発毛・育毛コラム一覧

  • シャンプーを使わない「湯シャン」の効果とは?正しいやり方も解説

    シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗う「湯シャン」には、フケや皮脂の過剰分泌を抑えたり薄毛や抜け毛を予防したりする効果があると言われています。 しかし、シャンプーを使わずに髪を洗うと聞くと 「お湯だけで本当に汚れが落ちるの?」 「髪の毛が臭くならないか心配」 「湯シャンの効果はいつから現れるの?」 などさまざまな疑問が浮かんできますよね。 そこで今回は湯シャンの効果やメリット・正しいやり方に加えて、湯シャンの効果が現れるまでの期間についても解説します。 シャンプーを使わない「湯シャン」の効果・メリット 普段私たちが何気なく使っているシャンプーには、実は「界面活性剤」や「硫酸塩」をはじめとした洗浄力を高める成分が多く含まれています。 しかし、こうした成分は洗浄力が非常に強く、体質や髪質によっては乾燥やアレルギーといったトラブルを引き起こす可能性があります。 そこで今注目を集めているのが、シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗う「湯シャン」です。 湯シャンによって得られる効果やメリットはさまざまですが、ここでは代表的な効果を3つ解説していきます。 湯シャンの効果|①フケを抑える 「毎日丁寧にシャンプーをしているのにフケが沢山出てしまう」と悩んでいる方は、シャンプーに含まれる強い洗浄成分によって頭皮が乾燥しているのかもしれません。 特に市販のシャンプーは、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の症状がある方にとっては洗浄力が強すぎる可能性があります。 シャンプーを使わない湯シャンを取り入れることで、頭皮に適度な潤いがもたらされ、フケをはじめとした乾燥による頭皮トラブルを予防できます。 湯シャンの効果|②皮脂の過剰分泌を抑える 頭皮のベタつきを抑えようと、ついつい洗浄力の高いシャンプーを使っていませんか? 洗浄力の高いシャンプーを使い続けると、頭皮の乾燥を防ぐためにさらに皮脂の分泌が促されてしまいます。 湯シャンによってシャンプーの使用を控えれば、乾燥が緩和され皮脂の過剰分泌による髪のベタつきを抑えることができます。 湯シャンの効果|③薄毛や抜け毛を予防する シャンプーによる洗い過ぎを防ぎ、頭皮の環境が健やかに整うことで、薄毛や抜け毛の予防にも繋がると言われています。 ・タモリさん(お笑いタレント) ・福山雅治さん(シンガーソングライター・俳優) ・ローラさん(モデル) ・YOUさん(タレント) ・ミランダ・カーさん(モデル) ・中村アンさん(モデル) ・妻夫木聡さん(俳優) など、髪が綺麗な有名人がこぞってシャンプーを使わない「湯シャン派」であることからも、その効果の高さが伺えますね。 「薄毛や抜け毛の進行を少しでも遅らせたい」 「芸能人のような太くて艶やかな髪を手に入れたい」 と思っている方は、ぜひ湯シャンに挑戦してみてください。 「湯シャン」の効果はいつから感じられる? 結論から述べると、湯シャンの効果が感じられるまでの期間は人によって異なります。 髪質や生活習慣によっては、慣れるまでに数ヶ月〜年単位の期間がかかることもあれば、反対に「数週間でスムーズにシャンプーを使わない生活に移行できた」という人もいます。 ただし、肌のターンオーバー(肌細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組み)が約28日間の周期で繰り返されることを考えると、上記で紹介したような湯シャンの効果が感じられるのは最短でも1ヶ月〜2ヶ月後と言えるでしょう。 シャンプーを使わない「湯シャン」の効果的なやり方 シャンプーを使わない湯シャンと聞くと洗い残しや臭いが気になるという方も多いかもしれませんが、実は頭皮の汚れの7〜8割はお湯だけでも十分に落とせると言われています。 ここでは、湯シャンの効果を最大限得るために必ず知っておきたい正しいステップを順番にご紹介します。 効果的な湯シャンのやり方|①お湯の温度は低めに設定する 湯シャンを行う上で最も注意したいのが、シャワーの温度です。 一般的なシャワーの温度は40〜42度くらいに設定されていますが、お湯の温度が高いと頭皮の皮脂が奪われてしまい、湯シャンの効果を十分に得ることができません。 頭皮や髪をいたわるためにも、シャワーの温度を35度前後に設定し直してみてください。 効果的な湯シャンのやり方|②頭皮をマッサージするようにもみ洗いする 湯シャンを行う前には、必ずブラッシングをして髪についた埃や汚れを浮かせることがポイントです。 続いて髪全体をまんべんなく濡らしたら、指の腹をしっかり使って頭皮全体をマッサージするように丁寧にもみ洗いします。 特に洗い残しの多い「耳のうしろ」「もみあげ」「えり足」などの臭いや乾燥の原因になりやすい場所は、時間をかけて丁寧に洗髪しましょう。 ゴシゴシと強く擦りすぎると頭皮を傷つけてしまうため、指の爪は予め短く整えておくことも大切です。 洗い終わった後はタオルでしっかり水分を拭き、素早くドライヤーで乾かしましょう。 こうすることで、髪のベタつきや臭いはほとんど気にならなくなります。 効果的な湯シャンのやり方|③髪の長い女性はコンディショナーを毛先につけてケアする 髪の長い女性やヘアカラーやパーマをかけている方は、湯シャンに慣れるまでは髪が絡まったり臭いが気になったりすることがあります。 そのような場合は、少量のコンディショナーやトリートメントを毛先につけてもOKです。 湯シャンを実践する上で最も大切なのは、シャンプーによるダメージから頭皮を守ることですから、リンスやトリートメントを使用しても問題ありません。 ただし、リンスやコンディショナーが頭皮に直接触れてしまうと「毛穴づまり」など頭皮のトラブルを引き起こしてしまうため注意が必要です。 男性にも女性にもおすすめ!「湯シャン」で健康的な頭皮を手に入れよう|まとめ フケや髪のベタつき・抜け毛や薄毛の予防など、シャンプーを使わない湯シャンには男女問わず嬉しい効果が沢山あることがわかりました。 「頭皮環境を改善したい」と思ったら、ぜひ今回ご紹介した3つのポイントを意識しながら、湯シャンにチャレンジしてみてください。 ・お湯の温度は低めに設定する ・頭皮をマッサージするようにもみ洗いする ・髪の長い女性はコンディショナーを毛先につけてケアする とはいえ、髪質や生活環境によっては湯シャンが合わなかったり効果が出るまでに時間がかかったりすることもあるでしょう。 特に抜け毛や薄毛には次のようにさまざまな原因があり、必ずしもシャンプーによるダメージが原因とは言い切れません。 ・原因①:髪の毛の成長期を短くしているジヒドロテストステロンの分泌 ・原因②:毛根に十分な栄養を送れない頭皮の毛細血管の収縮状態 ・原因③:頭皮環境が悪化した状態 ・原因④:ホルモンバランスが崩れている・生活習慣の乱れ ・原因⑤:遺伝的な要素が強くて薄毛になっている 全国に店舗を構える「スーパースカルプ発毛センター」では、スーパースカルプ発毛センター独自の療法と当社製品で「薄毛になる5つの原因」を同時に解決していきます。 将来の薄毛リスクを調べる「AGA遺伝子検査(男性限定)」も行っておりますので、現在薄毛や抜け毛にお悩みの方はもちろん「薄毛のリスクを知って早めに対処したい」という方もぜひ1度お近くの店舗にご相談ください。 発毛のプロである専属の発毛技能士が、お客様一人ひとりの頭皮の状態にあわせて最適な発毛をご提案します。 ▶薄毛・発毛・育毛の相談はこちらから♪

  • 頭皮が乾燥する原因とは?大きいフケが出たときの対処法をチェック

    寒い時期になると肌が乾燥しやすくなるという方もいると思いますが、頭皮も同様に乾燥して痒みを感じることやフケが出ることがあります。 目立つほど大きいフケが出ると不潔な印象を与えてしまうこともあり、何より頭皮環境が悪化しているのではないかという不安も感じるでしょう。 そこでこの記事では頭皮が乾燥する原因やフケが出る原因に加えて、大きいフケが出たときの対処法についても解説していきます。 フケの種類は大きく分けて2つある 皮膚には約1ヶ月で古い角質が剥がれ新しく生まれ変わる「ターンオーバー」というサイクルがあるのですが、頭皮も同じように定期的にターンオーバーを繰り返しています。 その際に剥がれ落ちた古い頭皮の角質のことを「フケ」と呼ぶのですが、実はこのフケには大きく分けて以下の2種類があるのをご存知でしょうか? ・脂性フケ ・乾性フケ それぞれ異なる特徴を持っているため、まずは脂性フケと乾性フケがどういったものなのかという点についてお話していきます。 フケの種類①脂性フケ 脂性フケは乾性フケと比べるとベトベトしておりサイズも大きいのが特徴で、ベタつきがあるため毛穴詰まりを引き起こしやすいです。 脂性フケが発生する原因には頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまうことが挙げられ、女性は30代で皮脂の分泌量にピークを迎えますが、男性は男性ホルモンの影響によって10〜60代まで皮脂の分泌量に大きな差がありません。 フケの種類②乾性フケ 乾性フケは頭皮が乾燥することによって発生し、カサカサしていてサイズが小さいという特徴を持っています。 頭皮から分泌される皮脂の量が少ないとターンオーバーが乱れて角質が乾性フケとして剥がれ落ちるだけでなく、バリア機能が低下して敏感な状態になっているため炎症や痒みなどのトラブルを引き起こしかねません。 頭皮の乾燥だけじゃない!フケが発生する原因とは? フケには脂性フケと乾性フケの2種類があることがわかりましたが、それぞれ具体的に何が原因で発生するのでしょうか? 普段の何気ない行動が皮脂の過剰分泌や乾燥を招いている可能性もあるため、原因をしっかりと把握してフケ対策へとつなげていきましょう。 フケが発生する原因①間違った方法でシャンプーをしている シャンプー後にすすぎ残しがあると、頭皮に残留したシャンプーが毛穴に入り込んだままの状態になり時間経過とともに少しずつ酸化していきます。 そして頭皮に付着した汚れやホコリに加えて皮脂や古くなった角質と混ざると、ベタベタで大きい脂性フケを発生させることにつながりかねません。 また洗浄力の強いシャンプーを使用した場合や1日に何度もシャンプーをした場合は、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうことになり結果的に乾性フケを発生させます。 場合によっては頭皮に不足した皮脂を補うために皮脂が過剰分泌されて、頭皮の乾燥から結果的に脂性フケを発生させるケースも珍しくありません。 フケが発生する原因②ドライヤーの熱や紫外線ダメージ シャンプーをしたあとはドライヤーで濡れた髪の毛を乾かすと思いますが、ドライヤーの当て方によっては頭皮を乾燥させてしまうため注意が必要です。 長時間ドライヤーを当てると頭皮が乾燥してバリア機能が低下し、ターンオーバーのサイクルが短くなることで乾性フケの発生につながります。 他にも長時間の外出などによって紫外線を頭皮に浴び続けていると、同様に乾燥を引き起こしてしまうため外出時には紫外線対策を行うことも大切です。 フケが発生する原因③ストレスによるホルモンバランスの乱れ ストレスとフケは関係がないように思えますが、ストレスによってホルモンバランスが乱れると頭皮の皮脂の分泌量やターンオーバーに異常をきたす恐れがあります。 そのためストレスは脂性フケだけでなく乾性フケも引き起こす可能性があり、さらに頭皮の血行悪化や抜け毛の増加といったトラブルのきっかけにもなりかねません。 https://super-scalp.com/column/7742/ 頭皮の乾燥やフケの予防方法は? 頭皮の乾燥やフケはシャンプー方法やストレスのほか外的要因によって引き起こされるケースがあるわけですが、予防するためにはどうすれば良いのでしょうか? ここからは、頭皮の乾燥やフケの予防方法について解説していきます。 予防方法①ヘアケア方法を見直す 使用しているシャンプーに石油系界面活性剤などが入っている場合は、洗浄力が高すぎることが原因で頭皮の乾燥やフケを招いているかもしれません。 まずはアミノ酸シャンプーなど頭皮への刺激が少ないタイプのシャンプーに切り替えて、1日に何度もシャンプーをしている方は回数を抑えて丁寧に優しくシャンプーするようにしましょう。 またシャンプー後のドライヤーに関してはタオルドライをしてから乾かすことで時短につながり、さらに頭皮に近づけすぎないように気をつけてドライヤーを当てるようにしてください。 予防方法②生活習慣を改善する 頭皮の乾燥を予防するためには食事や睡眠といった生活習慣を見直すことも有効とされており、タンパク質・ビタミンB2/B6・亜鉛などを含む食品を積極的に食べると良いです。 タンパク質は肉類や大豆製品、ビタミンB2/B6は牛レバーや鶏ささみ、亜鉛は牡蠣や豚レバーなどに多く含まれています。 睡眠の質を改善するためには就寝前のストレッチや入浴のほかに、寝具の新調やアロマキャンドルやお香などの香りでリラックスしやすい環境を作るのも1つの方法です。 生活習慣を整え食事や睡眠の質が良くなればストレス解消にもつながるため、ストレスを抱えやすい方は特に生活習慣の見直しが重要といえるでしょう。 予防方法③発毛サロンに相談する 正しいヘアケア方法や生活習慣の改善方法がわからないという方は、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 当サロンでは食事や睡眠に対するアドバイスを行い、生活習慣の乱れから来るホルモンバランスの乱れを改善していきます。 それだけではなく当サロン専属の発毛技能士が1人ひとりの頭皮・髪の毛の状態に合ったケア方法を提案するため、最善の方法で頭皮環境を良くしていくことが可能です。 頭皮の乾燥やフケが気になる方はもちろん抜け毛や薄毛に悩んでいるという方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターへお越しください。 頭皮が乾燥する原因や大きいフケが出たときの対処法まとめ フケには大きく分けて脂性フケと乾性フケの2種類があり、脂性フケは頭皮の皮脂の過剰分泌、乾性フケは頭皮の乾燥によって発生するといわれています。 頭皮の皮脂の過剰分泌はシャンプーのすすぎ残しや必要な皮脂まで洗い落としてしまっていることが主な原因で、頭皮の乾燥も間違ったシャンプー・ドライヤー方法や紫外線ダメージなどが原因です。 ストレスによってホルモンバランスが乱れている場合は、脂性フケ・乾性フケ双方を引き起こしてしまう可能性があるため、ストレスの溜め過ぎには気をつけなければなりません。 頭皮の乾燥やフケの発生を防ぐにはヘアケア方法を見直すことはもちろん、食事や睡眠といった生活習慣を改善してホルモンバランスを整えつつ適度にストレスを解消してあげることが大切です。 ヘアケア方法を変えてもなかなかフケが減らない、頭皮環境が良くならないとお悩みの方は、ぜひ発毛専門サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

  • 悪玉男性ホルモンが増える原因は?ジヒドロテストステロンの抑制方法

    薄毛と男性ホルモンは密接な関係で結ばれているといわれていますが、薄毛の原因になり得るとされているのは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉男性ホルモンです。 みなさんの中には、「この悪玉男性ホルモンを減らすことができれば薄毛にならないのでは?」と考える方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では悪玉男性ホルモンと薄毛の因果関係についてお話しながら、増える原因やジヒドロテストステロンの生成を抑える方法について解説していきます。 悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」とは ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼという酵素とテストステロンという男性ホルモンが結合することで作られる男性ホルモンです。 本来このジヒドロテストステロンは母親の胎内で男の赤ちゃんが成長するうえで欠かせない存在であり、主に男性外生殖器を形成するために必要とされています。 しかし思春期を迎えるとジヒドロテストステロンがニキビをはじめ薄毛や前立腺肥大といった原因にもなり得るため、「悪玉男性ホルモン」と呼ばれることも珍しくありません。 悪玉男性ホルモンと薄毛の関係性について ジヒドロテストステロンが薄毛の原因になるということですが、具体的に悪玉男性ホルモンと薄毛にはどのような関係があるのでしょうか? 体内で作られたジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結び付いて脱毛ファクターを生成します。 するとその脱毛ファクターの影響によって髪の毛の成長が阻害されてしまい、最終的にヘアサイクルが乱れて抜け毛の増加につながります。 男性ホルモンのテストステロンとジヒドロテストステロンの違い ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと、もう1つの男性ホルモンである「テストステロン」が結合することで生成されるということでした。 悪玉男性ホルモンの素になるテストステロンではありますが、こちらはジヒドロテストステロンとは異なり男性にとって以下のような嬉しい働きをします。 ・男性らしい骨格の形成 ・筋肉の増強 ・男性機能アップ ・記憶力や集中力アップ ・モチベーションアップ ・生活習慣病の予防 このようにテストステロンは男性の健康に欠かせない存在のため、「モテホルモン」と呼ばれることも少なくありません。 悪玉男性ホルモンが増える原因とは? 薄毛や抜け毛に悩む方はそうでない方と比べて悪玉男性ホルモンが多い傾向にありますが、ではジヒドロテストステロンが増える原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか? ジヒドロテストステロンが増える原因としては、主に以下の4つです。 ・5αリダクターゼが多い ・ホルモンバランスの乱れ ・タバコを吸っている ・運動する習慣がない ここからは、それぞれの増える原因について解説していきます。 増える原因①5αリダクターゼが多い 上記でも説明した通りジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されるため、テストステロンと5αリダクターゼが多いことが増える原因の1つです。 しかしテストステロンの多さが直結するわけではなく、5αリダクターゼの活性度が高いほど悪玉男性ホルモンが増えるといわれています。 5αリダクターゼの活性度は遺伝の影響を強く受けるとされており、家族に薄毛の方がいると自分自身も薄毛になる可能性が高いです。 増える原因②ホルモンバランスの乱れ 悪玉男性ホルモンが増える原因としては、5αリダクターゼの活性度の高さ以外にホルモンバランスの乱れも挙げられます。 ストレスや生活習慣の乱れなどが原因でホルモンバランスが乱れるとテストステロンの分泌量が増えるため、結果的にジヒドロテストステロンが生成される量も増えることになりかねません。 増える原因③タバコを吸っている 喫煙者と非喫煙者を比較したとき、なんと喫煙者のほうがジヒドロテストステロンの生産量が14%多いことが判明しています。 普段からタバコを吸っている方はそれだけで薄毛を引き起こすリスクを高めていることになるため、将来的な薄毛が気になる方は今から減煙・禁煙を目指すと良いでしょう。 増える原因④運動する習慣がない ホルモンバランスの乱れや喫煙だけでなく普段から運動する習慣がない場合も、悪玉男性ホルモンが増える原因になりかねません。 運動不足になると汗をかく頻度が少なくなって、汗と一緒に悪玉男性ホルモンが体外に排出される機会を損失してしまいます。 それだけでなく運動習慣がないと摂取する水分の量が減って排尿回数も減るため、悪玉男性ホルモンが尿から排出されず体内で増えていきます。 悪玉男性ホルモンの生成を抑制する方法 悪玉男性ホルモンの生成を抑える方法としては、以下のようなものが挙げられます。 ・食事の内容を見直す ・タバコをやめる ・発毛サロンに相談する 最後に悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、生成されるのを抑制する方法について確認していきましょう。 抑制方法①食事の内容を見直す 食事の内容によっては悪玉男性ホルモンの生成を抑制することができるといわれており、特にイソフラボンが含まれている大豆製品や亜鉛を含む食品を積極的に食べると良いです。 イソフラボンは女性ホルモンの1種であるエストロゲンと似た役割を持っているといわれており、体内の女性ホルモンの量を増加させることで男性ホルモンの量を抑えられます。 また亜鉛は5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあるだけでなく、髪の毛の成長に欠かせない栄養素の1つです。 抑制方法②タバコをやめる 喫煙者は非喫煙者よりもジヒドロテストステロンの生産量が多い傾向にあるため、悪玉男性ホルモンの生成量を抑えたいなら禁煙することをおすすめします。 またタバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるため、髪の毛に十分な栄養が行き届かず抜け毛などにつながりかねません。 依存性のあるタバコをやめるためには禁煙外来のある病院を利用することや、禁煙パッチなどの禁煙グッズを利用するのも1つの方法です。 抑制方法③発毛サロンに相談する 食事の内容を見直して禁煙に努めているものの、まだ将来的な薄毛が不安という方やなかなか抜け毛が減らないという方もいると思います。 そういった方は自分1人で解決しようとせずに、1度発毛サロンなどに足を運んで頭皮や髪の毛の状態をチェックしてもらうと良いです。 スーパースカルプ発毛センターは専属の発毛技能士が1人ひとりの髪質・体質に合わせた施術を提供しており、98.7%の発毛実績がある発毛専門のサロンとなっています。 サロンでの発毛ケアはもちろん食事や睡眠などのアドバイスも行なっており、生活習慣を見直して乱れたホルモンバランスを整えることも可能です。 「最近抜け毛が多い気がする」「全体的にボリュームが減った」とお悩みの方は、ぜひ1度お近くのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 悪玉男性ホルモンが増える原因と抑制方法まとめ 薄毛につながるとされる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が増える原因としては、以下のようなものが挙げられます。 ・5αリダクターゼが多い ・ホルモンバランスの乱れ ・タバコを吸っている ・運動する習慣がない 遺伝によって5αリダクターゼの活性度が高いことが原因になっている場合もあれば、普段の生活習慣や喫煙・運動不足などが原因になるケースも珍しくありません。 悪玉男性ホルモンの生成を抑えるためには食生活や喫煙習慣を見直すことも大切ですが、自分ではどうすれば良いのかわからないという方はスーパースカルプ発毛センターにお任せください。

  • 男性ホルモンを減らす方法はある?薄毛との関係性や身体への影響

    薄毛に悩んでいる方の中には、自分自身の男性ホルモンの多さが原因なのではないかと考えている方もいるのではないでしょうか? 男性ホルモンと薄毛が深い関係性にあることは間違いありませんが、男性ホルモンそのものが薄毛の原因になるわけではありません。 そこで今回は男性ホルモンと薄毛の関係性や男性ホルモンを減らす方法に加えて、男性ホルモンが減ることで起こる身体への影響などについて解説していきます。 男性ホルモンが多いと薄毛になりやすい? 男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいという話を聞いたことがある方もいると思いますが、実は男性ホルモンにはいくつかの種類があるのをご存知でしょうか? 男性ホルモンの種類によっては男性の健康の維持に欠かせないものもあれば、上記の通り薄毛の原因につながるものもあります。 まずは、男性ホルモンと薄毛の関係性について確認していきましょう。 男性ホルモンそのものは男性の健康に欠かせない存在 男性ホルモンの1つである「テストステロン」は、筋肉質な体型やがっしりとした骨格などを形成するために欠かせない存在です。 また筋肉や骨格の形成だけでなく性行為に必要な欲求や生理現象を引き起こすスイッチの役割を持っており、さらにポジティブ思考やモチベーションの維持などの役割もあります。 薄毛の原因になるのはジヒドロテストステロン(DHT) 一方で同じ男性ホルモンの1つ「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、増加してしまうと薄毛や前立腺肥大症などの原因になるといわれているため注意が必要です。 このジヒドロテストステロンは、上記のテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されるのですが、薄毛を防ぐためにはこの男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を減らす必要があります。 男性ホルモンを減らす方法は?食事や運動を見直そう 薄毛を防ぐには、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンを減らす必要があるというお話をしましたが、実際に減らすための方法はなにがあるのでしょうか? 今回ご紹介するのは、以下の3つの方法です。 ①亜鉛やビタミンBなどを摂る ②適度な運動習慣を身につける ③飲酒・喫煙をできるだけ控える 食事や運動など生活習慣を見直して、薄毛の原因となる男性ホルモンを減らしていきましょう。 男性ホルモンを減らす方法①亜鉛やビタミンBなどを摂る 亜鉛やビタミンBを含む食べ物は、薄毛の原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンを減らす役割を持っています。 亜鉛が含まれる食べ物としては、魚介類・肉類に加えて海藻・野菜・豆類・種実類などが挙げられ、中でも牡蠣や鰻は豊富な亜鉛が含まれる食べ物です。 ビタミンBを含む食べ物には赤身魚や鳥のササミなど脂肪分の少ない肉類が挙げられ、他にも豆腐や納豆といった大豆食品もジヒドロテストステロンを減らす働きがあるといわれています。 男性ホルモンを減らす方法②適度な運動習慣を身につける 筋トレや運動によって汗を流すと体内からジヒドロテストステロンを排出できるため、運動不足気味な方は適度な運動習慣を身につけることから始めましょう。 しかし筋トレや運動も過度に行なってしまうと、かえって男性ホルモンが多く分泌されることになるためやりすぎには気を付けなければなりません。 また水をよく飲むことで利尿効果によってジヒドロテストステロンが体外へと排出されるため、こまめに水分補給を行うこともおすすめです。 男性ホルモンを減らす方法③飲酒・喫煙をできるだけ控える 普段から飲酒・喫煙をしていると血行不良を起こしやすいだけでなく、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を促してしまいます。 人よりもお酒を飲む量が多い・タバコを吸う頻度が多いと感じている方は、薄毛を防ぐためにもできるだけ控えたほうがよいでしょう。 男性ホルモンを減らすと身体にさまざまな影響を及ぼすことがある ジヒドロテストステロンを減らすことで薄毛予防につながりますが、もう1つの男性の健康の維持に欠かせない男性ホルモン「テストステロン」が減ってしまうと、身体にさまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。 ここからは、テストステロンが減るとどのような影響があるのかという点について確認していきましょう。 男性ホルモン減少による影響①体型が変わる テストステロンは、筋肉質な体型やがっしりとした骨格を形成する役割を持っており、減ってしまうと内臓脂肪が増加し肥満体型になりかねません。 過度な体重増加や肥満の状態を放っておくと、やがて生活習慣病などにつながる恐れもあるため、生活習慣を見直しホルモンバランスを整えることは非常に大切です。 男性ホルモン減少による影響②性欲が落ちる テストステロンが持つ役割には性機能の維持や精子の生成なども挙げられ、この男性ホルモンが減ってしまうと性欲減退やEDなどの問題を引き起こします。 こうした性に関する悩みは男性にとって深刻化しやすく、パートナーとの関係性にも影響を与える可能性があるため注意が必要です。 男性ホルモン減少による影響③体力・筋力の低下 テストステロンが持つ男性らしい体型・骨格を維持する働きは、単純に見た目だけの問題ではなく怪我や骨折をしにくい身体を維持することにもつながります。 つまりテストステロンが減ると筋力や体力が低下してしまい、さらにはメンタル面にも影響を及ぼすため仕事のパフォーマンスにも影響を及ぼすかもしれません。 男性ホルモン減少による影響④メンタルの不安定化 男性ホルモンのテストステロンが減った場合、筋力・体力の低下だけでなく行動力やモチベーションにも影響を及ぼし何に対してもやる気がでなくなってしまいます。 さらに集中が長く続かなくなることや休みたいときにリラックスできなくなることもあり、ストレス過多に陥ると精神疾患に発展する恐れもあるでしょう。 男性ホルモン減少による影響⑤髪の毛や肌の状態の悪化 男性ホルモンのジヒドロテストステロンが増えると薄毛につながる一方で、テストステロンが減ることによっても抜け毛が多くなることや髪の毛の健康状態が悪くなることがあります。 また髪の毛以外にも肌や爪の状態の悪化にもなるため、テストステロンに関しては減らさないように気を付けなければなりません。 薄毛・抜け毛に悩んだら発毛サロンに相談しよう 男性ホルモンを減らすためには食事や運動といった生活習慣の見直しが大切ですが、自分自身でホルモンバランスを整えるのは難しいと感じる方が多いと思います。 薄毛や抜け毛を防ぐことを目的に男性ホルモンを減らしたいと考えているなら、薄毛や抜け毛のプロである発毛サロンに相談するとよいです。 発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターでは、食事・運動・睡眠などに関するアドバイスを行なって生活習慣を整えてホルモンバランスを正常に戻していきます。 もちろん頭皮の状態をチェックして1人ひとりに合ったケア方法を実施し、抜け毛を減らして発毛を目指すことが可能です。 「最近、抜け毛が増えてきたような気がする」という方はもちろん、「男性ホルモンが濃く薄毛にならないか心配」という方も、お気軽にお近くのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 98.7%の発毛実績を誇るスーパースカルプ発毛センターでは男性の発毛実績を掲載中! ▶男性のAGA薄毛治療・発毛育毛実績はこちら 男性ホルモンを減らす方法・男性ホルモンと薄毛の関係性まとめ いくつかある男性ホルモンのうち薄毛などの原因になるといわれているのは「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる種類で、このジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されます。 テストステロンも男性ホルモンの1種ですが、こちらは男性らしい体型の形成や性機能の維持、行動力・モチベーションの維持など男性の健康に欠かせない存在です。 抜け毛や薄毛を防ぐために男性ホルモンを減らしたいと考えている方は、テストステロンではなくジヒドロテストステロンを減らすことを意識しましょう。 ジヒドロテストステロンを減らす方法としては、以下のようなものが挙げられます。 ・亜鉛やビタミンBなどを摂る ・適度な運動習慣を身につける ・飲酒・喫煙をできるだけ控える 上記の方法を実践しても良くなった実感がない方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 発毛のプロである専属の発毛技能士が1人ひとりの頭皮の状態や薄毛の進行具合、性別・年齢・生活習慣に合った最適な発毛をご提案いたします。 ▶お問い合わせはこちら!

