耳にすることがありますが、これにはどういった原因があるのでしょうか? 夜勤でハゲる原因としては、大きく分けて以下の3つが挙げられます。 ①生活サイクルの乱れによる睡眠の質の低下 ②食生活や栄養バランスの乱れ ③ストレスで心身に負担がかかる まずは、それぞれの原因について詳しくみていきましょう。 夜勤でハゲる原因①生活サイクルの乱れによる睡眠の質の低下 夜勤をしていると昼夜逆転をすることで生活サイクルが乱れ、睡眠の質が低下したり不規則になってしまうことが多いです。 昼夜逆転してしまうことで日に当たる機会が減ると、体内時計が狂ってうまく寝付けなくなったり体調が悪化したりすることもあります。 また、午後10時~午前2時の間は髪の毛に欠かせない成長ホルモンが多く分泌されると言われているため、この時間帯は睡眠を取ることが推奨されていますが、夜勤をしているとその時間帯に睡眠を取ることができないので、成長ホルモンの分泌を妨げてしまうとされています。 こうしたことから、「夜勤をしているとハゲる」と言われています。 夜勤でハゲる原因②食生活や栄養バランスの乱れ 夜勤によって生活サイクルが乱れると、食事のタイミングや栄養バランスなどの乱れにもつながるため、髪の毛に必要な栄養が不足したり頭皮環境が悪化したりする場合があります。 また疲れが溜まりやすい夜勤では、つい夜食にカップラーメンや味の濃い食べ物を選んでしまうことも多いでしょう。 こうした塩分や脂分の多い食べ物ばかり食べていると、頭皮の皮脂が多く分泌されて毛穴詰まりを起こし、結果抜け毛などを引き起こす原因になりかねません。 夜勤でハゲる原因③ストレスで心身に負担がかかる 病院やインフラ系の会社など、人命や生活に大きく関わる仕事をされている方は、夜勤で生活リズムが狂いやすいことに加えて、大きな責任が伴うためストレスがかかりやすいでしょう。 また睡眠不足になったり睡眠の質が低下したりすることで十分に休むことができず、どんどんストレスを溜め込んでしまうケースも珍しくありません。 ストレス過多に陥ると、身体が緊張して血行不良を引き起こしたり自律神経やホルモンバランスが乱れたりして、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼしハゲるリスクが高まります。 ハゲる原因は夜勤以外にもある 夜勤は、生活リズムや食生活が乱れたりストレスがかかったりすることがハゲると言われている原因です。 しかし、ハゲる原因は夜勤をしていること以外にもさまざまなものがあるため、抜け毛や薄毛が気になっている方は気をつけなければなりません。 そこでここからは、夜勤以外のハゲる原因についてご紹介していきます。 夜勤以外のハゲる原因①遺伝 薄毛はホルモンが密接にかかわっているため遺伝が原因で起こることもあり、家族や親戚にハゲている人がいると自分もハゲる可能性があると言われているのです。 テストステロンという男性ホルモンが、頭部にある酵素の1種でAGAと大きくかかわっている物質の5αリダクターゼと結合すると「DHT(ジヒドロテストステロン)」という薄毛の原因になるホルモンに変化して、薄毛を引き起こします。 このように家族や親戚に薄毛の原因になるホルモンが生成されやすい人がいる場合、その体質を遺伝で受け継いでしまうことが原因の1つです。 夜勤以外のハゲる原因②男性ホルモン テストステロンという男性ホルモン自体は「モテホルモン」と呼ばれるほど、本来は記憶力アップや男性らしい骨格を作るなど、嬉しい役割を多く持っています。 しかしこのテストステロンが5αリダクターゼと結合すると、「AGA(男性型脱毛症)」を引き起こす原因となるDHTに変化してしまうのです。 中には5αリダクターゼが活性化しやすかったり、DHTを取り込みやすかったりする方がおり、そういった方は薄毛になる可能性が高いといわれています。 夜勤以外のハゲる原因③間違ったヘアケア 普段からハゲ対策として、念入りにシャンプーを行なっている方もいると思いますが、間違ったヘアケアをしているとハゲるリスクを高める恐れがあるため注意が必要です。 例えば、頭皮の皮脂や汚れを洗い落とそうと洗浄力の強いシャンプーを使ったり、何度も髪の毛を洗ったりすると、頭皮を守るために必要な皮脂まで落としてしまいます。 頭皮を守るために必要な皮脂まで落としてしまうと頭皮が乾燥してバリア機能が低下したり、不足した油分を補おうと皮脂が過剰分泌したりして頭皮環境の悪化を招き抜け毛の原因につながります。 夜勤をしている方がハゲないための対策方法は? ハゲる原因にはさまざまなものがありますが、夜勤をしているとハゲるリスクを高めてしまうため、しっかりと対策をして抜け毛や薄毛予防をしていきたいところです。 では、夜勤をしながらもハゲるリスクを軽減するにはどういった点を意識すれば良いのか、生活習慣や食事面などにおける予防・対策方法についてご紹介していきます。 対策方法①寝不足や睡眠の質を改善する 夜勤でハゲる原因には、睡眠の質の低下が挙げられるので、まずは寝不足や睡眠の質を改善することが大切です。 夜勤中の睡魔に負けないようにコーヒーなどを飲んでカフェインを摂取するという方も多いと思いますが、カフェインには覚醒作用があるため寝付きを悪くしてしまいます。 そのため、カフェインの摂り過ぎに注意することが1つの対策になるでしょう。 また夜勤から帰宅して疲れていても、入浴して身体を温めるなどリラックスできる状態にしたり、遮光性の高いカーテンを取り付けて寝付きやすい環境を作ったりするのもおすすめです。 対策方法②夜勤中の飲食を見直す 先ほどお話したように夜勤中に摂取するカフェインの量を減らすことで、睡眠の質改善につながり抜け毛対策にもなるでしょう。 そして夜食にカップラーメンやお菓子、脂っこいものを食べるのを控えることも、頭皮環境が悪化するのを防ぐことに繋がります。 中には、寝付きを良くするためにお酒を飲んでから寝るという方もいるかもしれませんが、アルコールは中途覚醒や早期覚醒の原因にもなるので注意が必要です。 対策方法③ストレスを蓄積しないように意識する ストレス過多もハゲる原因になるといわれているので、夜勤後や休日を活用してリフレッシュするなど、ストレス解消を心がけると良いでしょう。 1日ゆっくり過ごしたり、ショッピングやゲームをするなど自分に合ったストレス解消方法を見つけることが大切です。 対策方法④発毛専門サロンに相談する 今の生活リズムや食生活が頭皮や髪の毛に良くないと分かっていても、夜勤での疲労やストレスでなかなか行動に移せなかったり、どうすればいいか分からなかったりする方もいると思います。 そういったときは発毛専門サロンに相談すれば、適切な方法でケアを受けられるのはもちろん、食事や生活面でのアドバイスをしてもらうことも可能です。 また夜勤以外に抜け毛の原因がないか調べてもらうこともできますので、しっかりと原因が分かったうえで適切な対策を受けることができます。 夜勤はハゲやすいと言われる原因と対策方法まとめ 今回は、夜勤をしているとハゲやすいと言われている原因や、その対策方法についてご紹介しました。 夜勤がハゲると言われている原因には、生活リズムが狂って睡眠の質が低下することや食生活の乱れ、ストレスによる心身の負担などが挙げられます。 対策方法としては、できる範囲で睡眠環境を整えたり食事を見直したり、ストレスを溜め込まないように自分なりの方法でリフレッシュしたりすることが大切です。 夜勤をしていて抜け毛が心配という方や対策方法を実施しても抜け毛が減らないという方は、スーパースカルプ発毛センターにお任せください。 抜け毛を減らすために頭皮環境を改善するケアだけでなく、食事・睡眠におけるアドバイスなどをさせていただきます。 また頭皮や髪の毛をしっかりとお調べしたうえでケアしていきますので、何が原因か分からないという方もまずはお気軽にご相談ください!

