発毛・育毛コラム一覧

  • 辛い食べ物は髪の良いの?それとも汗をかいてハゲる原因になる?

    みなさんの中には、普段から辛い食べ物が好きでよく食べるという方も多いと思いますが、この辛い食べ物が髪に良いという話を聞いたことがないでしょうか? 辛い食べ物を食べると、発汗作用によって血行も良くなりそうなので髪に良い気がしますが、一方で「辛い食べ物はハゲる原因になるって聞いたよ」という方もいると思います。 そこでこの記事では、辛い食べ物が髪に良いのか、それとも悪いのかという点についてお話していきます。 辛い食べ物は髪に良い?それともハゲる原因になる? 良し悪しは別として、辛い食べ物が髪の毛に何らかの影響を与えるというのは、みなさんもなんとなく耳にしたことがあるのではないでしょうか。 具体的には、キムチなどの唐辛子を使った料理に含まれている「カプサイシン」という成分が髪の毛にさまざまな影響を与えるといわれています。 辛い食べ物は、本当に髪に良いのか、それともハゲる原因になるのか確認していきましょう。 辛い食べ物には血行促進効果がある 辛い食べ物を食べると汗をかくイメージがあると思いますが、カプサイシンには血行促進効果があるといわれており、摂取することで身体が温まり汗をかくというわけです。 育毛や発毛対策の一環として「頭皮マッサージ」というものがありますが、これは頭皮を刺激することで血行を良くし髪の毛に必要な栄養を届きやすくする効果があります。 辛い食べ物を食べることは、いわば頭皮マッサージと同じ効果を体内から与えるということでもあり、こうしたことから辛い食べ物は髪に良いといえるでしょう。 辛い食べ物には発汗作用もある 上述したように辛い食べ物には血行促進効果があるわけですが、体温の上昇に伴って発汗作用もあり頭皮も汗をかくことがあります。 辛い食べ物がハゲる原因になるといわれている理由はこの発汗作用にあり、大量の汗をかくことで同時に分泌される皮脂が頭皮環境を悪化させるためハゲるとされているのです。 実際のところ、この辛い食べ物の発汗作用がハゲる原因になるという話に科学的根拠があるわけではなく、毎日ちゃんとシャンプーをして頭皮を清潔に保っていれば問題ありません。 辛い食べ物は髪に良いけど過剰摂取に要注意 カプサイシンには、これまでご紹介した体温上昇や血行促進、発汗作用の他にも食欲増進や体脂肪分解促進、免疫力アップ、抗菌作用などさまざまな良い効果が期待できます。 辛い食べ物がハゲる原因になるという話の信ぴょう性は薄いですが、上記の効果を見る分では辛い食べ物は髪に良いといえるでしょう。 しかし身体や髪に良いからといって、辛い食べ物をたくさん食べればいいというわけではなく、食べ過ぎてしまうと胃の粘膜を傷つけて腹痛や下痢を引き起こすこともあると言われているため注意が必要です。 辛い食べ物って何?カプサイシンを摂取できる食品 食べ過ぎには要注意ですが、適量であれば身体や髪に良い効果を期待できるため、みなさんの中には辛い食べ物が食べたくなったという方もいると思います。 では、カプサイシンが含まれている辛い食べ物としてはどういったものがあるのか、いくつかご紹介していきますので参考にしてみてください。 カプサイシンが含まれる料理 カプサイシンが含まれる料理としては、基本的に唐辛子などが入った辛い食べ物なわけですが、メジャーなものといえば「キムチ」ではないでしょうか。 キムチは、豚キムチや冷麺などいろんな料理として食べることができ、アレンジもしやすいためおすすめです。 またカプサイシンだけではなく、髪の毛に良い成分と言われている大豆イソフラボンも一緒に摂取するとよいでしょう。 例えば、麻婆豆腐なども家庭で作れるのでおすすめですし、キムチのせ冷奴もかんたんなのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 カプサイシンが含まれる調味料 カプサイシンは、さまざまな調味料にも含まれており、普段の何気ない料理のアクセントとしても取り入れることができます。 カプサイシンが含まれる調味料としては、コチュジャンやラー油、タバスコ、チリペッパー、一味唐辛子、七味唐辛子、カレー粉などです。 もちろん上記の調味料を毎日の食事に取り入れたからといって、髪の毛がたくさん生えてくるということはありませんが、生活習慣を見直しつつ食事面でもアプローチしていくのは良いでしょう。 辛い食べ物以外にも髪に良い対策を取り入れよう 辛い食べ物は、身体や髪に良い効果を期待することができますが、ただ食べるだけで直接的に育毛・発毛効果が現れるというわけではありません。 辛い食べ物以外にも食事面でアプローチすることは可能ですし、生活習慣の見直しなども薄毛対策としては大切です。 では、薄毛対策としてはどのようなものがあるのかご紹介していきますので、抜け毛・薄毛にお悩みの方は参考にしてみてください。 食生活を見直す ただカプサイシンを取り入れるだけでなく、イソフラボンなど髪に良い成分を一緒に摂取するとより良いです。 また髪の毛には、タンパク質やミネラル、ビタミン類も欠かせないと言われているため、全体的なバランスを考えた食事を摂りましょう。 普段から脂っこいものやインスタント食品ばかり食べていると、頭皮環境の悪化につながってしまうので注意してください。 生活習慣を改善する 薄毛の原因としては生活習慣の乱れも考えられるため、普段から寝不足気味の方やストレスを感じている方は、まず生活習慣の改善が最優先となるでしょう。 髪の毛が成長するのは午後10時から午前2時の間と言われているので、この時間帯に起きていると髪の毛が十分に成長してくれません。 寝不足になるとストレスが解消されませんし、ストレスが溜まると自律神経が乱れて血行不良を引き起こし、髪の毛に必要な栄養が十分に届かなくなります。 発毛専門サロンに相談する 薄毛が気になるけどどうすればいいかわからない、何が原因なのか知りたいという方は、まず発毛専門サロンに相談してみるのも一つの方法です。 発毛専門サロンで原因を調べてもらったうえで適切なケアや治療を受けつつ、自分自身でも食事や生活習慣を見直してアプローチしていけば薄毛対策になるでしょう。 まとめ|辛い食べ物は髪に良いのかハゲる原因になるのか カプサイシンが含まれる辛い食べ物には、血行促進効果があるため、頭皮の血行を良くして髪の毛に必要な栄養が行き届きやすくなります。 一方で発汗作用もあるため、大量の汗と同時に分泌される皮脂によって頭皮環境を悪化させハゲる原因になるとも言われていますが、こちらは毎日シャンプーしていれば問題ありません。 つまり辛い食べ物は、適量を食べるのであれば髪に良い効果を期待でき、またハゲる原因にはならないということです。 しかし辛い食べ物を食べるだけでは薄毛対策の高い効果は期待できないため、生活習慣を見直したり発毛専門サロンに相談してケアや治療を受けたりすることをおすすめします。 スーパースカルプ発毛センターでは、薄毛の原因をお調べしたうえで一人ひとりに合ったケア方法の提案、そして食事や生活習慣におけるサポート・アドバイスもさせていただきます。 最近抜け毛が増えてきた、薄毛が気になるようになってきたという方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • シャンプー後のリンスやコンディショナーがハゲる原因になる!?