  • つむじが痛い原因とは?つむじの痛みの対処法や予防方法をご紹介

    シャンプーをしたあとやふとした瞬間に 「何だかつむじが痛い」 「つむじがピリピリする」 と感じて、頭皮に何らかの問題が起きているのではないかと不安を抱えていませんか? 痛みの原因によっては医療機関で診てもらわなければならない場合もあり、中には抜け毛を引き起こしているケースもあるため放置するのはよくありません。 そこでこの記事では、つむじが痛い原因に加えてつむじに痛みを感じたときの対処法や、予防方法などについて解説していきます。 つむじが痛いのは何が原因? つむじが痛いと感じる原因には、主に以下のようなものが挙げられるでしょう。 ①神経痛や帯状疱疹などを起こしている ②使用しているシャンプーなどが肌に合っていない ③ドライヤーや紫外線などによるダメージ 同じつむじの痛みでも原因にはさまざまなものがあるため、普段の生活習慣やヘアケアを見直して何が原因になっているのかを知ることが大切です。 まずは、それぞれのつむじの痛みの原因について解説していきます。 つむじが痛い原因①神経痛や帯状疱疹などを起こしている つむじにチクチク・ピリピリといった痛みを感じる場合は、神経痛や帯状疱疹といったものが原因となっている可能性が高いです。 神経痛はつむじなどの頭皮や耳の後ろあたりに痛みを感じることが多く、慢性的な頭痛・眼精疲労・肩こりなどを持っている方に起こりやすいといわれています。 帯状疱疹はつむじが痛いだけでなく水ぶくれや発疹ができることが特徴で、ストレスなどが原因で免疫力が落ちると起こりやすい症状です。 つむじが痛い原因②使用しているシャンプーなどが肌に合っていない 人によって普段使っているシャンプーなどが自分の肌質に合っておらず、炎症やアレルギー反応を起こしてつむじなどの頭皮が痛いと感じるケースがあります。 シャンプー以外にもリンス・トリートメント・コンディショナー、さらにワックスやムースなどのスタイリング剤にもさまざまな化学物質が使われており、いずれかの成分が痛みや赤みの原因になっているかもしれません。 最近シャンプーを新しいものに替えたなど心当たりがある方は、1度使用するのをやめて以前使っていたものや別のものに切り替えてみましょう。 つむじが痛い原因③ドライヤーや紫外線などによるダメージ ドライヤーを過度に当てすぎてしまうと、髪の毛だけでなく頭皮の乾燥を招きつむじなどに痛みが生じるケースがあります。 また帽子や頭皮用の日焼け止めなどで対策せずに1日中屋外にいると、つむじが紫外線ダメージを受けて痛みを引き起こしかねません。 この他にも頻繁にヘアカラーやパーマなどを当てている方は、薬剤の刺激によって頭皮環境が悪化し痛いと感じることもあるでしょう。 つむじが痛いと感じた際にとるべき対処法とは? つむじが痛いと一言に言っても上記のようにさまざまなことが原因になり得ることがわかりましたが、実際につむじが痛いと感じた際はどのように対処すればよいのでしょうか? ここからは、つむじが痛いときの対処法についてご紹介していきます。 つむじが痛いときの対処法①市販の痛み止めを利用する 炎症や発疹ができてつむじが痛い場合は、ドラッグストアなどで購入できる市販の痛み止めや抗炎症作用のあるお薬を利用するとよいです。 しばらく使っても症状が解消されない場合は別のことが原因で痛みが生じている可能性があるため、一向に良くなる気配が見られないなら医療機関などに相談しましょう。 つむじが痛いときの対処法②医療機関を受診する つむじの痛みには、ピリピリ・チクチクといった他にズキズキとした重い痛みなどさまざまな種類があり、自己判断で様子見するのはよくありません。 心配になるほど痛みが強い場合やたまにある痛みとは異なる痛みを感じた場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。 また ・どういった痛みがするのか ・いつ頃から痛いのか など自分が感じている症状などについてできるだけ把握しておき、医師に説明できるようにしておくとよいです。 つむじが痛くならないように予防する方法はある? つむじの痛みは普段の生活習慣やヘアケアを見直すことによってある程度予防できる場合があるため、ここからはいくつかの予防方法についてご紹介していきます。 ただし予防に努めてもつむじが痛いと感じた際は、無理をせずに医療機関や発毛サロンなどに相談して頭皮環境などをチェックしてもらうとよいでしょう。 適度にストレスを解消する ストレスを溜め過ぎてしまうと免疫力の低下につながり、帯状疱疹などを引き起こしてつむじの痛みを引き起こす恐れがあります。 そのためストレスや疲労を感じた場合は、ゆっくりと湯船に浸かることやしっかりと睡眠を摂ることを意識してストレス解消に努めましょう。 ストレス解消法としては、上記の他にも適度な運動をすることや映画鑑賞・温泉旅行といった趣味などに打ち込むのもおすすめです。 肌に合ったヘアケア・頭皮ケアを行う 最近新しいシャンプーに変えてからつむじに痛みを感じるようになったという場合は、そのシャンプーに含まれている成分が頭皮に合っていない可能性が考えられます。 肌に合っていないシャンプーを使い続けると、刺激によって炎症や乾燥を引き起こして頭皮環境の悪化を招きかねないため、アミノ酸系シャンプーなど低刺激のシャンプーに切り替えましょう。 またシャンプー後のドライヤーも長時間当て過ぎると熱ダメージを負ってしまうため、事前にしっかりとタオルドライをしてから乾かすようにしてください。 抜け毛がある場合は発毛サロンに相談する 自分に合ったヘアケア・頭皮ケア方法が分からないという方は、発毛サロンに相談して適切なケアを受けることもおすすめです。 また発毛サロンはつむじの痛み以外に抜け毛などを引き起こしている場合にもおすすめで、現在の頭皮の状態などをチェックして自分に合った方法でケアを行なってくれます。 抜け毛を伴うつむじの痛みを感じている方は、自分1人で抱え込まずにまずはお近くの発毛サロンに相談しましょう。 つむじが痛い原因と痛みの対処法・予防方法まとめ つむじが痛いと感じる原因としては、以下のようなものが挙げられます。 ①神経痛や帯状疱疹などを起こしている ②使用しているシャンプーなどが肌に合っていない ③ドライヤーや紫外線などによるダメージ ストレスや頭痛・眼精疲労を抱えている方は神経痛や帯状疱疹になりやすいため、時にはゆっくりと休む時間や趣味に打ち込んでストレスを解消する機会を作ることが大切です。 他にも普段使用しているシャンプーやドライヤーの仕方などが悪いと、頭皮環境の悪化を招いてつむじが痛くなってしまうため、その場合はヘアケア方法を見直すとよいでしょう。 つむじの痛みによっては市販の痛み止めなどで対処できることもありますが、不安な方は自己判断せずに医療機関に診てもらうことをおすすめします。 またつむじの痛みだけでなく抜け毛などの症状がある方は、発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは1人ひとりの頭皮をお調べして、それぞれに合った方法で頭皮ケアを行い頭皮環境を改善していきます。 正しいヘアケア方法や生活習慣に対するアドバイスなども行なっているため、つむじの痛みや抜け毛が気になっている方はぜひお近くの店舗までお越しください。

  • AGA治療は保険適用になる?治療にかかる費用相場はどれくらい?

    「最近、髪の毛が薄くなってきたような気がする」と感じている方の中には、AGAを疑っている方もいるのではないでしょうか? しかしAGA治療を受ける際に気になるのが保険適用になるのかどうかという点で、保険適用かそうでないかによってかかる治療費も大きく違ってくるため事前に確認しておくことが重要です。 そこでこの記事ではAGA治療は保険適用になるのかどうかということや、治療にかかる費用相場はどれくらいなのかということについてお話していきます。 AGA治療は保険適用外?その理由とは AGA治療は保険適用になるのかどうかという点ですが、基本的には保険適用外と思っていただいて差し支えありません。 しかし場合によっては保険適用となるケースもあるため、まずはAGA治療が基本的に保険適用外である理由と保険適用になるケースについて解説していきます。 AGAは命に関わる病気ではない AGA治療が保険適用外になる主な理由としては、たとえAGA治療を受けなかったとしても命に関わるようなものではないからです。 保険適用となるのは治療を受けなければ生命に支障をきたす、もしくは身体に不調が及ぶような病気に限られます。 AGAに関しては抜け毛が増えることや薄毛になることに対してメンタル的にストレスを負うケースはありますが、命や健康に大きな悪影響をもたらすものではないため保険適用にはなりません。 場合によっては保険適用になるケースも AGA治療は基本的に保険適用外ですが、上記でもお話したように場合によっては保険適用となるケースもあります。 例えばAGA治療を受けるためにクリニックで診てもらって頭皮の炎症が発見された場合は、その炎症の治療に対して保険適用となることがあるかもしれません。 この場合もあくまで頭皮の炎症治療に対する保険適用であって、AGA治療に対する保険は適用されないため注意が必要です。 AGA治療は医療費控除も対象外になる できるだけ医療費の負担を抑えたい場合に保険適用だと助かりますが、保険適用外の場合は医療費控除の対象になるかどうかも確認しておくことをおすすめします。 医療費控除とは、年間の支払った医療費の10万円を超える分を所得金額から差し引ける制度で、例えば医療費に年間30万円かかっている場合は20万円を所得金額から差し引くことが可能です(※所得200万円以下の場合は所得の5%が差し引かれます)。 残念ながらAGA治療においてはこの医療費控除も対象外となってしまいますが、何らかの病気や怪我をして治療を受けることになった際は、この医療費控除の制度を知っておくと良いでしょう。 AGA治療にかかる費用相場はどれくらい? 保険適用外のAGA治療ですが実際に治療を受けるとなった場合、治療費にどれくらいのお金がかかるのか気になるところではないでしょうか? 受ける治療方法や処方されるお薬の種類によって費用は異なりますが、AGA治療にかかる一般的な費用相場について確認していきましょう。 一般的な費用相場は月15,000〜30,000円 AGA治療にかかる一般的な費用相場としては月あたり15,000〜30,000円とされており、年間に換算すると180,000〜360,000円です。 内訳としては、主に診察料・検査料・薬代のほか治療内容に応じて費用がかかってくるケースもありますが、中でも費用の大部分は薬代によって決まります。 AGA治療で処方される薬によって費用が変わる AGA治療薬にはプロペシアやミノキシジルなどさまざまな種類がありますが、処方されるお薬によっては1ヶ月あたり5,000〜10,000円またはそれ以上かかるものもあります。 また診察料に関してもクリニックによって異なり、初診だと0〜5,000円程度で再診だと1,000〜3,000円程度かかることが多いです。 検査料は血液検査やマイクロスコープなどを行う場合1回5,000〜10,000円程度かかるケースがほとんどですが、クリニックによっては無料で行なってくれるところもあります。 AGAの治療方法によっては費用が高くなることも AGAの治療方法によっては、上記でご紹介した費用相場より高くなるケースも珍しくありません。 例えば髪の毛の成長に良いとされる薬剤成分を注射器などで頭皮に直接注入するメソセラピーやHARG療法といった方法では、1回あたり20,000〜60,000円程度かかるケースもあるでしょう。 他にもAGAの症状が出ている箇所に他の箇所の毛髪を移植する自毛植毛という方法の場合、移植範囲によって費用は異なりますが300,000〜2,000,000円程度になることもあります。 AGAにお悩みの方はスーパースカルプ発毛センターにお任せ! 抜け毛や薄毛に悩んでいてAGA治療を受けたいけど、効果があるかどうか分からないものに何十万〜何百万円もお金をかけるのは気が引けてしまう方もいるのではないでしょうか? そこでぜひ利用してほしいのが発毛サロンの「スーパースカルプ発毛センター」です。ここからは、当サロンのおすすめポイントについてお話していきます。 ポイント①初回限定の特別価格で発毛施術を受けられる スーパースカルプ発毛センターは98.7%という高い発毛実績を持つ発毛サロンで、これまで10,000人以上の薄毛・AGAの悩みを解決へと導いてきました。 また「自分には効果があるか分からない」という方のために、「実感お試し発毛体験」として初回限定の特別価格6,600円(税込)で当サロンの発毛施術を体験いただけるメニューをご用意しています。 これまでAGA治療を受けてきたけど効果がなかったという方はもちろん、初めて発毛施術を受けるという方もぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターにお越しください。 ポイント②最短3ヶ月で発毛!全額返金で発毛を保証 スーパースカルプ発毛センターでは、最短3ヶ月で発毛を実感する方もいるほど即効性のある施術が大きなメリットとなっています。 また平均すると6ヶ月で目に見えた発毛を実感していただける可能性が高いため、これまでAGA治療を受けてきたけど効果がなかったという方でも1度施術を受けてみませんか? さらに発毛実績98.7%だからこそ提供できる全額返金保証コースも用意しており、初回の診断で発毛可能かどうか分かるためまずはお気軽にご相談ください。 ポイント③専属の発毛技能士が1人ひとりに合った施術を提案 スーパースカルプ発毛センターでは当社規定の発毛施術認定を受けた発毛技能士が髪の毛・頭皮の状態をチェックし、1人ひとりに合った施術を提案します。 具体的な施術内容としては、主に以下のようなものが挙げられます。 ・人口太陽光やマッサージで血行促進 ・高水圧マイクロジェット噴流で毛穴を洗浄 ・専用器具による頭皮の古い角質除去 ・頭皮に発毛成分のある育毛剤を塗布 など この他に食事や睡眠などのアドバイスも行なっており、不規則な生活習慣によって乱れたホルモンバランスを整えて発毛を促進することも可能です。 AGA治療が保険適用かどうかと治療にかかる費用相場まとめ AGAは命に関わる病気ではないため治療を受けるとしても基本的に保険適用にはならず、医療費控除も対象外になります。 AGA治療自体に対しては保険を使うことはできませんが、頭皮に炎症が見られる場合はその炎症の治療に対してのみ保険適用となるケースがあるため覚えておきましょう。 AGA治療にかかる費用相場は、一般的に月15,000〜30,000円程度と言われており、治療方法や処方薬の種類によってはもっと高くなることもあります。 スーパースカルプ発毛センターでは、発毛実績98.7%の発毛施術を初回限定特別価格の6,600円(税込)で体験していただくことが可能です。 「これまでたくさんAGA治療にお金をかけてきたけど効果がなかった」 「発毛ケアを受けたいけど効果があるか不安」 上記のような方も、まずはお気軽にスーパースカルプ発毛センターへお越しください。専属の発毛技能士が丁寧に対応いたします。

  • 頭頂部がはげる女性の特徴とは?原因とあわせて対処法もご紹介

    「薄毛」や「はげ」という言葉を聞くと、何となく男性だけが抱えがちな悩みのように聞こえますが、実は女性にも薄毛や頭頂部がはげてしまうことに悩む方がいます。 女性に見られる「頭頂部はげ」にはさまざまな種類と原因があり、正しく対処していくためには原因をきちんと知ることが大切です。 そこでこの記事では、頭頂部がはげる女性の特徴や薄毛の種類・原因と併せて、頭頂部はげの予防に効果が期待できる対処法についてご紹介していきます。 女性に見られる「頭頂部はげ」6つの種類 「頭頂部がはげてきた気がする…」とお悩みの方もいると思いますが、実は薄毛には大きく分けると以下の6種類があるのをご存知でしょうか? ①びまん性脱毛症 ②脂漏性脱毛症 ③粃糠性脱毛症 ④牽引性脱毛症 ⑤円形脱毛症 ⑥分娩後脱毛症 それぞれ薄毛の種類によって原因が異なるため、自身の頭頂部の薄毛は何に当てはまるのか、また何が原因ではげてしまったのかについて知ることが大切です。 まずは、女性に起こる可能性がある上記6つのはげの種類について確認していきましょう。 頭頂部はげの種類①びまん性脱毛症 女性に起こるはげの症状の中でも一番多いとされているのが、この「びまん性脱毛症」と呼ばれる種類の薄毛です。 びまん性脱毛症に陥ると髪の毛が痩せ細って全体のボリュームダウンにつながるだけでなく、地肌が透けるようになって分け目も広がって見えます。 びまん性脱毛症を引き起こす主な原因としては、無理なダイエットや不規則な生活習慣、間違ったヘアケアなどが挙げられるでしょう。 頭頂部はげの種類②脂漏性脱毛症 「脂漏性(しろうせい)脱毛症」は地肌がベタつくという方に起こりやすい脱毛症で、過剰分泌した皮脂が原因となって脂漏性皮膚炎を引き起こし、頭皮環境が悪化することで抜け毛が増えて脂漏性脱毛症へと発展します。 皮脂を栄養源とするマラセチア菌が増殖すると、その菌が頭皮を刺激してさらに脂漏性皮膚炎を悪化させる恐れがあるため注意が必要です。 頭皮に皮脂が過剰分泌される原因としては、高カロリーなものばかり食べていることやシャンプーが不十分であることや睡眠不足などが挙げられます。 頭頂部はげの種類③粃糠性脱毛症 「粃糠性(ひこうせい)脱毛症」は、何らかの理由で過剰に発生したフケが毛穴を塞ぎ炎症を引き起こすことで発症する脱毛症です。 本来フケは皮膚が古いものから新しいものに生まれ変わる「ターンオーバー」によって生じるため誰にでも発生しますが、ホルモンバランスの乱れやストレス過多によってフケが過剰に発生することがあります。 他にも何度もシャンプーをするなど誤ったヘアケア方法を実施することも、頭皮に乾燥を招いてフケを大量発生させる原因になりかねません。 頭頂部はげの種類④牽引性脱毛症 髪の毛が長いタイプの方は、普段からヘアゴムなどを使ってポニーテールにするなど髪の毛を縛る機会が多いと思います。 習慣的に髪の毛を縛っていると同じ方向に髪の毛が引っ張られてしまい、その箇所の頭皮の血流が悪化して髪の毛に必要な酸素や栄養が届かなくなり髪の毛が正常に育ちません。 他にもサイズのきつい帽子をかぶり続けた場合や長期間エクステを付けている場合は、頭皮に負担がかかって抜け毛を引き起こすリスクを高めるため注意が必要です。 頭頂部はげの種類⑤円形脱毛症 脱毛症の中でも聞いたことがある方が多い種類といえば、髪の毛の一部が円形状にはげる「円形脱毛症」ではないでしょうか? ストレスや疲労を過剰に感じることが原因で免疫機能のコントロールが効かなくなり、リンパ球が毛根を攻撃して円形脱毛症を引き起こすといわれています。 円形脱毛症にもさまざまな種類がありますが、ひどい場合は髪の毛全体が抜けることや眉毛などが一緒に抜けることもあるようです。 頭頂部はげの種類⑥分娩後脱毛症 出産を経験したおよそ80%の女性が経験する「分娩後脱毛症」は、妊娠や出産によるホルモンバランスの急激な変化によって起こるといわれています。 出産してから2〜3ヶ月の間に抜け毛が増加するケースが多いですが、一般的には時間経過とともに症状が落ち着いていくため特に治療を行うことはありません。 時間が経てば自然に生えてくるためあまり気にせず過ごすのが良いですが、3ヶ月以上経っても生えてこない場合はスーパースカルプ発毛センターまでお気軽にご相談ください。 ▶女性のAGA薄毛治療・発毛育毛実績はこちら 頭頂部がはげる女性の特徴とは?薄毛の原因をチェック ここまで女性に見られる頭頂部はげの種類についてご紹介してきましたが、薄毛を引き起こす原因にはいくつか代表的なものがあるため、抜け毛が気になっている方は自身に当てはまるものがないか振り返りましょう。 以下では、頭頂部がはげる女性にありがちな特徴や薄毛の原因についてご紹介していきます。 頭頂部がはげる原因①ホルモンバランスが乱れている 女性ホルモンは健康や美肌と密接に関係している存在ですが、髪の毛も同様に女性ホルモンの影響を大きく受けるものであり、ホルモンバランスが乱れると薄毛を引き起こしかねません。 女性ホルモンは加齢に伴って減少するとされ高齢に近づくほど薄毛のリスクが高まりますが、他にもストレス過多によってホルモンバランスが乱れるケースもあるため注意が必要です。 頭頂部がはげる原因②無理なダイエットをしている ダイエットに励んでいる女性の中には、無理な食事制限を行なっている方も珍しくありませんが、栄養不足に陥ると髪の毛にも栄養が足りなくなって抜け毛を引き起こします。 また無理なダイエットによって我慢を強いられるとストレスに発展する恐れがあるため、いくら痩せるためとは言ってもやりすぎないように気をつけましょう。 頭頂部がはげる原因③不規則な生活習慣を送っている 無理なダイエットはしていなくても栄養バランスの偏った食事ばかりしている場合や、不規則な生活習慣を送っていて寝不足気味になっている場合は頭皮環境の悪化につながります。 「毎日夜ふかしをする」「脂っこいものばかり食べている」という方は、まずその生活習慣を見直すことが頭頂部の薄毛を改善する第一歩です。 頭頂部がはげる原因④間違ったヘアケアを行なっている 本来、髪の毛を清潔かつ健康に保つためのヘアケアですが、やり方が間違っているとかえって頭皮環境の悪化を招いてしまいます。 例えば「1日に何度もシャンプーをする」「洗浄力の強いシャンプーを使って髪の毛を洗う」といった場合、必要な皮脂まで落として頭皮の乾燥を引き起こしかねません。 頭頂部がはげる原因⑤ストレス過多になっている これまでのお話にもでてきたようにストレスは、薄毛に限らず身体的・精神的な健康の大敵になるため蓄積しないように適度に解消してあげることが大切です。 ストレスや疲労を溜め込むとホルモンバランスや自律神経が乱れて、抜け毛が増えることはもちろん睡眠障害や暴飲暴食を招く原因にもなるため注意しましょう。 頭頂部のはげ予防に効果が期待できる対処法とは? 最後に頭頂部のはげが気になってきた方や将来的に薄毛になるのではないかと不安に感じている方に向けて、薄毛の予防効果が期待できる対処法についてご紹介していきます。 普段の生活習慣・食事・ヘアケアなど自分でできることから始めて、それでも症状が良くならない場合はスーパースカルプ発毛センターにご相談ください! ▶女性のAGA薄毛治療・発毛育毛実績はこちら 規則正しい生活を送りストレスを溜め込まない 頭頂部のはげが気になり始めた方の中で普段から不規則な生活習慣を送っているという方は、まず規則正しい生活を心がけることが大切です。 髪の毛は「タンパク質・ミネラル・ビタミン」の3大栄養素が欠かせないといわれているため、この3つを中心に栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。 また睡眠に関しても「午後10時〜午前2時」の間に就寝するよう努めることで、寝ている間に成長ホルモンが分泌され髪の毛が正常に育ちます。 こうした栄養バランスのとれた食事や質の高い睡眠はもちろん、適度な運動習慣や趣味に打ち込むことでストレス解消にもつながるため、薄毛予防には生活習慣の改善が必要不可欠です。 正しいヘアケアを行い頭皮を健康に保つ 皮脂が過剰に分泌される方は1回の入浴で何度もシャンプーをしてしまうこともあるかもしれませんが、シャンプーのしすぎは頭皮の乾燥を招くためかえって良くありません。 また石油系界面活性剤などが配合された洗浄力の強いシャンプーを使用した場合も、必要以上に皮脂を洗い落としてしまい不足した油分を補うために皮脂が過剰分泌する恐れがあります。 頭皮環境が悪化している方はまず使用しているシャンプーを見直して、自身の頭皮や肌質に合ったものを使うようにしましょう。 他にも汚れを落とそうと爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまいかねないため、指の腹を使ってやさしく揉み込むように洗うことをおすすめします。 症状が良くならない場合は発毛サロンに相談する 生活習慣やヘアケアを見直しても抜け毛が減らない場合は、1度発毛サロンに相談して頭皮や髪の毛の状態をチェックしてもらうと良いです。 発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターでは専属の発毛技能士が頭皮のチェックを行なって、1人ひとりに合った施術を提案しています。 人口太陽光とマッサージによって頭皮の毛細血管を拡げ毛根に栄養を行き届きやすくする施術や、高水圧マイクロレベルジェット噴流で毛穴の汚れを洗い落とし育毛剤が毛根の置くまで届くようにする施術など、さまざまなアプローチで頭頂部の薄毛の悩みを解決へと導くことが可能です。 他にも睡眠や食事などのアドバイスも行なっており、不規則な生活習慣で乱れたホルモンバランスを整えるのにも効果が期待できます。 頭頂部がはげる原因や薄毛を予防するための対処法まとめ 女性の頭頂部が薄くなってきた場合、以下のような脱毛症を引き起こしている可能性があります。 ①びまん性脱毛症 ②脂漏性脱毛症 ③粃糠性脱毛症 ④牽引性脱毛症 ⑤円形脱毛症 ⑥分娩後脱毛症 それぞれ発症する原因はさまざまですが、不規則な生活習慣や間違ったヘアケアのほかストレス過多などが主な原因です。 食生活や睡眠習慣の改善やヘアケアの見直しは自身でも行える対処法ですが、実践してもなかなか抜け毛が減らないという方は発毛実績98.7%のスーパースカルプ発毛センターへぜひお越しください。