  • 薄毛対策は食事から!髪の毛に良い&悪い食べ物や栄養素を知ろう

    薄毛や抜け毛が気になってきたら使っているシャンプーを変えてみたり、育毛剤を使ってみたりとさまざまな対策を講じると思います。 しかし普段の食生活が薄毛の原因になっている可能性があるため、その場合は食事の見直しも意識しなくてはいけません。 そこで今回は、薄毛対策に繋がる食事や薄毛予防が期待できる食べ物・栄養素などについてご紹介していきますので、食生活を見直す際の参考になれば幸いです。 薄毛対策は食事が大切!こんな食生活を送っていませんか? 食事をしていろんな食べ物から栄養を摂取することは、髪の毛を健やかに成長させるだけでなく身体的・精神的な健康の維持にも繋がります。 しかし最近ではストレス社会と呼ばれているように忙しいことが理由で、規則正しい食生活が送れなかったり栄養バランスの取れた食事ができなかったりするケースが多いです。 不規則な食事を続けていると身体にさまざまな問題を引き起こすことがあり、その中の1つに「薄毛」があります。 では、どういった食生活を送っていると薄毛に繋がってしまうのか、薄毛対策にNGとされる食生活を確認していきましょう。 薄毛対策にNGな食生活①外食やインスタント食品が中心 忙しい毎日を送っていると自炊が億劫になり、つい外食やインスタント食品で済ませてしまうという方は少なくないと思います。 しかし外食やインスタント食品ばかりだとどうしても栄養バランスが偏りやすく、さらに高脂質・高カロリーな食事にもなりやすいです。 脂質やカロリーが高いものばかり食べていると頭皮の脂質が多く分泌されて頭皮環境を悪化させてしまい、結果として薄毛を招く原因に繋がります。 薄毛対策にNGな食生活②過度な食事制限によるダイエット 最近ではオフィスワークやテレワークをする方が増えていますが、そこで問題になっているのが運動不足が原因による体重の増加です。 何とか限られた時間の中で体重を元に戻そうと、過度な食事制限ダイエットをしてしまうケースも珍しくありません。 食事制限ダイエットはきちんと栄養バランスを考えて行うことが大切ですが、多くの場合は極端に食事を抜くといった方法で取り組んでしまいがちです。 その結果、髪の毛に必要な栄養素が不足して徐々に元気が損なわれていき抜け毛や薄毛を引き起こします。 薄毛対策にNGな食生活③栄養バランスが乱れやすい暴飲暴食 多忙な毎日を送っているとストレスが原因になって暴飲暴食をしてしまう場合があり、中には就寝前や深夜帯にもお菓子を食べたりお酒を飲んだりするケースもあるでしょう。 「暴飲暴食」はその文字の通り栄養バランスなど一切考えず食べたいものをバクバクと食べてしまうので、脂質や糖質の過剰摂取に繋がるだけでなく栄養バランスも当然乱れやすくなります。 栄養バランスが乱れると髪の毛に必要な栄養が不足する可能性があるだけでなく、カロリーの摂り過ぎで肥満などの問題を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。 薄毛対策に良い食事はどんなもの? ここまでにご紹介したことからも分かるように、普段の食事の仕方によっては薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があるので薄毛対策をするためには食生活の見直しが欠かせません。 では薄毛対策に良い食生活を送るには、どのような食べ物を食事に取り入れると良いのでしょうか? ここからは、髪の毛に必要な3大栄養素と言われている「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」を含む食べ物をご紹介していきます。 薄毛対策に良い食事①タンパク質を含む食べ物 髪の毛はアミノ酸で構成されたタンパク質が主要成分となっており、薄毛対策をするうえで必要不可欠な栄養素です。 タンパク質には、大きく分けて「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2種類があります。 タンパク質の種類 それぞれのタンパク質を含む食べ物 動物性たんぱく質 肉・魚・卵など 植物性たんぱく質 大豆製品(納豆・豆腐)など どちらのタンパク質を摂取しても薄毛対策の一環にはなりますが、その他の栄養が偏らないように意識しながら動物性タンパク質も植物性タンパク質もバランス良く摂取すると良いでしょう。 薄毛対策に良い食事②ミネラルを含む食べ物 ミネラルの1つである亜鉛は、摂取したタンパク質を髪の毛に合成する役割を持つとされており、さらにコラーゲン生成にも効果的で艷やかな髪の毛へと導いてくれます。 しかし亜鉛は、体内で生成されないだけでなく調理や加工する過程で失われやすい栄養素でもあるため、3大栄養素の中でも不足しやすいとされています。 亜鉛が不足すると髪の毛の成長に支障を来すと言われており、他にも味覚や発育といった面にもさまざまな問題を引き起こすケースがあるので積極的に摂取したい栄養素です。 亜鉛を含む食べ物 レバー・肉・チーズ・アーモンド・魚介類など 薄毛対策に良い食事③ビタミン類を含む食べ物 ビタミン類には頭皮環境を正して髪の毛を育てやすくする役割があるとされており、特に「ビタミンB2」や「ビタミンB6」は代謝を良くして髪の毛の成長を促進する働きがあります。 ビタミンB2やB6を摂取することで頭皮の皮脂の分泌量をコントロールしてくれるので、皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化や皮脂の毛穴詰まりによる頭皮の炎症予防にも効果的です。 他にも血管を拡張して頭皮の血流を良くし髪の毛に栄養を行き届きやすくしてくれるビタミンEや、そのビタミンEの効果を高めてくれるビタミンCなども薄毛対策には欠かせません。 ビタミンの種類 それぞれのビタミンを含む食べ物 ビタミンB2 大豆・レバー・卵・青魚・ウナギ・乳製品など ビタミンB6 肉・ナッツ・マグロ・サケなど ビタミンE ゴマ・魚介類・植物油(マヨネーズ・マーガリン)など ビタミンC レモン・キウイ・イチゴ・アセロラなど 薄毛対策に悪い食事はどんなもの? 薄毛対策には髪の毛に欠かせない3大栄養素である「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」を含む食べ物を食事に取り入れることが大切ですが、一方で薄毛対策に悪影響を及ぼす食事もあります。 薄毛対策に悪い食事としては脂質やカロリーの高いものや糖質を多く含むもので、他にもアルコールの飲み過ぎにも注意が必要です。 薄毛対策に悪い食事①脂質を多く含む食べ物 ラーメンやファストフードといったものは手軽に食べられますが、高脂質・高カロリーなものが多いため脂質の摂り過ぎになる恐れがあります。 高脂質・高カロリーな食事ばかりしていると皮脂の分泌量が増えてしまい、頭皮の毛穴が詰まりやすくなって髪の毛に必要な栄養や酸素が行き届きません。 頻繁にラーメンやファストフードを食べているという方は、まずは回数を減らしてヘルシーな食事も取り入れるようにしましょう。 薄毛対策に悪い食事②糖質を多く含む食べ物 みなさんの中には甘いものが好きという方もいるかと思いますが、実はケーキやチョコレートなどに含まれる糖質も摂り過ぎると頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす可能性があります。 糖質をたくさん摂取すると血中の中性脂肪値が高くなり、血流が悪くなることで頭皮に必要な栄養が行き届きにくくなるので日常的にスイーツなどを食べている方は食べる頻度を抑えるようにしましょう。 「1週間に数回」「頑張ったときだけ」といったようにルールを設けると食べ過ぎ防止に繋がりますし、ご褒美としての意味合いが強くなって我慢に対するストレスも緩和されると思います。 薄毛対策に悪い食事③アルコールの飲み過ぎ お酒好きの方であれば、仕事終わりに缶ビールを飲むのが習慣になっているという方も多いのではないでしょうか。 しかしお酒も飲み過ぎてしまうと薄毛対策に悪影響を与える可能性があるため、節度を守って嗜むことが大切です。 お酒をたくさん飲んでアルコールを多量に摂取すると、アルコールを分解する際に発生する「アセトアルデヒド」という有害物質が体内に蓄積されます。 そして分解できていないアセトアルデヒドは、AGA(男性型脱毛症)の原因になるDHTという物質を増やす可能性があるとも言われているのでお酒の飲み過ぎには注意しましょう。 さらにアルコールの分解には、髪の毛に必要不可欠なアミノ酸・亜鉛・ビタミンが大量に使われるため、お酒の飲み過ぎは髪の毛や頭皮の栄養不足にも繋がります。 薄毛対策に繋がる食事を心がけよう ここまで薄毛対策をするために普段の食事にどんな食べ物を取り入れたらいいのか、反対にどんな食べ物を控えたらいいのかといったことについてお話しました。 最後に薄毛対策に繋がる食事についてご紹介しますので、現在の食生活と比べながら取り入れられそうな対策を実施してみてください。 薄毛対策に繋がる食事①脂質や糖質を摂り過ぎない 食事面から薄毛対策を行なっていく場合、脂質や糖質などを摂り過ぎないようにすることが大切です。 おさらいになりますが脂質の摂り過ぎは、皮脂分泌量の増加により頭皮の毛穴が詰まりやすくなって髪の毛に必要な栄養や酸素が行き届きにくくなります。 そして糖質は血中の中性脂肪値を高めて血流を悪くしてしまうため、頭皮や髪の毛に必要な栄養などが行き渡りません。 野菜などもしっかり摂るように心がけて、揚げ物・ラーメン・ケーキといったものばかりを食べないように気をつけましょう。 薄毛対策に繋がる食事②全体的な栄養バランスを考える 薄毛対策は「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」を積極的に摂取することが大切ですが、この3つの栄養素だけ摂っておけば良いというわけではありません。 食事をするうえでは、上記の3つの栄養素に加えて炭水化物と脂質を合わせた5つの栄養素をバランス良く取り入れることが大切です。 脂質も摂り過ぎには注意が必要と言いましたが、適切に摂取することで身体のエネルギー源になり、さらにエネルギーを蓄積する物質としての役割も持っています。 薄毛対策に繋がる食事③就寝3時間前に食事を終わらせる 食事をしたあとすぐに寝るという生活習慣を送っていると、髪の毛の成長の妨げになるだけでなく睡眠の質の低下にも繋がりかねません。 髪の毛に必要な栄養や酸素は一般的な就寝の時間帯に頭皮に運ばれ、寝ている間に成長ホルモンが分泌されることで髪の毛は成長します。 しかし食事後しばらくは食べたものを消化するために血液が胃に集中するため、就寝直前に食事をしてしまうと血液が頭皮に行き渡らず髪の毛が弱ってしまうので、就寝3時間前には食事を終わらせるように心がけましょう。 1人では食事管理が難しい場合はプロに相談する 薄毛対策には食事が大切というお話をしましたが、1人では食事管理が難しいという場合は発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは独自の療法で薄毛を解決していくだけでなく、食事や睡眠などのアドバイスを行なって日々の生活習慣で乱れたホルモンバランスを整えていきます。 「何から始めたらいいのか分からない」という方も、スーパースカルプ発毛センターなら1つ1つ丁寧に説明しながら進めていきますので安心して薄毛対策を行うことが可能です。 薄毛対策に繋がる食事まとめ 薄毛対策では食事に気を使うことがとても大切で、以下のような食生活を送っていると抜け毛や薄毛を悪化させる可能性があるので注意が必要です。 ・外食やインスタント食品が中心 ・過度な食事制限によるダイエット ・栄養バランスが乱れやすい暴飲暴食 また高カロリー・高脂質・高糖質な食べ物の食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎにも気をつけ、「タンパク質・ミネラル・ビタミン類」を中心に栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 「1人では食事管理が難しい」「食生活で何を見直せばいいかわからない」といった方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 食生活や睡眠など生活習慣に対するアドバイスはもちろん、その他の薄毛の原因に対しても独自療法で徹底的にアプローチし悩みを解決いたします!