    男性の中には、将来的にハゲるリスクを軽減させるため、日頃からヘアケアをしっかりと行なっている方も多いと思います。 シャンプー後は、リンスやコンディショナーをするという男性もたくさんいると思いますが、実はそのリンスやコンディショナーがハゲる原因になるという話をご存知でしょうか。 そこで今回は、シャンプー後のリンスやコンディショナーがなぜハゲる原因になると言われているのかご紹介していきます。 男性がリンスやコンディショナーをするとハゲる原因とは? 普段から髪の毛のことを考えて、シャンプーをしたあとにはリンスやコンディショナーをしてヘアケアをしているという男性は少なくないでしょう。 しかし男性がリンスやコンディショナーをした場合、ハゲる原因になる恐れがあると言われています。ではなぜ男性がリンスやコンディショナーをするとハゲる原因になりうるのでしょうか? 男性は短髪が多く頭皮にリンスが残りやすい 一般的に男性は、短髪の方が多くリンスやコンディショナーをするとどうしても頭皮に成分が付着してしまいます。 本来なら傷みやすい毛先を中心に塗布してケアするのですが、髪の毛が短いと頭皮にリンスやコンディショナーが付着しやすいのです。 そして十分に洗い流せていないために成分が残留して毛穴を塞ぎ、頭皮環境が悪くなって最終的に抜け毛が増えます。 サッと洗い流しただけで落とした気になってしまう 男性は、女性ほどヘアケアに気を遣っている方が少ない傾向にあるため、正しい方法でケアできていないケースも多いです。 リンスやコンディショナーをしたあと、サッと洗い流しただけで十分に成分を落とせていないと、上述したように成分が残ったままになって毛穴詰まりの原因になります。 毛穴が塞がると皮脂が蓄積されて雑菌が発生しやすくなり、頭皮環境が悪化するだけでなく髪の毛も健やかに育ちません。 リンスやコンディショナーをするときは、できるだけ頭皮に付かないように気をつけたうえで、しっかりと入念に洗い流すことが大切です。 リンスとコンディショナーとトリートメントの違い 普段ヘアケアをするときに使われるリンスやコンディショナーですが、実際のところ何が違うのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 そこでここからは、リンスとコンディショナーに加えて、トリートメントの3つの違いについてご紹介していきます。 リンスとは? シャンプーをしたあとの髪の毛の状態は、皮脂や汚れが落ちて素の状態になっているため、油分でコーティングして保護する役割を持っているのがリンスです。 リンスをするメリットとしては、髪の毛を保湿して乾燥を防いだりキューティクルが傷むのを防いだりする効果がある点だといえるでしょう。 上述の通りリンスには多くの油分が含まれているため、頭皮に付着してしまうとシャンプーで皮脂を洗い落とした意味がなくなってしまいます。もし頭皮に付着してしまった場合は、しっかりと洗い落とすことを心がけましょう。 コンディショナーとは? コンディショナーは、基本的にはリンスとほぼ同じ役割を持っているのですが、リンスと比べると髪の毛のキューティクルを整える力が強化されている点が違うといわれています。 リンスよりもコンディショナーの方が保湿効果が高く頭皮に残りやすいため、コンディショナーを使ったあとは普段以上によく洗い流すことが大切です。 トリートメントとは? トリートメントは、リンスやコンディショナーが持つ役割に加えて、髪の毛内部にも栄養を与えることで健やかな髪の毛へと導いてくれる役割があります。 髪の毛を内側からダメージ補修してくれるため、塗布してから浸透するまで約10分など置いておく時間が必要です。 長髪の方で普段リンスやコンディショナーを使っている方は、週に1〜2回はこのトリートメントに置き換えてケアするのがよいでしょう。 ハゲるのを防ぐ!リンスやコンディショナーの正しい使い方は? 髪型によっては、男性でもリンスやコンディショナーを使ってしっかりとヘアケアしたいところですが、間違った使い方をするとハゲる原因になりかねないので要注意です。 では、シャンプー後にリンスやコンディショナーをする場合の正しい使い方についてご紹介していきます。 頭皮に付着しないように気をつける 基本的にリンスやコンディショナーは、頭皮に付着しないようにすることが前提で、傷みが気になる毛先などを中心に塗布するようにしましょう。 リンスやコンディショナーには、油分などの保湿成分が多く含まれているため、頭皮に付着してしまうと毛穴詰まりの原因になってしまいます。 使ったあとはしっかりと洗い流す リンスやコンディショナーを使ったあとは、たとえ頭皮に付着していないとしてもシャワーなどでしっかりと洗い流すことが大切です。 もし頭皮や背中にニキビができている場合は、リンスやコンディショナーを落としきれておらず成分が残ったままになっていることが原因として考えられます。 短髪の方は使わなくても問題ない 男性の方でもリンスやコンディショナーでヘアケアをすること自体は問題ありませんが、頭皮につかないようにすること、そして塗布後はしっかりと洗い流すようにしましょう。 また髪の毛が短い方に関しては、そもそもリンスやトリートメントを使わなくても問題ないといわれているため、長髪だったりカラーやパーマで傷んだりしている方だけ使うと良いでしょう。 薄毛が気になってきたら発毛専門のサロンでケア ハゲる原因としてはさまざまなものがあげられるため、リンスやコンディショナー以外になにか原因がある可能性も十分にあります。 もしリンスやコンディショナーの使い方に気をつけているにも関わらず、薄毛が気になるようになってきた場合は、別の原因が考えられるので発毛専門のサロンに相談しましょう。 シャンプー後のリンスやコンディショナーでハゲる原因まとめ シャンプー後のリンスやコンディショナーの使い方によってはハゲる原因になる可能性があるため注意が必要です。 リンスやコンディショナーには、油分が多く含まれているため、すすぎが不十分で頭皮に残ったままになっていると頭皮環境を悪化させて抜け毛が増えてしまいます。 そうならないためには、「頭皮に付着しないようにすること」と「塗布したあとはよく洗い流すこと」を意識することが大切です。 もししっかりと洗い流しているにも関わらず、抜け毛が増えたり薄毛が気になったりする場合は、他の原因が考えられますので発毛専門のサロンに相談することをおすすめします。 スーパースカルプ発毛センターでは、最新の設備や技術によって頭皮・髪の毛の状態をチェックして原因を調べ、一人ひとりに合ったケア方法をご提案いたします。抜け毛や薄毛、頭皮環境の悪化などが気になる方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 白髪を抜くとハゲるって本当!?白髪を抜くと薄毛になる原因を解説

    ふと鏡を見たときに白髪を見つけて、抜いたことがあるという方は多いかと思いますが、実は白髪を抜くとハゲるといわれているのをご存知でしょうか。 「白髪を抜くくらいで本当に薄毛になるの?」と思ってしまいますが、もしこの話が真実だとしたら今後白髪を見つけたらどうすればいいのか知りたいところです。 そこでこの記事では、白髪を抜くと本当にハゲるのかどうかや白髪が気になったときの対策方法についてご紹介していきます。 白髪を抜くとハゲるという噂は本当? 白髪を抜くとハゲるという噂を耳にしたことがある方もいると思いますが、この噂の答えとしては「白髪を抜くとハゲる可能性がある」です。 厳密に言うと、白髪に限らず髪の毛を抜き続けてしまうと毛根が傷ついたり髪の毛が細くなったりして最終的に生えてこなくなる恐れがあります。 白髪や髪の毛を何度も抜き続けることで毛根が死んでしまうと、その死んだ毛根から髪の毛が生えてくることは二度とありません。 白髪を抜くとまた白髪が生えてくるのは本当? 白髪を抜くとハゲるという噂とは別に「白髪を抜くとまた白髪が生えてくる」という噂を耳にしたことはあるでしょうか? そもそも白髪が生えてくる原因としては、毛根のメラノサイトと呼ばれる機能が低下してしまうことにあります。 髪の毛が黒から白へ変わる原因としては、現在でもはっきりと分かっていないのですが、白髪が生えた毛根からは抜いてもまた白髪が生えてきます。 しかし上述でもお話したように白髪を抜くと、最初は再び白髪が生えてくるものの、何度も抜いているうちに生えてこなくなるので注意が必要です。 白髪を抜くと薄毛になる原因とは? 白髪を繰り返し抜くと次第に生えてこなくなり最終的にハゲる可能性があるわけですが、白髪を抜くと薄毛になる具体的な原因としてはどういったものが考えられるのでしょうか。 ①白髪を抜くと毛が細くなる ②何度も白髪を抜くと生えてこなくなる ③白髪は生え際や頭頂部に生えやすい ここからは、上記の3つの原因について詳しく解説していきます。 原因①白髪を抜くと毛が細くなる 白髪が気になったからといって無理に引っこ抜いてしまうと、その抜いた毛根から再び生えてきた髪の毛は以前よりも細くなってしまいます。 これは、無理矢理に繰り返し抜くことで毛根が傷ついて、本来髪の毛に栄養を届ける機能が正常に作動しなくなることが原因の一つです。 栄養不足に陥った髪の毛は、細くなるだけでなく抜け毛なども起こしやすくなり、最終的に薄毛につながる原因になる可能性もあります。 原因②何度も白髪を抜くと生えてこなくなる 毛根には、血液から運ばれてくる栄養や酸素を運んでくる毛乳頭があるのですが、白髪を抜くとこの毛乳頭も一緒に引きちぎってしまうことになります。 すると上述したように髪の毛が細くなっていくのですが、何度も繰り返し抜いていると毛根が死んでしまい髪の毛が生えてこなくなるので気をつけなくてはいけません。 白髪を抜くことで部分的に目立たなくなったとしても、実際には髪の毛や頭皮にとって良いことは一つもありませんので「抜く」以外の方法で対策を考える必要があります。 原因③白髪は生え際や頭頂部に生えやすい 多くの方は鏡を見て目についた白髪を抜くと思いますが、その多くが生え際や頭頂部といった箇所に集中しています。 これは、鏡で見たときに見つけやすかったり抜きやすかったりすることが理由としてあげられますが、実は白髪は生え際や頭頂部に生えやすいと言われています。 生え際や頭頂部は、自分で見ても人から見ても白髪が生えていると目立ちやすいので、「気になったらすぐ抜く」ということを繰り返しているうちに薄毛へと近づいてしまうというわけです。 そしてこの生え際や頭頂部は、薄毛で悩む方が多い箇所でもあるため、白髪を抜くことでハゲると余計に気になりやすいともいえるでしょう。 白髪が気になったときの対策方法は? 鏡を見ていて白髪が気になったり、人から「白髪が生えているよ」と言われても、抜くのは控えるようにしましょう。 では、もし白髪が生えていることが気になったときは、どのように対処すればよいのでしょうか?こからは、白髪が気になったときの対策方法について、いくつかご紹介していきます。 毛根から抜くのではなく根元から切る もし白髪が気になったら、毛根から抜くのではなく根元から切るようにしてください。 白髪を抜くとハゲる原因になりますが、根元から切る分には大丈夫です。 またしばらくすれば白髪が伸びてきますが、抜いてしまうと生えてくるたびに細くなり最終的に生えてこなくなる可能性があるので、基本的には切って対策しましょう。 白髪を切るときは、一般的なカット用のハサミや工作用のハサミを使うのではなく、眉毛カット用の小さいハサミを使うのがおすすめです。 刃先が小さいので白髪以外の髪の毛を切ってしまうのを避けることができますし、コンパクトな分細かい作業もしやすいでしょう。 白髪の本数が多い場合は白髪染めをする 数本の白髪が気になる場合は、上述のように根元から切ってしまえばOKですが、白髪の本数が多い場合は一本一本カットしていくのは面倒です。 そういうときは白髪染めなどを使って染める方法がおすすめで、好みによって黒色以外にもブラウンなど好きなカラーに染められるのもメリットです。 ただしヘアカラーをする場合は、刺激の強い薬剤を使うことになりますので、繰り返し染めていると髪の毛や頭皮にダメージが蓄積されるリスクがあるので注意してください。 薄毛が気になったときは発毛専門のサロンに相談しよう 白髪を無理矢理に抜くとハゲる原因になる可能性はありますが、白髪以外の箇所が薄毛になっている場合は別の原因が考えられます。 こういった場合は、正しい原因を知ったうえで対策していくことが大切になりますので、まずは発毛専門のサロンに相談するのがおすすめです。 発毛専門のサロンによっては、最新設備や最新技術などによって原因を調べ、原因に合った方法でケアや対策を施してくれますので、薄毛にお悩みの方はぜひ相談してみましょう。 白髪を抜くとハゲる原因まとめ 今回は、白髪を抜くとハゲる原因になるのかどうかという点や白髪が気になったときの対策方法などについてお話しました。 白髪を抜くとハゲると言われる原因としては、通常のヘアサイクルを無視して無理矢理に白髪を抜くことで毛根を傷つけてしまうことが考えられます。 何度も白髪を抜くと、髪の毛が細くなっていくだけでなく、最終的に毛根が死んで生えてこなくなるため注意が必要です。 もし白髪を抜いた部位だけでなく他の部位の薄毛が気になった場合は、白髪を抜いたこと以外の原因がある可能性があるため発毛専門のサロンに相談しましょう。 スーパースカルプ発毛センターでは、薄毛の原因をお調べしたうえで一人ひとりに合った方法でケア・対策をしていきます。 これまで育毛剤などを試したけど効果がなかったという方でも、別のアプローチでケア・対策していくことが可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