  • 育毛剤が効かない原因とは?効果が感じられないときの対処法

    抜け毛や薄毛が気になっている方の中には育毛剤を使っている方もいると思いますが、人によって育毛剤が効かないケースも少なくありません。 場合によっては育毛剤のそもそもの役割を勘違いしてしまっている可能性もあるため、育毛剤の効果をしっかり理解したうえで使用することが大切です。 そこでこの記事では育毛剤が効かない原因や効果的な使用方法と併せて、育毛剤が効かないと感じた場合の対処法についてご紹介していきます。 育毛剤が効かない4つの主な原因とは? 育毛剤が効かないことにはどんな原因があるのかというと、主に以下のようなものが挙げられるでしょう。 ①育毛剤の効果を勘違いしている ②効果が現れ始めるまでに使用をやめてしまう ③使用している育毛剤が合っていない ④生活習慣や食生活が乱れている しっかりと育毛剤の効果について理解し、使用している育毛剤のタイプや生活習慣などを見直すことで効果が現れるようになる可能性もあります。 まずは、上記で挙げた育毛剤が効かない原因について確認していきましょう。 原因①育毛剤の効果を勘違いしている 「育毛剤を使っているけど効かない」と感じている方の中には、そもそも育毛剤が持つ効果について勘違いしている方も多いです。 育毛剤を使うことで新しい髪の毛が生えてくると思っている方もいるようですが、育毛剤の効果としては以下のようなものが挙げられます。 ・頭皮の血行を促進する ・頭皮に栄養を与える ・頭皮環境を整える ・抜け毛を予防する つまり育毛剤の効果は今ある髪の毛を健やかに育てて抜けにくくするというもので、新しく髪の毛を生やすというものではありません。 そのため「育毛剤を使っているのに髪の毛が生えてこない」という意味で効かないと感じているのであれば、それはそもそもの育毛剤の効果を勘違いしていることになります。 原因②効果が現れ始めるまでに使用をやめてしまう 薄毛や抜け毛といったデリケートな悩みは一刻も早く解決したいという気持ちが強くなりやすく、育毛剤に対しても即効性を期待してしまいがちです。 そのため育毛剤が効かないと感じている方の中には、育毛剤が効き始める前に使用をやめるケースも少なくありません。 育毛剤は即効性があるわけではないため数週間や1ヶ月程度で使用をやめるのではなく、根気強く継続して使用することが大切です。 原因③使用している育毛剤が合っていない 育毛剤と一口に言ってもさまざまなタイプの製品があり、自分の髪質に合っていない育毛剤を使っていると効かないどころか逆効果になる恐れもあるため注意しなくてはなりません。 頭皮は人によって「脂性タイプ」と「乾性タイプ」に分けられるのですが、例えば乾性タイプの方がアルコール成分を多く含む育毛剤を使用すると、必要以上に皮脂を取り除いて頭皮の乾燥を招き頭皮環境が悪化してしまう場合があります。 この他にも育毛剤ごとに配合されている成分が異なるため、きちんと含有成分を確認したうえで自分の頭皮・肌質に合った製品を選ぶことが大切です。 原因④生活習慣や食生活が乱れている 抜け毛や薄毛が起こるのは頭皮環境が乱れていることが原因の1つですが、頭皮環境が乱れるきっかけとしては不規則な生活習慣や偏った食生活などが挙げられます。 そのためいくら育毛剤を使用し続けていても、生活習慣や食生活が乱れていれば育毛剤の効果が半減してしまうことにつながりかねません。 薄毛や抜け毛にお悩みの方は育毛剤に頼りきりになるのではなく、自分自身でも改善できるところはないか見直すことが重要です。 育毛剤の効果的な使用方法とは? 育毛剤に新しい髪の毛を生やす成分は含まれていませんが、今ある髪の毛を健やかに育てることで抜け毛の減少や毛髪のボリュームアップといった効果が期待できます。 しかし間違った方法で育毛剤を使用している場合は効果が半減してしまう可能性があるため、正しい方法で効果的に育毛剤を使用しなければなりません。 そこでここからは、育毛剤の効果的な使用方法について解説していきます。 頭皮・毛髪を清潔な状態にする 育毛剤には育毛に必要な成分が含まれていますが、「頭皮や髪の毛が汚れている・毛穴が皮脂で詰まっている」状態だと成分が浸透しづらく効果を実感することが難しいです。 そのためしっかりと育毛成分を届けるために、まずは丁寧にシャンプーをして頭皮・髪の毛を清潔な状態にする必要があります。 ただし何度もシャンプーをすることや洗浄力の高いシャンプーを使用することは、かえって頭皮環境を悪化させてしまいかねないため、使用するシャンプー選びにも気を配るようにしましょう。 頭皮マッサージで血行を促進する 育毛剤の効果を高めたい場合は育毛剤を塗布するだけではなく、同時に頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行が良くなり育毛成分が浸透しやすくなります。 まずはシャンプーで頭皮・髪の毛を清潔にしてからタオルドライ後、育毛剤を塗布して数分置いてから髪の毛が乾いてきたら頭皮全体をマッサージしていきましょう。 力を入れ過ぎると頭皮が摩擦でダメージを受けてしまうため、やさしく揉み込むように行うことをおすすめします。 生活習慣や食事の内容を見直す 育毛剤の効果を最大限発揮するためには、上記でお話したこと以外にも生活習慣や食事の内容を見直して改善すると良いです。 例えば午後10時〜午前2時は成長ホルモンが分泌されやすい時間帯とされていますが、連日夜ふかしをしてこの時間に起きていると髪の毛の成長を妨げてしまうためできるだけ早寝早起きを心がけましょう。 他にも脂っこいものや塩分の多いものばかり食べていると頭皮環境の悪化につながるため、髪の毛に欠かせないといわれている「タンパク質・ビタミン・ミネラル」を中心に栄養バランスの取れた食事を摂ることをおすすめします。 育毛剤が効かないと感じた場合の対処法 効果的な育毛剤の使い方をしてもなかなか効かない場合は、以下でご紹介する3つの対処法を実践してみましょう。 ①最低でも3ヶ月以上は継続して使用する ②育毛剤ではなく発毛剤を使用する ③発毛サロンに相談してケアを受ける 最後にそれぞれの対処法について、詳しく解説していきます。 最低でも3ヶ月以上は継続して使用する 本来髪の毛は時間をかけて成長していき自然に抜けていくという「ヘアサイクル」を繰り返しており、このヘアサイクルが乱れると髪の毛が十分に成長しないため抜け毛を引き起こします。 ヘアサイクルが正常に戻るまで時間を要することと、育毛剤の効果が現れ始めるまでにも時間がかかることを考えると最低でも3ヶ月以上の継続使用が必要です。 数日〜数週間使って効かないからと育毛剤の使用を中断すると、正常になりかけていたヘアサイクルが再度乱れて抜け毛が増える原因になりかねないため、まずは1本使い切ることを目標にして3ヶ月以上継続できるように努めましょう。 育毛剤ではなく発毛剤を使用する 育毛剤を使い続けても効かないと感じる場合は、育毛剤ではなく発毛剤の使用を検討するのも1つの対処法です。 育毛剤には新しい髪の毛を生やす効果があるわけではないため、育毛剤が効かない場合は抜け毛・薄毛の症状が進行している恐れがあります。 その場合はいくら育毛剤を使い続けても効かない可能性が高いため、発毛効果が期待できる発毛剤を使用すると良いでしょう。 発毛サロンに相談してケアを受ける 育毛剤が効かないのであれば自分自身で対策するよりも、発毛サロンなど専門家がいるところに相談して適切なケアを受けることをおすすめします。 スーパースカルプ発毛センターでは、育毛剤や頭皮マッサージなどを試したけど効かなかったという方でも高い効果を実感することが可能です。 発毛技能士が1人ひとりのお悩みに合った施術を提案して、スーパースカルプ発毛センター独自の療法と製品を使ってケアするだけでなく、睡眠や食事といった生活習慣に対するアドバイスもさせていただきます。 薄毛や抜け毛にお悩みの方はもちろん育毛剤が効かないと感じている方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 育毛剤が効かない原因と効かない場合の対処法まとめ 育毛剤が効かないと感じる主な原因としては、育毛剤が既存の髪の毛を健やかに育てる効果がある製品であるのに対し、使用している方の中に「育毛剤は新規の髪の毛を生やす効果がある」と勘違いしてしまっていることが挙げられます。 この他にも効果が現れ始める前に使用をやめてしまうことや使用している育毛剤が頭皮・肌質に合っていないこと、生活習慣や食生活が乱れていることなども育毛剤が効かないと感じる原因の1つです。 育毛剤の効果を最大限発揮するためには生活習慣を改善することに加えて、「頭皮・髪の毛を清潔に保つ・頭皮マッサージをする」などの対策を行うと良いでしょう。 今回ご紹介したことを参考に育毛剤を使用しても効かない場合は、セルフケアで何とかしようとするよりも発毛サロンなどに相談して適切なケアを受けることをおすすめします。 薄毛や抜け毛でお悩みの方や「育毛剤を使用したけど改善されなかった!」という方はぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターまでお越しください!

  • コロナに感染すると禿げる?原因や判断方法、対処法をご紹介

    新型コロナウイルスは2019年10月初旬に1人目の感染者が報告されて以来、2022年になった今でも世界中でその猛威を振るっています。 新型コロナウイルスに感染すると高熱や味覚障害といったさまざまな症状が現れるとされていますが、その中でコロナが原因で禿げる方が急増していることをご存知でしょうか? この記事ではコロナで禿げる原因や判断方法に加えて、対処法などについてもご紹介していきます。 コロナに感染すると禿げるといわれている原因は? コロナに感染したことで抜け毛が増えたと嘆く方が増えていますが、コロナによって禿げる原因としては以下のようなものが挙げられます。 ①コロナ禍によるストレス ②外出自粛に伴う運動不足 ③コロナ感染による休止期脱毛症 ④コロナワクチンの副反応 まずは、それぞれの原因について確認していきましょう。 禿げる原因①コロナ禍によるストレス 突如世界を襲った新型コロナウイルスは、これまでのコロナウイルスとは異なる性質を持っているということで前例のない中での対策を強いられました。 これまで当たり前に会っていた人と会えなくなって気軽に街へ繰り出しショッピングや食事をする機会も減り、そうしたコロナ禍の環境でストレスをたくさん感じた方もいることでしょう。 先の見えないコロナ禍でストレスが溜まると自律神経が乱れて頭皮の血流が悪くなり、髪の毛に必要な栄養や酸素が十分に行き届かないことが抜け毛を引き起こす原因になります。 禿げる原因②外出自粛に伴う運動不足 コロナの感染予防対策の一環として「密閉・密集・密接の3つの密を避けましょう」ということを厚生労働省が発表し、実際にたくさんの方が外出自粛をしてきました。 また仕事も出勤するスタイルからリモートで行うところが増え、全く出歩かなくなり運動不足に悩むようになった方も少なくありません。 運動不足に陥ると全身の血流が滞りやすくなり髪の毛に栄養が行き届きづらくなるため、髪の毛が成長せず禿げることにつながるといわれています。 禿げる原因③コロナ感染による休止期脱毛症 インフルエンザや肺炎といった体力を消耗するような感染症にかかったあとは、「休止期脱毛症」と言って髪の毛が抜けやすくなるケースがあり、この脱毛症は成長段階の髪の毛が広範囲かつ多量に抜けるのが特徴です。 新型コロナウイルスも同様に感染後は休止期脱毛症を引き起こす場合があるのですが、抜け毛に気づくまでに数ヶ月かかることもあるため、コロナの後遺症なのではないかと不安に思う方もいます。 基本的にコロナが完治すれば自然に治る場合が多いですが、人によっては抜け毛の改善に数年かかることや薄くなったままになることもあるようです。 禿げる原因④コロナワクチンの副反応 新型コロナウイルス感染予防のためにコロナワクチンが普及しましたが、このコロナワクチンが原因で禿げるケースが増えているといわれています。 コロナワクチンと抜け毛の関連性については医学的に明らかにされているわけではありませんが、現時点ではコロナワクチンの副反応によって体力や免疫力が低下していること、さらには栄養不足などが影響しているのではないかという説が有効です。 抜け毛がコロナによるものなのか判断する方法は? 新型コロナウイルスは人によって無自覚・無症状のため、体調に何も問題がないのに突然禿げると不安に感じてしまうと思います。 またコロナ自体は治ったのに髪の毛がたくさん抜ける場合、コロナが原因なのか他に原因があるのか気になる方もいることでしょう。 では抜け毛がコロナによるものなのかどうか判断するためには、どういったポイントを押さえておけば良いのでしょうか? コロナ感染から2〜3ヶ月後に抜け毛が増えた コロナに感染して2〜3ヶ月経ってから髪の毛が多量に抜けたという場合、上記でお話した「休止期脱毛症」を引き起こしている可能性が高いです。 特にコロナで高熱が出た場合は感染から数カ月経って症状が完治、または落ち着いたタイミングで禿げるといったケースも珍しくありません。 さらに休止期脱毛症はコロナ・インフルエンザ・肺炎の他にも無理なダイエットや出産、大きな外傷・出血・手術を伴うケースでも起こる場合があります。 コロナの感染症状に加えて抜け毛を引き起こしている コロナは人によって無自覚・無症状のケースがあるため、抜け毛の原因がコロナにあるのかどうかを個人で判断するのは難しいです。 そのため基本的には医師に診てもらったほうが良いですが、あらかじめコロナの感染症状について知っておけばコロナによる抜け毛だと予想しやすいでしょう。 よくあるコロナの症状としては「発熱・せき・倦怠感・味覚や嗅覚の消失」が挙げられ、人によって「頭痛・下痢・目の充血・発疹・手足の指の変色」を引き起こすケースもあります。 重度になると息切れや呼吸がしにくくなることに加えて、胸の痛み・錯乱・運動障害といった症状を引き起こすこともあるようです。 上記の症状に加えて抜け毛を引き起こしている場合は、コロナが原因となっている可能性が高いと判断できるため、回復後も髪の毛が抜けるのであれば1度医師に相談することをおすすめします。 コロナで禿げる人急増中?抜け毛が増えた場合の対処法 コロナに感染したことやコロナ禍での生活が原因で抜け毛が増えてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか? 主な対処法としては以下の3つが挙げられます。 ①まずはコロナが回復するのを待つ ②運動不足・栄養不足を解消する ③発毛サロンに相談する では、それぞれの対処法について具体的に解説していきます。 対処法①まずはコロナが回復するのを待つ コロナに感染して抜け毛が増えた場合、人によってはコロナの症状の回復とともに抜け毛が減って再び髪の毛が生えてくるケースもあるようです。 そのためまずはコロナが回復するまで待って、その後抜け毛が解消されるかどうかしばらく様子を見るのも1つの方法でしょう。 回復後しばらく経っても抜け毛が減らない場合や薄くなったままの状態が続いている場合は、発毛治療などを検討することをおすすめします。 対処法②運動不足・栄養不足を解消する コロナ禍での生活によって運動不足になっている場合は、自宅でできる範囲で良いので軽い運動や筋トレ・ストレッチから始めてみましょう。 早朝や夜間など人通りが少ない時間帯を狙ってウォーキングやランニングをするのも1つの対処法ですが、マスクをしながらの運動は息苦しく呼吸障害や熱中症を引き起こすリスクがあるため注意してください。 また買い物に行く機会が減って栄養の偏った食事ばかりしている場合は髪の毛に必要な栄養が不足している可能性があるため、ピークタイムを避けてスーパーに行くか宅配サービスを活用するなどしてきちんと食材を揃えバランスの取れた食事を摂ることが大切です。 対処法③発毛サロンに相談する コロナの症状が回復しても抜け毛が減らない場合や生活習慣を見直しても禿げた状態が続く場合は、個人での対処が難しいため発毛サロンに相談することをおすすめします。 スーパースカルプ発毛センターでは、専属の発毛技能士が1人ひとりの髪質・体質に合わせた施術を提案しており、抜け毛や薄毛に悩む多くの方に選ばれている発毛サロンです。 オリジナル製品や独自療法を用いたケアのほかに人工太陽光を使った頭皮マッサージ、高水圧マイクロレベルジェット噴流による毛穴洗浄などによって抜け毛や薄毛の悩みを解決へと導きます。 ・過去に他のサロンを利用したけど効果がなかった ・外出自粛で運動不足や睡眠不足に悩んでいる 上記のような方以外に遺伝的な理由で薄毛になっている方も、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 コロナで禿げる原因と判断方法・対処方法まとめ コロナで禿げる原因は、主に以下の4つです。 ①コロナ禍によるストレス ②外出自粛に伴う運動不足 ③コロナ感染による休止期脱毛症 ④コロナワクチンの副反応 ストレスや運動不足は頭皮の血行を悪化させて髪の毛に必要な酸素・栄養を届きにくくするため、髪の毛が正常に成長せず抜け毛などを引き起こしてしまいます。 またコロナやインフルエンザといった高熱の伴う感染症においては、感染後に休止期脱毛症という抜け毛症状を引き起こすケースも珍しくありません。 ストレスや運動不足に関しては個人でも対処できる可能性がありますが、なかなか抜け毛が減らない場合やコロナ回復後も禿げた状態が続く場合は発毛サロンに相談して専門的なケアを受けましょう。 薄毛や抜け毛、頭皮のことでお悩みの方は、発毛実績98.7%のスーパースカルプ発毛センターまでお越しください♪

  • 頭皮が痛いと感じる原因は?痛みの対処法についてご紹介します

    みなさんの中には、髪の毛・頭皮に触れたときやシャンプーをした際などに、頭皮が痛いと感じた経験がある方もいるのではないでしょうか? 頭皮に痒みを感じて掻いた際に頭皮を傷つけると痛みが生じるケースもありますが、頭皮が痛い原因にはさまざまなものが挙げられます。 そこでこの記事では頭皮が痛いと感じる原因や、痛みが発生した際の対処法などについて解説していきます。 頭皮が痛いと感じる原因には何がある? 頭皮が痛いと感じている方の中には、ピリピリした痛みやズキズキした痛みなど人によってさまざまな感じ方をされている方もいることでしょう。 頭皮の痛みと言っても実はさまざまな症状があり、大きく分けると以下の3つの原因が挙げられます。 ①皮膚炎 ②頭皮神経痛 ③外傷 まずはそれぞれの頭皮が痛い原因について確認していきましょう。 頭皮が痛い原因①皮膚炎 頭皮が痛い原因としてはまず皮膚炎が挙げられますが、皮膚炎と一口に言っても多種多様な症状があり、例えば皮脂欠乏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。 他にも頭皮に湿疹ができるという括りでいえば、脂漏性湿疹や膿痂疹(のうかしん)、毛包炎(もうほうえん)、頭部白癬(とうぶしらくも)なども挙げられるでしょう。 これらの主な症状としては頭皮の痛みをはじめ赤み・痒みが生じることもあり、さらに何も対処しないと抜け毛などを引き起こす可能性もあるため注意が必要です。 頭皮が痛い原因②頭皮神経痛 頭皮が痛いと感じる方の中で、ピリピリとした痛みや頭・耳の後ろ側あたりも痛いと感じる場合は、頭皮神経痛が原因となっている可能性が考えられます。 慢性的に頭痛に悩まされている方や、仕事柄・体質的に肩こり・眼精疲労を起こしやすい方は、この頭皮神経痛によって頭皮が痛いと感じるケースが多いようです。 頭皮神経痛は末梢神経が圧迫されることで生じるとされており、ストレスや疲労を溜め込み過ぎると起こりやすくなります。 頭皮が痛い原因③外傷 ズキズキと頭皮が痛む場合は、何らかの外傷を受けたことが原因となっている可能性があるため、「頭を打った・頭皮を強く掻きむしった」などの心当たりがないか思い返してみましょう。 頭を打った場合は痛みや腫れのほか患部に熱を持つこともあり、時間が経過すれば徐々に良くなっていくこともありますが、頭部の外傷は脳にダメージを受けている可能性もあるため病院を受診することをおすすめします。 また頭皮に痒みを感じて爪などで強く掻きむしってしまうと頭皮が傷つき、そのできた傷から雑菌が入って炎症を起こし痛みが悪化することも珍しくありません。 頭皮が痛いときの対処法は?健康的な頭皮を手に入れよう 頭皮が痛い原因に応じて適切な方法で対処していく必要がありますが、頭皮に痛みが生じているときは頭皮環境が悪化している可能性もあるため、ダメージを最小限に抑えて健康的な頭皮を目指すことが大切です。 そこでここからは頭皮が痛いときの対処法や、健康的な頭皮を維持するための方法についてご紹介していきます。 頭皮が痛いときの対処法①外的刺激から頭皮を守る 頭皮が炎症を起こして痛みを引き起こしている場合は、これ以上状態を悪化させないためにも外的刺激から頭皮を守ってあげなくてはなりません。 例えば夏場など紫外線が強い時期は、何も対策せずに外出すると頭皮が紫外線ダメージを負ってしまうため、帽子・日傘・頭部専用のUVスプレーなどで紫外線対策しましょう。 他にもエアコンの効いた部屋に長時間いると、頭皮が乾燥してバリア機能が低下してしまう恐れがあるため、直接エアコンの風に当たらないようにするか化粧水で保湿するなどして対処することをおすすめします。 頭皮が痛いときの対処法②適切な方法でシャンプーをする 本来皮脂は頭皮のバリア機能の役割を果たしていますが、洗浄力の高いシャンプーを使用していると必要な皮脂まで洗い落としてしまい、バリア機能が低下して刺激に敏感になり痛みにつながりかねません。 そのため自分の肌質に合ったシャンプーに買い換えることが重要なポイントですが、自分に合ったシャンプーを使っても間違った洗髪方法を行なっていると、結果として頭皮がダメージを負ってしまいます。 シャンプーをするときは指の腹を使って優しく力を入れすぎないように行い、すすぎ残しのないようにしっかりとシャワーですすぐようにしましょう。 シャンプー後の抜け毛が気になる!?正しい洗髪方法と抜け毛の原因 頭皮が痛いときの対処法③ストレスを溜め過ぎない 肩こりや疲労・ストレスを溜め過ぎてしまうと自律神経が乱れて血流が悪くなり、抜け毛や頭皮が痛くなるだけでなく、自律神経失調症などのリスクもあるため注意が必要です。 ストレスを溜めないようにするためには、しっかりと休息を取ることや趣味などに打ち込んでリフレッシュ・リラックスできる時間を作ることがポイントとなります。 また肩こりなどでお悩みの方は定期的にストレッチやマッサージを行なって、全身のこりをほぐし血流を改善することを心がけましょう。 頭皮の痛みが治まらない場合に取るべき対応とは? 上記でご紹介した3つの対処法を実践しても頭皮の痛みが治まらない場合は、然るべきところで適切な治療・ケアを受ける必要があります。 症状や痛みのタイプなどによって相談するべきところが異なってくるため、ここからは頭皮の痛みが治まらないという方が取るべき対応や適切な相談先について確認しておきましょう。 皮膚科に相談する 頭皮湿疹がある場合やフケ・かさぶたなどがある場合は、まず皮膚科で頭皮を診てもらうことをおすすめします。 自己判断でケアを行なっても改善どころか悪化してしまう恐れもあるため、不安な方は皮膚科に足を運んで診察してもらい適切な治療を受けましょう。 経過観察で済む場合もありますが痛みや痒みが気になる場合は、痒み止めや痛み止めといったお薬を処方してもらえます。 脳神経外科に相談する 頭皮に湿疹や炎症があるわけではないのに頭皮が痛い場合は、頭皮神経痛や頭痛が原因の可能性が考えられるため、脳神経外科に相談すると良いでしょう。 また頭部の打撲などの怪我をした場合は、目に見える外傷以外に脳がダメージを負っている可能性もあるため、早めに脳神経外科を受診することをおすすめします。 頭皮神経痛の場合は鎮痛剤の処方や、神経の近くにブロック注射を施すといった方法で痛みを緩和することが可能です。 発毛サロンに相談する 使用しているシャンプーや洗髪方法が原因で頭皮環境が悪化し痛みを感じている場合は、発毛サロンに相談することで頭皮環境を改善するための適切なケアを受けられます。 乾燥や皮脂の過剰分泌、血行不良などによって頭皮環境が悪化していると、抜け毛・薄毛といった症状に発展する可能性も否定できません。 発毛サロンであれば発毛ケアを受けることもできるため、頭皮の痛みに加えて抜け毛の不安もある方はぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 頭皮が痛い原因と痛みを感じたときの対処法まとめ 頭皮が痛い原因としては、主に以下のようなものが挙げられます。 ①皮膚炎 ②頭皮神経痛 ③外傷 使用しているシャンプーが頭皮に合わず炎症などを引き起こして頭皮が痛くなることもあれば、ストレスが原因で頭皮に痛みが生じるケースもあるため、ヘアケア方法や生活習慣などを見直してみましょう。 自分で対処しても頭皮の痛みが治まらない場合は、症状に応じて皮膚科・脳神経外科・発毛サロンなど然るべきところで適切な治療・ケアを受けることをおすすめします。