  • 若ハゲに悩む学生が急増中?10代に起こる薄毛の原因と対策方法

    薄毛や抜け毛といった悩みは、成人男性に多くみられる印象がありますが、最近では中学生や高校生といった10代の学生さんも増加傾向にあるといわれています。 そのため10代という若年層の方でもAGA治療を受けたり、発毛専門サロンに相談するケースは珍しくありません。 そこで今回は、10代に起こる薄毛の原因や対策方法についてご紹介していきますので、薄毛に悩む学生さんは参考にしてみてください。 10代に起こる薄毛「若ハゲ(若年性脱毛症)」とは? 最近では、中学生や高校生など10代の学生さんにも薄毛に悩むケースが増加しており、こうした若年層の薄毛のことを一般的に「若ハゲ(若年性脱毛症)」と呼んでいます。 薄毛は一般的に中高年層の男性に起こるイメージが強いため、多感な時期である10代のうちから若ハゲになってしまうと周囲の目が気になったり強いコンプレックスになったりすることも珍しくありません。 10代のうちから若ハゲになってしまう原因とは? 薄毛や抜け毛の原因にはさまざまなものが挙げられますが、10代という若い年代で起こる若ハゲにはどういった原因があるのでしょうか? まずは、中学生や高校生など10代の学生さんに若ハゲが起こってしまう原因についてご紹介していきます。 若ハゲの原因①不規則な生活習慣や食生活 最近では、中学生や高校生など学生さんも当たり前のようにスマホを持っていて、中には四六時中スマホを触っている方も多いのではないでしょうか? そのせいで眼精疲労や肩こりを起こし首や肩周りの血行が悪くなると、頭皮に十分な血液が巡らなくなり髪の毛に必要な栄養が届かなくなってしまいます。 さらに夜な夜なスマホを触る習慣がつくことで寝不足気味になって、十分な睡眠が摂れなかったり、暗い部屋でスマホの明るい画面を見続けることで寝付きにくくなったりすることも珍しくありません。 睡眠不足は頭皮や髪の毛に良くないだけでなく、成長期である10代にとっては身体のあらゆる成長の妨げにもつながるので注意が必要です。 他にも学生さんによっては、夜中まで友達と遊んだり電話したりすることもあるでしょうし、学校帰りにファストフードやコンビニでカップラーメンやホットスナックを買って食べたりすることもあるでしょう。 こうしたバランスの悪い食生活を送っていると、頭皮や髪の毛に必要な栄養が不足してしまい、髪の毛の元気がなくなったり抜け毛の原因になったりします。 若ハゲの原因②学校や家庭、バイト先などでのストレス 10代は思春期に入る学生さんもいますし、多感な時期であるため何かとストレスを感じやすい世代です。 10代を中心に流行しているSNSもコミュニケーションを取るには便利なツールですが、望まない誹謗中傷などによって傷ついたりストレスを抱えたりするケースもあります。 それだけでなく学生生活にうまく馴染めなかったり、勉強や部活、習い事、アルバイトなどによってストレスを感じる学生さんも少なくありませんし、学校以外でも反抗期などで親と言い合いになったり、友達と喧嘩したりといったことが原因で10代特有の悩みやストレスに発展することも多いです。 このようにストレスを強く感じたり、たくさんのストレスが重なったりすると身体が緊張状態になり血流が悪くなるだけでなく、自律神経が崩れてホルモンバランスが乱れたりすることもあります。 若ハゲは、こうした血流の悪化やホルモンバランスの乱れが原因で起こることもあるため、10代であってもストレス過多に陥ると薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。 若ハゲの原因③男性ホルモンによる影響 成長期に差し掛かる10代はホルモンバランスが乱れやすく、男性ホルモンが増えることによって若ハゲを引き起こす場合があります。 抜け毛が増えたと感じたり人より薄毛になっている気がしたりすると、それが不安や心配になって精神的ストレスに発展することもあるでしょう。 しかし、こうした成長期にあるホルモンバランスの乱れは成長が進むにつれて徐々に落ち着いていきますので、「気にしすぎないこと」が大切です。 10代で若ハゲにならないための対策方法はある? 10代という多感な時期に若ハゲになってしまうといじめの心配が出てきたり、コンプレックスによって思い悩んでしまったりするケースもあるかもしれません。 では、中学生や高校生の学生さんのうちに若ハゲにならないためにはどうすればいいのか、その対策方法についてご紹介していきます。 若ハゲの対策方法①乱れた生活習慣・食事を見直す 10代の学生さんが若ハゲにならないようにするためには、乱れた生活習慣や食事を見直すことが大切です。 毎日のように夜遅くまで友達と遊んだり、電話やゲームをしたりしていませんか? また家でご飯を食べずに友達とジャンクフードやラーメンといったものばかり食べていると、栄養バランスが崩れて抜け毛の原因になってしまいます。 成長期である10代はしっかりと睡眠や栄養を摂ることが大切ですので、若ハゲにならないためにも規則正しい生活習慣と栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 若ハゲの対策方法②ストレスを溜め込まないようにする 多感な時期である10代は何かとストレスを抱えやすい年頃ですので、ストレスを溜め込まないようにうまく解消していく必要があります。 友達と遊んだり家でのんびりしたり、映画を観たり読書をしたり、ショッピングをしたりとどんな方法でも良いので、自分に合った方法でストレスを発散しましょう。 学生さんは体力があるのでつい夜ふかしをしてしまいがちですが、心身のストレスは気づかないうちに溜まっているものですので注意してください。 若ハゲの対策方法③発毛専門サロンでケアを受ける 生活習慣や食事面を見直したり適度にストレス発散したりしてもなかなか抜け毛が減らなかった方や、そもそも具体的にどのような対策をすればいいのかわからない方もいらっしゃると思います。 そういったときは、まず親御さんなど身近な存在に相談して自分1人で抱え込まないようにすることが大切です。 そのうえで、発毛専門サロンなどに相談して自分の頭皮や髪の毛を調べてもらったり、適切な方法でケアしてもらったりすると良いでしょう。 10代に起こる若ハゲの原因と対策方法まとめ 今回は、中学生や高校生など10代の学生さんに起こる若ハゲの原因と対策方法についてご紹介しました。 若ハゲの主な原因としては「不規則な生活習慣や食事」「学校や家庭、バイト先などでのストレス」「男性ホルモンによる影響」などが挙げられます。 生活習慣や食事を見直すことはもちろん、ストレスを溜め込みすぎないように適度に発散することが大切ですが、多感な時期である10代は誰にも相談できず思い悩んでしまうケースも少なくありません。 そういった方はまず自分の親など身近な存在に相談する勇気を持つこと、そして親御さんに協力してもらったうえで発毛専門サロンなどに相談すると良いでしょう。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮や髪の毛の状態を調べて原因を見つけたうえで、適切なケア・対策を行なっています。 生活習慣や食事面でのアドバイス・サポートもさせていただきますので、若ハゲに悩んでいる10代の学生さんは、ぜひスーパースカルプ発毛センターと一緒にその悩みを解決していきましょう!