  • 抜け毛が増える時期がある?髪が抜けやすい季節と対策方法をご紹介

    シャンプーをしたときや朝起きて枕の上を見たときなどに、抜け毛がたくさん落ちていると「薄毛になるかもしれない」と不安に感じてしまうこともあると思います。 しかし抜け毛が増える時期があり、その時期によっては季節性による抜け毛であることが考えられるため、必ずしも薄毛に直結するわけではありません。 そこで今回は髪が抜けやすい時期がいつなのか、なぜ抜け毛が増えるのか、そしてその対策方法についてご紹介します。 抜け毛が増える時期はいつ? 私たちの髪の毛は、ヘアサイクルによって毎日生え変わるのが普通ですが、時期によっては髪が抜けやすいこともあるため、抜け毛が増えたからといってすぐに心配する必要はありません。 抜け毛が増えると言われている時期としては、「秋」と「春」の2シーズンなのですが、これは一体なぜなのか、まずは秋と春に抜け毛が増える原因について確認していきましょう。 髪が抜けやすい季節【秋】 秋に髪が抜けやすいと言われている原因としては、大きく分けて2つあり、「夏の強い日差し」と「汗や皮脂による頭皮環境の悪化」です。 夏場は一年間の中で最も日差しが強く、紫外線量も増えるため、夏の強い日差しの中で頭皮を曝け出していると頭皮や毛母細胞にダメージを与えることになります。 連日、紫外線を浴び続けることでダメージが蓄積されていき、夏が終わって秋に入る頃に抜け毛として影響が現れるというわけです。 また暑い夏場は汗をかきやすく、汗と一緒に皮脂も大量に分泌されるので、頭皮の毛穴詰まりや汚れが溜まって頭皮環境の悪化につながります。 このように頭皮環境の悪化や紫外線によって、頭皮にダメージや疲労が蓄積されてしまうと、髪が抜けやすい状態になるため注意が必要です。 髪が抜けやすい季節【春】 もう一つ春も髪が抜けやすい時期と言われているのですが、これは「冬の気温の低さや乾燥」や「自律神経の乱れ」などが原因とされています。 気温が低く乾燥しやすい冬の時期は、頭皮が持つバリア機能を弱らせてしまいます。 バリア機能が低下し刺激に敏感になった状態で、春の強くなった紫外線ダメージを負うことが抜け毛の原因につながるというわけです。 また春は、花粉などが頭皮に付着して毛穴詰まりや汚れを引き起こしたり、生活環境が変化することによってストレスを抱えたりすることも原因になります。 そうしたストレスに加えて気温変動も激しいため、交感神経が優位になって緊張状態になりやすく、血管が収縮することから頭皮の血行が悪くなって抜け毛が起こることもあるでしょう。 髪の毛は毎日生え変わっている 上述したように秋や春といった時期は、髪が抜けやすい季節ではありますが、私たちの髪の毛はヘアサイクルによって毎日生え変わっています。 つまり抜け毛というのは日常的に起こるものなので、シャンプーをしたときなどに抜け毛が多いように感じても、それほど気にしなくてよい場合もあります。 一般的には、1日あたり約100本抜けると言われており、抜け毛が増える季節になると1日あたり約200本やそれ以上抜けることも珍しくありません。 髪の毛1本1本のヘアサイクルが異なるため、一気に抜けるということがなく、抜けた部分からはまた新たな髪の毛が生えてきます。 明らかに抜け毛が増えたと感じる場合に考えられる原因とは? 季節によって抜け毛が増えることはありますが、明らかに平均的な抜け毛の本数よりもたくさん抜けている気がするという場合は、時期以外の原因があるかもしれません。 では、季節問わず抜け毛が起こる原因としては、どういったものが挙げられるのかチェックしていきましょう。 抜け毛の原因①間違ったヘアケアなどを行なっている ほとんどの方は、毎日シャンプーなどのヘアケアをしていると思いますが、自分の頭皮や髪質だけでなく季節に合った方法でヘアケアをしないと抜け毛を増やすことになりかねません。 例えば、乾燥しやすい方が洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要な皮脂まで洗い落としてしまい、余計に頭皮を乾燥させてしまいます。 頭皮が乾燥するとフケが出たり、乾燥を防ぐために皮脂が過剰分泌したりして、頭皮環境を余計に悪くする恐れがあるので注意が必要です。 乾燥しやすい時期は保湿効果のあるシャンプーを使ったり、皮脂が出やすい夏はサッパリ系のシャンプーを使ったりと季節によって使い分けるのもよいでしょう。 抜け毛の原因②普段の食事が偏っている 普段から偏った食事ばかり摂っていると、髪の毛の成長に必要な栄養が不足して、弱々しい髪の毛に育ってしまったり抜け毛が増えたりする可能性があります。 健やかな髪の毛に育てるためには、自分自身の身体が健康であることが大切ですので、まずは栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。 その中で髪の毛に良いと言われる「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」といった栄養を積極的に摂ることをおすすめします。 また脂っこいものやお酒ばかり摂取していると肥満になってしまい、皮脂が分泌されやすくなるため、頭皮の毛穴詰まりなどを起こしやすく、抜け毛につながるため気をつけましょう。 抜け毛の原因③睡眠不足やストレス過多になっている 残業や夜ふかしなどが原因で生活習慣が乱れていることも、抜け毛を引き起こす要因になるため生活習慣を見直すことも大切です。 毎日、寝る時間が遅かったり短かったりすると身体が休まらずストレスが解消されにくくなりますし、ストレスが蓄積されると自律神経が乱れて血行が悪くなる可能性もあります。 また夜10時から深夜2時は、髪の毛の成長ホルモンが分泌される時間帯と言われていますので、この時間帯に眠れるようにするとよいでしょう。 季節性が原因の抜け毛を予防する対策方法 ここまで抜け毛が起こる原因についてご紹介してきましたが、少しでも抜け毛を予防する方法があるなら実践していきたいところです。 そこでここからは、季節性が原因の抜け毛を予防する対策方法についてご紹介していきます。 季節性抜け毛の対策方法①正しい方法でシャンプーをする 抜け毛は、日々のシャンプーによる刺激が強すぎることが原因になっているケースもあるため、普段使っているシャンプーや方法が適切かどうか確認しましょう。 刺激に弱い方や乾燥しやすい方は、低刺激シャンプーやアミノ酸系シャンプーを使用することで、頭皮への刺激を抑えることができます。 また汚れをしっかり落とそうと爪を立ててゴシゴシと洗うと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので指の腹を使って優しく丁寧に洗いましょう。 季節性抜け毛の対策方法②紫外線対策を徹底する 春や秋に抜け毛が増えるのは、紫外線ダメージが蓄積されることが大きな原因となっているので、日頃からしっかりと紫外線対策を徹底することをおすすめします。 例えば、髪の毛や頭皮専用の日焼け止めを塗布したり、帽子を被ったりするだけでも紫外線対策になるでしょう。 帽子を被る場合は、メッシュなど通気性の良いものを選んだほうが蒸れにくく、頭皮環境が悪くなるのを防ぐことが可能です。 季節性抜け毛の対策方法③発毛専門のサロンでケアを受ける 日頃のヘアケアや紫外線対策を行なっても抜け毛が気になるという場合は、発毛専門のサロンに相談するのもよいでしょう。 発毛専門サロンでは、頭皮環境や髪の毛、抜け毛の状態などを調べ、原因に即した対策方法を行なってケアをしていきます。 気になっている抜け毛が季節性のものか、それ以外のものなのか知ることにも繋がりますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。 抜け毛が増える時期と対策方法まとめ 今回は、抜け毛が増える時期と髪が抜ける原因、そして対策方法などについてご紹介しました。 髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、一般的に1日あたり約100本の抜け毛が起こると言われていますが、季節によっては抜け毛が増える時期もあります。 特に紫外線ダメージが蓄積されやすい春と秋に髪が抜けやすいとされているため、しっかりと紫外線対策をすること、そして季節に合ったヘアケアを行うことが大切です。 もし自分でどうやって対策すればいいか分からない、適切なヘアケア方法を知りたいという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 一人ひとりの頭皮や髪質に合った方法で、正しいヘアケア・対策方法をご提案させていただきます。