  • 頭皮の乾燥はかゆみやフケに繋がる?頭皮乾燥の原因や対策方法を紹介

    「頭がかゆい」 「パサパサしたフケが落ちてくる」 上記のような症状でお悩みの方は、頭皮の乾燥が関係しているかもしれません。 頭皮の乾燥はかゆみやフケを誘発するだけではなく、そのままにしておくと抜け毛や薄毛の症状に発展する可能性もあります。 また、頭皮の乾燥は季節や体質に関係なく、様々な要因で引き起こされるものなので誰でも乾燥状態になる可能性があるのです。 この記事では、頭皮の乾燥やかゆみで悩んでいる方に向けて、頭皮が乾燥する原因や頭皮が乾燥してしまうことで起きる悪影響・頭皮乾燥を防ぐ対策方法についてご紹介しています。 頭皮が乾燥するとどうなる? 頭皮が乾燥状態になることで、3つの悪影響が髪の毛や頭皮に生じます。 フケが増える かゆみが発生する 薄毛や抜け毛に繋がる ここでは、頭皮の乾燥が原因で引き起こされる症状の特徴や、症状が出てしまう理由について解説します。 頭皮の乾燥でフケが増える 頭皮が乾燥してしまうと、パサパサとした乾燥性のフケが増えます。 フケとは、頭皮の新陳代謝時に剥がれ落ちた古い角質のことであり、通常は毎日のシャンプーやシャワーで洗い落ちるため、あまり目立つものではありません。 しかし、頭皮が乾燥することで新陳代謝のリズムが崩れてしまい、剥がれ落ちる必要のない角質までフケとしてパラパラと落ちてしまうのです。 このパラパラと落ちるフケを乾燥性のフケといい、白くて乾燥しているのが特徴です。また、このフケは服などに付着しやすく、相手から見てもフケが落ちているとわかるくらい目立つ点も特徴と言えます。 そのため、乾燥性のフケを出さないために頭皮を乾燥させないことはもちろん、頭皮の新陳代謝を乱すことなく健康的な頭皮環境を維持することが大切です。 頭皮の乾燥でかゆみが発生する 頭皮が乾燥することで、「頭がかゆい」という症状が見られます。 乾燥していない健康な頭皮は適度な水分と皮脂でバリアができており、外部から来るホコリや汚れから頭皮を守っています。 しかし、頭皮が乾燥することでバリアが機能しなくなってしまい、外部からの刺激を直接受けるようになり、結果的に頭皮がかゆくなってしまうのです。 そのため、普段生活をしていて頭皮がかゆいと感じる場合は乾燥している可能性が高く、保湿などの対策で早めに対処する必要があるでしょう。 頭皮の乾燥は薄毛や抜け毛に繋がる 頭皮の乾燥をそのまま放置しておくと、抜け毛や薄毛の症状に発展する可能性があります。 抜け毛は髪の毛の土台となる頭皮の環境や髪の毛の状態によって大きく左右されます。 頭皮の乾燥状態は頭皮環境が悪化しているサインであるため、そのままにしておくと髪の毛に十分な栄養を与えることが出来ません。 その結果、髪の毛は栄養不足で弱々しい細い見た目になってしまい、頭から抜けていってしまうのです。 そして抜け毛が増えると、今度は薄毛として見た目にはっきりと症状が現れてしまいます。 抜け毛や薄毛を防ぐには、頭皮乾燥の早期発見と早期改善が求められるため、記事の後半で紹介している頭皮乾燥の予防・改善方法を実践して、健康的な頭皮環境作りを心がけましょう。 頭皮が乾燥する6つの原因を解説 頭皮は人間の皮膚の中でも特に敏感に反応する部位であるため、少しの行動で簡単に乾燥状態に陥ってしまいます。 無意識のうちに頭皮にダメージを与えるような習慣を作っていないか、チェックしてみましょう! 頭皮が乾燥する原因①乾燥肌 乾燥肌の人は頭皮も乾燥状態になりやすいです。 頭皮は腕や顔の皮膚と1つに繋がっているため、身体に乾燥肌の症状が見られる人は同じように頭皮も乾燥肌の可能性が高いです。 乾燥肌の方は以下のような特徴が挙げられます。 肌荒れしやすい お風呂上り後に肌が突っ張る感じがする 肌がかさつく 肌から白い粉のようなものが吹く 化粧のノリが悪い 上記の特徴に当てはまる人は乾燥肌の可能性があるため、乾燥肌を改善するケアを頭皮にも同じように施す必要があります。 具体的には、不足している水分や油分を頭皮に与えることや刺激の少ないシャンプーを使うといった対策が効果的です。 頭皮が乾燥する原因②過度なシャンプー 1日に何度もシャンプーをしたり、頭皮に対して洗浄力の高すぎるシャンプーを使うなど、過度なシャンプーは頭皮を乾燥させる原因になります。 シャンプーは髪の毛や頭皮に付いた汚れや脂を洗い流すため、適度に使うことで頭皮を清潔に保つことができます。 しかし、乾燥によるフケが気になるからと過度にシャンプーをしてしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまうことになるため頭皮の乾燥に繋がってしまうのです。 頭皮が乾燥してしまうとフケやかゆみといった症状が現れるので、シャンプーを過度に行ってしまっているかもしれないと思ったら洗浄力の弱いシャンプーに変えてみることからはじめてみましょう。 頭皮が乾燥する原因③高温度のシャワーで洗い流している 過度なシャンプーと同じように熱いシャワーで頭皮を洗うことも、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうことで頭皮を乾燥させる原因になってしまいます。 特に40度以上のシャワーでシャンプーを流したり頭皮を濡らしたりしている人は、必要な皮脂も洗い流している可能性があるため、シャワーの温度を36度~38度に下げましょう。 逆に温度を下げ過ぎてしまうと逆に頭皮に付いた汚れなどを十分に洗い流せないこともあるため、36度は下回らないようにすることも大切です。 「冬場は寒くて熱めのシャワーじゃないとつらい!」という方は、たらいを用意して足湯をしながらシャンプーすると、身体が冷えにくいですよ。 頭皮が乾燥する原因④ドライヤーの当てすぎ・髪の毛の自然乾燥 ドライヤーを当てすぎたり髪の毛を自然乾燥で乾かすことは頭皮の状態を悪化させてしまい、乾燥の原因になります。 ドライヤーを同じ場所に当て続けることや頭皮の近くで使用することは、頭皮が乾燥したり髪の毛にもダメージを与えることになるので注意しましょう。 また、反対にドライヤーを使わずに自然乾燥で髪を乾かすことも、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮の乾燥や臭い・抜け毛に繋がってしまいます。 ドライヤーはバランスよく髪の毛に風を送り、頭皮から15㎝ほど距離を取って使用することが大切です。 頭皮が乾燥する原因⑤乱れた生活習慣 実は、乱れた生活習慣も頭皮を乾燥させる原因となることがあります。 不規則な生活習慣や短い睡眠時間で身体にストレスを与えてしまうと、顔の肌が荒れてしまうことと同じように頭皮にも影響します。 他にも暴飲暴食なども頭皮環境を悪化させる原因となり、そのような乱れた生活習慣がきっかけで頭皮が乾燥しやすくなるのです。 適度なストレス発散や十分な睡眠時間の確保を心がけ、生活習慣を整えるようにしましょう。 頭皮が乾燥する原因⑥紫外線を浴びている 紫外線による頭皮の日焼けは頭皮乾燥の原因になります。 特に、肌を乾燥させる「UV-B」と呼ばれる紫外線は頭皮が日焼けするだけではなく乾燥状態にもなるため、日焼けをしないような対策が必要です。 紫外線による頭皮乾燥を防ぐには、帽子を被ったり日傘を使用したり、頭皮専用の日焼け止めなどの紫外線対策グッズを利用して、紫外線から頭皮を守るようにしましょう。 頭皮が乾燥する原因⑦冷暖房が効きすぎた空間で過ごす 冷暖房の効きすぎた空間は、実は肌が乾燥しやすくなります。 乾燥は冬だけのものではなく、夏の冷房でも肌の水分が奪われてしまうため、季節を問わず空調には注意するようにしましょう。 仕事などでどうしてもそうした空間で長時間過ごす場合は、加湿器を使用することで肌の乾燥を解消することもできます。 頭皮が乾燥しやすい時期や季節はある? 頭皮は空気が乾燥しやすい秋と冬の時期に乾燥状態になりやすいと言われています。 しかし、先述したように夏場の冷房でも頭皮は乾燥してしまいます。 季節を問わず乾燥に気を付ける必要がありますが、ここでは季節ごとの乾燥対策をご紹介します。 冬場は特に頭皮の乾燥に注意! 特に12月から2月ごろは外の湿度が夏の時期に比べて20~30%も下がるため、冬の時期は特に保湿や頭皮への丁寧なケアが求められます。 具体的には、加湿器で湿度を上げることやお風呂上りの保湿ケアを徹底するなど、頭皮に潤いを与えてあげることが大切です。 乾燥肌の人は、頭皮にも使える全身用の化粧水などを使って頭皮の乾燥状態を防ぐようにしましょう。 夏の冷房や紫外線も頭皮の乾燥に繋がる! 冷房を使うと身体が冷えやすくなるのと同じように、頭皮の血行が悪くなると頭皮に必要な栄養や水分が行き渡りにくくなってしまったり肌の水分も抜けやすくなってしまうため、頭皮が乾燥してしまいます。 日本の夏は年々暑くなっているため、なかなか冷房をつけずに過ごすことは難しいですが、髪の毛が気になる方は冷房による頭皮の乾燥に注意しましょう。 また、日焼けによる炎症は乾燥を引き起こしやすいため、夏は外出する際の頭皮の日焼けにも注意が必要です。 帽子や日傘、髪の毛にも使えるスプレータイプの日焼け止めなどを活用して、頭皮を守ってあげましょう。 頭皮乾燥の予防・改善方法6選 ここからは、頭皮乾燥を予防・改善する方法を6つご紹介します。 正しくドライヤーを使う シャンプーのやり方を見直す 頭皮マッサージ 髪の毛や頭皮の保湿ケア 生活習慣を見直 頭皮の日焼け対策 予防・改善方法の中から、自分の生活に組み込めそうなものは積極的に取り入れていきましょう。 頭皮乾燥の予防・改善方法①正しくドライヤーを使う 頭皮が乾燥している方は、ドライヤーの使い方が間違っているかもしれません。 ドライヤーは髪の毛を効率よく乾かすことができるアイテムですが、使い方によっては頭皮の乾燥を促進させてしまいます。 1か所にドライヤーを当てすぎない ドライヤーと頭皮は20cm以上離す 最後は冷風で髪の毛の温度を下げる これら3つのことを意識して、正しくドライヤーを使いましょう。 抜け毛予防にもなる正しいドライヤーの使い方については、下記の記事でご紹介していますので合わせてお読みください。 https://super-scalp.com/column/5911/ 頭皮乾燥の予防・改善方法②シャンプーのやり方を見直す シャンプーのし過ぎや強い洗浄、流し残しは頭皮の乾燥に繋がります。 基本的に、シャンプーは1日1回で十分汚れやホコリを洗い流すことができます。どうしてもニオイやベタベタが気になるという方は、シャンプーではなくリンスやトリートメントを使いましょう。 また、頭皮が乾燥している時は刺激を直接受けやすいため、指の腹を使って優しく洗うことが大切です。そして、シャンプーの泡や汚れが残らないように入念にすすぎを行い、洗い残しがないように心がけましょう。 正しいシャンプーの方法については下記の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。 https://super-scalp.com/column/7727/ 頭皮乾燥の予防・改善方法③頭皮マッサージ 頭皮マッサージを行うことで、頭皮の乾燥を予防・改善できます。 頭皮マッサージは頭皮の血行を良くし、新陳代謝などのリズムを整えるといった頭皮環境を良くする効果があります。そのため、頭皮環境が悪化している乾燥状態時に頭皮マッサージを行うことで、健康的な頭皮に戻すことができるのです。 頭皮マッサージのやり方は以下の通りです。 両手の指の腹でて円を描くようにゆっくりと頭皮を揉みほぐす こめかみのあたりからスタートして少しずつ上に目掛けて指を動かす 頭中央で自分が「気持ち良い」と感じるツボをゆっくり押す 最後に手のひらを使って耳上や襟足、生え際部分をゆっくり揉みほぐす 頭皮マッサージは5~10分あればできるため、お風呂上りに頭皮マッサージを行うことを毎日の日課にすることをおすすめします。 頭皮乾燥の予防・改善方法④髪の毛や頭皮の保湿ケア 髪の毛や頭皮を保湿することで頭皮の乾燥を予防・改善できます。 こちらでは、すぐに実践できる頭皮の保湿ケアの方法をまとめました。 リンスやトリートメントを使う ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませる 頭皮にも使える化粧水を使う 保湿剤が含まれたシャンプーを使う 頭皮用のローションやヘアトニックを使う 頭皮が乾燥している状態は水分と油分が共に不足しているため、どちらも与えてあげることが大切です。 ただし、トリートメント剤などの付けすぎは逆に頭皮環境を悪化させてしまう場合もあるため、用法容量を守って正しく使うことを心がけましょう。 頭皮乾燥の予防・改善方法⑤生活習慣を見直す 生活習慣を改善することで頭皮の乾燥が予防・改善できます。 ストレスを溜めないように適度に息抜きや趣味の時間を設けることで、頭皮環境が改善する場合もあります。 睡眠時間によっても頭皮環境は左右されるため、毎日できるだけ決まった時間に寝ることと7時間以上は睡眠時間を確保することを心がけましょう。 また、頭皮は口にする食べ物によっても環境が変わります。 頭皮の新陳代謝を促進するビタミンAが多く含まれている「卵」「乳製品」や頭皮の血行を促進するビタミンB2やビタミンB6が多く含まれている食べ物を積極的に摂りましょう。 頭皮乾燥の予防・改善方法⑥頭皮の日焼け対策 頭皮の日焼けを防ぐことで乾燥状態を予防・改善できます。 頭皮の日焼けは乾燥状態になるだけではなく、ヘアカラーの色落ちが促進することや白髪が増えやすくなるといったデメリットが生じます。 頭皮は身体中でも特に紫外線を浴びやすいため、すぐに日焼けしてしまいます。 頭皮の日焼けを防ぐために、「帽子を被る」「日傘を使う」「頭皮用の日焼け止めを使う」「早めに頭皮を保湿する」といった対策で紫外線から守りましょう。 頭皮の日焼けを防ぐ方法や日焼けをしてしまった時の対処法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 https://super-scalp.com/column/7793/ どうしても頭皮の乾燥が改善しない場合は? 頭皮の乾燥は、空気が乾燥していることだけが原因で起きるものではありません。 日々のケアを怠っていたり逆に過剰にシャンプーをしたりすると、頭皮が乾燥してフケや痒み、薄毛の原因になってしまいます。 「頭皮の乾燥が原因のフケやかゆみに悩んでいる」 「シャンプーなどのケアを変えてみても、頭皮の乾燥が改善されない」 といった場合は、皮膚科や頭皮や発毛専門のサロンへ相談するようにしましょう! 頭皮の乾燥に悩んだら皮膚科に相談すべき? 皮膚科に行くことで、市販では販売していないお薬を処方してもらうことや現在の頭皮環境を詳しく調べることができます。 場合によっては、頭皮の乾燥から何か病気に発展していることもあるため、フケや痒みの症状が収まらない方は早めにかかりつけの皮膚科に行くことをおすすめします。 頭皮の乾燥・抜け毛でお悩みならスーパースカルプ発毛センターへ! もし、頭皮乾燥から抜け毛や薄毛の症状が出てしまった場合は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 肌の乾燥など、頭皮環境が悪化することは薄毛の大きな原因のひとつです。 皮膚科で治療を受けることも、頭皮の乾燥を改善するにはとても大切なことですが、頭皮環境の改善といった根本的な解決が出来ていないと頭皮の乾燥を繰り返してしまい薄毛に繋がってしまうかもしれません。 スーパースカルプ発毛センターは4,000件以上の発毛実績から、お客様に合った最適なケアで発毛・薄毛予防を実施いたします! 頭皮環境の悪化による薄毛だけではなく、遺伝からくる薄毛にも対応しているため、抜け毛や薄毛にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 ▶初回限定の「パーソナル薄毛診断」はこちら! 頭皮が乾燥する原因や予防方法|まとめ 今回は頭皮が乾燥する原因や頭皮乾燥による悪影響、そして予防方法についてご紹介してきました。 重要なポイントをもう1度おさらいします。 頭皮の乾燥は日常のあらゆる行動から現れる 頭皮の乾燥は抜け毛や薄毛を招く 秋と冬の時期は頭皮が乾燥しやすい 頭皮の乾燥は、誰もがルーティンとして行っているお風呂や睡眠などから発展することが多いです。頭皮の乾燥はフケやかゆみといった症状として身体に現れるため、そのような症状が出てきた人は早めに改善を施す必要があります。 改善方法を試してもなかなか効果が出ない場合は、抜け毛や薄毛の症状に発展することも考えられるため、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 当サロンは98.7%の発毛実績から、お客様の現在の頭皮環境や食生活などを分析し、1人ひとりに合った発毛療法で抜け毛や薄毛を解消します。 初回限定のお試し発毛体験も実施しているため、抜け毛や薄毛でお困りの際は是非お近くのスーパースカルプ発毛センターへお越しください!