  • 脂漏性脱毛症とは?頭皮がべたつく原因と対策方法をご紹介

    みなさんの中には 「頭皮がべたついている」 「髪の毛がベタベタする」 といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。 そういった頭皮のべたつきや皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化によって起こる脱毛症に、「脂漏性脱毛症」と呼ばれるものがあります。 今回は、脂漏性脱毛症がどんなものなのかご紹介するとともに、脂漏性脱毛症が引き起こされる原因やその対策方法についてご紹介していきます。 脂漏性脱毛症とは? 脂漏性脱毛症とは、主に「脂漏性皮膚炎」が原因で引き起こされる脱毛症のことで、抜け毛や薄毛の他にも頭皮のベタつきや炎症、湿疹といった問題が起こることもあります。 脂漏性皮膚炎によって皮脂が過剰分泌されると、毛穴が皮脂や汚れで詰まって頭皮環境を悪化させてしまい、抜け毛を引き起こすことがあると言われているほどです。 「最近抜け毛が気になるようになった」という方の中で、頭皮のべたつきが気になるという場合は、脂漏性脱毛症の可能性があるので対策が必要になってきます。 脂漏性脱毛症は何が原因で起こる? 脂漏性脱毛症は「様子を見ていればいつの間にか良くなっている」というものではないので、きちんと対策していかないと悪化する可能性もあります。 では脂漏性脱毛症は、どういったことが原因で引き起こるのでしょうか? ここからは、脂漏性脱毛症の原因についてご紹介していきます。 脂漏性脱毛症の原因①不規則な生活習慣 脂漏性脱毛症の原因の1つとして「不規則な生活習慣」を送っていることが挙げられます。 例えば、普段から揚げ物や脂っこいものなど高カロリーなものばかり食べている方は、脂質を摂取し過ぎていることによって皮脂が分泌しやすくなり、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まるなどして頭皮環境が悪くなると、抜け毛が引き起こるというわけです。 他にも十分な睡眠を摂れていなかったり、仕事などで強いストレスを感じていたりしてホルモンバランスが乱れることでも頭皮環境の悪化につながります。 脂漏性脱毛症の原因②誤ったヘアケア方法 脂漏性脱毛症の特徴としては、抜け毛だけでなく頭皮のべたつきやフケなどを引き起こす点なのですが、これは普段のヘアケア方法が間違っていることが原因になっている可能性があります。 頭皮や髪の毛のべたつきが気になっていつもより多くシャンプーをしたり、ゴシゴシ洗ったりしてしまう方も少なくありません。 しかし、何度もシャンプーすると必要な皮脂まで洗い落としてしまうので頭皮の乾燥を招き、結果フケや痒みといった症状を引き起こします。 さらに不足した油分を補うために皮脂が過剰に分泌されることで、頭皮のべたつきや毛穴詰まりを招いたり脂漏性脱毛症の悪化に繋がるので注意が必要です。 脂漏性脱毛症の原因③カビ 脂漏性脱毛症は、皮脂などを好むマラセチアという真菌(カビ)が原因になって起こるケースも珍しくなく、分泌された皮脂や汗によって増殖し炎症を引き起こすことがあります。 頭皮が炎症を起こしていたり頭皮以外の汗をかきやすい部分(顔や首周り、背中)などにも症状が現れていたりする場合は、このカビが原因となっている可能性もあるので早めの対策・治療が必要です。 脂漏性脱毛症が引き起こす症状について 脂漏性脱毛症になると、皮脂の過剰分泌によって頭皮環境が悪化し抜け毛を引き起こすようになり、薄毛などの悩みに発展するケースもあります。 また抜け毛や薄毛だけでなく、脂漏性脱毛症になるとさまざまな症状が引き起こされる恐れがあるため注意が必要です。 では脂漏性脱毛症が引き起こす症状には、どういったものがあるのでしょうか? 脂漏性脱毛症の症状①頭皮のべたつき、ニオイ 脂漏性脱毛症の症状で特に気になるものとして「頭皮やべたつき」が挙げられ、頭皮環境が悪くなるのはもちろん、見た目としても清潔感を損なう原因になってしまいます。 またそのまま放置していると皮脂に含まれる脂肪酸が酸化して、いわゆる「加齢臭」と呼ばれるようなニオイを発することもあります。 脂漏性脱毛症の症状②ニキビや炎症、湿疹 皮脂が過剰に分泌されたり、たくさん汗をかいたりすると毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい、頭皮にニキビやできものができることも珍しくありません。 また痒みや痛みを伴うこともあるのでつい指で触れたり、爪で掻いたりしてしまうことによって雑菌の増殖に繋がったり頭皮を傷つけたりすることもあります。 脂漏性脱毛症の症状③フケ、痒み 脂漏性脱毛症になると頭皮のべたつきが気になって、いつもよりしっかりとシャンプーをしてしまいがちですが、過剰にシャンプーをするとかえって頭皮の乾燥や痒みを招いてしまいます。 また乾燥した状態はバリア機能が低下している状態でもあるため、頭皮を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまい余計にべたつくこともあります。 さらにベタベタとしたフケを発生させる原因にもなり、そのフケが毛穴に詰まることで頭皮環境の悪化や抜け毛といった症状を引き起こす可能性も考えられますので、注意が必要です。 脂漏性脱毛症の対策方法とは? 脂漏性脱毛症になると、抜け毛以外にも頭皮のベタつきや痒み・フケ・ニオイ・ニキビなど、さまざまな症状を招きます。 放置していると、どんどん症状が悪化してしまう可能性もあるので、きちんと対策していかなくてはなりません。 そこでここからは、脂漏性脱毛症の対策方法について解説していきます。 脂漏性脱毛症の対策方法①生活習慣の改善 脂漏性脱毛症の対策方法としては、まず普段の生活習慣に問題がないか見直して、1つひとつ改善していくことが大切です。 例えば、揚げ物やお肉の脂身が好きという方は、食べる量を減らしたり野菜を多く食べたりして対策することができます。 かといって極端に食事のバランスが偏ってしまうと、髪の毛の成長に必要な栄養が不足してしまうので、全体のバランスを意識することが大切です。 また食事面だけでなく、睡眠の質を良くしたりストレスを溜め込まないようにすることも対策につながるので、日頃から食事面だけでなく睡眠面やストレスに関しても心がけるようにしましょう。 脂漏性脱毛症の対策方法②ヘアケア方法を見直す 間違ったヘアケア方法を行なっていることが脂漏性脱毛症を引き起こしている可能性もあるので、普段のシャンプーの仕方などを見直してみるのもおすすめです。 特に頭皮のべたつきや汚れが気になって、何度もシャンプーをしている方やゴシゴシと力を入れている方は、ヘアケア方法を見直す必要があるでしょう。 洗浄力が強過ぎるシャンプーは皮脂を必要以上に洗い落としてしまうので、アミノ酸シャンプーや低刺激シャンプーを使ってみるのも1つの対策方法です。 脂漏性脱毛症の対策方法③治療薬の使用 マラセチアというカビが原因となって脂漏性脱毛症を引き起こしている場合は、抗真菌薬やステロイドなどの治療薬を使って治療するケースもあります。 処方される治療薬はそれぞれに適切な用法用量がありますので、きちんと医師や薬剤師の説明を聞いて正しく服用することが大切です。 脂漏性脱毛症の対策方法④発毛専門サロンに相談する 脂漏性脱毛症の原因によっては、発毛専門サロンに相談することで改善を目指せるケースもあります。 発毛専門サロンでは、1人ひとりの頭皮の状態をチェックして、きちんと原因を調べたうえで適切な対策方法を提案・実施してくれるので、頭皮環境を改善するとともに抜け毛などの症状も解消することが可能です。 またサロンでのケアはもちろん、自宅でのセルフケアに対するアドバイスもしてくれるため、普段の生活習慣やヘアケア方法を見直すきっかけにもなるでしょう。 脂漏性脱毛症の原因と対策方法まとめ 今回は脂漏性脱毛症がどんなものなのか、そして脂漏性脱毛症が引き起こされる原因や対策方法についてご紹介しました。 脂漏性脱毛症は不規則な生活習慣や食事、間違ったヘアケア方法、そしてマラセチアというカビなどが原因になるといわれています。 脂漏性脱毛症を改善するには生活習慣や食事、ヘアケア方法を見直すといった対策が大切ですが、併せて発毛専門サロンに相談して適切なケアを受けるのがおすすめです。 スーパースカルプ発毛センターでは最新の設備や機器によって頭皮の状態をお調べし、きちんと原因を見つけ出したうえで頭皮環境の改善や抜け毛対策を行います。 また睡眠や食生活など生活習慣の面でもアドバイスさせていただきますので、薄毛の原因となる乱れたホルモンバランスを整えることが可能です。 「抜け毛が気になるようになった」「頭皮がべたついている」といった方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

  • わさび成分に発毛効果がある!?わさびと育毛の関係性について知ろう

    わさびといえば私たち日本人にとって非常に身近な食材で、主に薬味として食卓に登場することが多いですよね。 ツーンとする独特な風味が好きという方はたくさんいらっしゃると思いますが、実はそのわさびに含まれる成分に発毛効果があると言われているのをご存知でしょうか? そこで今回は、わさびが持つ発毛成分やわさびと育毛の関係性についてご紹介していきますので、わさび好きの方は必見です! わさびと成分の基礎知識を身につけよう ざるそばやざるうどん、お寿司、お刺身などを食べるとき、薬味としてわさびと一緒に食べるという方はたくさんいるのではないでしょうか。 いつも何気なく食べているわさびではありますが、わさびがどんな植物なのか、またどんな成分を含んでいるのか知らない方は少なくないと思います。 そこでまずは、わさびがどんな植物でどんな成分を含んでいるのか、わさびの基礎知識について知っていきましょう。 本わさびとはどんな植物? 本わさびは学名「ワサビジャポニカ」と言われ、静岡県や長野県が名産地の日本原産アプラナ科で、飛鳥時代から薬草として使われたという記録もある日本においては古い歴史を持った植物です。 一般的には、根茎をすりおろして薬味として食べるイメージがあると思いますが、葉や茎、花、根なども漬物・わさび漬けとして使われており、捨てるところがないところも魅力といえます。 そんな本わさびの最大の特徴といえば、食べたときにツーンと抜ける風味と鮮やかなグリーンの色味で、私たち日本人の食卓を彩ってくれる欠かせない食材です。 本わさびに含まれる成分について 本わさびにはさまざまな成分が含まれていますが、その中でも発毛に関係のある成分としては「イソサポナリン」「イソサポナリン」と「6-MSITC」の2種類です。 イソサポナリンは、本わさびの葉の部分に含まれている10種類のフラボノイドのうちの1種類で、2014年頃から発毛・育毛効果があるとして研究が進められています。 6-MSITCは、「6-メチルスルフェニルヘキシルイソチオシアネート」というのが正式な名称となっており、ワサビのツーンとする辛味の正体です。 本わさびが持つ発毛・育毛効果とは? 本わさびには、イソサポナリンと6-MSITCという発毛有効成分が含まれているという話をしましたが、具体的にどういった作用によって発毛や育毛効果が期待できるのでしょうか。 ここからは、わさび成分が発毛・育毛に効果的と言われている理由や効果を得るために気をつけたい点についてご紹介していきます。 わさび成分が発毛・育毛に効果的と言われている理由 毛根には「毛乳頭細胞」と呼ばれる細胞があり、この毛乳頭細胞から毛母細胞に指示が伝わることで髪の毛が成長すると言われています。 発毛・育毛効果を得るためにはこの毛乳頭細胞を活発にする必要がありますが、本わさびに含まれるイソサポナリンと6-MSITCという成分には、毛乳頭細胞を活発にさせる効果があるということが長年の研究によって判明しました。 イソサポナリンと6-MSITCという成分が毛乳頭細胞へ与える影響としては、同じ発毛効果があり育毛剤などにも含まれている「ミノキシジル」の3倍とも言われているから驚きです。 国産本わさびにしか有効成分が含まれない わさびであれば、スーパーなどで気軽に手に入るチューブわさびで簡単に取り入れることができると思いがちですが、実はチューブわさびには残念ながら本わさびが使用されていません。 また上述した発毛に効果的な成分であるイソサポナリンと6-MSITCは、国産の本わさびにしか含まれていないため、西洋わさびや副原料が含まれているチューブわさびでは効果が期待できないので注意が必要です。 わさび成分を摂取する方法とは? チューブわさびにはイソサポナリンや6-MSITCが含まれていないため、残念ながらチューブわさびで薬味として食べるだけでは発毛効果を期待できません。 また、まだわさびによる発毛・育毛効果は研究段階で、イソサポナリンに関しては本わさびをすりおろして摂取しても効果があるかどうかわかっていないのが現状です。 ただし6-MSITCに関しては、接種後に体内に吸収されることが判明していますので、摂取することで発毛効果が期待できる可能性はあります。 すでにわさび成分が配合されたサプリメントやヘアケア商品が販売されていますので、そういったわさび製品を使用してみるのも良いでしょう。 発毛・育毛にはわさび以外にも対策が必要 わさびに含まれる成分が発毛・育毛に効果があると期待されていますが、ただ本わさびを食べたりわさび成分含有のサプリメントやヘアケア商品を使うだけでは効果を得ることは難しいです。 では、発毛・育毛効果を実感するためには、どういった点に気をつければ良いのか対策方法についてご紹介していきます。 発毛対策①栄養バランスの整った食事を心がける 本わさびを食べたとしても、薄毛の原因を1つひとつ解決していかなければ発毛効果は期待できません。 例えば、毎日インスタント食品やジャンクフードばかり食べて不規則な食事をしていると、当然のことながら頭皮や髪の毛に関わらず身体にも悪影響を及ぼします。 また脂っこいものやお酒をたくさん飲む場合も、頭皮環境を悪化して薄毛を引き起こす原因になりますので注意しましょう。 まずは健康を配慮して栄養バランスの良い食事を心がけること、そして髪の毛に必要とされるタンパク質やミネラル、ビタミン類を積極的に摂取することをおすすめします。 発毛対策②不規則な生活習慣を送っている場合は見直す 発毛・育毛効果を高めるためには、食事以外にも生活習慣の面で不規則・不健康な部分はないかを見直すことも大切です。 例えば毎日就寝時間が遅い、睡眠時間が短いという場合やテレワークで運動不足になっている場合など、生活習慣が乱れていると髪の毛や頭皮にも影響があります。 さらに何気ないストレスも蓄積されていくと薄毛の原因に繋がってしまいますので、適度にリフレッシュ・リラックスする時間を設けるようにしましょう。 発毛対策③発毛専門サロンでケアを受ける 食事や生活習慣を見直しても、なかなか薄毛が良くならない、発毛・育毛効果が見られないということもあると思います。 そういったときは、1人で悩まずに発毛を専門としたサロンなどに相談して、適切なケアを受けるというのも1つの方法です。 発毛専門サロンでは、薄毛の原因を調べてくれたり、1人ひとりに合ったケアを行なってくれたりしますので、まずはお近くのサロンに足を運んでみてはいかがでしょうか。 わさび成分が持つ発毛・育毛効果まとめ 今回は、わさびに含まれる成分が持っている発毛効果やわさびと育毛の関係性についてご紹介しました。 わさびに含まれているイソサポナリンや6-MSITCという成分に発毛効果があると注目されているのですが、まだ具体的な効果については研究中となっています。 また、スーパーなどで販売されているチューブわさびには上記のような有効成分が含まれておらず、国産本わさびでないと発毛効果成分を摂取することはできませんのでわさびで発育・発毛効果を得ようとしている方は注意が必要です。 もちろん本わさびを食べたからといって、必ずしも発毛効果が期待できるわけではありませんので、薄毛に悩んでいる方はぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、食事や生活習慣に関するアドバイスはもちろん、1人ひとりに合った方法で発毛ケアを行なっていきます。 薄毛に悩んでいる方、自分に合った方法で発毛・育毛対策を行なっていきたい方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターへお越しください。