  • 髪の毛の分け目がハゲて見える原因と対策方法についてご紹介

    男性を中心に多くの方が薄毛に悩んでいますが、薄毛にはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。薄毛にはM字ハゲやO字ハゲなどがありますが、今回はその中の一つである「分け目ハゲ」の原因と対策方法についてご紹介していきます。 分け目ハゲは、年齢や性別問わず起こりうる可能性があるので、男性に限らず女性の方もぜひご一読ください。 分け目ハゲとは?特徴を知ろう M字ハゲやO字ハゲといった薄毛の種類はご存知だと思いますが、分け目ハゲというのを聞いたことがあるでしょうか。 みなさんの中で「最近、分け目が薄くなったような気がする」という方は、分け目ハゲの可能性がありますので、まずは分け目ハゲの特徴について知っていきましょう。 分け目ハゲとはどんな薄毛? 一般的に「薄毛・ハゲ」と聞くと成人男性に見られがちなM字ハゲ(前頭部の薄毛)やO字ハゲ(頭頂部の薄毛)をイメージする方が多いと思います。 そうした薄毛とは違って分け目ハゲは、主に「性別問わず起こる」「年齢問わず起こる」「ヘアスタイルの分け目部分に起こる」という点が特徴です。 薄毛は、成人男性に起こりやすいイメージですが、分け目ハゲに関しては若年層の方や女性の方にも起こりうるものといえます。 髪の流れを作る分け目はハゲを隠しにくい 分け目は髪の流れを作る部分であるため、薄毛になっていることを隠しにくいのが嫌なところで、どうしてもハゲていることが顕になりやすいです。 また普段から決まった分け目を作っているケースが多いため、自然に左右に分かれてしまうことも薄毛を隠しにくい理由の一つとなっています。 特に女性に関しては、髪の毛が長い方が多い分、分け目ハゲになると全体的にボリュームが少なく見えてしまったり分け目部分の薄毛が目立ったりするだけでなく、老けて見られる原因にもつながりかねません。 髪の分け目がハゲてしまう原因とは? 分け目ハゲは、年齢や性別問わず誰にでも起こりうる薄毛と言われていますが、なぜ髪の分け目がハゲてしまうのでしょうか。 ここからは、分け目ハゲが引き起こされてしまう原因についてご紹介していきますので、自分は大丈夫か確認してみてください。 分け目ハゲの原因①髪の毛が引っ張られる 人それぞれ髪の毛の生え方に違いや癖があるため、ブラッシングをしたりヘアセットをしたりしても自然と同じ方向に分け目が作られることが多いです。 このように毎回同じ方向に分け目が作られてしまうと、長時間一定方向に髪の毛が引っ張られて、髪の毛や毛根に負荷がかかり続けます。 また人によっては、毎日同じヘアスタイルやヘアセットをする方もいると思いますが、ポニーテールやマンバンなど髪の毛を引っ張るような髪型をし続けていると「牽引性脱毛症」につながる可能性もあるでしょう。 こうした髪の毛が引っ張られることや同じ方向に負荷がかかり続けることが、分け目ハゲの原因の一つです。 分け目ハゲの原因②強い日差しを浴びてダメージを負っている 分け目の部分やつむじ付近は地肌が見えているため、何も対策をしないと頭皮が日差しに晒されてダメージを負ってしまいます。 紫外線は、頭皮の表面だけでなくその奥にある真皮まで届き、髪の毛の元になる毛母細胞などにもダメージを与えてしまうため注意が必要です。 また紫外線を浴び続けると皮膚の乾燥や日焼けにもつながるので、日差しの強い夏はもちろん普段から紫外線対策を行うことが大切になります。 分け目ハゲの原因③生活習慣が乱れている 分け目ハゲが起こる原因は、髪の毛が引っ張られることや紫外線によるダメージだけでなく、普段の生活習慣にもあります。 例えば、毎日脂っこいものやインスタント食品、コンビニ弁当などばかり食べていると、栄養バランスが偏るだけでなく脂分や塩分過多になって頭皮環境の悪化につながる恐れがあるのです。 食事面以外にも睡眠不足が続いていると成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、髪の毛の成長に影響を及ぼすこともあるでしょう。 睡眠不足や栄養不足、運動不足などが原因でストレスを溜め込むと、自律神経の乱れにつながり血行不良を引き起こし、髪の毛に必要な栄養が届かなくなって薄毛になることもあります。 分け目ハゲを防ぐための対策方法 分け目ハゲの原因としては、髪の毛が引っ張られたり紫外線によるダメージを負ったり、生活習慣が乱れていたりすることが挙げられます。 では、分け目ハゲを防ぐためにはどういった対策方法を行えばいいのかご紹介していきますので、分け目の地肌が広くなったように感じている方は参考にしてみてください。 分け目ハゲの対策方法①同じ分け目やヘアスタイルばかりしない 分け目ハゲの対策方法としては、まず同じ分け目やヘアスタイルばかりしないように気をつけるということです。 毎日同じヘアスタイルをして髪の分け目が固定されてしまうと、一定方向にばかり引っ張られたり負荷がかかったりするため、分け目ハゲを引き起こしやすくなります。 長い間同じ分け目をしていると、癖が付いてしまってなかなかヘアスタイルを変えることが難しくなるので、普段から分け目を変えるようにすると良いです。 分け目ハゲの対策方法②日焼け止めや帽子などで紫外線対策をする 分け目部分は地肌が見えていて日差しに晒されやすいので、髪の毛や頭皮専用の日焼け止めスプレーを使ったり帽子を被ったりして紫外線対策をすることをおすすめします。 また紫外線は夏場が強い印象ですが、天気や季節関係なく降り注いでいますので、たとえ日差しが弱そうだと感じても紫外線対策は行なっておくのが良いです。 帽子を被ると蒸れてしまうという方は、麦わら帽子や通気性の良い素材の帽子を選ぶか、日傘などを代わりに使ってみてください。 分け目ハゲの対策方法③発毛専門サロンで適切なケアを受ける 分け目ハゲ対策としては、上記でご紹介したことの他にも食生活や生活習慣を見直すことも大切ですし、毎日のヘアケアを意識する必要もあるでしょう。 しかしどうすればいいかわからない、自分に合ったケア方法を知りたいという方もいると思いますので、そういった方は発毛専門サロンに相談して適切なケアを受けるのも一つの方法です。 正しいヘアケア方法や生活習慣の改善方法など、さまざまな面でアドバイスしてくれることもありますので、分け目ハゲにお悩みの方もまずは相談してみるとよいでしょう。 髪の分け目がハゲて見える原因と対策方法まとめ 今回は、髪の分け目がハゲて見える原因と対策方法についてご紹介しました。 髪の分け目がハゲて見える原因としては、髪の毛が引っ張られていたり強い日差しを浴びてダメージを負っていたり、普段の生活習慣が乱れていたりすることが挙げられます。 分け目ハゲを対策するには、定期的に髪の分け目を変えたり日焼け止めや帽子などで紫外線対策をしたり、生活習慣を見直したりすることが大切です。 最近分け目が広がってきた気がする、分け目ハゲが目立ってきて困っているという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。現在の髪の分け目や頭皮環境などをお調べし、一人ひとりに合った方法でケア・対策を行なっていきます。 育毛剤やAGA治療薬などに頼ってみたけど効果がなかったという方も、スーパースカルプ発毛センターでは異なる視点からアプローチしていきますので、まずはお気軽にご相談ください。