  • フケが増える原因は乾燥や洗い残し?フケを減らす改善・予防方法とは

    「最近、フケが増えた気がする...」 「フケがなくならないけどどうすれば良いの?」 と、髪の毛や頭皮のフケにお困りの方は多いのではないでしょうか? フケは自分自身はもちろん、相手から見てもあまり良い印象を与えるものではないため、できるだけ早急に改善することが望ましいでしょう。 当記事では、フケが増えてしまう原因やフケが与える影響、そしてフケを減らすための改善・予防方法についてご紹介しています。 フケや頭皮環境でお困りの方は是非最後までご覧ください。 そもそもフケとは? フケの正体は、頭皮から剥がれ落ちた古い角質です。 頭皮をはじめとする人間の皮膚は約1ヶ月の間隔で新陳代謝を起こし、新しい肌へと生まれ変わります。その際に新しい皮膚から入れ替わった古い角質が垢であり、頭皮の場合はフケということになります。 皮膚の新陳代謝は老若男女問わず誰にでも起こりうるため、頭からフケが出ること自体はごく自然な現象なのです。 基本的に新陳代謝で剥がれ落ちたフケはとても小さく、相手から見ても目立つようなものではありません。毎日のシャンプーで大部分を洗い流すことができます。 しかし、頭皮環境の悪化やケアを怠ってしまうとフケの量が増えてしまうだけでなく、相手から見てもわかるような目立つ大きなフケができてしまいます。 フケが増える原因 この記事をご覧いただいている方は、「フケが増えてしまう原因」について気になっていると思います。 フケが増える原因は様々な理由が考えられますが、フケでお悩みの多くの方はこれからご紹介する4つの原因に当てはまります。 ご自身の現在の生活習慣と比較しながら、フケが増えてしまう原因を見つけましょう。 フケが増える原因①シャンプーの流し残し フケが増える原因の1つ目は、シャンプーの流し残しです。 シャンプーは清潔なイメージがありますが、しっかりと泡や汚れを洗い流さないとかえってフケが増える原因になってしまうのです。シャンプーの洗い残しがあると、頭皮の毛穴に残ったシャンプーが詰まり、それが古い角質にまとまり脂っぽいフケが増えてしまいます。 ただし、シャンプーは正しく洗髪を行うことでフケを減らすこともできるため、シャンプーで頭皮の汚れを洗った上で、シャワーでしっかりと細部まで洗い流すことを意識しましょう。 また、シャンプーをしたあとは頭皮が乾燥状態になるため、必ずリンスやコンディショナーで髪の毛や頭皮に潤いを与えてあげることも大切です。 フケが増える原因②頭皮の乾燥 フケが増える原因の2つ目は、頭皮の乾燥です。 頭皮が乾燥状態になると、汚れやホコリから頭皮を守る皮脂が少なくなり、角質が剥がれ落ちるスピードがいつもより早まります。 そのため、乾燥したカサカサのフケが増えて徐々にフケが目立つようになるのです。 頭皮が乾燥する要因として多いのが、ドライヤーの当てすぎです。 ドライヤーは効率よく髪の毛を乾かすために多くの方が使うアイテムですが、同じ場所に長時間ドライヤーを当てることや頭皮の近くにドライヤー当ててしまうと、頭皮の乾燥に繋がってしまいます。 ドライヤーは頭皮から距離を取って使用し、乾かしたあとは冷風で髪の毛の温度を下げてあげることで、頭皮の乾燥を防ぎながら髪の毛を効率よく乾かすことができます。 フケが増える原因③ホルモンバランスの乱れ フケが増える原因の3つ目は、ホルモンバランスの乱れです。 ストレスや急激な寒暖差、加齢などによるホルモンバランスの乱れは、フケが増える原因になります。 ホルモンバランスが乱れることで、頭皮の血流が悪くなることや頭皮の新陳代謝が正常に行われなくなり、結果的にフケが増えることに繋がってしまいます。 特に女性の場合はフケが増えるだけではなく、生理不順や自律神経失調症などの病気に発展してしまうこともあるため、注意が必要です。 ホルモンバランスの乱れを防ぐために、十分な睡眠時間の確保や暴飲暴食を避けるといった規則正しい生活を心がけることが大切です。 フケが増える原因④生活習慣 フケが増える原因の4つ目は、生活習慣です。 生活習慣の乱れもフケが増える原因として挙げられます。特に偏った食生活を続けることで頭皮環境が悪化していまい、フケが増えてしまいます。 そのため、「脂質」や「炭水化物」もバランス良く摂取しながら、髪の毛を作る「タンパク質」中心の食事を心がけるようにしましょう。 また、ビタミンB2やビタミンB6を積極的に摂取することで頭皮環境が改善され、正しい周期で新陳代謝が行われるため、健康的な頭皮を維持できるようになります。 他にも、成長ホルモンが分泌される夜10時~夜2時までの時間帯にできるだけ睡眠時間を当てるようにして、良質な睡眠も意識することが大切です。 主なフケのタイプ フケには、「乾燥性のフケ」と「脂性のフケ」の2タイプがあります。 乾燥性のフケ 脂性のフケ フケの特徴 ・少し黄色っぽい色 ・湿り気がある ・ベトベトした感触 ・大きいフケになる ・頭皮や髪の毛にまとわりつく ・白色 ・カサカサした感触 ・小さいフケ ・頭からパラパラ落ちやすい 発生する原因 ・皮脂の過剰分泌によるマセラチア菌の増殖 ・シャンプーの洗い残し ・洗髪不足 ・頭皮の乾燥 ・シャンプーのしすぎ ・ドライヤーを頭皮の近くで当てすぎている 発生しやすい季節 ・梅雨の時期 ・夏 ・秋 ・冬 出やすい人の特徴 ・皮脂の分泌が多い人 ・脂っこい食事が多い人 ・乾燥肌 ・リンスやコンディショナーをしない人 予防方法 ・シャンプーをしっかりと洗い流す ・脂っこい食事を控える ・シャンプーは1日1回までにする ・ドライヤーを頭皮の近くで当てすぎない 発展する可能性がある症状 ・脂漏性皮膚炎 ・乾燥性湿疹 それぞれのフケの特徴をご紹介していきます。 乾燥性のフケ 乾燥性のフケは頭皮の乾燥によって生じ、白い色でカサカサとした感触が特徴です。 乾燥性のフケは小さく、頭皮からパラパラと落ちやすいため、服などに付着しやすいフケでもあります。 このフケは、乾燥肌の方や1日に何回もシャンプーをする人に多く見られます。 そのまま対策せずにしておくと乾燥性湿疹の症状が出てくることもあるため、乾燥性のフケがある人はシャンプーの回数やドライヤーのやり方を見直し、頭皮の保湿も行うようにしましょう。 脂性のフケ 脂性のフケは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることでマセラチア菌が増殖することで生じ、湿り気のあるベトベトした感触が特徴です。 脂性のフケは大きくなりやすく、髪の毛や頭皮にまとわりつくため、髪全体がベトベトした状態になりやすいです。 このフケは、頭皮の皮脂分泌が多い人や脂っこい食事が多い人に多く見られます。 そのまま対策せずにしておくと脂漏性皮膚炎という頭皮の病気に繋がることもあるため、シャンプーの洗い残しを無くすことや脂っこい食事を控えるようにしましょう。 脂漏性皮膚炎についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。合わせてお読みください。 https://super-scalp.com/column/6517/ フケは季節によっても変わる? フケは、頭皮環境によって出やすいものが変わりますが、季節によっても大きく左右されます。 湿度の多い梅雨や夏の6月~8月は、脂性のフケが出やすくなり、乾燥している秋や冬の11月~1月は乾燥性のフケが出やすくなります。 そのため、フケでお困りの方は1年中同じフケの対策を行うのではなく、季節によってケアや予防方法を変えることでより効果的にフケを減らすことができます。 フケが頭皮や身体に与える影響 フケは何となく不潔なイメージがありますが、相手に不潔なイメージを与えてしまう他にどのような影響があるのでしょうか? ここでは、フケが頭皮や身体に与える影響についてご紹介していきます。 フケは薄毛や抜け毛のサイン フケは、薄毛や抜け毛のサインとして有効活用できます。 通常のフケは毎日の洗髪やシャワーで流れ落ちますが、自分でも見てわかるくらいフケが増えてしまうと、頭皮環境が悪化していることが考えられます。 上記でもお伝えした通り、フケが増える原因は頭皮の乾燥やシャンプーなどの洗い残しが挙げられますが、その状態が長く続くと頭皮にダメージが蓄積されていきます。 頭皮環境が悪化してしまうと髪の毛に必要な栄養素を運ぶことができなくなり、徐々に髪の毛が弱々しくなっていきます。 その後、次第に髪の毛は抜けていき、最終的には薄毛やハゲの症状に繋がってしまうのです。 逆に言えば、フケが目立ってきたころに頭皮環境の改善を実践することで、抜け毛や薄毛の早期改善となり、健康的な髪の毛を維持することができます。 フケの症状をそのままにせず、早めに頭皮環境やケアの見直しをするようにしましょう。 フケは生活習慣や睡眠を見直すきっかけになる フケが増えるということは、頭皮環境の悪化の他に生活習慣の乱れが原因として考えられます。 言い換えると、フケは生活習慣の乱れや睡眠不足であることを教えてくれるため、生活習慣の改善が必要なタイミングであることがわかります。 また、生活習慣の乱れをそのままにしてしまうとフケが増えることはもちろん、身体の様々な部分で悪影響が及ぶことがあります。 食生活の見直しや十分な睡眠時間の確保など、できることから改善を進めていきましょう。 フケを減らす改善・予防方法5選 フケを減らすためには、どのような対策を講じる必要があるのでしょうか? ここでは、フケを改善・予防する方法を5つご紹介していきます。フケが増えてしまった原因を踏まえた上で、最適な改善方法を実践していきましょう。 フケの改善方法①シャンプーのやり方を見直す シャンプーのやり方を見直すことで、フケの改善に繋がります。 こちらでは、フケを減らす正しいシャンプーの仕方をご紹介します。 手でシャンプーを泡立てる 指の腹を使って優しく洗い、ゆっくり全体的にシャンプーを馴染ませる シャンプーを36度~39度程度のお湯でしっかりと洗い流す シャンプーを洗い流した後は、リンスまたはコンディショナーで髪の毛を保湿する リンス・コンディショナーを36度~39度のお湯でしっかりと洗い流す シャンプーは、「優しく洗うこと」と「しっかりと洗い流すこと」が大切です。 汚れや脂を落とすために強く洗う人がいますが、頭皮を傷つける危険があるため必ず指の腹を使って優しく洗いましょう。 また、シャンプーはし過ぎも良くありません。 1日1回に留め、汗や汚れが気になる人はお湯ですすいだ後にリンスやコンディショナーを使って洗うだけでも十分清潔に保つことができます。 正しいシャンプーの洗い方については以下の記事で詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。 https://super-scalp.com/column/7738/ https://super-scalp.com/column/7727/ フケの改善方法②ドライヤーを正しく使う ドライヤーを正しく使うことで、フケを改善することができます。 ドライヤーは髪の毛を早く乾かすことができる便利なアイテムですが、使い方を間違えてしまうと頭皮を乾燥状態にしてしまい、むしろフケが多くなります。 正しいドライヤーの使い方を理解して、フケを減らしましょう。 同じ場所に温風を当て続けない ドライヤーは20cm以上離して使う 髪の毛だけではなく頭皮もしっかりと乾かす 仕上げに冷風を髪全体に当てる 洗い流さないトリートメントをつけてから乾かす ドライヤーはかなり高温な風で髪の毛を乾かすため、同じ場所に当て続けてしまうと髪の毛がダメージを受けてしまいます。そのため、髪の毛全体にバランスよく風を送り、20cm以上離して使うようにしましょう。 また、髪の毛だけ乾かして頭皮を乾かさずにドライヤーをやめてしまう人もいます。 髪の毛だけではなく頭皮もしっかりと乾かして、菌を繁殖させないようにすることでフケを減らすことに繋がります。 余裕がある人は、市販で売っている洗い流さないトリートメントを髪の毛に馴染ませてからドライヤーをすることで、髪の毛に潤いを与えて健康な状態を保つことができます。 抜け毛予防にもなる正しいドライヤーの使い方については、下記の記事をご参照ください。 https://super-scalp.com/column/5911/ フケの改善方法③頭皮マッサージを行う 頭皮マッサージを行うことで、フケを改善することができます。 頭皮マッサージは頭皮の血行を良くし、髪の毛にしっかりと栄養が行き届くようにする効果があります。 頭皮環境が良くなることでフケを抑えることに繋がるため、フケでお困りの方はぜひ頭皮マッサージを試してみましょう。 以下で、頭皮マッサージのやり方をご紹介します。 両手を頭に乗せて指の腹を頭皮に合わせる 指で小さな円を描くようにゆっくり揉みほぐす 少しずつ頭の上を目指して移動しながら揉みほぐす 手のひらを使って生え際・襟足・頭の上をゆっくり押しながら頭皮を動かす 最後に指の腹を使って髪の毛の分け目あたりを3~5秒ほどゆっくり押す 頭皮マッサージは朝起きた時やお風呂上りのタイミングで行うことが効果的です。 他にも、頭皮マッサージは抜け毛や薄毛の対策にもなります。 下記の記事では、頭皮マッサージの詳しい効果をご紹介しています。合わせてお読みください。 https://super-scalp.com/column/7867/ フケの改善方法④ビタミンを意識した食事を心がける ビタミンを意識した食事を心がけることで、フケを減らすことができます。 特に「ビタミンB2」と「ビタミンB6」は頭皮の新陳代謝や健康的な皮脂の維持として重要な栄養素であるため、積極的に摂るようにしましょう。 ビタミンB2が多く含まれる食品は以下の通りです。 食材名 100gあたりのビタミンB2含有量(mg) 味付きのり 2.31 アーモンド 1.06 パルメザンチーズ 0.68 卵 0.37 納豆 0.36 ブロッコリー 0.23 アボカド 0.20 参考:文部科学省「日本人の食事摂取基準」 ビタミンB6が多く含まれる食品は以下の通りです。 食材名 100gあたりのビタミンB6含有量(mg) まぐろの赤身 1.53 ささみ 1.00 鮭 0.64 鶏むね肉 0.59 参考:文部科学省「日本人の食事摂取基準」 ビタミンB2とビタミンB6は日常で良く口にする食材に多く含まれているため、毎日継続的に摂取することを意識しましょう。 ビタミンB2は1日1.0mg~1.5mg、ビタミンB6は1日1.1mg~1.4mgを目安に摂取することをおすすめします。 髪の毛に良い食べ物や悪い食べ物については、こちらの記事でまとめています。合わせてご覧ください。 https://super-scalp.com/column/4721/ フケの改善方法⑤十分な睡眠時間を確保する 十分な睡眠時間を確保することで、フケを減らすことができます。 お仕事が忙しい方もいらっしゃるとは思いますが、毎日7時間の睡眠時間は確保するようにしましょう。 また、成長ホルモンが分泌される夜10時~夜2時の時間帯にできるだけ寝るようにし、睡眠の質にもこだわることでさらにフケを減らすことが期待できます。 どうしてもフケが改善しない場合は? 上記の改善方法を試してもフケが治らない場合は、皮膚科へ受診しに行きましょう。 フケは様々な要因で増えるため、専門家が見ないとフケの原因が突き止められないこともあります。 かかりつけの皮膚科へ受診し、フケのタイプや原因をしっかりと判断してもらった上で治療していきましょう。 フケの悪化により抜け毛や薄毛の症状が見られた方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 当サロンでは独自の最先端発毛療法により、頭皮環境を根本から改善し、正常な状態へと戻します。施術前は丁寧なカウンセリングの時間を設けており、睡眠や食生活などの生活習慣の改善アドバイスも合わせて行っています。 現在、初回限定でお試し発毛体験を6,600円で実施中です! フケの症状はもちろん、抜け毛や薄毛の症状でお困りの方はぜひスーパースカルプ発毛センターをご利用ください。 フケが増える原因・フケを減らす改善・予防方法|まとめ 今回は、フケが増える原因やフケを減らす改善・予防方法についてご紹介してきました。 重要なポイントをもう1度おさらいします。 フケは頭皮から剥がれた古い角質 フケは乾燥やシャンプーの流し残しが原因で増える フケは乾燥性と脂性の2つがある フケは季節によって出やすいものが変わる フケが増える原因は頭皮の乾燥やシャンプーの流し残し、生活習慣の乱れなどが挙げられます。 上記でご紹介した改善方法を実践してみて、改善が見られない場合は速やかにかかりつけの皮膚科へ受診するようにしましょう。 スーパースカルプ発毛センターでは、フケの改善はもちろん、抜け毛や薄毛のお悩みを解決します。 初回のお客様に限り、当サロンの最先端発毛療法を6,600円でお試しできるキャンペーンも実施中です。頭皮や髪の毛でお困りの方はお近くの店舗へお問い合わせください。

  • ビオチンは育毛に効果的?ビオチンが含まれる食材や効果的な摂取方法

    みなさんの中には、 「最近、髪の毛が細くなってきた気がする」 「将来、薄毛にならないか心配」 など、髪の毛に関する悩みや不安を抱えている方もたくさんいると思います。 抜け毛や薄毛を予防するためには、日頃の生活習慣はもちろん栄養バランスの整った食事を摂ることも大切なわけですが、その中でビオチンと呼ばれる成分が育毛に効果的という話をご存知でしょうか? そこでこの記事ではビオチンにどんな効果があるのかという点や、ビオチンがどんな食材に含まれているのかという点に加えて、効果的な摂取方法などについてご紹介していきます。 ビオチンとは?どんな効果が期待できる? そもそもビオチンとはどういう成分なのかというと、ビタミンB群に含まれる水溶性ビタミンのことで別名「ビタミンH」とも呼ばれる成分です。 ビオチンには補酵素としての役割があり、タンパク質・糖・脂質などの代謝をサポートして体内でエネルギーを生成してくれる効果があります。 他にも髪の毛や肌にも良い効果をもたらしてくれると言われているのですが、具体的にどんな効果があるのか確認していきましょう。 ビオチンの効果①健康的な髪の毛の維持 ビオチンはタンパク質などの代謝をサポートしてエネルギーの生成を助けることで、髪の毛を健康的に維持してくれる役割があります。 実際にビオチンを積極的に摂取すれば毛量や太さにも良い影響をもたらすことが分かっており、ビオチンは髪の毛に必要な栄養を効率良く与える効果があるそうです。 また髪の毛だけではなく肌や爪も健康的に維持してくれるため、美容で注目されている成分でもあります。 ビオチンの効果②疲労の解消 ビオチンは髪の毛や肌・爪などを健康的に維持する効果だけでなく、疲労を解消してくれる効果もあるとされているため、疲れやすい方は積極的に摂取したい成分です。 疲労状態になる原因としてはさまざまな要素が考えられますが、そのうちの1つに身体のエネルギーが不足していることが挙げられます。 身体のエネルギーが不足している状態になると疲労をより感じやすくなり、またリフレッシュしようとしてもなかなか回復しないといったことも起こりかねません。 ビオチンの効果③皮膚や粘膜の炎症予防 みなさんの中には口内炎ができやすい方や肌が荒れやすい方もいると思いますが、そういった口内炎・皮膚炎が起きる原因の1つがビオチンの不足です。 ビオチンは皮膚や粘膜を健康的に維持して炎症が起こるのを予防する役割を持っており、口内炎や皮膚炎を予防するだけでなく改善する効果も期待できます。 他にもビオチンには、赤みや痒みを生み出す原因物質「ヒスタミン」の分泌を抑制して尿から排泄する効果があるとされており、症状が悪化するのを防ぐことも可能です。 ビオチンが含まれる食材や効果的な摂取方法とは? ビオチンはさまざまな食材に含まれており食事によって摂取できるのはもちろん、腸内細菌によっても合成されるため基本的に欠乏することはありません。 他にもサプリメントを飲んで摂取する方法もありますが、ここではビオチンが含まれる食材には何があるのかという点や、効果的な摂取方法について解説していきたいと思います。 ビオチンを効率良く摂取できる食材 食材によってはビオチンを豊富に含むものがあるため、普段の食事を見直すだけでも効率良くビオチンを摂取することが可能です。 ビオチンを多く含む食材としては、以下のようなものが挙げられます。 食材の種類 含有量 乾燥パン酵母 約300μg/100g まいたけ 約240μg/100g 鶏レバー 約230μg/100g 落花生 約100μg/10g 卵黄 約60μg/1個 納豆 約10μg/1パック どの食材も基本的にはスーパーなどで手軽に手に入れられる食材ばかりのため、使用する食材に少し気を遣うだけで成人男女の1日あたりの目安量とされる50μgのビオチンを摂取することが可能です。 サプリメントなら手軽にビオチンを摂取できる 人によってはさまざまな事情で食事制限をしている方や自炊する時間がない方もいると思いますが、そういった方にはサプリメントでビオチンを摂取することをおすすめします。 サプリメントなら普段の食事にプラスして飲むだけで良いため、忙しい方や食事を制限している方でも手軽に必要な分のビオチンを摂取することが可能です。 サプリメントによってはビオチン以外の栄養成分が配合されているものや、天然型・合成型のいずれかのビオチンが含まれているものなどもあるため、自分に合ったサプリメントを選ぶようにしましょう。 ビオチンの摂り過ぎによるリスクはある? 成人している男女の1日あたりのビオチン摂取量の目安は50μgといわれていますが、食材やサプリメントによっては50μg以上含まれているものもあり、1日あたりに50μg以上摂取しても大丈夫なのか不安に思う方もいるかもしれません。 水溶性ビタミンであるビオチンは排尿時に体外に排出されるため、目安以上に摂取したからといって健康面に悪影響を及ぼす心配はないためご安心ください。 しかしビオチンばかりに気を取られて他の栄養素が不足してしまうと、結果的に栄養不足になって身体に悪影響を及ぼす恐れがあるため、ビオチンだけでなくトータルバランスを考慮して食事を摂るようにしましょう。 育毛効果を得たいならビオチン以外の対策も必要 ビオチンには髪の毛を健康的に維持してくれる効果がありますが、だからといってビオチンを摂取すれば髪の毛が生えてくるというわけではありません。 育毛効果を得たいならビオチンを摂取するだけでなく、その他にも目を向けて対策していく必要があります。 では、ビオチンの摂取と併せてどのような対策を実践していけば良いのでしょうか? 食事の栄養バランスが偏らないようにする 健やかな髪の毛を維持したい場合ビオチンを積極的に摂取することは大切ですが、ビオチン以外の栄養素が不足してしまっては意味がありません。 健やかな髪の毛を育てるためにはタンパク質をはじめビタミンやミネラルといった栄養素が必要不可欠といわれており、栄養バランスの良い食事を摂ることが重要です。 また上記に加えて脂質や炭水化物も適度に摂取することで健康的な心身の維持につながるため、日頃からコンビニやインスタント食品で食事を済ませている方は食生活の見直しから始めましょう。 生活習慣を改めて規則正しく過ごす 抜け毛や薄毛を引き起こす原因としては、睡眠不足や運動不足といった不規則な生活習慣を送っていることに加え、そういった毎日を送ることでストレスが蓄積していることも挙げられます。 髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンは、眠っている間に生成されると言われているため、夜ふかしばかりしていると抜け毛を引き起こしてしまいかねません。 また運動は全身の血流を良くし頭皮の血の巡りも良くなって、髪の毛の成長に欠かせない酸素や栄養が行き届きやすくなるため、適度な運動習慣を身につけることをおすすめします。 発毛サロンで適切なケアを受ける 食事や生活習慣を見直してもなかなか抜け毛が改善されないという場合は、発毛サロンに相談して適切なケアを受けると良いです。 発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターでは、1人ひとりの頭皮・髪の毛の状態を調べてそれぞれに合った方法でケアを行います。 またカウンセリングの中で私生活の改善点を見つけて指導も行なっているため、食事や生活習慣を見直してホルモンバランスを整えて抜け毛予防につなげることも可能です。 抜け毛・薄毛に悩んでいる方はもちろん育毛剤やAGA薬では改善されなかったという方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 ビオチンの効果やビオチンを含む食材・効果的な摂取方法まとめ ビオチンを摂取することで得られる効果としては、以下のようなものが挙げられます。 ・健康的な髪の毛の維持 ・疲労の解消 ・皮膚や粘膜の炎症予防 ビオチンは普段の食事やサプリメントで摂取することができ、それ以外にも腸内細菌によって合成されるため欠乏症に陥る心配はありません。 それでもビオチンが不足すると疲れが溜まりやすくなる場合や、口内炎・皮膚炎が起こりやすくなるといった問題が起こる恐れもあるため、不足しないように意識することをおすすめします。 食事による摂取が難しい方はサプリメントで効率良く摂取することができますが、サプリメントを利用する場合はその他の栄養素が不足しないようにも気をつけましょう。 また育毛効果を得たいのであれば、ビオチンを摂取するだけでなく食事や生活習慣の見直しも行なって、改善が見られない場合は発毛サロンに頼るのも1つの手です。

  • 頭皮にかさぶたができる原因とは?正しいケア方法を知って対策しよう

    みなさんの中には何気なく頭皮に触れた際にかさぶたのようなものがあることに気づいて悩んでいる方もいるのではないでしょうか? 頭皮にかさぶたができる原因としては、乾燥やストレスの他にもさまざまなケースが挙げられ、場合によっては感染症を引き起こしていることもあるため注意が必要です。 そこでこの記事では頭皮にかさぶたができる原因について解説しながら、正しいケア方法・対策方法などについてご紹介していきます。 頭皮にかさぶたができる原因として挙げられるもの 季節によっては頭皮が乾燥することや皮脂が分泌しやすい時期があり、そういったとき頭皮に痒みを感じて無意識に掻いてしまうこともあるでしょう。 つい爪を使って掻くと頭皮が傷ついてかさぶたができてしまうケースもありますが、実はそれ以外にもさまざまな原因があります。 まずは頭皮にかさぶたができる原因として、どんなものが挙げられるのか確認していきましょう。 頭皮にかさぶたができる原因①乾燥 冬などの乾燥しやすい時期やエアコンの効いた空間に長時間いると、頭皮の水分・皮脂が奪われて頭皮が乾燥することがあります。 他にも石油系界面活性剤など、頭皮の皮脂を過剰に洗い流す成分が含まれるシャンプーを使い続けていると、本来頭皮のバリア機能を担ってくれている皮脂が少なくなりかねません。 上記のようなことが原因で頭皮が乾燥すると痒みなどの症状が出やすく、痒みのある箇所を掻きむしって傷つけてしまうとかさぶたができる恐れがあります。 頭皮にかさぶたができる原因②脂漏性皮膚炎 脂漏性皮膚炎とは文字通り皮膚炎の一種で、頭皮の常在菌「マラセチア菌」が増殖することによって引き起こされる病気です。 マラセチア菌は皮脂を栄養源にして増殖するとされているため、比較的皮脂の分泌量が多い方に起こりがちな病気となっています。 脂漏性皮膚炎は普段のセルフケアだけではなかなか改善することが難しいため、もし脂漏性皮膚炎かもしれないと思った際は早めにクリニックなどに相談すると良いでしょう。 頭皮にかさぶたができる原因③ストレス 頭皮にかさぶたができる原因としては、ストレスが大きく関係してくるケースも珍しくありません。ストレスを抱えていると自律神経が乱れて頭皮が血行不良を引き起こす場合があります。 頭皮の血流が悪くなると頭皮の乾燥や髪の毛の成長にも悪影響を及ぼすことがあり、頭皮環境を悪化させる原因にもなりかねません。 ストレスは頭皮の炎症を引き起こしてかさぶたを発生させるほか、身体的・精神的にも悪い影響を与える恐れがあるため、定期的にストレス解消の機会を設けましょう。 頭皮にかさぶたができる原因④乾癬・白癬など 頭皮にかさぶたができる原因の1つに「乾癬(かんせん)」と呼ばれる病気が挙げられ、この乾癬は頭皮が赤くなり銀白色のかさぶたができるのが特徴です。 人によってはかさぶたができている箇所に痛みや痒みを感じることもあり、頭皮の他にも肘・膝といった部位にもできる場合があります。 他にも「白癬(はくせん)」といって皮膚糸状菌と呼ばれるカビが原因で引き起こされる感染症があり、「頭皮がカサつく・小さな水疱ができる」といった症状が特徴の1つで、症状が進むとかさぶたのようなものができるケースも珍しくありません。 頭皮にかさぶたができたときのケア方法・対処方法は? 頭皮にかさぶたができていると頭皮環境が悪化している可能性が高いため、そのまま放置していると抜け毛などの症状を引き起こす恐れもあります。 また上述したように感染症などを引き起こしている場合もありますから、不安な方は放置せずに早めにクリニックなどを受診するようにしましょう。 ここからは、頭皮にかさぶたができた際のケア方法や対処方法についてご紹介していきます。 ケア方法①かさぶたに触れない かさぶたができるとつい気になってしまうことや、痒くて掻いてしまうこともあると思いますが、かさぶたには極力触れないようにしましょう。 雑菌がたくさん付いた手でかさぶたを掻くと、かさぶたが剥がれた部分から雑菌が入り込んで炎症を悪化させてしまいかねません。 どうしても痒みを我慢できないというときは、軟膏を塗るか氷・保冷剤などを使って患部を冷やしてあげると良いです。 ケア方法②使用しているシャンプーを見直す 使用しているシャンプーの洗浄力が高すぎると頭皮の乾燥を招いてしまい、痒みを引き起こし掻きむしった結果としてかさぶたができる恐れがあります。 頭皮が乾燥しやすい方は普段使用しているシャンプーを見直すことからはじめ、保湿成分や頭皮にやさしい成分が含まれているシャンプーに切り替えましょう。 またシャンプー後はすすぎ残しがないようしっかりとシャワーで洗い流し、お風呂上がりも適切な方法で髪の毛を乾かしてあげてください。 https://super-scalp.com/column/5911/ ケア方法③生活習慣や食生活を見直す 頭皮の血行不良などが原因で頭皮環境が悪化しかさぶたができている場合は、生活習慣や食生活が乱れている可能性が考えられます。 寝不足やストレスといった問題を抱えているのであれば、まずは規則正しい生活を取り戻し趣味や運動に打ち込むなどしてストレスを解消しましょう。 食事に関しても脂っこいものや塩分の多いものばかり食べていると、皮脂が多く分泌されてしまうため栄養バランスを考えた食事を意識することが大切です。 ケア方法④クリニックやサロンに相談する 頭皮のかさぶたはセルフケアで改善できるケースもありますが、中には自分では対処が難しいケースもあるため、そういった場合はクリニックやサロンに相談する必要があります。 例えば乾癬や白癬に関しては正しい治療を受けなければならないため、不安に感じた場合は早めにクリニックを受診するようにしましょう。 頭皮環境の悪化によってかさぶたができている場合は、発毛サロンに相談することで1人ひとりの肌質に合った方法でケアを行なってくれます。 頭皮環境の改善ならスーパースカルプ発毛センターにお任せ 頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌に加え生活習慣・食生活などが原因で頭皮環境が悪化し、頭皮にかさぶたができているなら発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、生活習慣・食事に対するアドバイスを行い頭皮環境の改善を目指すことが可能です。 また角栓ジェットを使用して毛穴の奥に溜まった皮脂汚れを除去し、専用トリートメントや専用機器を使ったケアやマッサージによって、頭皮の血行を促進し頭皮環境を整えることもできます。 頭皮のかさぶたに悩んでいる方はもちろんのこと、薄毛や抜け毛といった悩みにも丁寧に対応させていただきます。まずは、お気軽にお近くのサロンへお問い合わせください。 頭皮にかさぶたができる原因と対策方法まとめ 頭皮にかさぶたができる原因としては、主に以下のようなものが挙げられます。 ①乾燥 ②脂漏性皮膚炎 ③ストレス ④乾癬・白癬など 生活習慣や食事や普段のヘアケアを見直すことで改善できる場合もありますが、中には感染症などを引き起こしてかさぶたができている可能性もあるため、不安な方は1度クリニックに相談することをおすすめします。 乾燥や皮脂の過剰分泌といった頭皮環境の悪化が原因でかさぶたができている場合は、セルフケアだけでなくサロンで適切なケアを受ければ改善を目指すことが可能です。 頭皮環境を整えることで健康的な髪の毛を育てることや、抜け毛・薄毛の予防にもつながるため、ぜひスーパースカルプ発毛センターでケアを受けてみませんか?

  • ミノキシジルにまつわる噂!むくみや頭痛、妊活にも影響がある?