  • シトルリンは発毛・育毛効果がある?抜け毛対策に良い理由とは

    抜け毛が気になり始めると、ヘアケア方法に気を遣ったり評判の良い育毛剤を使ってみたりと、さまざまな方法で対策すると思います。 そういった抜け毛対策と併せて普段から意識しておきたいのが「血行促進」なのですが、血行を良くする効果がある「シトルリン」という成分をご存知でしょうか? 今回は、シトルリンが持つ発毛・育毛効果を始めシトルリンを含む食べ物、シトルリンの効果的な摂取方法などについてご紹介していきます。 シトルリンに発毛・育毛効果があると言われる理由 現代においては発毛・育毛に関する研究が進んでおり、抜け毛対策に効果的とされているさまざまな成分が発見されています。 その中でも発毛・育毛効果が期待される成分の1つとして「シトルリン」というものがあるのですが一体どんな成分なのか、どういう効果があるのか見ていきましょう。 そもそもシトルリンってどんな成分? 先ほどから登場しているシトルリンという成分ですが、この成分はアミノ酸の一種でスイカをはじめさまざまな食材に含まれています。 1930年に日本でスイカから発見された成分で、スイカの学名である「Citrullus lanatus」がシトルリンという名前の由来です。 では、そんなシトルリンに発毛・育毛効果があると言われる理由としては、どういったことが挙げられるのでしょうか? シトルリンには血行促進効果がある シトルリンには、血行を促進する効果があると言われています。この血行促進効果によって頭皮の血流も良くなり、髪の毛に欠かせない栄養素が届きやすくなります。 具体的に説明すると、シトルリンは体内で一酸化窒素の生成をサポートする効果があり、一酸化窒素の役割は血管を広げることです。 つまり、シトルリンを積極的に摂取すれば体内で一酸化窒素が生成されやすくなり、血管が拡張されることで血行促進に繋がって発毛・育毛効果が期待できます。 血行が良くなると発毛以外にも嬉しい効果が期待できる シトルリンには血行促進効果があるということが分かりましたが、血行が良くなれば発毛以外にもさまざまな嬉しい効果が期待できるでしょう。 例えば、むくみや冷え性の改善にも繋がりますし、動脈硬化の予防や筋肉増強といった効果もあるとされています。 他にも血流が良くなると、集中力や記憶力といった面でも良い効果があると言われているので、仕事などで良いパフォーマンスを発揮することが可能です。 抜け毛が引き起こされる原因とは? 薄毛や抜け毛と聞くと中高年層の男性に起こりがちな症状というイメージがありますが、女性や若年層にも起こりうる可能性は大いにあります。 では、抜け毛が引き起こされる原因としてはどういったものが挙げられるのか、いくつかご紹介していきましょう。 抜け毛の原因①血行不良 抜け毛を引き起こす原因としてはさまざまなものが挙げられますが、その中でもよく言われているのが「血行不良」です。 例えば、近年では運動不足の方が急増していますが、これも血行不良を引き起こす原因の一つと言われており、特にデスクワークなどずっと座ったままの姿勢でいることが多いと筋肉が凝り固まって血行が悪くなる可能性があります。 血行が悪くなるということは頭皮への血流も悪くなるということで、つまり髪の毛に必要な栄養素がしっかりと届かなくなるのです。 そのため、血行促進効果が期待できるシトルリンは、抜け毛の原因となる血行不良対策にとてもぴったりといえます。 抜け毛の原因②栄養不足 定期的に運動をしたりストレッチをしたりと血流改善に気を遣っていても、頭皮へ届ける栄養が不足してしまっていると意味がありません。 髪の毛の生成には、タンパク質やミネラル、ビタミン類といった栄養素が必要不可欠と言われていますので、過度な偏食や食事制限による無理なダイエットを行なっていると、栄養不足になり抜け毛を引き起こしてしまいます。 もちろん上述したタンパク質など髪の毛に欠かせない栄養素だけでなく、身体の健康を保つためにもバランスの良い食事を心がけることが大切です。 抜け毛の原因③誤ったヘアケア 抜け毛が気になり始めると普段のヘアケアにも一層気を遣うようになると思いますが、間違ったヘアケア方法を実践してしまうと逆効果になってしまいます。 例えば、頭皮の汚れや皮脂を落とすために洗浄力の強いシャンプーを使うと、人によって頭皮を守るために必要な分の皮脂まで洗い落としてしまうことになるのも間違ったヘアケアが引き起こしうる逆効果の1つです。 皮脂を失った頭皮は当然乾燥しやすくなってしまうのですが、その不足した油分を補うために皮脂が過剰分泌することにより、余計に毛穴詰まりなどが起こりやすくなります。 きちんと自分の肌質や髪質に合ったヘアケア製品を選んで、正しい方法でシャンプーなどのヘアケアを行なっていくようにしましょう。 シトルリンの摂取方法と併せて行いたい抜け毛対策 血行促進効果によって抜け毛予防や発毛・育毛効果が期待されるシトルリンですが、具体的にはどのように摂取するのが効果的なのでしょうか。 ここからは、シトルリンが含まれる食べ物やおすすめの食べ方、そして併せて行いたい抜け毛対策などについてご紹介していきます。 シトルリンが含まれる食べ物とおすすめの食べ方 シトルリンが含まれる食べ物としては、その名称の由来にもなったようにスイカが1番有名で、スイカ100gあたり180mgのシトルリンが含まれています。 スイカ以外にもメロンや冬瓜、キュウリといったウリ科の食べ物をはじめ、クコの実やニンニクもシトルリンが含まれる食べ物です。 おすすめの食べ方としては、やはりシトルリンが最も多く含まれるスイカを食べることで、大玉スイカ7分の1ほど食べれば必要な分を摂取できるでしょう。 特にスイカの皮には、実の部分以上にたくさんのシトルリンが含まれているため、スイカの皮の漬け物を食べるのもおすすめです。 シトルリン以外にも栄養バランスを考慮する シトルリンを摂取することも抜け毛対策の一環にはなりますが、ただシトルリンを摂取するだけでなく、日頃の食事における栄養バランスを見直す必要もあるでしょう。 人間の身体は、さまざまな栄養素によって健康を保つことができますし、健やかな髪の毛を育てるためにはまず健康体であることが大前提です。 偏った食生活にならないように、野菜なども積極的に取り入れつつ健康的な食事を心がけましょう。 食事だけで改善が見られない場合は発毛専門サロンに相談 食事面を改善してもなかなか抜け毛が減らない、髪の毛が増えないというケースもありますので、そういった場合は発毛専門サロンに相談するのがおすすめです。 食事だけでなくヘアケアにおけるアドバイスなども行なってくれますし、原因を調べたうえで1人ひとりに合った方法で抜け毛対策を提案してくれます。 1人で悩みを抱えていると不安やストレスによって頭皮・髪の毛に悪影響を与えてしまいますので、まずは気軽にお近くの発毛専門サロンに相談してみてはいかがでしょうか。 シトルリンの発毛・育毛効果まとめ 今回は、シトルリンに発毛・育毛効果があるのかどうか、シトルリンが含まれる食べ物やおすすめの食べ方などについてご紹介しました。 シトルリンには血行促進効果があるため、頭皮の血行を良くして髪の毛に必要な栄養を届きやすくしてくれるという特徴を持っています。 シトルリンは、主にスイカをはじめとしたウリ科の植物、そしてニンニクやクコの実に含まれていますが、最近ではサプリメントなども販売されており手軽に摂取することが可能です。 ただしシトルリンを摂取するだけで抜け毛が完全に解決するというわけではないので、根本原因からきちんと解決したいという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは薄毛や抜け毛の原因を断つことで、高い発毛・育毛効果を実感していただけます。 1人ひとりに合った抜け毛対策・ケア方法をご提案させていただきますので、シトルリンの摂取と併せて、ぜひスーパースカルプ発毛センターをご利用ください。

  • 馬油が発毛対策に効果的!?馬油のヘアケアが育毛にいいって本当?