  • 自毛植毛で失敗する原因とは?どんなリスクがあるのか知っておこう

    薄毛に悩んでいる方の中には、自毛植毛による薄毛治療を検討されている方も多いのではないでしょうか。 自毛植毛は、さまざまある薄毛治療の中でも高い効果があると言われており、一度手術を受ければ半永久的に発毛を期待することができる治療方法ですが、自毛植毛も正しい方法を選択しないと失敗するリスクがあります。 そこでこの記事では、自毛植毛の失敗の原因やリスクについてご紹介していきます。 自毛植毛の失敗の原因について 自毛植毛は、薄毛治療の中でも高い効果が期待できる方法ではありますが、必ず良い結果が得られるわけではなく失敗例もいくつか報告されています。 まずは、自毛植毛の失敗例や失敗の原因についてご紹介していきますので、自毛植毛を検討されている方は参考にしてみてください。 自毛植毛の失敗の原因①髪の毛がきちんと生着しない そもそも自毛植毛がどういった治療方法なのかというと、頭皮から切り離した自分の髪の毛を再度移植するという方法です。 一般的な自毛植毛においては、自分自身の髪の毛を移植しますので拒絶反応を起こすといったことはありませんが、採取から移植までに時間を要してしまうと髪の毛が生着しない可能性があります。 頭皮から切り離されている間は毛根に血液が巡っていない状態なので、栄養が供給されずに細胞がダメージを負いやすくなって生着率の低下につながるのです。 他にも治療を受けたあとに頭皮ケアを怠ってしまうのも、生着率が低下する原因になるため、きちんと頭皮ケアを行うようにしましょう。 自毛植毛の失敗の原因②植毛方法が合っていない 自毛植毛にはさまざまな手術法があるのですが、その中にメスを用いた「FUT法」という方法があります。 このFUT法は、髪の毛の頭皮ごと切り離すので生着率の高さが特徴ではあるのですが、切開した箇所の傷跡が目立ってしまう点がリスクです。 生着率が高くても傷跡が目立って手術後の見た目が良くないため、人によっては選ぶ手術方法に失敗したと思う方もいるでしょう。 自毛植毛の失敗の原因③植毛後の仕上がりをイメージできていない 自毛植毛を受ける方の中には、「薄毛を何とかしたい」「増毛したい」という気持ちが強く、実際に植毛したあとの仕上がりまでイメージできていないケースが多いです。 そのため植毛した部分の毛量が多過ぎたり少な過ぎたり、他の部位とのバランスが悪かったりと不自然な仕上がりになってしまうことがあります。 ただ髪の毛が増えたらいいというだけでなく、増えたあとのバランスや見た目についてもしっかりと意識することが大切です。 自毛植毛の失敗リスクを予防する方法とは? 薄毛治療のために自毛植毛を受けても失敗してしまっては意味がないため、事前に失敗するリスクを予防しておきたいところです。 ここからは、自毛植毛に失敗しないために気をつけておくべきことや予防方法についてご紹介していきます。 自毛植毛の失敗リスクの予防方法①健やかな髪の毛を育てる 自毛植毛を失敗しないためには、髪の毛の生着率を高めることがポイントになってきますので、生活習慣や食事に気を遣って健やかな髪の毛を育てるようにしましょう。 また手術後の頭皮ケアも大切ですので、きちんと自分の肌に合ったケア方法を取り入れて、健康的な頭皮・髪の毛の維持に努めるとよいです。 自毛植毛の失敗リスクの予防方法②植毛方法をよく検討する 上述でご紹介した「FUT法」という自毛植毛の方法は、メスを用いた手術法なので傷跡が残りやすいリスクがありますが、「FUE法」は傷跡が目立たない点がメリットとなっています。 FUE法は、専用器具を使って穴を開ける方法なのでメスを使って切開したり縫合したりする必要がないため、傷跡が目立ちにくく身体への負担も少ないです。 自毛植毛の失敗リスクの予防方法③技術力のある医師にお願いする せっかく自毛植毛を受けても、不自然な仕上がりになってしまうと薄毛治療としては失敗と捉える方もいるでしょう。 失敗しないためには、手術後の仕上がりまでイメージして、自然なヘアスタイルを実現するデザイン力と技術力のある医師にお願いすることが大切です。 口コミや実績などを参考にして、手術後のサポート体制が整っているか、最新の設備などが用意されているかなどチェックしたうえでクリニック選びをしましょう。 薄毛対策は自毛植毛だけじゃない!自分に合った薄毛対策を 高い効果が期待できる自毛植毛ではありますが、上述したように失敗のリスクがあるため、手術を受ける場合は慎重に検討することが大切です。 また薄毛対策としては、自毛植毛の他にもさまざまな方法がありますので、自分に合った薄毛対策を探してみるのもよいでしょう。 ここからは、自毛植毛以外にどんな薄毛対策があるのかご紹介していきます。 薄毛の対策方法①育毛剤やAGA治療薬を使う 頭頂部や前頭部の薄毛が気になるAGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方は、AGA治療薬や育毛剤などを使う方法があります。 AGA治療薬は、男性型脱毛症の進行を抑えることができるため、抜け毛や薄毛が気になったときはクリニックに相談してみるとよいでしょう。 また市販で発売されている育毛剤を使う方法もありますが、人によって育毛剤やAGA治療薬が効かない方もいます。 薄毛の対策方法②ウィッグをかぶる ウィッグは薄毛の根本的な解決にはなりませんが、自分の理想的なヘアスタイルにしやすく、見た目の変化がわかりやすい点がメリットです。 頭全体にかぶせる「フルウィッグ」や自毛を活用したウィッグなどさまざまなタイプのウィッグがあり、バリエーション豊富な種類の中から選ぶことができます。 また人毛や人工毛、ミックス毛など毛質にも種類があり、それぞれ料金が異なるため自分の予算に合わせて選べるのも魅力です。 薄毛の対策方法③発毛専門サロンに相談する 自毛植毛に抵抗があったりAGA治療薬では効果がなかったりした場合は、発毛専門サロンに相談してみるのも良いでしょう。 発毛専門サロンでは、まず頭皮や髪の毛の状態を調べて何が原因か確認し、そのうえで一人ひとりに合ったケア・対策方法を提案してくれます。 スーパースカルプ発毛センターでは、薬に頼らない方法でケアしていきますので、育毛剤やAGA治療薬では効果が得られなかったという方もぜひご相談ください。 自毛植毛で失敗する原因まとめ 薄毛治療の中でも高い効果が期待できる自毛植毛ですが、慎重に検討しないと失敗するリスクがあるため注意しましょう。 自毛植毛に失敗する原因としては、髪の毛がきちんと生着しなかったり植毛方法が合っていなかったり植毛後の仕上がりまでイメージできていなかったりといったことが挙げられます。 自毛植毛を失敗しないためには、普段から生活習慣や食生活を意識して健やかな髪の毛を育てること、仕上がりをイメージしておくこと、そしてイメージ通りに仕上げてくれる技術力やデザイン力を有した医師にお願いすることが大切です。 自毛植毛で失敗したくないという方は、スーパースカルプ発毛センターにご相談いただければ別のアプローチでの薄毛対策を提案させていただきます。 「薄毛が目立つようになってきた」「抜け毛が増えてきた」という方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