    薄毛に悩む男性の中には、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られるミノキシジルを試してみようかなと考えている方もいるのではないでしょうか? しかしミノキシジルを服用するとむくみや頭痛などの副作用の他にも、アルコールとの飲み合わせはしないほうがいい、妊活にも影響があるといった噂を耳にします。 そこで今回は、ミノキシジルにまつわるさまざまな噂についてお話していきたいと思います。 ミノキシジルの噂①副作用でむくみが起こるって本当? ミノキシジルは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として高い発毛効果が期待できるといわれていますが、反対にさまざまな副作用が起こるリスクがある治療薬です。 その副作用の中でもよく耳にするのが「むくみ」ですが、実際にミノキシジルを服用するとむくみが起こるのでしょうか? ミノキシジルを服用するとむくみが起こる原因 結論から言うとミノキシジルを服用するとむくみが起こる場合があるのですが、これはミノキシジルがもともと降圧剤として開発されたことが理由です。 ミノキシジルには、動脈を拡張させる作用があるため服用すると血流が増加するのですが、血液を戻す静脈に対しては拡張作用が働かず末端に血液が滞るためむくみにつながります。 他にもミノキシジルを摂取すると肝臓で分解されたあと、腎臓でろ過されて尿として身体の外へと排出されるますが、この際に肝臓・腎臓に負担がかかって機能低下を起こしむくみが起こるという説もあります。 ミノキシジルでむくみが起こったときの対処法 ミノキシジルでむくみが起こった場合は、利尿剤などを服用して対処するケースもありますが、薬の副作用としてむくみが生じているため別の薬を併せて服用してしまうと、身体への負担が大きくなる可能性も十分考えられます。 多少のむくみであれば、むくみが生じている箇所のマッサージやストレッチ、入浴などによって血行と代謝を促進することでケアできる場合があります。 ミノキシジルの噂②妊活に影響があるって本当? ミノキシジルには、むくみをはじめ頭痛やめまいなどさまざまな副作用が報告されていますが、これから子供を授かりたいと考えている方々にとって不安なのが妊活への影響です。 ミノキシジルの服用によって子供が生まれにくい、赤ちゃんへの悪影響があるということであれば、摂取するのは控えたいと考えるのではないでしょうか。 そこでここからは、ミノキシジルと妊活に関わる噂についてお話していきます。 妊活中の男性には影響はない 一部の治療薬の中には、性欲減退や勃起障害といった症状を引き起こすケースがありますが、ミノキシジルに関してはそのような報告はありません。 そのため妊活中の男性がミノキシジルを服用しても、上記のような影響で性行為がうまくいかず妊活に影響を及ぼすといったことはないでしょう。 他にも男性不妊の原因の多くを占める造精機能障害や、生まれてくる赤ちゃんへの影響もないといわれているため、男性に関しては特に心配する必要はないようです。 妊活中の女性の場合は注意が必要 ミノキシジルはAGAの(男性型脱毛症)だけでなく、女性のFAGA(女性男性型脱毛症)の治療薬として使用されるケースも珍しくありません。 市販のミノキシジル外用薬には、妊活中の女性や胎児に影響を及ぼす副作用などは記載されていませんが、妊活中・妊娠中の使用に対してはその安全性が明確になっていないと報告されています。 さらに授乳中の女性がミノキシジルを使用すると母乳中にミノキシジルの成分が移ってしまうため、赤ちゃんの健康面を考慮して授乳中・妊活中・妊娠中の女性は使用を控えたほうが良いでしょう。 ミノキシジルの噂③アルコールと一緒に飲まないほうがいいって本当? 基本的に薬を服用する場合は、アルコールと一緒に飲まないほうが良いとされていますが、ミノキシジルに関してはどうなのでしょうか? ここからは、ミノキシジルとアルコールの飲み合わせに関する噂についてお話していきます。 血圧が過剰に低下する恐れがある もともと降圧剤として開発されたミノキシジルには血管拡張作用がありますが、アルコールにも同様に血管拡張作用があるため、同時に摂取してしまうと血圧が過剰に低下する恐れがあるため注意が必要です。 血圧が下がりすぎると、頭痛やめまいのほか動悸などの症状を引き起こす危険性があるため、ミノキシジルとアルコールは絶対に一緒に摂取しないようにしましょう。 またミノキシジルの副作用として、もともと頭痛・めまい・動悸などが報告されているため、場合によってはアルコールとの同時接種によって強い症状が出てしまう恐れもあります。 アルコールは睡眠の質を下げることもある 少量のアルコールであれば脳の興奮を鎮めて寝付きやすくする効果がありますが、多量に飲んだ場合は反対に睡眠の質を下げてしまうことがあるため気をつけなくてはなりません。 寝付きが悪くなって夜中まで眠れないことや、何度も目が覚めてしまうことがあると、髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼしてしまいます。 またゆっくり休めないことでストレスや疲労が解消されないと、自律神経が乱れて血流が悪くなり、頭皮に必要な栄養や酸素が行き届きにくくなるといった影響も否定できません。 ミノキシジルの噂④服用したら献血できないって本当? みなさんの中には献血をすることがある方もいると思いますが、AGA(男性型脱毛症)治療薬を服用している場合、献血できないという噂を聞いたことがあるでしょうか? ではそのAGA(男性型脱毛症)治療薬の中には、ミノキシジルも含まれるのかどうかについてお話していきたいと思います。 献血時の問診票に育毛剤使用を問う項目がある 献血する際は輸血者を感染症から保護するなどの目的で、問診票に献血する本人の健康状態や既往症をはじめ、渡航歴・投薬状況などを記載しなければなりません。 その問診票には、プロペシアやアボルブといった治療薬を一定期間内に使用したことがあるかどうかを問う項目があるのですが、あると答えた場合は献血ができなくなります。 ミノキシジルも服用後1ヶ月間は献血してはいけない 問診票にはミノキシジルの名前は出てきませんが、日本赤十字社の医療関係者向けの解説によると、ミノキシジル服用後は1ヶ月間献血してはいけないと記載されています。 ミノキシジルをはじめとする男性ホルモンの働きを抑制する抗アンドロゲン薬は、胎児に対する催奇形性が指摘されていることから、使用後しばらくは献血できないことになっているようです。 ミノキシジルの効果などについては、下記の記事でも紹介しています!ぜひチェックしてみて下さい。 https://super-scalp.com/column/10905/ 薄毛に悩んでいる方は発毛サロンに相談しよう みなさんの中には薄毛の悩みを解決するために、ミノキシジルを使用しようか考えている方もいると思いますが、これまでお話したようなむくみや頭痛といった副作用などが心配という方もいるのではないでしょうか。 また実際にミノキシジルを使用してみたけど、思うような効果が得られなかったという方もいると思います。そういった方は、ぜひ発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターをご利用ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、さまざまな治療薬やサプリメントを試して効果がなかった方でも安心してご利用いただけるように、全額返金で発毛を保証しています。 発毛実績98.7%の当発毛サロンでは、薬不使用で発毛技能士が1人ひとりの髪質・体質に合った最先端発毛療法を行うため、発毛効果を実感していただける可能性が高いです。 これまでさまざまなケアを行っても効果がなかったという方も、まずはお近くのスーパースカルプ発毛センターのサロンへお問い合わせください。 ミノキシジルにまつわるむくみや頭痛などの噂まとめ 今回ご紹介した噂とその答えについて以下にまとめました。 ①副作用でむくみが起こるって本当? →ミノキシジルが持つ血管拡張作用は静脈には働かないため、末端に血液が滞りむくみが生じることがあります ②妊活に影響があるって本当? →男性の場合は影響はないが女性の場合は安全性が明確になっていないため、妊活中・妊娠中・授乳中の女性は摂取しないほうが良いとされています ③アルコールと一緒に飲まないほうがいいって本当? →ミノキシジルにもアルコールにも血管拡張作用があることから、一緒に飲むと血圧が過剰に下がり頭痛・めまい・動悸といった症状が起こることがあります ④服用したら献血できないって本当? →ミノキシジルに関しては、服用後1ヶ月間は献血してはいけないという決まりが設けられています 「あくまで噂だから」と軽く捉えるのではなく、きちんと自分で調べるか発毛サロンなど専門家がいるところに相談するなどして、不安や疑問をしっかり取り除いてからミノキシジルを摂取することをおすすめします。 ミノキシジルの内服薬(ミノタブ)の副作用についてはこちらの記事でも詳しく解説しています! https://super-scalp.com/column/9506/

  • シャンプー後の抜け毛が気になる!?正しい洗髪方法と抜け毛の原因

    シャンプー中に指に抜け毛がたくさん絡んでいることに気づいて、「薄毛が進行しているかも!?」とびっくりしたことはないでしょうか? 抜け毛が起こる原因にはさまざまなものが挙げられますが、その中には使用しているシャンプーが合っていないことや、洗髪方法が正しくないといった可能性も否定できません。 そこでこの記事では、シャンプーによって抜け毛が増える原因や正しいシャンプーの選び方、洗髪方法などについて解説していきます。 抜け毛の原因を見分けよう!シャンプーが合っていない可能性も 髪の毛はヘアサイクルによって脱毛と成長を繰り返しているため、普段シャンプーをする中で抜け毛が増えたように感じても気にしなくていい場合があります。 しかし、今までより明らかに抜け毛の本数が増えている場合は、もしかするとAGA(男性型脱毛症)や使用しているシャンプーが合っていない可能性もあるため注意が必要です。 まずは自分自身の抜け毛が自然なものなのか、それとも何か異常が起こっているのかを見分けるポイントについてご紹介していきます。 1日あたり100本前後の抜け毛は通常 正常なヘアサイクルによって髪の毛が抜けることを「自然脱毛」と呼ぶのですが、1日あたり100本前後の抜け毛本数が一般的です。 人によっては50本程度しか抜けないこともあれば100本以上抜けることもあるため、シャンプーのときに数十本程度の抜け毛があってもさほど気にする必要はないでしょう。 季節によっては1日あたり200本程度抜けることも 薄毛に悩まされていない方でも1日に100本程度の抜け毛が起こるのが普通ですが、中には明らかに100本以上抜けていると感じる方も少なくありません。 しかし紫外線ダメージなどが蓄積されやすい夏から秋にかけては、一時的に抜け毛が増えるケースも珍しくなく、人によっては1日あたり200本程度抜けることもあります。 もちろん、季節的な抜け毛といっても紫外線ダメージが蓄積されていることは確かですから、しっかりと保湿ケアなどを行うことが大切です。 異常脱毛によって抜け毛が起きている可能性がある 上記の季節要因に関わらず毎日かなりの抜け毛があるという場合は、自然脱毛ではなくヘアサイクルの乱れが原因による異常脱毛を引き起こしているかもしれません。 排水溝に髪の毛が溜まるペースが早い 枕に落ちている抜け毛の量が増えた 明らかに髪の毛のボリュームが減っている 上記のように自分自身でも明確に気付くくらい抜け毛が増えているなら、食事や生活習慣の乱れのほかストレスや睡眠・運動不足といったことが原因で頭皮環境が悪化しヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。 また普段使用しているシャンプーが自分の肌に合っていないことや、正しくない方法でシャンプーをしていることも考えられるでしょう。 シャンプーによって抜け毛が増える原因とは? 抜け毛の原因についてはさまざまなものが考えられますが、ここではシャンプーによって抜け毛が増える原因についてお話していきたいと思います。 健康的な頭皮環境・髪の毛を維持するためにシャンプーをしているつもりでも、使用しているシャンプーが合っていない場合や、洗髪方法が間違っている場合はかえって抜け毛を引き起こす原因になりかねません。 ではシャンプーによって抜け毛が増える原因としては、具体的にどういったものが挙げられるのでしょうか? シャンプーによる原因①洗浄力の強いシャンプーの使用 抜け毛が増えたと感じている方の中には、最近シャンプーを新しいものに買い替えたという方もいるのではないでしょうか? シャンプーの中には皮脂や汚れをしっかりと洗い落とすために、石油系界面活性剤などを使用した洗浄力の高い商品が存在します。 洗浄力が高すぎると必要な皮脂まで洗い落とし頭皮の乾燥を招くほか、地肌に強い刺激を与えて頭皮環境を悪化させる恐れがあるため注意が必要です。 シャンプーによる原因②シャンプー後のすすぎ残し 短髪の方や男性の中には、シャンプーをしたあとにシャワーでサッと洗い流す程度の方もいますが、しっかりと洗い流さないとシャンプーの成分や汚れが頭皮に残ったままになってしまいます。 すすぎ残しがあると毛穴にシャンプーの成分や皮脂汚れなどが詰まって、炎症を引き起こして頭皮環境の悪化につながりかねません。 頭皮環境が悪くなれば当然抜け毛などの症状を引き起こす原因になるため、シャンプー後のすすぎ残しがないように気をつけることが大切です。 シャンプーによる原因③頭皮に良くない洗髪方法 頭皮にやさしいシャンプーを使用しており、シャンプー後もしっかりとすすいでいたとしても、洗髪方法が間違っていると抜け毛につながる可能性があります。 例えば…… 爪を立ててシャンプーしている シャンプー時に力を入れすぎている 1日に何度もシャンプーをする 爪を立てて力を入れてシャンプーをすると頭皮が傷ついてしまう恐れがあり、その傷から雑菌などが入れば炎症などを引き起こす可能性も否定できません。 また1日に何度もシャンプーをすると必要以上に皮脂が洗い落とされてしまい、頭皮が乾燥しやすくなって頭皮環境が悪化し抜け毛につながります。 抜け毛予防!正しいシャンプーの選び方と洗髪方法を解説 毎日シャンプーをする方がほとんどだと思いますが、これまでお話したように使用しているシャンプーや洗髪方法が誤っていると抜け毛を増やしかねません。 そこでここからは抜け毛を予防するためにも、正しいシャンプーの選び方や洗髪方法などについて解説していきます。 自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぼう シャンプーが原因による抜け毛を防ぐためには、まず自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが何よりも大切です。 人によって髪質・肌質が異なるため自分の肌タイプを知る必要がありますが、乾燥肌・敏感肌の方は肌にやさしく保湿効果が期待できるアミノ酸系やベタイン系シャンプーをおすすめします。 オイリー肌の方は皮脂をしっかりと洗い落としてくれる高級アルコール系や石けん系などの選択肢もありますが、乾燥が原因で皮脂が過剰分泌されている可能性もあるため保湿効果の高いものを選ぶのも良いでしょう。 頭皮に成分が残らないようにしっかり洗い流す すすぎ残しによって頭皮にシャンプーの成分が残留していると、毛穴に成分が入り込んで炎症を引き起こす原因になりかねません。 また乾燥を招いて痒み・赤み・フケといった頭皮トラブルにつながる恐れもあるため、髪の毛についた泡だけでなく頭皮もしっかりと洗い流すようにしましょう。 頭皮に負担がかからないように洗う シャンプーをするときは爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうため、指の腹を使ってやさしく揉み込むように洗うと良いです。 また1度に何回もシャンプーしなくても皮脂汚れは十分洗い落とせるため、やさしく丁寧に洗うことを心がけてください。 さらに、お風呂上がりに髪の毛が濡れたままの状態でいると、髪の毛の水分も一緒に蒸発して乾燥してしまい切れ毛や枝毛などにつながるリスクが上がります。 しっかりとタオルドライをしたあと、髪の毛から15〜20cmほど離してドライヤーを当てて乾かし、最後は冷風などで髪の毛を冷ましてあげると良いです。 抜け毛が気になり始めたら!発毛サロンでケアを受けよう 普段使用しているシャンプーや洗髪方法を見直すだけでも、抜け毛の症状がマシになる可能性はありますが、それでも抜け毛が減らない場合は他の原因が考えられます。 生活習慣や食事を見直すことも1つの対処法ですが、どうすればいいか分からない方や見直しても良くならないという方は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、生活習慣や食事・睡眠などに対するアドバイスはもちろんのこと、最先端発毛療法を用いたケアで発毛・育毛を目指すことが可能です。 初めてご利用いただく方限定で、「カウンセリング・頭皮チェック・頭皮写真撮影・発毛施術体験」を含む1回60分の実感お試し発毛体験コースを、特別価格の6,600円(税込)でご利用いただけます。 抜け毛が増えたとお悩みの方や発毛ケアを始めたいと考えている方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターへお問い合わせください。 シャンプーによる抜け毛の原因と正しい洗髪方法まとめ シャンプーによる抜け毛の原因としては、主に以下の3つが挙げられます。 洗浄力の強いシャンプーの使用 シャンプー後のすすぎ残し 頭皮に良くない洗髪方法 洗浄力の高いシャンプーは必要以上に皮脂を洗い落としてしまい、頭皮の乾燥や反対に皮脂の過剰分泌を招いて頭皮環境の悪化を引き起こしかねません。 シャンプーをするときは以下のポイントを押さえて行うことで、頭皮環境の悪化や抜け毛防止につながるでしょう。 自分の髪の毛や頭皮に合ったシャンプーを使用する シャンプー後はすすぎ残しがないようにする 頭皮に負担がかからないようにやさしく洗髪する シャンプーを見直しても抜け毛が減らない場合は他の原因が考えられますので、その際はお気軽にスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 薄毛の原因と対処法は?抜け毛が増えたときに見直すべき習慣

    多くの男性が抱える悩みの1つに薄毛がありますが、みなさんの中には「いずれ自分も薄毛になるんじゃないか」と心配している方もいるのではないでしょうか? 薄毛は、男性ホルモンの影響や遺伝の他にもさまざまなことが原因となって起こるとされているため、原因を知って対策していけば改善できるケースも少なくりません。 そこでこの記事では、薄毛の原因や対処法、抜け毛が増えたときに見直すべき習慣などについてご紹介していきます。 薄毛や抜け毛につながるとされる主な原因とは? 薄毛や抜け毛が起こる原因として、男性ホルモンの影響や遺伝などが挙げられますが、それ以外にもさまざまなことが原因に起こると言われています。 薄毛や抜け毛につながるとされる主な原因としては、以下の6つです。 ①DHTと呼ばれる男性ホルモンの影響 ②母方の祖父・曽祖父の薄毛が遺伝している ③運動不足で頭皮の血行が悪くなっている ④高脂質・高カロリーのものばかり食べる ⑤寝不足や長時間労働でストレスが溜まっている ⑥紫外線やシャンプーなどの外的刺激 まずは、それぞれの原因について詳しく解説していきます。 薄毛の原因①DHTと呼ばれる男性ホルモンの影響 薄毛には男性ホルモンが大きく関わっているとよく言われていますが、男性ホルモンにはテストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)の2種類があるのをご存知でしょうか。 テストステロンは、いわゆるモテホルモンと呼ばれる良い男性ホルモンですが、一方のジヒドロテストステロンは薄毛を引き起こす原因になるとされています。 ジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されるホルモンで、男性型脱毛症の他にも前立腺疾患を引き起こす原因になりかねません。 https://super-scalp.com/column/5439/ 薄毛の原因②母方の祖父・曽祖父の薄毛が遺伝している 人は、親や祖父母から体型や顔のパーツ・性格などさまざまな要素を遺伝で受け継ぎますが、実は薄毛も遺伝することをご存知でしょうか? 特に母方の祖父・曽祖父に薄毛の方がいる場合、その子孫も薄毛になる可能性があり、中でも祖父・曽祖父両方が薄毛だとその確率はさらにアップします。 https://super-scalp.com/column/5119/ 薄毛の原因③運動不足で頭皮の血行が悪くなっている 髪の毛の成長には栄養や酸素が欠かせませんが、頭皮の血行が悪くなっているとその栄養や酸素が頭皮に行き届きづらくなって薄毛や抜け毛につながりかねません。 頭皮の血行が悪くなる原因としては、ストレスなども挙げられますが近年では運動不足が原因となるケースが増えています。 特にデスクワークなど同じ姿勢でいることの多い職種の方は、身体を動かす機会が少ないだけでなく肩こりによって血流が悪くなりやすいため注意が必要です。 https://super-scalp.com/column/2725/ 薄毛の原因④高脂質・高カロリーのものばかり食べる 普段から栄養バランスが偏った食事ばかりしていると、頭皮環境の悪化につながって薄毛・抜け毛を引き起こす原因になりかねません。 また、髪の毛は食事などによって摂取した栄養によって成長するため、髪の毛に欠かせないタンパク質やビタミン・ミネラルが不足すると髪の毛自体が細く弱くなっていきます。 特に高脂質・高カロリーのものばかり摂取していると、頭皮がベタついて毛穴詰まりを起こしやすくなり薄毛を助長する原因になってしまうでしょう。 https://super-scalp.com/column/4721/ 薄毛の原因⑤寝不足や長時間労働でストレスが溜まっている 現代はストレス社会と呼ばれていますが、ストレス過多に陥ると自律神経の乱れから副交感神経が優位に立ち、血管が収縮して血流が悪くなります。 血流が悪くなれば先述した通り髪の毛に栄養や酸素が行き届きづらくなり、薄毛や抜け毛を引き起こす原因につながりかねません。 他にもストレスは皮脂を過剰分泌させて、毛穴の詰まりや炎症といったトラブルを招き薄毛になるケースもあります。 https://super-scalp.com/column/6017/ 薄毛の原因⑥紫外線やシャンプーなどの外的刺激 薄毛は、紫外線や頭皮に合わないシャンプーなどによる外的刺激を受けて起こることもあるとされており、特に紫外線が強くなる夏場は一時的に抜け毛が増える場合も珍しくありません。 紫外線によって受けたダメージを放置していると、乾燥や炎症を引き起こして頭皮環境が悪くなりかねないため、しっかりと紫外線対策や保湿ケアをすることが大切です。 https://super-scalp.com/column/6128/ また、石油系界面活性剤などを使った洗浄力の高いシャンプーは、必要な皮脂まで洗い落として頭皮の乾燥を招いてしまうため使用には注意しましょう。 https://super-scalp.com/column/7727/ 薄毛になりつつあるかも?兆候を把握して事前に対策しよう ここまで6つの薄毛の原因についてお話してきましたが、実際に薄毛や抜け毛が進行するとどのような兆候が見られるようになるのでしょうか? ここからは薄毛が悪化する前に対策できるように、薄毛の兆候についてご紹介していきたいと思います。 以前よりも髪の毛が細く弱々しくなった シャンプーをしているときや手櫛をしたときに、髪の毛のハリやコシがなくなったように感じる場合や、細く弱々しくなったと感じる場合は薄毛になりつつあるかもしれません。 髪の毛に元気がなくなると、ワックスを使って髪の毛をセットしても上手くまとまらなくなることもあるため、セットしづらいかどうかも薄毛の兆候の1つとして覚えておきましょう。 https://super-scalp.com/column/7996/ 生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなった 昔に比べて生え際が後退してきた場合や、頭頂部のボリュームがなくなったと感じる場合、これもまた薄毛に近づいている兆候です。 生え際の後退はM字ハゲ、頭頂部のボリュームの低下はO字ハゲと呼ばれる薄毛になる可能性が高いため、これらの兆候が見られた場合は発毛サロンなどに相談する必要があります。 https://super-scalp.com/column/6210/ 乾燥やベタつきなど頭皮環境が悪くなった 季節問わず頭皮が乾燥しやすくフケが出るといった場合や、痒み・赤みを引き起こすことが多い場合は頭皮環境が悪化している証拠のため、放置していると薄毛につながりかねません。 また頭皮が乾燥していると不足した油分を補おうと、皮脂が過剰分泌されて頭皮がベタつき毛穴詰まりの原因になる恐れもあります。 使用しているシャンプーやトリートメントが合っていない可能性もあるため、乾燥やベタつきに悩んでいる方はヘアケアアイテムの見直しから始めましょう。 https://super-scalp.com/column/7643/ 薄毛が気になりだしたら!改善すべき習慣や対策方法 最近、髪の毛が薄くなってきた気がすると感じている方の中には、今回ご紹介した原因の中に思い当たる節がある項目もあるのではないでしょうか? では、実際に薄毛が気になりだした場合、どういった方法で対策していけば良いのかご紹介していきたいと思います。 薄毛対策①生活習慣や食生活を改善する 身近な薄毛の対処法としては、まず不規則になっている生活習慣を改善することや、栄養バランスの偏った食生活を見直すことです。 髪の毛の成長ホルモンは就寝中(特に午後10時〜午前2時の間)に分泌されるため、寝る時間が遅い方や夜ふかししがちな方は睡眠を見直しましょう。 他にも運動不足になっていると頭皮の血行が悪くなって、髪の毛に十分な栄養や酸素が行き届かなくなるため、スキマ時間を見つけてウォーキングなど軽い運動をすると良いです。 また髪の毛の成長には、タンパク質・ビタミン・ミネラルが欠かせないと言われているため、普段の食事の中でしっかりと摂取できているかどうか確認しましょう。 https://super-scalp.com/column/5342/ 薄毛対策②使用しているシャンプーなどを見直す 洗浄力の強いシャンプーを使用していると頭皮の乾燥を招く原因になりかねず、肌の弱い方は石油系界面活性剤やアルコール配合のシャンプーは使わない方が良いです。 また頭皮が乾燥すると皮脂の過剰分泌を引き起こす原因にもなるため、乾燥・ベタつきにお悩みの方はアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。 薄毛対策③発毛サロンに相談してケアを受ける 生活習慣・食生活・使用しているシャンプーなどを見直しても、なかなか薄毛が改善されないという場合は、発毛サロンに相談して適切なケアを受けたほうが良いでしょう。 発毛専門サロンのスーパースカルプ発毛センターは、各サロンに発毛技能士が在籍しており、1人ひとりの薄毛の原因に合ったケアを提案させていただきます。 育毛剤や発毛シャンプーなど自分なりにケアをしているけど、なかなか髪の毛が生えないという方はぜひ1度当サロンにご相談ください。 薄毛になる原因と抜け毛が増えた際に見直すべき習慣・対処法まとめ 薄毛の原因には、主に以下の6つがあります。 ①DHTと呼ばれる男性ホルモンの影響 ②母方の祖父・曽祖父の薄毛が遺伝している ③運動不足で頭皮の血行が悪くなっている ④高脂質・高カロリーのものばかり食べる ⑤寝不足や長時間労働でストレスが溜まっている ⑥紫外線やシャンプーなどの外的刺激 このように薄毛の原因にはさまざまなものがあるため、髪の毛が薄くなってきた方や抜け毛が増えたと感じている方は、当てはまるものがないか確認することから始めましょう。 また薄毛の兆候に髪の毛が細く弱々しくなるといったことや、頭皮の乾燥・ベタつきなども挙げられるため、思い当たる節がある方はできるだけ早く発毛サロンでのケアをおすすめします。 生活習慣や食生活を見直すことで抜け毛が減るケースもありますが、自分自身で対策を講じても改善が見られないという場合は、スーパースカルプ発毛センターにお任せください。