    高い保湿力で私たちの肌に潤いを与えてくれる馬油は、さまざまなスキンケアやヘアケア商品に用いられており、発毛・育毛効果が期待できると言われているのをご存知でしょうか? 以前から女性の間では、スキンケアアイテムとして人気の高い馬油でしたが、近年では男性の薄毛・抜け毛対策としても注目を集めています。 そこで今回は、馬油とはどんなものなのか、馬油には発毛効果が期待できるのかといったことについてお話します。 発毛・育毛効果が期待される馬油とは? 近年、発毛・育毛効果のある成分が次々と発見され、注目を集めている中で「馬油」が薄毛・抜け毛対策にいいとされていることをご存知でしょうか。 まずは、馬油がどういったものなのか、どんな特徴を持っているのかなど、馬油の基本的な情報についてご紹介していきたいと思います。 馬油は馬から採取した油のこと 「馬油(ばーゆ)」とは、文字通り馬のたてがみや尾の付け根から採取される油のことで、昔から火傷や切り傷をはじめとしたさまざまな皮膚疾患に良いと知られてきました。 日本においては、奈良時代に唐から伝わったという説も残っており、江戸時代に高い人気を誇った「ガマの油」も実は馬油だと言われているのも事実です。 中国六朝時代から馬油の存在は知られており、実際に「馬の油は髪を生ず」という言葉が陶弘景著の名医別録に記されているほど、発毛に良い効果があるとされています。 馬油は人の肌に馴染みやすい 馬油の特徴としては、悪玉コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸の「オレイン酸」や「リノレン酸」「パルミトレイン酸」「リノール酸」などが豊富に含まれており、人間の脂肪分ととても良く似ているのが特徴です。 そのため、馬油は人の肌に馴染みやすく血行促進効果に優れ、美しく健やかな髪の毛を生成するのをサポートしてくれます。 さらに馬油には、頭皮の血管を丈夫にしてくれるパルミトレイン酸も含まれているため、毛根を強くすることで抜け毛や薄毛予防になるだけでなく発毛・育毛効果もアップすると言われています。 馬油が持つ発毛をはじめとしたさまざまな効果 馬油には、血行促進効果をはじめ発毛・育毛のサポートになるような嬉しい効果が期待できるわけですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。 ここからは、馬油がもたらす頭皮や髪の毛への効果についてご紹介していきます。 馬油の効果①血行を促進し栄養を届きやすくする 馬油には、上述したように「血行促進効果」があり、特に馬油に含まれるリノレン酸には血流を良くする役割があります。 リノレン酸から生成されるDHAやEPAは、血中コレステロールを抑える役割があり、血液の流れを良くしてくれるのです。 また馬油はよく伸び、よく広がるのが特徴となっており、しっかりと肌を保湿・保温してくれるので、そういった面でも血液の循環をスムーズにする効果が期待できるでしょう。 馬油の効果②髪の毛のパサつき・広がりを抑える 馬油は高い保湿効果があるのも特徴の1つとなっており、塗布することで頭皮や髪の毛に潤いを与えてくれるので、髪の毛のパサつきや広がりを抑える効果も期待できます。 さらに髪の毛から水分が蒸発するのも防いでくれると言われているため、艷やかで滑らかな髪の毛を維持するのにも馬油が用いられることがあります。 普段のヘアケアに馬油を加えるだけで、馬油に含まれる成分がスペシャルケアをしたようなしっとり感のある髪の毛にしてくれるとも言われているので、頭皮トラブルや髪の毛のダメージが気になる方はもちろん、乾燥しやすい季節のケアにもおすすめできます。 馬油の効果③髪の毛や頭皮の乾燥を防ぐ 頭皮が乾燥してしまうと皮脂によるバリア機能が低下するため、さまざまな頭皮トラブルにつながる可能性があります。 例えば、頭皮が痒くなったりフケが出たりといったトラブルが考えられますし、乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されると毛穴詰まりや炎症を引き起こすこともあるでしょう。 しかし馬油をヘアケアに取り入れることで頭皮の乾燥を防ぎやすいため、上述したトラブルの対策にもなり、頭皮環境を整えてくれる効果もあるので抜け毛や薄毛のリスク低減にも繋がりやすいでしょう。 馬油を使ったおすすめのヘアケア方法 馬油は、頭皮や髪の毛以外にもいろんな部位の肌に使うことができるため、ぜひ一家に1つ常備しておくと便利です。 では、実際に馬油を使って発毛・育毛ケアをする場合、どのようなヘアケア方法を実践すれば良いのでしょうか?おすすめのヘアケア方法をご紹介します! 馬油のヘアケア方法①馬油で頭皮マッサージ 馬油を使ったヘアケア方法としては、まず頭皮マッサージをする際のヘアオイルとして用いる方法があります。 頭皮マッサージの方法としてはシャンプーをする前に髪の毛をブラッシングして、髪の毛・頭皮全体に馬油を馴染ませます。その時に力強く揉み込んでしまうと頭皮を傷つけてしまいますので、指の腹を使うイメージでやさしく頭皮マッサージをしてあげてください。 十分に馬油が馴染んだら、蒸しタオルやラップを使って20分ほど蒸してあげると頭皮の汚れが浮き上がって、頭皮環境を清潔に保ちやすくなるでしょう。 最後は、お湯を使ってしっかりとすすぎ、いつも通りシャンプーやトリートメントでヘアケアを行ってください。 馬油のヘアケア方法②馬油でトリートメント 馬油は、上述したような頭皮マッサージで使うヘアオイルとしての用途だけでなく、トリートメントとしての使い道もあります。 シャンプーをしてよくすすいだあと軽くタオルドライをして、手のひらで伸ばした馬油を髪の毛のダメージが気になる箇所(毛先など)を中心に塗布しましょう。 馬油なら洗い流さなくても良いのでヘアケアが楽になるだけでなく、髪の毛1本1本を油膜でしっかり保護し、ドライヤーによる熱ダメージを最小限に抑えてくれる効果も期待できるのでおすすめです。 馬油のヘアケア方法③馬油シャンプーを使う ヘアケア製品の中には、馬油を配合したシャンプーも多く販売されていますので、その馬油シャンプーを使って髪の毛を洗うという方法もあります。 馬油シャンプーを使うときに限った話ではありませんが、シャンプーをするときは温かいシャワーなどで髪の毛・頭皮をしっかりと濡らし、不要な皮脂や汚れを浮かせるようにしてからシャンプーを付けるようにしてください。 髪の毛と頭皮全体に馬油シャンプーが行き渡るように、やさしく丁寧にマッサージするようにシャンプーしていきましょう。 シャンプーをした後にしっかりと洗い流したことによって馬油の保湿成分が全て流れてしまうと言わけではないので、頭皮環境を清潔に保つためにもシャンプーはすすぎ残しのないようにしっかりと洗い流してください。 馬油の発毛・育毛効果とおすすめのヘアケア方法まとめ 今回は、馬油が持つ発毛・育毛効果とおすすめのヘアケア方法についてご紹介しました。 馬油は高い保湿効果や血行促進効果があるため、頭皮や髪の毛を乾燥から守ってくれるほか、血流が良くなることで髪の毛に必要な栄養を届きやすくしてくれる効果が期待できます。 馬油を直接塗ってヘアマッサージをしたりトリートメントとして使ったりしても良いですし、市販されている馬油シャンプーを使ってヘアケアするのもおすすめです。 とはいえ、馬油を取り入れるだけでは発毛・育毛効果を実感できない可能性がありますので、併せてスーパースカルプ発毛センターでのヘアケアもぜひご利用ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、お薬に頼らないヘアケア方法を提案しており、これまで育毛剤やAGA治療薬では薄毛・抜け毛が改善されなかったという方にも高い効果を実感いただいております。 もちろん、ご自宅でのヘアケア方法や薄毛対策に繋がる生活の仕方などもアドバイスさせていただきますので、この機会にぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 自毛植毛のデメリットと失敗するリスクについて知っておこう