  • 前髪がスカスカになる原因とは?生え際の薄毛の対策方法をご紹介

    みなさんの中には、 「最近、前髪が上手くまとまらない」 「生え際が薄いような気がする」 といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。 前髪がスカスカに見えていると、髪の毛のボリュームが少なく感じるだけでなく、薄毛の兆候ではないかと不安に思ってしまうものです。 そこでこの記事では、前髪がスカスカな状態がどんな状態なのか、前髪・生え際の薄毛の原因や対策方法などについてご紹介していきます。 前髪がスカスカってどんな状態? 「前髪がスカスカ」「生え際が薄い」と感じていても、具体的にどのような状態のことを薄毛というのでしょうか。 まずは、前髪がスカスカな人の特徴についてご紹介していきますので、自分の前髪や生え際を確認してみて当てはまるのかどうか確認してみてください。 スカスカ前髪の特徴①おでこ・生え際が見える 前髪が薄い人は、どうしてもボリュームが少なくスカスカに見えてしまうため、おでこや生え際といった部分が露わになっているケースが多いです。 人によって元々前髪の毛質が細かったり、そもそも毛量自体が少なかったりすることもありますが、普段の生活習慣や食事、ヘアケアなどが原因で徐々に前髪が薄くなっている可能性もあります。 スカスカ前髪の特徴②生え際が後退しておでこが広い 前髪をおろしているときは、スカスカでおでこや生え際が見えており、前髪をあげるとおでこや生え際が広く見えるのも特徴の一つです。 人によっては、髪の毛1本1本が細くて毛量も少ないので、前髪をおろしていてもおでこが広く見えてしまうことがあります。 前髪が薄いとヘアセットでカバーしづらい部分でもあるため、どうしても全体的なボリュームが少なく見えて薄毛の印象を与えてしまいます。 スカスカ前髪の特徴③男性型脱毛症が進行している 前髪がスカスカに見えたり生え際が後退していたりする方は、男性型脱毛症を発症している可能性が高いです。 AGAとも呼ばれる男性型脱毛症は、前頭部や頭頂部が薄くなるという特徴があり、AGAの方の中には薄い前髪やM字ハゲに悩んでいる方がたくさんいます。 男性型脱毛症の可能性が高い場合は、AGA専門のクリニックや発毛専門サロンなどに相談して適切な治療やケアを受ける必要があるでしょう。 前髪がスカスカになる原因とは? 前髪がスカスカになったり生え際が後退したりする原因としては、どういったものが挙げられるのでしょうか。 ここからは、前髪がスカスカになる原因についてご紹介していきますので、ご自身にあてはまる項目がないか確認しながら読んでみてください。 前髪がスカスカになる原因①生活習慣が不規則になっている 前髪がスカスカになる原因としては、まず日頃の生活習慣が不規則になっていて頭皮や髪の毛に良くない日々を送ってしまっていることが考えられます。 例えば、就寝時間が遅いことも髪の毛の成長にマイナスの影響を与えてまう原因の一つで、成長ホルモンが分泌される22時〜2時の間に寝るのが理想的です。 他にも食事が偏っていたり運動不足だったりと、生活習慣が乱れていることが前髪や生え際の薄毛につながるため、生活習慣の見直しがとても大切といえるでしょう。 前髪がスカスカになる原因②頭皮の血行が悪くなっている 頭皮の血行が悪くなっていることも前髪がスカスカになる原因の一つで、血行不良を引き起こすと髪の毛に必要な栄養素がきちんと行き届かなくなるからです。 血行を良くするためには、運動習慣を身につけたり頭皮マッサージをしたりするといった方法もありますが、普段からデスクワークをしている方は姿勢にも注意しましょう。 ずっと同じ姿勢でいると筋肉が凝り固まってしまい血行が悪くなってしまいますし、肩こりなどが原因で血行が悪くなることもあるのでストレッチなどを習慣づけるとよいです。 前髪がスカスカになる原因③間違ったヘアケアを行なっている みなさんの中には、普段から髪の毛や頭皮環境のことを考えてシャンプーなどのヘアケアをきちんと行なっていると思います。 しかし間違ったヘアケアをしてしまっていると、かえって薄毛や抜け毛の原因になってしまうため、ちゃんと自分の肌質や毛質に合った方法で行うことが大切です。 皮脂が出やすい方は、つい洗浄力の強いシャンプーを使ってしまいがちですが、洗浄力が強いと必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。 すると足りなくなった皮脂を補うために皮脂が過剰に分泌されて、毛穴詰まりなどにつながり頭皮環境を悪化させてしまうので、皮脂が出やすい方は今一度使っているヘアケアグッズを見直しましょう。 スカスカになった前髪の対策方法について 前髪がスカスカになると薄毛の印象が強くなってしまうので、何とか改善したいと考えている方もいると思います。 そこでここからは、スカスカになった前髪や後退した生え際の対策方法についてご紹介していきますので参考にしてみてください。 スカスカになった前髪の対策方法①生活習慣を見直す 薄毛の原因として身近なものとしては、やはり睡眠不足や運動不足、偏った食生活による栄養不足といった生活習慣が挙げられます。 きちんと質の高い睡眠を十分な時間摂れているか、適度な運動をして血行を良くしているか、タンパク質やミネラル、ビタミン類など髪の毛に欠かせない栄養をきちんと摂取できているかなど確認してみましょう。 他にも間違ったヘアケアをしていることで頭皮環境を悪化させ薄毛を引き起こしている可能性もありますので、普段のヘアケアが適切な方法か見直すことも大切です。 スカスカになった前髪の対策方法②普段のヘアセットを見直す スカスカになった前髪が気になって、ヘアセットを工夫して薄毛をカバーしようとする方もいると思います。 しかし無理に髪の毛を引っ張って薄毛を隠したり、ワックスをたくさん付けてセットしたりすると、毛穴に負担がかかったり汚れが詰まったりする可能性があるので注意しましょう。 それでも前髪をカバーできるヘアスタイルをしたい方は、美容師に相談してみるのも一つの方法です。 スカスカになった前髪の対策方法③発毛専門のサロンに相談する 生活習慣やヘアケアの見直しなどを行うことは薄毛対策の一環にはなりますが、自分一人ではケアに限界を感じることもあるでしょう。 そういったときは、一人でどうにかしようとしたり抱え込んだりせずに発毛専門のサロンに相談することも一つの方法です。 発毛専門サロンでは、原因を調べてくれたり一人ひとりの髪質・頭皮の状態に合った方法でケアしてくれたりします。 前髪がスカスカになる原因と生え際の薄毛の対策方法まとめ 今回は、前髪がスカスカになる原因や生え際の薄毛の対策方法などについてご紹介しました。 薄毛になる原因としてはさまざまありますが、生活習慣が乱れていたり食事の栄養が偏っていたり、他にもヘアケア方法が間違っていたりといったことが挙げられます。 まずは、自分自身の生活習慣や食事を見直すこと、自分に合ったケアケア方法を探すことが大切です。 それでも薄毛が気になったり良い方法が分からなかったりする場合は、ぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、お薬に頼らない方法で改善を目指していきますので、これまで育毛剤やAGA治療薬でも良くならなかった方にもご利用いただけます。