  • ハゲの前兆チェックリスト!原因や対策方法を押さえておこう

    人それぞれさまざまな心配や悩みがあると思いますが、男性の多くが抱えている心配として「将来的にハゲるのではないか」といったことが挙げられます。 みなさんの中には、シャンプーをしているときや鏡を見たときに何となく髪の毛が薄くなったように感じている方もいるのではないでしょうか? そこでこの記事では、ハゲの前兆としてどんな症状があるのかという点や、ハゲる原因・対策方法などについてご紹介していきます。 ハゲの前兆!7つのチェックリストで薄毛度を確認しよう ハゲには、前髪が後退するM字ハゲや頭頂部の髪の毛が薄くなるO字ハゲなどいろんな種類がありますが、もしおでこが広くなったように感じるといったことがあった場合それはハゲの前兆の1つかもしれません。 https://super-scalp.com/column/5145/ ハゲの前兆にどんな症状があるのか知っておけば、いち早くその前兆に気づいて抜け毛・薄毛の対策を講じることができます。 まずは、ハゲの前兆として挙げられる7つのチェックリストを確認していきましょう。 ハゲの前兆①明らかに抜け毛が増えた 頭皮が健康な状態の方でも、毎日およそ100本程度の髪の毛が抜けると言われていますが、それよりも明らかに抜け毛が多いという場合はハゲの前兆かもしれません。 紫外線によるダメージを受けやすい時期などは一時的に抜け毛が増えるケースもあるため一概には言えませんが、お風呂場の排水溝に髪の毛が溜まるペースが早い場合や、朝起きたときに枕に抜け毛がたくさん付いているといった場合はハゲの前兆の可能性が高いです。 https://super-scalp.com/column/5371/ ハゲの前兆②髪の毛そのものが細くなった 男性ホルモンの影響や食事による栄養不足で髪の毛の成長が滞ると、髪の毛のハリ・コシが失われてどんどん細く弱い髪質になってしまいます。 このように髪の毛の栄養が不足して細くなると、次第に抜け毛が増えて最終的に薄毛へと進行してしまう可能性もあるため、髪の毛そのものが細くなったと感じ始めたらそれはハゲの前兆といえるでしょう。 https://super-scalp.com/column/7996/ ハゲの前兆③フケが増えたような気がする 乾燥しやすい冬の時期は、頭皮も乾燥してフケが出やすくなりますが、それに加えて頭皮環境が乱れていることが理由でフケが増えるケースも少なくありません。 頭皮が乾燥するとバリア機能が弱まり、ちょっとした外的刺激によって炎症を引き起こす場合もあるため、頭皮環境がさらに悪化し抜け毛・薄毛へとつながります。 https://super-scalp.com/column/6082/ ハゲの前兆④頭皮が痒い・赤みがある 頭皮の環境が悪化すると、フケだけでなく頭皮の痒みや赤みといった炎症を引き起こし、その炎症によって抜け毛が増えることにもなりかねません。 また、痒みを我慢できずに爪で掻いてしまうと頭皮を傷つけて、余計に頭皮環境を悪化させることにつながるためクリニックやサロンで正しいケアを受ける必要があるでしょう。 https://super-scalp.com/column/7571/ ハゲの前兆⑤頭皮が凝り固まっている ストレスや運動不足などがきっかけで頭皮が凝り固まっていると、頭皮の血行が悪くなって髪の毛に必要な酸素や栄養が行き届かなくなると言われています。 https://super-scalp.com/column/2725/ 自分自身で頭皮を触っても硬くなったかどうかを判断することは難しいため、薄毛の不安がある方はクリニックまたはサロンで1度チェックしてもらうと良いです。 ハゲの前兆⑥髪の毛のまとまりが悪い 髪の毛が栄養不足に陥って細く弱々しくなると、ワックスなどでヘアセットをしてもまとまりづらくなることがあります。 髪の毛1本1本が細くなったと感じることに加えて、上記のように髪型が上手く決まらないといった場合はハゲの前兆の1つとして念頭に置いておきましょう。 ハゲの前兆⑦生え際の後退・頭頂部が薄い 冒頭でお話したようにハゲにはM字ハゲやO字ハゲといった種類があるわけですが、M字ハゲの前兆としては徐々に生え際が後退するという点が挙げられます。 O字ハゲの場合は、頭頂部の抜け毛が進み頭皮が透けて見えるようになるといった前兆があるため、鏡で見た際に気になる場合は早急の対策が必要です。 https://super-scalp.com/column/5145/ ハゲの前兆はなぜ起こる?抜け毛・薄毛の原因を知っておこう ハゲる原因には、遺伝や男性ホルモンによる影響が挙げられますが、それ以外にも食事や生活習慣などが原因になっている可能性もあります。 https://super-scalp.com/column/5119/ 食事や生活習慣を見直すことで対策につながる場合もあるため、ここからはハゲの前兆が起こる原因について詳しく見ていきましょう。 ハゲの原因①普段の食事の栄養バランスが偏っている 多忙な毎日を送っていると自炊することが億劫になり、つい適当な食事で済ませてしまうという方も多いのではないでしょうか? 食事は、身体面だけでなく精神面の健康のためにも重要ですから、栄養バランスの偏った食事ばかりをしていると当然頭皮環境・髪の毛にも影響を及ぼします。 インスタント食品やお酒とちょっとしたおつまみ、特に塩辛い・濃い味付けのものばかり食べていると、頭皮や髪の毛に悪影響を与えてしまうため注意しましょう。 https://super-scalp.com/column/4721/ ハゲの原因②寝不足や運動不足など生活習慣が乱れている 多忙な方は食事だけでなく生活習慣も不規則になりやすく、寝不足や運動不足が続いているという方も少なくありません。 特にデスクワークをしている方は毎日同じ姿勢で居続ける場合も多く、意識的に心がけないとなかなか運動する機会を持つことが難しいです。 こうした生活習慣の乱れやストレスは髪の毛・頭皮環境を悪化させやすいため、睡眠の質向上やストレス解消に務めることが大切になります。 https://super-scalp.com/column/6017/ ハゲの原因③普段使っているヘアケアグッズが合っていない ヘアケアや頭皮を清潔に保つために普段からシャンプーやトリートメントなどを使っていると思いますが、実は自分の髪の毛・頭皮に合っていないヘアケアグッズを使っていると、かえって抜け毛や薄毛を引き起こす原因になりかねません。 例えば、洗浄力の高いシャンプーを使っていると必要以上に頭皮の皮脂を洗い落としてしまい、乾燥を招くことや逆に皮脂が過剰分泌することがあります。 毎日ちゃんとヘアケアをしているのに頭皮が乾燥または皮脂がたくさん出るという方は、使用しているヘアケアグッズが合っていない可能性があるため1度見直しましょう。 https://super-scalp.com/column/6273/ ハゲの前兆が見られたら!抜け毛の対策方法について 将来的に抜け毛・薄毛が起こるのではないかと不安に感じている方は、ハゲの前兆に関わらず普段から育毛・発毛ケアを行なっておくことをおすすめします。 すでにハゲの前兆が見られ始めている場合は、今からでも対策を行なって抜け毛・薄毛がこれ以上進行しないように努めましょう。 ここからは、ハゲの前兆が見られたときの対策方法についてご紹介していきます。 頭皮・髪の毛に必要な栄養を摂取する 健康を保つために欠かせない5大栄養素として、「タンパク質・ビタミン・ミネラル・脂質・炭水化物」が挙げられますが、このうち髪の毛にとって重要なのがタンパク質・ビタミン・ミネラルの3つです。 インスタント食品やコンビニ弁当ばかりを食べていると、炭水化物や脂質ばかりに偏ってしまいがちになるため、野菜などもしっかりと摂取してバランス良く食事するようにしましょう。 https://super-scalp.com/column/6555/ 健康で規則正しい生活習慣を送る 髪の毛を育てる成長ホルモンは就寝中に分泌されると言われており、特に午後10時〜午前2時の間に多く分泌されるため、できるだけこの時間帯に寝られるように努めることが重要です。 ・就寝前に暗い部屋でスマホを触る ・入浴時にシャワーだけで済ませる ・コーヒーなどカフェインを摂取する 上記のような行動は寝付きを悪くしてしまうため、できるだけ控えると良いでしょう。 https://super-scalp.com/column/5479/ また、定期的な運動もストレス解消や寝付きを良くするだけでなく、頭皮の血行促進にもつながるため、空いた時間があれば軽いストレッチや散歩をすることをおすすめします。 頭皮・髪の毛に合ったヘアケアグッズを使う 自分の頭皮・髪の毛に合っていないヘアケアグッズを使い続けていると、髪の毛が細くなることや頭皮環境の悪化につながってしまうため、ハゲの前兆が見られる方はヘアケアグッズの見直しをしましょう。 敏感肌の方や頭皮が乾燥しやすい方は、刺激が少なく頭皮の保湿にもつながるアミノ酸系シャンプーに切り替えるのも良いです。 https://super-scalp.com/column/7727/ サロンに相談してヘアケアを受ける 自分なりに食事や生活習慣、ヘアケアグッズを見直してもなかなか抜け毛が減らないという場合は、ヘアケアサロンに相談するという方法もあります。 ヘアケアサロンでは、1人ひとりの髪の毛・頭皮の状態を調べたうえでそれぞれに合った方法でヘアケアを受けることが可能です。 スーパースカルプ発毛センターでは、食事や生活習慣に対するアドバイスはもちろんのこと、専用トリートメントやマッサージによる頭皮の血行促進、マイクロジェット噴流を使った毛穴洗浄を行なって抜け毛・薄毛のケアを行います。 ハゲの前兆に悩んでいる方やすでに薄毛が進行しているという方は、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 ハゲの前兆に見られる症状や原因・対策方法まとめ ハゲの前兆として見られる症状としては、以下のようなものが挙げられます。 1.明らかに抜け毛が増えた 2.髪の毛そのものが細くなった 3.フケが増えたような気がする 4.頭皮が痒い・赤みがある 5.頭皮が凝り固まっている 6.髪の毛のまとまりが悪い 7.生え際の後退・頭頂部が薄い 上記のようなハゲの前兆が起こるのは、遺伝や男性ホルモンの影響の他に栄養バランスの偏った食事や不規則な生活習慣、合っていないヘアケアグッズの使用などが原因です。 自分自身で見直して改善できることから始めてみて、なかなか効果が見られないというときは、ぜひスーパースカルプ発毛センターにお任せください。

  • 髪の毛を太くする方法を徹底解説!髪の毛が細くなる原因もご紹介

    みなさんの中には、シャンプーをしているときに髪の毛が細く柔らかくなったように感じている方や、ふと鏡を見た際に髪の毛全体のボリュームが少なくなったように感じている方はいませんか? 特に男性であれば、「このまま髪の毛が細くなってハゲるんじゃないか」と不安に感じてしまいますよね。 この記事では、髪の毛が細くなる原因や細い髪の毛を太くする方法などについて詳しく解説していきますので、髪の毛の細さに悩んでいる方はぜひご一読ください。 一般的な髪の毛の太さってどれくらいなの? 髪の毛の太さは人によって異なり、見た目の印象にも違いが出てきますが、一般的な髪の毛の太さはどれくらいなのでしょうか? まずは、一般的な成人の髪の毛の太さはどれくらいなのかという点に加えて、髪の毛が太い人・細い人の特徴や髪の毛の太さが人に与える印象について解説していきます。 大人の髪の毛の太さは平均で「約0.08mm」 髪の毛の太さは成人の場合だと平均で約0.08mmとされています。 もちろん、人によって髪の毛の太さには多少のばらつきがありますので、太い方なら0.15mm以上、細い方だと約0.05mm以下のケースも少なくありません。 0.1mmの差は、数字だけで見ると大したことのないように感じますが、全体で見るとやはりボリューム感や地肌の見え方などに大きな違いが出てきます。 では、髪の毛が太い人と細い人それぞれの特徴と、髪の毛の太さによって人にどのような印象を与えるのか確認していきましょう。 髪の毛が太い人の特徴と人に与える印象 髪の毛が太い人の特徴としては、以下のようなものがあります。 ・髪の毛全体にボリューム感がある ・髪の毛1本1本にハリやコシがある ・髪質が硬く癖が付きにくい分まとまりにくい 髪の毛が太いと髪の毛1本1本がしっかりしているため、全体的にボリューム感のあるヘアスタイルを作りやすいです。 ただ、その一方で髪の毛がまとまりにくく、扱い方が分からないという方も少なくありません。 きちんとヘアセットをせずに放置していると、周囲からだらしない・清潔感がないと思われることや、どこか垢抜けない印象を持たれてしまうこともあるでしょう。 髪の毛が細い人の特徴と人に与える印象 髪の毛が細い人の特徴は、以下のようなものが挙げられます。 ・髪の毛全体にボリューム感がない ・髪の毛1本1本が細いため地肌が見えやすい ・髪質が柔らかくへたりやすい 髪の毛が細い場合、太い髪の毛よりもヘアセット自体はしやすいですが、髪の毛自体が柔らかくハリ・コシが弱いため、ヘアセットをしてもへたりやすいケースが多いです。 そのため、パーマがかかりにくかったり、すぐに取れてしまったり、巻き髪もすぐに元に戻ってしまうといったことも少なくありません。 また、髪の毛が細いとどうしても全体のボリューム感が少なくなり地肌が見えやすくなるため、周囲から薄毛と思われてしまうこともあるでしょう。 髪の毛が細くなる原因として考えられるもの 人によっては、元々髪の毛が細いという方もいると思いますが、中には昔よりも細くなった気がするという方もいるのではないでしょうか。 そこでここからは、髪の毛が細くなる原因として考えられるものをいくつかご紹介していきたいと思います。 原因①栄養バランスが偏った食事を摂っている 以前よりも髪の毛が細く弱々しくなったと感じている方の中には、仕事が忙しいなどの理由でインスタント食品やコンビニのお弁当などで済ませてしまっている方もいるのではないでしょうか? 毎日そういった食生活を送って栄養バランスが偏っていると、髪の毛の成長に必要な栄養素をきちんと摂取することができません。 特にインスタント食品やコンビニ弁当は、脂質や塩分・添加物などが多く含まれている傾向にあり、頭皮環境を悪化させてしまう可能性があるため注意が必要です。 原因②睡眠不足や過度なストレス 仕事などが原因で過度なストレスを抱えていると、自律神経が乱れて頭皮の血流が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が十分に行き届かなくなります。 さらに自律神経の乱れは、皮脂腺や汗腺の働きを活性化させ頭皮環境を悪化させるだけでなく、睡眠の質を低下させることにもつながりかねません。 髪の毛の成長を促す成長ホルモンは、睡眠時に分泌されるといわれているため、良質な睡眠を摂ることができないと髪の毛がきちんと育たず痩せ細っていく場合もあります。 原因③誤ったヘアケア方法を行なっている 日頃のシャンプーやドライヤーなどヘアケア方法が誤っていると、頭皮環境の悪化や髪の毛へのダメージにつながってしまい細く弱い髪の毛になりかねません。 誤ったヘアケア方法の具体例としては、以下のようなものが挙げられます。 ・1日に何回もシャンプーすることが多い ・長時間ドライヤーを髪の毛に当てている ・爪を立ててシャンプーをしている ・ヘアワックスを付けたまま長時間いることが多い 髪の毛や頭皮の汚れをしっかり洗い落とそうとして数回シャンプーする方がいますが、やり過ぎると頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい頭皮の乾燥を招くことがあるため注意が必要です。 原因④その他|遺伝・加齢・AGAなど 人によって元々髪の毛が細い方もいますが、そういった方は遺伝が原因として考えられるため、対策しても効果が期待できない場合があります。 他にも、加齢に伴って血管が老化し髪の毛にきちんと栄養が行き届かなくなることや、ヘアサイクルが乱れるといったことが原因で髪の毛が薄くなる場合や細くなるケースも珍しくありません。 さらに男性の場合は、AGAという男性型脱毛症の影響によって髪の毛が痩せ細っていき、抜け毛などの症状が現れることもあります。 スーパースカルプ発毛センターでは、生活習慣の乱れで引き起こされる薄毛だけでなく、遺伝による薄毛でも発毛実績があります! 「最近生え際が気になる…」「遺伝的に将来ハゲそうで怖い…」などとお悩みの方は、お気軽にスーパースカルプ発毛センターにご相談ください♪ 無料のパーソナル薄毛診断で、あなただけの改善プランを見つけてみませんか? ▶パーソナル薄毛診断はこちらから! 細い髪の毛を太くする方法は?原因に合わせた対策を実践しよう 生活習慣やヘアケア方法などが原因で髪の毛が細くなっている場合は、食事や睡眠などを見直すことで細い髪の毛を太くできる可能性があります。 自分の髪の毛がなぜ細くなったのかという原因を把握したうえで、以下でご紹介する細い髪の毛を太くする方法を実践していきましょう。 細い髪の毛を太くする方法①栄養バランスを考えた食事を摂る 普段からインスタント食品やコンビニ弁当などばかり食べてしまいがちな方は、栄養バランスを考えた食事を摂ることを意識すると良いです。 健康を維持するために必要不可欠とされる五大栄養素には、炭水化物・脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミンが挙げられますが、その中でも特にタンパク質・ミネラル・ビタミンの3つは髪の毛の成長に欠かせません。 それぞれの栄養素が髪の毛にもたらす役割や、髪の毛に良い食べ物などについては以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は併せてお読みください。 https://super-scalp.com/column/4721 細い髪の毛を太くする方法②不規則な生活習慣を見直す 細い髪の毛を太くする方法の中でも、特に意識してほしいのが「不規則な生活習慣を見直す」という点で、例えばみなさんの中には寝る時間が遅いという方も多いのではないでしょうか? 髪の毛の成長を促す成長ホルモンは、睡眠時(特に22時〜26時の間)に分泌されていると言われているため、寝る時間が遅いと成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。 寝付きが悪い方や、寝ているのにあまり身体が休まった気がしないという方は、以下のようなことを意識すると良いでしょう。 ・ゆっくり湯船に浸かって身体を温める ・寝る前に軽くストレッチをする ・寝る前にカフェインを摂取しない ・暗い部屋の中でスマホを見ない ・寝る直前に物を食べない スマホの代わりに読書をする、コーヒーの代わりに白湯を飲むなど、ちょっとした行動の変化で寝付きを良くすることができます。 細い髪の毛を太くする方法③頭皮・髪の毛に合ったヘアケアを行う 普段使っているシャンプーなどが合っていないと頭皮環境が悪くなってしまうため、自分の頭皮・髪の毛に合ったヘアケアを行うのも細い髪の毛を太くする方法の1つといえるでしょう。 例えば、シャンプーによっては洗浄力が高く頭皮への刺激も強い石油系やアルコール系の合成界面活性剤が含まれている商品があり、乾燥やフケといったトラブルを引き起こしかねません。 頭皮への刺激を抑えたい方は、頭皮にやさしく保湿力が高いノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。 細い髪の毛を太くする方法④発毛サロンに相談する 人によっては、食事や生活習慣、ヘアケア方法を見直してもなかなか髪の毛が太くならないという場合や、そもそも正しく対策できているのか分からないという場合もあるかと思います。 そういった方は、自力で対策を行うよりも発毛サロンなど専門のところに相談して、自分の頭皮・髪の毛の状態に合ったケアを受けたほうが良いでしょう。 スーパースカルプ発毛センターでは、頭皮マッサージを行なって髪の毛に栄養が行き届きやすくするだけでなく、高水圧マイクロジェットレベル噴流によって毛穴の汚れを落とし頭皮環境を改善します。 食事や睡眠など生活面に対するアドバイスもさせていただきますので、細い髪の毛を太くしたい方や薄毛にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。 髪の毛を太くする食事 私たち人間の身体は、日々食べているものや飲んでいるものによってつくられています。 もちろん、髪の毛も例外ではありません。 薄毛対策には、髪の毛を太くすること、つやのある健康的な髪の毛を取り戻すことが大切なので、まずは今からでもすぐに実践できる「食事の見直し」から始めてみませんか? 髪の毛を太くする栄養素は以下の通りとなっています。 栄養素含まれる食品 タンパク質肉・魚・卵など 亜鉛牡蠣・レバー・ブロッコリーなど ヨウ素昆布やわかめなどの海藻類 ビタミン類チーズ・ナッツ・柑橘類など EPAアジやサバなどの青魚 Lシステイン高野豆腐・ごま・ニンニクなど イソフラボン豆乳や納豆などの大豆製品 それでは、各栄養素の特徴を詳しく解説していきましょう。 栄養素①|タンパク質 食品【動物性たんぱく質】肉・魚・牛乳・乳製品・卵など【植物性たんぱく質】大豆製品・えんどう豆・穀類など 役割髪の毛の主成分 注意点タンパク質が多く含まれる食品の中には脂質が多いものもあるため注意が必要 まずはじめに紹介する栄養素は「タンパク質」です。 タンパク質は多くのアミノ酸が結合してできていますが、髪の毛のもとになるアミノ酸の中には体内で合成できない「必須アミノ酸」が含まれているため、食べ物から摂取しなければいけません。 髪の毛の90%以上がケラチンというタンパク質で構成されており、タンパク質は髪の毛を太くするために最も大切な栄養素の1つであると言えるでしょう。 しかし、タンパク質を必要としているのは髪の毛だけではありません。 心臓・胃・腸などの臓器、血管、筋肉、神経細胞など、さまざまな部位がタンパク質で成り立っています。 そして、人間の身体は臓器や神経細胞の修復に優先してタンパク質を使用するような構造になっているため、髪の毛を太くしたい方はタンパク質をたくさん摂取するように心がけましょう。 ただし、肉・魚・卵などの動物性タンパク質が含まれる食品には、脂質の一つであるコレステロールも多く含まれているため注意してください。 血液中に悪玉コレステロールが増えると、頭皮の血行不良を起こしたり、発毛サイクルに悪影響を与えてしまうので、脂身が少ないもも肉や鶏ささみ、ラム肉などを選ぶようにしましょう。 特にラム肉にはコレステロール値を下げる「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれており、鉄分・亜鉛なども同時に摂取できるため、薄毛対策におすすめの食品です。 https://super-scalp.com/column/935/ 栄養素②|亜鉛 食品牡蠣・牛赤身肉・ラム肉・うなぎ・レバー・玄米・ナッツ・ブロッコリーなど 役割タンパク質をケラチンに変換するサポート 注意点過剰摂取は貧血や下痢などの体調不良、抜け毛の原因にもなる可能性がある 次に紹介する栄養素は「亜鉛」です。 先ほどもお伝えしたように、食事によって摂取したタンパク質は、髪の毛以外にも臓器・血管・神経細胞などさまざまところへ送られて再合成されます。 亜鉛は、摂取したタンパク質を髪の毛の主成分であるケラチンに変換する手助けをしているため、亜鉛が不足するとタンパク質が上手くケラチンに変換されず、髪の毛が細くなってしまうのです。 髪を太くし健康的に保つ役割を果たし、5αリダクターゼという脱毛の要因となる物質を抑制してくれる働きもあるので、亜鉛は薄毛対策に重要な栄養素となっています。 亜鉛が多く含まれる食品として広く知られているのが、海のミルクとも呼ばれる「牡蠣」。 牡蠣は貝の中でも特に栄養価が高く、亜鉛以外にも薄毛対策に有効なビタミン類、血行促進効果があるタウリン、タンパク質の生成をサポートするリジンといった成分も含まれているため、髪の健康に良いとされる食品です。 このように、髪の毛を太くするのに効果的な亜鉛ですが、摂取しすぎると貧血・下痢・吐き気などの体調不良を招いたり、他の栄養素の吸収を妨げて薄毛や抜け毛の症状を加速させてしまう危険性があります。 亜鉛の1日の推奨摂取量目安は、男性が約10mg、女性が約8mgとされており、通常の食事では過剰摂取になることはほとんどないため、そこまで気にする必要はありません。 サプリメントや亜鉛強化食品を利用する場合には注意が必要なので、必ず用法・容量を守るようにしましょう。 https://super-scalp.com/column/1749/ 栄養素③|ヨウ素 食品昆布・わかめ・海苔・ひじき・めかぶなど 役割体内の新陳代謝を促進し、髪の毛の成長をサポート 注意点甲状腺機能低下症(橋本病)や甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と密接に関係 つづいて紹介する栄養素は「ヨウ素」です。 ヨウ素は髪の健康に欠かせないミネラルの一種で、別名ヨードとも呼ばれています。 甲状腺ホルモンの元となり、新陳代謝を活性化させる働きがあるため、毛母細胞の活動が促進されて髪の成長をサポートします。 また、血管の老化を防いで、血液の流れを良くする効果もあるので、毛細血管がたくさん集まっている頭皮の環境を健康に保ちます。 注意点として、ヨウ素を摂りすぎてしまったり、逆に不足しすぎてしまうと、甲状腺機能に悪影響を及ぼす恐れがあるため、1日の摂取量には注意してください。 ヨウ素を多く含む食品としては、昆布・わかめ・海苔・ひじき・めかぶなどの海藻類があり、イソジンうがい薬などヨウ素を含んでいるうがい薬も存在します。 通常の食事ではヨウ素を過剰に摂取してしまうことはほとんどありませんが、根昆布療法(根昆布を漬け込んだ水を毎日飲む民間療法)に取り組んでいる方や、日常的にイソジンうがい薬を使用している方は、過剰摂取による甲状腺機能障害を引き起こす可能性があるため気を付けましょう。 ちなみに、日本人は他の国の人よりも日常的に多くのヨウ素を摂取していると言われているため、あまり積極的にヨウ素を摂ろうとしなくても良いかもしれません。 栄養素④|ビタミン類 食品【ビタミンA】レバー・バター・チーズ・うなぎ・大葉など【ビタミンB2】レバー・卵・焼きのり・干しシイタケ・モロヘイヤなど【ビタミンB6】ニンニク・ピスタチオ・とうがらし・ごま・ししとうなど【ビタミンC】アセロラ・キウイ・牡蠣・赤ピーマン・じゃがいもなど【ビタミンE】アーモンド・ドライトマト・ほうれん草・ツナ缶・ハマチなど 役割【ビタミンA】頭皮の感想を防ぎ頭皮環境を整える【ビタミンB2】皮脂の分泌を抑制し細胞の再生を促進【ビタミンB6】皮脂の分泌を抑制しタンパク質の吸収を促進【ビタミンC】皮膚や細胞の維持に必要なコラーゲンを合成【ビタミンE】抗酸作用や血管拡張作用で頭皮を健康に保つ 注意点過剰摂取のリスクがある栄養素も存在する つづいては誰もが聞き馴染みのある栄養素の1つ「ビタミン類」です。 食品に含まれているビタミンは13種類あり、このうち特に髪の毛に良いとされるビタミンは、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEの5種類となっています。 5つのビタミンそれぞれの主な働きについては上記の表の通りで、頭皮環境の改善や皮脂の分泌抑制など、どのビタミン類も髪の毛を太くするために重要な役割を担っているということがお分かりいただけたでしょうか? ビタミンB2とビタミンCは体内に蓄積しない性質を持っており、過剰に摂取したとしても尿として排出されてしまいますので副作用などの心配はありません。 逆に言うと、ほとんどが尿として排出されてしまうというからこそ、積極的にビタミンB2・ビタミンCを含んだ食品・サプリを摂取することをおすすめします。 ビタミンEについても概ね同様で、摂取量の2/3が尿として排出されてしまうため、過剰摂取によって健康被害が表れる可能性は極めて低いでしょう。 ビタミンAの過剰摂取は食欲不振・悪心・嘔吐・発疹・脱毛・皮膚の乾燥などを招く危険性があります。 ビタミンB6にも過剰摂取のリスクがあり、感覚神経障害・末梢感覚神経障害・精子数の減少などを起こす可能性があることから、栄養機能食品における上限値は10mgまでと定められています。 サプリメントでビタミンを補給することは手軽で便利ですが、過剰に摂り過ぎると脱毛を含めた健康被害を及ぼす危険性があるため、なるべく食事による摂取を心がけましょう。 https://super-scalp.com/column/1727/ 栄養素⑤|EPA 食品アジ・サバ・イワシ・さんま・ツナ缶など 役割血中の中性脂肪を減らして血液をサラサラにし、頭皮の血行を改善する 注意点出血が止まりにくくなる恐れがある つづいて紹介する「EPA」は、あまり聞き馴染みのない栄養素かもしれません。 EPAは青魚全般に多く含まれており、髪の毛を太くするだけでなく歯周病の改善や生活習慣病の予防にも役立つ栄養素です。 体内で合成できない不飽和脂肪酸の一種で、血液をサラサラにして頭皮の血行を改善する効果がありますが、出血した際に血が止まりにくくなってしまったり、降圧剤との併用により血圧を過度に低下させる恐れがあります。 そのため、ミノキシジルなどの血圧を下げる効果を伴う薬を使用中には特に、EPAを摂りすぎないように注意しましょう。 また、EPAは酸化しやすい性質を持つため、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどと一緒に摂れば効率よく吸収できるためおすすめです。 栄養素⑥|Lシステイン 食品高野豆腐・ごま・卵・ニンニク・レバーなど 役割髪の毛の主成分であるケラチンの合成をサポート 注意点髪の毛の色素が薄くなる場合がある 次に紹介するのは、美容効果が高いとされる「Lシステイン」です。 Lシステインは、髪の毛・皮膚・爪など形成しているアミノ酸の一種で、別名チオセリンとも呼ばれています。 髪の毛の主成分であるケラチンの合成に欠かせない栄養素で、新陳代謝の促進や髪の乾燥予防効果によって髪の毛を太くする働きがあります。 髪の毛以外にも、シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制したり、コラーゲンの生成を助けて美肌をキープしたり、爪の再生を促進して丈夫にしたりなど、美容効果が高い栄養素の1つと言えるでしょう。 Lシステインは体内で生成することができるため、身体活動が活発な若い年齢のうちは不足することはほとんどありません。 ですが、加齢と共に新陳代謝が悪化することでLシステインが不足しがちになることはあるので、高野豆腐やごまなどのLシステインを多く含む食品やサプリメントで、不足した栄養素を補給しましょう。 過剰摂取などによる悪影響はほとんどありませんが、Lシステインを含むサプリメントを長期間服用することで、髪の色素が薄くなる可能性があるため、サプリメントを服用する際は必ず用法・容量を守ってください。 栄養素⑦|イソフラボン 食品豆乳・納豆・味噌・油揚げ・豆乳など 役割5αリダクターゼの働きを阻害 注意点過剰摂取は認知機能障害のリスクを高める可能性がある 最後に紹介する「イソフラボン」は、みなさんも良く耳にする栄養素の1つではないでしょうか? 体に良いイメージがあるイソフラボンですが、具体的にはどんな成分で、どのような働きをしていて、どういった効果があるのかは意外にもあまり知られていません。 イソフラボンを多く含む食品は豆腐や味噌などの大豆製品で、日本人の多くが日常的に食べているものばかりです。 イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと分子構造が近いことから植物性エストロゲンとも呼ばれており、女性ホルモンと似た働きを持つため、薄毛の原因となる男性ホルモンの一種・ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるとされています。 また、抜け毛をもたらす5αリダクターゼの働きを阻害する効果もあるため、薄毛対策に良いとされる栄養素の1つです。 イソフラボンの1日あたりの摂取目安量は75mgとされていますが、それを超えた場合でも直接的に健康被害に結び付くわけではありません。 過剰摂取により認知機能障害の発症リスクが高まるという研究結果がありますが、詳しい因果関係については解明されておらず、さらなる研究が進められています。 むしろ不足してしまうことの方が健康を損なう危険性が高いため、日々の健康のためにも髪の毛を太くするためにも、積極的にイソフラボンを含む大豆製品を摂るようにしましょう。 https://super-scalp.com/column/9140/ 髪の毛を太くする生活習慣 髪の毛を太くするためには生活習慣を改善することも重要です。 睡眠不足は免疫力の低下を招いて、さまざまな健康被害に繋がる恐れがありますし、運動不足による血行不良は薄毛の原因の一つと言われています。 運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類あり、血行を改善し髪の毛を太くするのは有酸素運動です。 とはいえ、日々忙しくお仕事をされている中で、ジムに通ったり何kmも走ったりするような時間を確保することは中々できませんよね。 そこで、忙しい人でも簡単に実践できる運動をいくつかご紹介します。 髪の毛が細くなる原因は様々ですが、多くは生活習慣や日々のケアに原因があります。 「今のケアが正しいかどうかわからない」「髪の毛を太くするためにできるケアを知りたい」という方は、お気軽にスカルプ発毛センターにご相談ください! 無料のパーソナル薄毛診断では、10万人のデータから髪の毛が薄くなったり細くなったりする原因を診断し、あなたにあった最適なプランをご紹介します♪ ▶パーソナル薄毛診断はこちらから! 有酸素運動と無酸素運動 先ほど、髪を太くするのは有酸素運動とお伝えしましたが、実際にどのような運動のことを指しているのでしょうか? 有酸素運動と無酸素運動の違いは以下の通りです。 ●有酸素運動 有酸素運動とは…長時間継続して行える軽~中程度の運動のこと 【代表例】 ウォーキング・ジョギング・エアロビクス・サイクリング・水泳・縄跳びなど 【効果】 ・血行促進 ・脂肪燃焼 ・心肺機能の強化 ●無酸素運動 無酸素運動とは…短時間のうちに強い力を発揮する運動のこと 【代表例】 筋力トレーニング・短距離走・中距離走・投擲・相撲・重量挙げなど 【効果】 ・筋力アップ ・基礎代謝の向上 ・太りにくい体質に改善 上記を見ていただくと、有酸素運動は誰でもできる負担の少ない運動ですが、無酸素運動はハードなトレーニングという印象を受けませんか? 実際に日常生活の中でも実践しやすいのが有酸素運動なので、忙しい人でも簡単にできる有酸素運動をこの後詳しくご紹介します。 有酸素運動が髪の毛を太くするのに効果的だと言われているのは、血行促進効果にあります。 頭皮にはたくさんの毛細血管が集まっており、血行不良になると髪の毛に十分な栄養が行き届かないので、結果として髪の毛が細くなってしまいます。 有酸素運動は体中の血管を拡張して体全体の血流を改善するため、頭皮までしっかりと血液が行き渡ることができるのです。 髪の毛に必要な栄養素は血液によって運ばれるので、有酸素運動による血行促進効果が髪の毛を太くするというわけです。 忙しい人のための有酸素運動 ・目的地の一つ前の駅で降りて歩く ・エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を上る ・歩く時の歩幅を広くする ・デスクワーク中に足を閉じてお腹に力を入れる ・電車や車ではなくロードバイクで通勤する 有酸素運動は、長時間継続して行う軽い運動のことを指しますが、そう簡単に毎日できるものではありません。 仕事、家族と過ごす時間、趣味、飲み会、友人との予定などなど…忙しい合間を縫ってわざわざ時間を確保するのはあまりにも大変なこと。 上記に挙げたような運動であれば、時間的にも精神的にも大きな負担はなく、日常生活の中に簡単に取り入れられるのではないでしょうか? もちろん時間があれば、毎朝ウォーキングしたり、仕事終わりにジムに通ったりするのがベストですが、まずはすぐにできることから始めてみましょう。 髪の毛を太くするヘアケア ここまでは、食事による栄養バランスの改善や、運動による血行促進など、体の内側から髪の毛を太くする方法について触れてきました。 食生活の改善・運動不足の解消はとても大切ですが、髪の毛を太くするためには正しいヘアケアが欠かせません。 あなたに合ったシャンプーですか? シャンプーのやり方は正しいですか? リンスやコンディショナーは使っていますか? 正しいヘアケアを実践して、髪を健康にしていきましょう。 まずはシャンプーを見直そう みなさんは普段、どのようなシャンプーを使っていますか? 人によって髪質・頭皮の肌質・体質などが違うため、全ての人の髪の毛を太くするシャンプーというのは残念ながら存在しないでしょう。 ただ、一般的に髪の毛を太くするには、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーが良いとされています。 シリコンが配合されたシャンプーは安価なものが多く、高い洗浄力を持っていますが、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。 また、アミノ酸系のシャンプーは髪の毛の栄養であるアミノ酸を使用しているため、髪の毛に栄養を補給しながら優しく汚れを落とすことができます。 薄毛が気になり始めた方は、市販の安価なシャンプーではなくノンシリコンのアミノ酸系シャンプーや、頭皮環境を整える成分が多く配合されているスカルプシャンプーなどを使用しましょう。 近年、美容好きの若い女性からも注目されているシャンプーブラシを使ったヘアケアもおすすめなので、気になる方は以下の記事をご覧ください。 https://super-scalp.com/column/10052/ リンス・コンディショナー・トリートメントを正しく使おう 「リンスを使うとハゲる」 このような噂を耳にしたことはありませんか? 実はこれは大きな間違いで、リンスやコンディショナーを使ったからとといって薄毛が進行することはなく、むしろ髪の健康を維持するためには必要だと言えます。 リンスには髪を保護する役割があり、コンディショナーは保護に加えてダメージを補修。トリートメントは保護・補修のほかにも髪の毛の内部に栄養を与えて太く丈夫にする効果もあります。 ではなぜハゲる原因になると言われているのかというと、「成分が頭皮に残りやすい」という点が大きく関わっています。 男性の場合は短髪の方が多いため、リンスなどを髪の毛につけようとするとどうしても頭皮にまで付着してしまいますが、頭皮用の商品でもない限り頭皮への付着はあまり良くありません。 また、リンスなどに限らずシャンプーでも同様ですが、十分に洗い流せていないと成分が残ったままになり、毛穴詰まり・皮脂の蓄積・雑菌の繁殖に繋がって、薄毛の原因になってしまいます。 そのため、リンスやコンディショナー、トリートメントなどを使う場合は、なるべく頭皮に付着しないように注意し、使用後はしっかりと洗い流すように心がけてください。 https://super-scalp.com/column/6273/ スーパースカルプ発毛センターではヘアケアのアドバイスも♪ 今回ご紹介した以外にもさまざまなヘアケアの方法がありますが、最も大切なのはご自身に合った方法を実践しているかという点です。 髪の毛を太くするためには、まず細くなってしまった原因を突き止めなければなりません。 スーパースカルプ発毛センターでは、最新の設備・技術で頭皮や髪の毛の状態をチェックして原因を調べ、1人ひとりに合ったヘアケア方法をご提案いたします。 サロンでの施術と日々のヘアケアの実践により、髪の毛を太くする効果が期待できるため、まずはお気軽にご相談ください。 髪の毛を太くする方法|まとめ 今回は、細い髪の毛を太くする方法や髪の毛が細くなる原因などについて解説しました。 髪の毛が細い方は0.05mm程度しかない場合もあり、「髪の毛のボリュームがない・薄毛に見える」といった悩みに発展することも珍しくありません。 髪の毛が細くなる原因としては、栄養バランスの偏った食事や不規則な生活習慣、誤ったヘアケア方法を行なっているといったことが挙げられます。 そのため、髪の毛の成長に欠かせないタンパク質・ミネラル・ビタミンを取り入れた食事を摂ることや適度な運動をするといった方法を取り入れてみましょう。 さまざまな対策方法を試してみたけど効果がなかなか現れなかったという方は、ぜひ発毛サロンのスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 今なら、初回限定で完全無料のパーソナル薄毛診断を受けることができるので、この機会をお見逃しなく! ▶パーソナル薄毛診断はこちらから!