    自毛植毛は、後頭部や側頭部といったAGAの症状が現れていない部分の髪の毛を採取して、髪の毛を生やしたい箇所に移植する薄毛治療のことです。 薄毛治療の中では高い効果を期待できる手術方法ではありますが、デメリットもあるため手術を受けようか迷っている方は慎重に考える必要があります。 そこで今回の記事では、自毛植毛のデメリットや起こりうる失敗リスクについてご紹介していきます。 自毛植毛のデメリットには何がある? 自毛植毛は自分自身の髪の毛を移植する手術方法なので、拒絶反応やアレルギー反応といったリスクはなく、過去にも医療ミスや重い症状につながったというケースは報告されていません。 それでも人によって失敗という結果になってしまった方もいますし、さまざまなデメリットも考えられるためよく検討することが大切です。 では、自毛植毛にはどのようなデメリットがあるのか確認していきましょう。 植毛のデメリット①手術後に腫れや痛みを感じる 「FUT法」というメスを用いる手術方法の場合は、頭皮を切開して髪の毛を採取するため、手術後に腫れや痛みを感じるケースがほとんどです。 頭部全体が腫れているように感じたり、人によってまぶた付近や顔全体が腫れたりすることもありますが、1週間ほど経てば徐々に和らいできます。 切開した箇所は、頭皮を引き伸ばして縫合するため痛みの他に突っ張り感を感じることもあるようです。 植毛のデメリット②傷跡が残ってしまう 上述したFUT法に関しては、後頭部など髪の毛のある箇所を切開し髪の毛を採取したあと縫合するので、手術後も傷跡が残り続けることになります。 また手術を行うときは、基本的に髪の毛を1〜3mmほどの長さに刈り上げるため、傷跡や縫合部分が部分的に目立ってしまうのもデメリットの1つです。 髪の毛が伸びて傷跡が目立たなくなるまでは、ウィッグなどを使ってカバーする必要があるでしょう。 植毛のデメリット③移植できる本数に制限がある 自毛植毛は、後頭部や側頭部などに生えている髪の毛を移植することになるため、頭部全体の髪の毛の量が増えるわけではありません。 そしてドナーとなる箇所は毛根ごと採取しますので、採取した後頭部や側頭部からは髪の毛が生えてこず移植できる本数に制限があります。 薄毛が気になる箇所をカバーできても後頭部や側頭部が薄くなっては意味がないので、自毛植毛で採取できる本数は12,000本~15,000本と言われています。 植毛のデメリット④すぐに効果を実感できるわけではない 自毛植毛は、薄毛治療の中では高い効果が期待できますが、すぐに効果を実感できるわけではありません。 上述したように基本的に髪の毛を刈り上げてから植毛するため、伸びるまでは髪の毛が増えたことを実感しづらいです。 また髪の毛を植毛したあとしばらくして一度抜けて生え変わる時期があるため、しっかりと髪の毛が増えたことを実感できるのは早くて手術から6ヶ月後といえるでしょう。 自毛植毛の手術の失敗例やリスクをご紹介 ここまで自毛植毛のデメリットについてご紹介しましたが、実際の自毛植毛の失敗例やリスクとしてはどのようなものがあるのか気になる方もいるでしょう。 ここからは、自毛植毛の手術に関する失敗リスクとしてよく言われているものをご紹介していきます。 自毛植毛の失敗例①不自然な髪型に仕上がってしまう 自毛植毛によって薄毛部分の髪の毛が増えたのは良いものの、生え揃ったときに髪型が不自然な仕上がりになってしまうケースも少なくありません。 採取する頭部の箇所によって髪質や毛流れ、毛穴の方向などが異なるため、自然な見た目にならなかったりつむじや生え際の流れが不自然に見えたりすることがあります。 自毛植毛の失敗例②密度が低い箇所が気になる 現在の植毛技術を持ってしても薄毛になる以前の髪の毛の密度に戻すことは困難で、どうしても密度の低い箇所が気になってしまうという方もいるようです。 実現できたとしても以前の80%程度の密度といわれており、その80%も1度の手術では難しく、2度・3度と植毛を行なって密度を高めていく必要があります。 自毛植毛の失敗例③移植した髪の毛が生着しない 自毛植毛は自分の髪の毛を使うため、拒絶反応などを起こしづらいですが、細胞を生きたまま採取して移植するので細胞に負担がかかるというリスクがあります。 そのため採取から移植までの間に毛根がダメージを負うと、生着率が悪くなって再び抜けてしまうため薄毛の解決になりません。 自毛植毛を行う医師の技術力が生着率を左右するため、クリニック選びは慎重に行うことが大切ですが、自分自身も健康に気を遣った生活を意識するようにしましょう。 自毛植毛で失敗する前にできる対策方法はある? 自毛植毛には、さまざまなデメリットやリスクが考えられるため、失敗しないようにしっかりと対策していきたいところです。 そこでここからは、自毛植毛で失敗する前にできる対策方法や自毛植毛以外の薄毛対策についてご紹介していきます。 医師の技術力が高いクリニックを選ぶ 自毛植毛の失敗リスクとして植毛した髪の毛が生着しないことが挙げられるので、しっかりと高い生着率を誇る技術力のあるクリニックを選びましょう。 技術力の高いクリニックであれば髪の毛の生着率も高いですし、医師のデザイン力もあるため自然な髪型に仕上げてもらえるでしょう。 AGA治療薬などで薄毛の進行を抑える AGAによって薄毛を引き起こしている場合、移植した箇所以外の薄毛が進行してしまう可能性があり、せっかく植毛をしても見た目のバランスが悪くなるケースがあります。 そうならないためにも、AGA治療薬などを用いて薄毛の進行を抑えておくのも1つの方法です。 発毛専門サロンに通ってケアを受ける 人によってAGA治療薬を試しても効果が見られないケースがあるため、そういった場合は別の方法を検討する必要があります。 発毛専門サロンに相談すれば、AGA治療薬以外のアプローチ方法で薄毛のケアを行なってくれるサロンも多く、薄毛の解決に繋がる可能性が高いです。 スーパースカルプ発毛センターでは、お薬に頼らない薄毛治療を行なっていますので、AGA治療薬や育毛剤では効果がなかったという方にもおすすめです。 自毛植毛のデメリットと失敗するリスクまとめ 今回は、自毛植毛のデメリットと失敗するリスクなどについてご紹介しました。 自毛植毛のデメリットとしては、手術後に腫れや痛みを感じたり傷跡が残ったりすることのほか、移植できる本数に制限があったりすぐに効果を実感できなかったりといったことが挙げられます。 実際に自毛植毛を受けた方の中には、不自然な仕上がりになったり移植した髪の毛が生着しなかったりといった失敗リスクもあるようです。 自毛植毛で失敗しないためには、技術力の高いクリニックを選ぶことやAGA治療などを受けて薄毛の進行を抑えること、そして健康な髪の毛を移植できるように生活習慣などを見直しましょう。 薄毛の悩みを解決する方法としては、自毛植毛やAGA治療薬を使用することだけではなくさまざまなアプローチ方法があります。 スーパースカルプ発毛センターでは、お薬に頼らない独自のアプローチ方法で薄毛の原因1つひとつを解決して発毛を目指していくことが可能です。 自毛植毛を受けることに抵抗がある方やAGA治療薬・育毛剤では効果がなかったという方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 自毛植毛にはどんな方法がある?種類別のメリット・デメリット

    自毛植毛は、薄毛治療の中でも高い効果が期待できる方法の1つですが、さまざまな施術方法がありどの種類を選択するかでメリット・デメリットに違いがあります。 自毛植毛にどんな種類があるのか知っておけば、自分に合った施術方法を選択できるだけでなく、失敗のリスクを低減させることにもつながるでしょう。 そこでこの記事では自毛植毛にどんな方法があるのか、そして種類別のメリット・デメリットについてご紹介していきます。 自毛植毛の施術方法の種類について 自毛植毛を行なっているクリニックによって、さまざまな施術方法を用意しているのですが、その中でも多くのクリニックで行われているのが以下の3種類です。 ・FUT法(ストリップ法) ・FUE法 ・CHOI法(ニードル法) まずは、それぞれの自毛植毛の施術方法について解説していきます。 自毛植毛の施術方法の種類①FUT法(ストリップ法) 自毛植毛の施術方法の一つ「FUT法(ストリップ法)」とは、メスを用いて頭皮ごと髪の毛を採取する方法です。 薄毛の影響を受けていない髪の毛の部分をメスによって切り取り、その採取した頭皮を株に分けて毛根と周辺組織をまるごと移植します。 自毛植毛の施術方法の種類②FUE法 「FUE法」は、先程のFUT法とは違ってメスを使用しない施術方法で、直径1mm前後の小さなパンチを用いて毛根を1つひとつくり抜いて髪の毛を採取する方法です。 他にもFUE法と似た種類で、複数本生えている毛根と周辺組織をまるごと移植する自毛植毛の施術方法で「パンチ・グラフト植毛」というものがあり、これは直径4~5mm程度の円筒形メスを用いて毛根ごと採取して移植します。 自毛植毛の施術方法の種類③CHOI法(ニードル法) 「CHOI法(ニードル法)」は、1992年に韓国で生まれた植毛方法で、植毛針という専用器具を使って穴あけと植毛を同時に行う方法となっています。 FUT法やFUE法が複数本生えている毛根の周辺組織ごと移植するのに対して、CHOI法は髪の毛1本1本を使うのが特徴です。 自毛植毛のメリット・デメリットを種類別に解説 自毛植毛の主な施術方法として「FUT法」「FUE法」「CHOI法」をご紹介しましたが、それぞれ異なる特徴、メリット・デメリットがあります。 メリット・デメリットをしっかりと把握しておけば、自分に合った自毛植毛の施術方法を選択できますので参考にしてみてください。 植毛のFUT法のメリット・デメリット FUT法のメリットとしては、1度にたくさんの髪の毛を採取できるので手術時間を短縮することが可能なので患者さんへの負担を抑えることができます。 同時に医師にかかる負担も少なくて済むため、他の植毛方法と比べても料金がリーズナブルなケースが多いです。 一方でFUT法のデメリットとしてはメスを使うため、切り取った箇所に一文字の傷跡が残ってしまうため場合によって目立つ可能性があります。また、手術中や手術後しばらくは麻酔が効いていますが、麻酔が切れ始めると他の手術方法と比べて傷むといった点もデメリットです。 植毛のFUE法のメリット・デメリット FUE法は、採取する毛根や周辺組織の大きさや移植する毛穴の大きさが均一になるため、きれいに仕上がるのがメリットとなっており、上述したFUT法と異なりメスを使用しないので、術後の痛みを抑えることができるほか、傷跡も目立ちにくいです。 一方デメリットとしては、一度に大量の植毛を行いたい場合に向かない方法であることが挙げられますが、最近では1時間に1,000株以上移植できる技術や設備が整っているため、他の植毛方法よりもデメリットらしいデメリットがありません。 植毛のCHOI法のメリット・デメリット CHOI法のメリットは、植毛針を使って穴あけと移植を同時に行えるため、工程が少なく手術時間の時短にもつながる点です。 さらに他の植毛方法と違って髪の毛1本1本を植毛していくため、生え際など目立ちやすい箇所も自然な仕上がりにしやすく移植痕も気になりません。 デメリットについては移植する密度に限度があることと、移植できる髪の毛の種類が細い1本毛に限定されることです。また1本1本移植していくため医師に負担がかかり、他の植毛方法と比べて手術にかかる料金が高い傾向にあります。 自毛植毛以外の薄毛の対策方法には何がある? 薄毛治療としては、自毛植毛以外にもさまざまな方法がありますので、自分に合った方法で薄毛対策を行なっていくのがよいでしょう。 では、自毛植毛以外の薄毛の対策方法としてはどういったものがあるのか、いくつかご紹介していきたいと思います。 薄毛の対策方法①人工植毛 自分の髪の毛を移植する自毛植毛の他に、ポリエステルやナイロンといった合成繊維で作られた人工毛を埋め込む「人工植毛」もあります。 人工毛を植毛するので新たに髪の毛が生えてくるのを待たなくて良いですし、手術直後から理想の髪型に仕上がる点がメリットです。 自毛植毛よりも費用を安く抑えられますが、人工物を埋め込むため拒絶反応を起こすリスクがあり、定期的にメンテナンスを受けなければならない可能性があります。 薄毛の対策方法②育毛剤 薄毛の対策方法として一般的に思いつく方法といえば、育毛剤の使用ではないでしょうか。 最近では、さまざまな発毛の有効成分の研究が進んでおり、血行促進や男性ホルモンに働きかける成分などが配合された育毛剤が販売されています。 しかし人によっては、育毛剤を使っても効果が現れるまでに時間がかかったり、あまり効果が実感できないケースも少なくありません。 薄毛の対策方法③AGA治療 植毛に抵抗がある方や育毛剤を使ったけど効果が感じられなかった方はAGA治療を受けるという方法もあり、AGA治療薬で薄毛の改善を目指していく方法が一般的ですが、育毛剤同様にお薬でも効果が実感できない方もいると思います。 お薬でも実感できなかった方は薬に頼らない治療方法・ケア方法を提案しているスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターは、業界相場の1/3~1/4の低価格となっていますので、費用がかかる植毛に抵抗がある方にもおすすめです。 自毛植毛の方法と種類別のメリット・デメリットまとめ 今回は、自毛植毛の手術方法と種類別のメリット・デメリットについてご紹介しました。 自毛植毛は、大きく分けると「FUT法(ストリップ法)」「FUE法」「CHOI法(ニードル法)」の3種類があり、それぞれ異なるメリット・デメリットがあります。 薄毛治療として高い効果を期待できる自毛植毛ですが、方法によっては手術の傷跡が残ったり費用がかかったりするため、しっかりと特徴を把握して検討するようにしましょう。 もし植毛するか迷っている方は、手術を受ける前にぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、これまでAGA治療薬や育毛剤で効果が感じられなかったという方にも高い効果を実感いただいております。 発毛実績98.7%を誇るスーパースカルプ発毛センターで、薄毛の原因を解決し理想の髪型や毛量アップを目指しましょう!