  • 縮毛矯正やストレートパーマはハゲる?原因や注意点をご紹介

    くせ毛などが気になって縮毛矯正やストレートパーマをあてたいと考えている方は多いと思いますが、「縮毛矯正をするとハゲるのではないか」と気になっている方もいるでしょう。 縮毛矯正はもちろんのこと、ヘアカラーやパーマは繰り返し行うと髪の毛にダメージを与えてしまうという話もあるので、ハゲるのではと不安に感じるのも無理はありません。 そこでこの記事では、縮毛矯正を行うとハゲるのかについて解説していきます。 そもそも縮毛矯正ってどんなもの? 縮毛矯正とは、くせ毛や縮れ毛といった髪の毛を真っ直ぐの状態にする方法のことをいい、ストレートヘアなど自分の理想とするヘアスタイルを実現することができます。 その一方で、本来くせ毛だった髪の毛を真っ直ぐの状態にするわけですから、それなりに髪の毛へのダメージも懸念され、ハゲるのではないかと不安に思う方も少なくありません。 では縮毛矯正は、どのようにして髪の毛を真っ直ぐにするのでしょうか? 縮毛矯正は薬剤と熱によって髪の毛をまっすぐにする 結論からいうと上記の見出しにもあるように、縮毛矯正や薬剤と熱によって髪の毛をまっすぐにしています。 美容室などで縮毛矯正を行うとき、まず「1剤・2剤」と呼ばれる2種類の薬剤を使うのですが、1剤は髪の毛のタンパク質の結合を分解し、2剤は分解したタンパク質を再構築させる役割を持っています。 髪の毛は、たくさんのタンパク質が結合して成り立っているのですが、くせ毛はこの結合状態に偏りがあることでくせ毛が起こるのです。 この偏ったタンパク質の結合を1剤によって「分解」したあと、ヘアアイロンを使って熱を加えることで髪の毛を伸ばし、真っ直ぐになった状態で2剤で「再構築」します。 ストレートパーマは縮毛矯正とは違うもの? 縮毛矯正と同様に、髪の毛を真っ直ぐにする施術として「ストレートパーマ」というものがあるのですが、人によっては同じものとして認識していることも少なくありません。 髪の毛を真っ直ぐにするという点では同じですが、厳密に言うと施術方法に違いがあり、縮毛矯正は「薬剤と熱」、ストレートパーマは「薬剤のみ」で施術を行います。 髪の毛を真っ直ぐにする効果の高さとしては、熱を使う縮毛矯正の方が上と言われていますが、その分髪の毛に与えるダメージも強くなるという点は注意ポイントです。 縮毛矯正を行うとハゲる原因になる? 髪の毛に強いダメージを与えてしまう縮毛矯正は、くせ毛で悩んでいる方にとっては真っ直ぐな髪の毛を手に入れることができ嬉しい施術方法といえるでしょう。 しかしその強いダメージによってハゲるのではないかという話もあるため、人によっては縮毛矯正を行うことに不安や心配を感じている方も多いと思います。 では、縮毛矯正を行うことはハゲる原因になりうるのか、その点について確認していきましょう。 縮毛矯正がハゲる直接的な原因にはならない 縮毛矯正を行なったからといって直接的にハゲる原因になるわけではありませんが、縮毛矯正では薬剤と熱を用いるので、髪の毛がダメージを負ってしまうことは否定できません。 縮毛矯正で使われる1剤は髪の毛のタンパク質の結合を強制的に分解するうえに、ヘアアイロンの高温で髪の毛を伸ばすため、髪の毛へのダメージは大きいです。 ダメージを負った髪の毛は、当然のことながら弱まってしまうため、場合によっては切れ毛が起こりやすくなったり細くなってしまったりすることもあります。 髪の毛が真っ直ぐになってボリュームダウンする 縮毛矯正をあてるとくせ毛が真っ直ぐになるわけですが、やはりくせ毛のほうが見た目としてもボリューミーに見えるのは言うまでもありません。 しかし縮毛矯正によって髪の毛が真っ直ぐになれば、癖がなくなった分すっきりしてボリュームダウンしたように見えます。 毛量は減っていなくても単純にボリュームが減ったことが薄毛になったように感じて、「縮毛矯正をするとハゲる」と噂されるようになった可能性もあるでしょう。 縮毛矯正を行う場合の注意ポイント 縮毛矯正は、多くの美容室で行われている施術の一つですが、とても高い技術が求められるため失敗するケースも珍しくないため注意が必要です。 では、ここからは縮毛矯正を行う場合の注意ポイントについてご紹介していきます。 縮毛矯正を受けるときは美容室にこだわる 上述したように美容室によっては、縮毛矯正を失敗されてしまうケースも多々あるため、縮毛矯正を受けるときは美容室にこだわることが大切です。 失敗例としては、縮毛矯正の施術を受けたあとに髪の毛がチリチリ状態になってしまうことで、一般的に「ビビり毛」と呼ばれています。 縮毛矯正を受ける場合は、縮毛矯正やストレートパーマといった施術が得意な美容室・美容師を選ぶようにしましょう。 自分のイメージをしっかりと伝える 美容室でカットやカラー、パーマなどをしてもらうとき、多くの方は参考になるヘアスタイルの画像を持参して「こんなふうにしてください」と伝えると思います。 そのうえで細かい部分は、「トップは短くしてほしくない」「すき過ぎないようにしてほしい」など口頭で伝えるのではないでしょうか。 しかしその写真の髪型と実際に口頭で伝えた要望にズレがあり、自分がイメージした髪型とは違う仕上がりになってしまうことがよくあります。 またストレートにしたい場合でも、縮毛矯正じゃない方法で行えるケースもあるため、しっかりと自分のイメージや要望を伝えるようにしましょう。 薄毛かも?と感じたら発毛専門サロンに相談しよう 縮毛矯正をしたからといってハゲる原因になるわけではないので、もし薄毛になっているような気がしたら、美容室ではなく発毛専門サロンに相談することをおすすめします。 薄毛や抜け毛の原因としてはさまざまなことが考えられるため、縮毛矯正以外の何かが原因で薄毛を引き起こしている可能性があります。 発毛専門サロンに相談すれば、薄毛や抜け毛を引き起こしている原因を調べたうえで、髪の毛や頭皮にあった方法でケアや対策を行なってくれます。 縮毛矯正がハゲる原因になるのかどうかと注意点まとめ 今回は、縮毛矯正がハゲる原因になるのかという点と、縮毛矯正を行うときの注意点などについてご紹介しました。 縮毛矯正をしたからといってハゲる原因にはなりませんが、繰り返し行うことで髪の毛へのダメージは蓄積されていくため、しっかりとヘアケアしてあげることが大切です。 また縮毛矯正は、難易度の高い施術で失敗例もたくさん報告されているため、通う美容室や施術をしてもらう美容師はしっかりと選ぶようにしましょう。 もし薄毛や抜け毛が増えたような気がした場合は、縮毛矯正以外の原因が考えられますので、発毛専門サロンなどに相談することをおすすめします。 スーパースカルプ発毛センターでは、薄毛や抜け毛の原因をお調べしたうえで、一人ひとりの髪質や頭皮に合ったケア方法や対策方法をご提案いたします。 薄毛が気になる、ヘアケア方法が分からない、という方はぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