  • 髪の毛を早く伸ばす方法はある?ポイントは生活習慣やヘアケアの改善

    みなさんの中には、髪の毛を短く切り過ぎたときや今よりも長くしたいときに、「早く伸びてほしいなぁ」と思う方もいるのではないでしょうか? ちょっとでも早く伸ばすことができたら嬉しいですが、実際に髪の毛を早く伸ばす方法はあるのか気になるところです。 そこでこの記事では、髪の毛を早く伸ばす方法はあるのかという点や、健康的な髪の毛を維持するためのポイントなどについて解説していきます。 髪の毛が伸びるスピードは一般的にどれくらい? 美容院で髪の毛を切ってもらった際に「思ったより短くなっちゃったな」と思っても、理想の長さにするためにはただ髪の毛が伸びるのを待つしかありません。 また、今まで短かった方でも「髪の毛を伸ばしたい!」とふと思う時もあると思いますが、伸ばしている途中で諦めて切ってしまう方も多いと思います。 では、普通に生活を送っている場合、髪の毛が伸びるスピードはどれくらいなのでしょうか? まずは、一般的な髪の毛が伸びるスピードや髪の毛を伸ばすうえで大切なことについて確認していきましょう。 髪の毛は1ヶ月で0.6〜1.3cm伸びると言われている 髪の毛が伸びるスピードは、1ヶ月で約1cm伸びるといわれていますが、伸びるスピードには個人差があり早い人もいれば遅い人もいるため一般的には0.6〜1.3cmが目安です。 一般的な髪の毛が伸びるスピードより遅い方でも、普段の生活習慣やヘアケアを見直すことで髪の毛を早く伸ばすことができるケースもあります。 具体的な髪の毛を早く伸ばす方法については後ほどご紹介していきますので、先に知りたいという方は次の「髪の毛を早く伸ばす方法にはどんなものがある?」をお読みください。 早く伸ばすことだけではなく健康的な髪の毛を維持することも大事 髪の毛が早く伸びてほしいからといって、早く伸ばすことだけを考えるのではなく今ある髪の毛を健康的に維持するにはどうすればいいかという点を考えることも大切です。 髪の毛の元気がなくなってしまうと、伸びるどころか細く弱々しくなって結果的に抜け毛などを引き起こす原因にもなりかねません。 髪の毛を健康に保つために、日頃の生活習慣やヘアケアを見直すだけでなく、ドライヤーの使い方やブリーチ・ヘアカラーなどのやり過ぎにも注意しましょう。 髪の毛を早く伸ばす方法にはどんなものがある? 髪の毛を短く切り過ぎてしまったという方や髪の毛を伸ばしてロングヘアーにしたいと考えている方は、これからご紹介する髪の毛を早く伸ばす方法を実践してみてはいかがでしょうか? 今回ご紹介する髪の毛を伸ばす方法は、以下の4つです。 ①不規則な生活習慣を改善する ②ストレスを溜め込まないようにする ③頭皮が乾燥しないように保湿する ④育毛剤や頭皮マッサージを取り入れる それぞれの方法について詳しく解説していきますので、実際に取り入れられそうなものからチャレンジしてみましょう。 髪の毛を早く伸ばす方法①不規則な生活習慣を改善する 人間は、食事から栄養を摂り健康で元気な身体を維持しますが、髪の毛も同様に食事によって元気になり成長していくため、栄養バランスの偏った食事ばかり摂っていると成長しづらくなります。 特に髪の毛の成長には、タンパク質・ビタミン・ミネラルの3つの栄養素が欠かせないといわれているため、これらの栄養素は積極的に取り入れていきたいところです。 もちろん、上記の3つの栄養素だけではなく脂質や炭水化物も人間には欠かせない栄養素のため、トータルバランスを考えた食事を摂るようにしましょう。 他にも睡眠時間が短く睡眠の質自体が悪い場合、髪の毛の成長を促進する成長ホルモンがきちんと分泌されず早く伸ばすことができません。 就寝前にカフェインを摂取することや、スマホを見る習慣を減らすだけでも良質な睡眠につながるため、心当たりがある方は1度試してみてはいかがでしょうか? 髪の毛を早く伸ばす方法②ストレスを溜め込まないようにする 睡眠不足や運動不足に加えて、日々の仕事などによってストレスを溜め込み過ぎると自律神経が乱れて頭皮の血行が悪化する場合があります。 頭皮の血行が悪くなれば髪の毛にきちんと栄養が届かなくなるだけでなく、ヘアサイクルが乱れて髪の毛を早く伸ばすことが難しくなる可能性もあるため、十分な休息を摂りつつ適度な運動や趣味などを日常に取り入れて、上手くストレスを発散していくことが大切です。 髪の毛を早く伸ばす方法③頭皮が乾燥しないように保湿する 頭皮が乾燥していると髪の毛がダメージを負いやすくなり、切れ毛や抜け毛といったトラブルに発展してしまいかねません。 髪の毛を早く伸ばすためには、今ある髪の毛を健康に維持することが重要なポイントとなるため、ヘアオイルやコンディショナーなどを使ってしっかりと保湿をしてあげましょう。 また、シャンプーによっては洗浄力が高く必要な皮脂まで洗い落としてしまうケースもあるため、アミノ酸シャンプーなど肌にやさしく適度な洗浄力のシャンプーを使うのがおすすめです。 髪の毛を早く伸ばす方法④育毛剤や頭皮マッサージを取り入れる 育毛剤は文字通り髪の毛を育てるためのもののため、頭皮トラブルの改善や予防効果が期待でき、髪の毛が健やかに成長しやすい頭皮環境へと導くことができます。 さらに育毛剤の使用だけでなく、頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行を良くすれば、育毛剤の成分が浸透しやすくなり髪の毛に必要な栄養も届きやすくなるでしょう。 また、ブラッシングで頭皮をやさしく刺激することでも血行促進につながり、髪の毛に付着したホコリや汚れを落とす役割も担ってくれるため、頭皮マッサージの代わりに取り入れるのもおすすめです。 健康的な髪の毛を維持するためには何を意識すればいい? 髪の毛を早く伸ばすためには健康的な髪の毛を維持することが大切ですが、具体的に何を意識すればいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか? 普段の何気ない行いが髪の毛を傷めてしまう原因になりかねないため、これからご紹介する内容を踏まえて今後の髪の毛の扱い方を改めることをおすすめします。 髪の毛・頭皮に合ったヘアケア商品を使う みなさんは、普段どういったことを基準にシャンプーやコンディショナーなどを選んでいるでしょうか?中には、香りや使用後の指通りの良さなどを基準に選んでいる方もいると思います。 ヘアケア商品を使用するうえで非常に大切なことは、髪の毛や頭皮に合ったものを選ぶという点であるため、自分の髪質や肌質に合っていないと乾燥やベタつきを招く原因になりかねません。 普段から乾燥しやすい方は保湿成分が多く含まれているしっとりタイプのヘアケア商品を選ぶと良く、反対にベタつきやすい方は洗い上がりがすっきりするようなさっぱりタイプのものがおすすめです。 ドライヤーの使い方に注意する お風呂上がりに濡れた髪の毛の状態で放置しているとダメージにつながってしまうため、ドライヤーを使ってしっかりと乾かす必要があります。 しかし、誤ったドライヤーの当て方をしてしまうと熱ダメージによって髪の毛が痛んでしまうため、正しくドライヤーを使わなくてはなりません。 ドライヤーをする前にタオルドライでしっかりと髪の毛全体の水気を取ることがポイントですが、この際にゴシゴシと擦るのではなくフェイスタオルに髪の毛を挟んでポンポンとやさしく叩くように行いましょう。 タオルドライである程度の水気を取っておけば、熱を与える時間を短くすることができます。また、ドライヤーを当てるときは頭皮から10cmほど離し、根元から順に毛先に向かって乾かすようにしましょう。 ブリーチやパーマなど髪の毛が傷むことを極力控える ブリーチやパーマなどを頻繁に行なっていると、キューティクルが開いて髪の毛がダメージを負ってしまうため、極力控えるようにすることをおすすめします。 特にブリーチ後にカラーリングなどを行うと、髪の毛が切れやすくなり毛先を切らなければならなくなるケースもあるため、早く伸ばしたいのであればブリーチなどはよく検討しましょう。 ヘアカラーも使用している薬剤に気を配ると、頭皮環境の悪化や毛先の傷み等も抑えることが可能のため、カラーをする際は市販のヘアカラー剤は使用せずに、ケアカラーを使用している美容院でカラーすると傷みを抑えることができるでしょう。 髪の毛を結ぶなど負担がかかることを減らす 髪の毛を結ぶと引っ張られて早く伸びるという噂があるため、髪の毛を早く伸ばしたいと思っている方の中には常に髪の毛を結んでいるという方も多いのではないでしょうか?また、髪の毛の長さによって日常的にヘアゴムで結んでいるという方もいると思います。 しかい、実はそのヘアゴムが巻かれた部分に負担がかかってしまい切れ毛などを引き起こす原因につながります。 毎回同じ箇所で髪の毛を結んでいると、一箇所に集中的に負担がかかって切れ毛・折れ毛につながってしまうため、結ぶ位置を変えるかヘアゴムの代わりにヘアピンやクリップを使うなど工夫すると良いでしょう。 発毛サロンでケアを受けて頭皮環境を改善する 頭皮環境が乱れていると、髪の毛を早く伸ばすことができないどころか健康的な髪の毛を維持することも難しくなります。 ここまでご紹介したように頭皮や髪の毛に合ったヘアケア商品を使うことや、ドライヤーの使い方に気を付けることでも頭皮環境の改善につながりますが、人によっては正しくできているのか分からない方や効果が感じられない方もいるでしょう。 そういったときは、発毛サロンに相談して自分の悩みに合ったケアを受け、頭皮環境を改善していくことをおすすめします。 ケアを行う前に現状の頭皮や髪の毛の状態をチェックしてくれるため、何が原因で切れ毛や抜け毛が起こっているのか知るきっかけにもなり、自分に合ったケアを受けられるのが大きなメリットです。 髪の毛を早く伸ばす方法・健康的な髪の毛を維持する方法まとめ 一般的な髪の毛が伸びるスピードは、1ヶ月で0.6〜1.3mm程度と言われていますが、人によっては平均よりも伸びるのが遅いという方もいます。 髪の毛を早く伸ばすためには、以下のような対策を行うと良いです。 ①不規則な生活習慣を改善する ②ストレスを溜め込まないようにする ③頭皮が乾燥しないように保湿する ④育毛剤や頭皮マッサージを取り入れる また、髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、頭皮環境を清潔に保ち今ある髪の毛を健康的に維持することも大切になります。 自分の頭皮・髪の毛に合ったヘアケア商品を使うだけでなく、お風呂上がりのドライヤーの当て方などにも注意すれば髪の毛へのダメージを減らせるでしょう。 他にも頻繁にブリーチをすることや市販のヘアカラー剤を使用してヘアカラーを行うこと、ヘアゴムできつく縛るといったことも髪の毛の負担になりかねないため、そういった行いを控えるのも対策の1つです。 頭皮環境に不安を感じている方や抜け毛が増えたような気がする方は、ぜひ1度スーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 頭皮マッサージや毛穴洗浄といったケアで頭皮環境を改善するだけでなく、睡眠や食生活など生活習慣に関する部分にも丁寧にアドバイスさせていただきます。

なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
馬油が発毛対策に効果的!?馬油のヘアケアが育毛にいいって本当?1位
シャンプーブラシを使うとはげる?効果は?メリット・デメリット紹介2位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介3位
頭皮がかゆい理由はダニが原因かも?頭皮湿疹の症状や原因・予防方法4位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円 男性はこちら 女性はこちら
0120-96-7710
男性はこちら 女性はこちら
電話する
お試し発毛体験
6,600円(税込)