  • 海藻を食べると髪が増えるって本当?海藻がもたらす育毛効果について

    海藻類を食べると、「髪の毛が増える」「髪の毛が黒々とする」といったように育毛効果や髪の毛に良い効果があるという話をよく耳にします。 しかし海藻を食べることで、本当に育毛効果などを期待できるのか気になるという方もいるでしょう。 そこで今回は、海藻が髪の毛に良いと言われている理由やおすすめの食べ方などについて解説していきますので、ぜひ普段の食事に取り入れてみてください。 海藻が髪に良い・育毛効果があると言われる理由 海藻を食べると髪が増えるという話は有名ですが、具体的になぜ育毛効果があるのか知らないという方は多いのではないでしょうか。 そこでまずは、海藻に含まれる髪に良い成分や育毛効果が期待できる海藻の種類などについてご紹介していきたいと思います。 海藻には髪に嬉しい成分がたくさん含まれている 海藻類には、髪の毛に限らず人間の身体に良いとされる成分がたくさん含まれており、その中でも髪の毛に欠かせない「ミネラル」が豊富です。 そもそも髪の毛は、ケラチンというタンパク質が主成分となっているのですが、ミネラルはこのケラチンの合成を促進する働きがあり、育毛効果が期待できます。 またクロロフィルaという成分は、ケラチンと結びつきやすい性質を持っており、強くしなやかな髪の毛へと導いてくれます。 他にも海藻には、髪の毛の生成をサポートするヨードという栄養素も豊富に含まれているため、こうしたことが海藻類が髪に良いと言われる所以です。 育毛効果が期待できる海藻の種類 日本においては、昔から海藻類は髪の毛に良いと言われており、薄毛や抜け毛が気になる方は積極的に普段の食事に取り入れていきたい食品です。 最近では、海藻が持つ育毛効果や髪に良い成分が注目され、育毛剤をはじめとしたさまざまなヘアケア製品に配合されることも多くなっています。 中でもガゴメ昆布に含まれているフコイダンという成分は、たくさんの育毛剤にも配合されており、注目を集めている成分の一つです。 こうしたことから育毛分野においてさまざまな海藻の研究が進んでおり、「ジャイアントケルプ」や「ペルベチアカナリクラタ」、「ラミナリアディギタータ」といった海藻類が髪に良いと言われています。 ジャイアントケルプは、1日で50cm以上も成長すると言われており、この成長スピードとパワーが注目されている海藻です。 ペルベチアカナリクラタは、海藻由来のイソフラボンを豊富に含んでおり、ホルモンバランスを整えることで育毛効果が期待されます。 ラミナリアディギタータは、皮脂を抑えて頭皮環境を整えたり、細菌の繁殖を抑制したりといった効果に加え、新陳代謝促進効果など育毛をサポートしてくれる海藻です。 髪に良い!海藻類のおすすめの食べ方 普段から食卓に海藻類を取り入れていれば良いですが、あまり食べていないという方は、この機会にぜひ積極的に食べてみることをおすすめします。 ここでは、海藻類のおすすめの食べ方についてご紹介していきますので、ぜひ今晩のご飯から取り入れてみてはいかがでしょうか。 海藻入りのお味噌汁 海藻を取り入れるなら、まずおすすめしたいのがワカメなどの海藻を入れたお味噌汁です。 お味噌汁の味噌の原料は大豆ですが、この大豆には髪の毛に良いとされるイソフラボンが豊富に含まれているため、海藻類と一緒に食べるとよいでしょう。 またお豆腐やきのこ類などを入れても良いですし、冬場などは根菜類を入れることで身体を温めて頭皮の血行を良くする効果も期待できます。 海藻サラダ 海藻のお味噌汁も簡単に作れるのでおすすめですが、もっと手軽に取り入れたいという方には海藻サラダもおすすめです。 レタスやトマト、かいわれ大根などと一緒に海藻を乗せるだけでOKですし、お好みでカニカマなどを入れても良いでしょう。 ドレッシングは、できるだけノンオイルのものやヘルシーなものを使ったほうが髪の毛には良いです。 育毛するなら海藻以外にも対策が必要 海藻には、髪に良い成分が含まれており育毛効果も期待できますが、ただ海藻を食べるだけでは高い効果を得ることは難しいでしょう。 きちんと育毛効果を得たいのであれば、海藻以外にもさまざまな面で改善・対策することが必要です。ここからは、海藻以外にも意識しておきたい育毛対策についてご紹介します。 育毛対策①食事は栄養バランスを考えることが大切 普段の食事に海藻を取り入れるだけで育毛効果が現れるというのは難しいですが、きちんと栄養バランスを考えた食事を心がけることで髪の毛に良い栄養を摂取することが可能です。 例えば、髪の毛に良いと言われている栄養素として「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」の3つを中心に、全体的な栄養バランスを意識しながら健康的な食事を摂ることが大切です。 またインスタント食品や揚げ物などばかり食べていると、皮脂の分泌量が増えて頭皮環境が悪化しやすくなるため、食べ過ぎには気をつけましょう。 育毛対策②生活習慣を見直して睡眠やストレスを解消する 薄毛や抜け毛の原因としては、睡眠やストレスも挙げられるため、普段から睡眠時間が短かったりストレスを感じたりしている方は、生活習慣を見直すことも大切です。 髪の毛は、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時〜午前2時の間に成長すると言われているので、できるだけこの時間帯に就寝できると良いでしょう。 またストレスの抱え過ぎも、髪の毛だけでなく身体的・精神的に良くありませんので、自分に合った方法でストレス解消することをおすすめします。 育毛対策③発毛専門のサロンで正しい育毛対策を受ける 人によってさまざまな方法で育毛対策を行なっている方もいると思いますが、セルフケアだけではなかなか思うような効果が現れないということもあるでしょう。 そういったときは、発毛専門のサロンに相談して正しい育毛対策やケアを受けるのも一つの方法です。 発毛サロンでは、一人ひとりの頭皮や髪の毛の状態を調べたりカウンセリングをしたうえで、その人に合った方法でケアを行なってくれます。 薄毛や抜け毛に対する悩みも一人で抱え続けているとストレスになってしまいますので、まずは専門家に相談してみるのがおすすめです。 海藻が髪にもたらす育毛効果まとめ 今回は、海藻に含まれる髪に良いとされる成分や注目されている海藻の種類、そして海藻が髪にもたらす育毛効果などについてご紹介しました。 海藻には、ミネラルをはじめヨードやフコイダンなど髪に良い成分が多く含まれており、積極的に摂取することで育毛効果を期待できるでしょう。 しかし海藻ばかり食べれば良いというわけではなく、育毛効果を得るためにはその他のさまざまな食べ物を取り入れて栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。 スーパースカルプ発毛センターでは、普段の食事に対するアドバイスなどはもちろん、一人ひとりの頭皮・髪の毛の状態に合った方法でケア・改善を行います。 薄毛や抜け毛に悩んでいる方、育毛剤やAGA治療などを受けたが改善が見られない方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
枕に抜け毛が落ちている!平均的な本数や原因、対策方法をご紹介3位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは4位
酸性雨を浴びるとハゲる?雨が与える影響と薄毛の原因・対処法を解説5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円
男性はこちら 女性はこちら
実感お試し
発毛体験申込
サロンを検索 電話する