  • 若ハゲの特徴は前髪が薄い?若ハゲの原因や対策方法をご紹介

    前髪や頭頂部の薄毛と聞くと中高年層に起こるイメージがあると思いますが、実は20~30代の若年層にも前髪や頭頂部の薄毛が起こる可能性はあります。 若年層に起こる薄毛のことを一般的に若ハゲといいますが、どういったことが原因で起こるのか気になる方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、若ハゲになる原因や若ハゲの特徴、そして対策方法についてご紹介していきます。 若ハゲが起こる原因とは? 20~30代の若い年代で前髪などが薄くなってくると、非常に大きなショックを受けてしまうでしょう。 しかし最近では、10代後半の方でも若ハゲに悩む方が多く、年齢に関係なく薄毛は起こりうるものなのです。 では若ハゲが起こる原因としては、どういったものがあげられるのでしょうか。 まずは、若ハゲが起こる原因をご紹介していきます。 若ハゲの原因①AGA(男性型脱毛症) まず若ハゲの原因として可能性が高いのは、「AGA(男性型脱毛症)」です。 薄毛に悩む男性のうち、約90%がAGAが原因と言われています。 AGAの特徴は、前髪が薄くなるM字型や頭頂部が薄くなるO字型などがある点です。 またAGAは、男性ホルモンの変化が関係しているとされており、さらに遺伝によって引き起こすケースがあるのも特徴の一つです。 自分自身がまだ若い年代であること、そしてホルモンや遺伝が原因であることを考えると、なかなか自分自身で予防や対策することが難しいでしょう。 もしAGAが原因だった場合は、専門クリニックに相談してAGA治療を受けるなどの対策が必要です。 若ハゲの原因②生活習慣の乱れやストレス過多 若ハゲを引き起こす原因に、生活習慣の乱れやストレス過多もあげられます。 特に若い世代は体力があるため、つい遅い時間まで活動してしまうケースが多いです。 そうした睡眠不足に加えて、お酒の飲み過ぎやインスタント食品・外食が多いなど、食生活の乱れも若ハゲの原因につながります。 他にも社会人になって新しい環境で過ごすようになると、その分ストレスを感じやすくなる方も少なくありません。こうした不規則な生活習慣やストレスを抱え過ぎることが、若ハゲを引き起こす原因になります。 若ハゲの原因③正しいヘアケアを行なっていない 普段行なっているヘアケアを間違った方法で行なっていると、若ハゲにつながる可能性があるので、ワックスやスプレーなどの整髪剤を付けたまま寝てしまったり、一日に何度もシャンプーをしたりするのはNGです。 ワックスやスプレーが付いたまま寝ると頭皮環境の悪化につながりますし、ホコリや汚れなども付着した状態になりますので若ハゲを助長することになります。 さらに頭皮の皮脂などが気になって一日に何度もシャンプーをすると、かえって必要な皮脂まで奪うことになるのです。 皮脂がなくなれば頭皮は乾燥しやすくなりますし、不足した油分を補おうと皮脂が過剰分泌されることもあります。 若ハゲの特徴とは?前髪が薄くなるケースが多い 若ハゲの原因についてご紹介しましたが、実際の若ハゲはどういった状態のことを言うのでしょうか。一般的には、前髪が薄かったりおでこの生え際が後退したりするケースが多いです。 ここからは、若ハゲの特徴についてご紹介していきます。 若ハゲの特徴①前髪が薄かったりおでこの生え際が後退したりする 若ハゲの特徴としては、まず前髪が薄かったりおでこの生え際が後退したりする点です。 前髪の毛量が少ないだけでも、人から見るとかなり薄毛の印象を与えてしまいます。 人によってもともと薄い場合もありますが、遺伝やホルモンバランスの変化、不規則な生活習慣などが原因で徐々に前髪が薄くなったりおでこの生え際が後退したりすることも少なくありません。 20~30代前後の方で、前髪が薄いと感じている方は若ハゲの可能性が考えられるでしょう。 若ハゲの特徴②頭頂部付近の肌が見えている 若ハゲになると前髪だけでなく頭頂部付近の髪の毛も薄くなって、つむじが広がって見えたり地肌が見えたりすることもあるのです。 AGAの特徴としては、前髪が薄くなりおでこの生え際が後退するM字型、そして頭頂部が薄くなるO字型などがあげられます。 自分ではなかなか気づきにくい箇所ではありますが、頭頂部の地肌が透けて見える場合は若ハゲの兆候といえるでしょう。 若ハゲの特徴③髪質が細く柔らかい 薄毛は、髪の毛が以前よりも細くなったり柔らかくなったりするのも特徴の一つです。 若ハゲも同様に、前髪が薄くなると同時に細く柔らかくなっている場合が多いでしょう。 これは、遺伝や不規則な生活習慣、乱れた食事などによってヘアサイクルやホルモンバランスが乱れることが原因です。 シャンプーをするときや手櫛をしたときに、髪の毛が弱々しく感じる場合は若ハゲになっている可能性があります。 若ハゲの特徴④頭皮が痒かったりフケが出たりする 間違ったヘアケアを続けていることで頭皮環境が悪化してしまい、頭皮に痒みを感じたりフケが出たりすることがあります。 また間違ったヘアケアだけでなく、空調の効いた空間にずっと居たり紫外線などを長時間浴びたりするのも頭皮環境の悪化を引き起こす原因です。 頭皮の炎症や乾燥が原因で抜け毛が増えて、最終的に若ハゲにつながってしまう恐れがあります。 若ハゲかも?と思ったら実践したい対策方法 すでに「前髪が薄くなってきた気がする」「つむじが大きく感じる」といった場合は、若ハゲに近づいている可能性が高いです。 では、若ハゲかもと思ったときに実践すべき対策方法・予防方法としてはどういったものがあるのか確認していきましょう。 若ハゲの対策方法①生活習慣の改善・ストレス解消 若ハゲの対策方法としては、まず生活習慣を見直すことが大切です。 食事はもちろん、睡眠不足・運動不足があるなら改善するよう努めましょう。 食事面に関しては、栄養バランスを考えることが重要です。 特にタンパク質・ミネラル・ビタミン類など髪の毛に欠かせない栄養素は、積極的に摂取することをおすすめします。 また適度な運動習慣や十分な睡眠は、ストレス解消にもつながりますので意識してみてください。 若ハゲの対策方法②正しい方法でヘアケアする 髪の毛や頭皮のことを思って行うヘアケアも間違った方法で行なっていると逆効果になってしまいます。 頭皮が乾燥しやすい方、反対に皮脂が過剰に出る方は、何度もシャンプーをしているか使用しているシャンプーの洗浄力が強過ぎることが考えられるでしょう。 保湿成分や美容成分配合の頭皮に優しいシャンプーに切り替えたり、何度もシャンプーしないようにしてください。 若ハゲの対策方法③専門のサロンに相談する 生活習慣の改善やヘアケア方法の見直しによって若ハゲの予防や対策につながりますが、それだけでは良くならない可能性もあります。 そういったときは、発毛専門のサロンに相談して適切な方法で対策するのがよいでしょう。 きちんと原因を調べてうえで、一人ひとりに合ったケア方法・対策方法を提案してくれます。 若ハゲの原因や特徴と対策方法まとめ 若ハゲを引き起こす原因としては、以下のようなものがあげられます。 ・AGA(男性型脱毛症) ・生活習慣の乱れやストレス過多 ・正しいヘアケアを行なっていない AGAが原因の場合は、専門クリニックに相談して適切な治療を受ける必要があるでしょう。 併せて自分自身でも、生活習慣やヘアケア方法を見直して改善していくことが大切です。 もし「前髪が薄くなってきた」「若ハゲかどうか知りたい」といった方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 スーパースカルプ発毛センターでは、薬に頼らない方法で薄毛・抜け毛の対策を行なっていきます。

  • 女性に見られがちな薄毛「こめかみ薄毛(ハゲ)」が起こる原因とは?

    女性に見られがちな薄毛(ハゲ)として「こめかみ薄毛(ハゲ)」というものがあることをご存知でしょうか? こめかみハゲとも呼ばれるこめかみ薄毛は、男性の薄毛(ハゲ)と異なり女性特有の原因があると考えられています。 そのため、市販の男性向け育毛シャンプーを使用しても薄毛やハゲが改善しないケースがあり、正しく対策していかなくてはなりません。 この記事では、女性特有のこめかみ薄毛(ハゲ)の特徴や原因について解説するとともに、対策方法に関してもご紹介していきます。 女性特有のこめかみ薄毛(ハゲ)の特徴 こめかみ付近がハゲる「こめかみ薄毛(ハゲ)」女性に多く見られるのが特徴です。 こめかみとは、眉尻から耳に向かって指4本分ほどの側頭部を指し、モノを噛んだり食いしばったりしたときに動く部分をイメージするとわかりやすいかもしれません。 こめかみ薄毛(ハゲ)とは、文字通りこめかみ付近がハゲることであり、こめかみがハゲることでおでこが広くなり、正面から見ても薄毛(ハゲ)が目立ってしまいます。 男性の薄毛(ハゲ)は、おでこの生え際がハゲるM字ハゲやO字ハゲが有名ですが、女性の場合は男性の薄毛(ハゲ)と比べて、薄毛(ハゲ)が生じやすい箇所に違いがあります。 女性に起こる薄毛(ハゲ)の特徴 男性に起こりがちな薄毛(ハゲ)としては、生え際が薄毛(ハゲ)になるM字ハゲや頭頂部が薄毛(ハゲ)になるO字ハゲなどが一般的です。 一方で、女性に起こる薄毛(ハゲ)としては、「びまん性脱毛症」と呼ばれる頭部全体が薄毛(ハゲ)になる症状が多く見られるため、男性のようにピンポイントではなく、髪の毛全体が満遍なく薄くなってくるという特徴があります。 そのため、一般的にはこめかみ周辺が薄毛(ハゲ)になることは珍しいと言われていますが、女性は稀にこめかみ部分が薄毛(ハゲ)を引き起こすという事例もあり、それらがこめかみ薄毛(ハゲ)と言われ、女性特有の薄毛症状と考えられているのです。 女性にこめかみ薄毛(ハゲ)が起きてしまう原因とは? 女性に起こりがちなこめかみ薄毛(ハゲ)は、一体どういったことが原因として挙げられるのでしょうか? こめかみ薄毛(ハゲ)の原因として、以下のような6つの理由が考えられます。 ホルモンバランスの乱れ 偏った食生活 ストレス過多 不規則な生活習慣 過度なダイエット パーマやヘアカラーによる髪の毛へのダメージ ここでは、こめかみ薄毛(ハゲ)が起こる原因について解説していきます。 こめかみ薄毛(ハゲ)の原因①ホルモンバランスの乱れ 女性に多くみられるこめかみ薄毛(ハゲ)の原因としては、ホルモンバランスが影響しているケースが多く、40代以降の女性にみられるFAGA(女性男性型脱毛症)は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが減少することで起こると言われています。 エストロゲンには、髪の毛のハリ・コシ・ツヤなどをもたらす役割があるとされており、エストロゲンが減少すると髪の毛に元気がなくなり、痩せ細ってしまうのです。 また、女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンの割合が増えるため、

  • 頭皮が日焼けするとハゲる!?紫外線による薄毛の原因について

    春から秋にかけての時期は、紫外線が強くなって日焼けしやすくなります。 そのため、日焼けをしたくない方の多くは、顔や身体に日焼け止めを塗ることでしょう。 しかし、紫外線対策が難しいのが頭皮です。 頭皮の日焼けはハゲる原因になるといわれているのをご存知でしょうか。 そこでこの記事では、頭皮が日焼けするとハゲるといわれているのは本当なのか、そして紫外線がもたらす頭皮への影響についてご紹介していきます。 頭皮の日焼けはハゲる原因になる? 日差しが強くなる季節は、紫外線予防のために日焼け止めを塗る方が多いと思います。 しかし、つい紫外線対策を忘れてしまいがちなのが頭皮や耳といった箇所です。 紫外線が肌に良くない影響を与えるというのはご存知だと思いますが、頭皮も同様に気づかないところで紫外線による影響を受けています。 もし「最近、髪の毛が薄くなってきた気がする」と感じている方は、頭皮の日焼けが原因となっている可能性が考えられるので、これまで特に頭皮への日焼け対策を行なっていなかったという方は、この機会に意識してみてはいかがでしょうか。 頭皮が日焼けするとハゲるといわれる理由 頭皮や耳といった部分は、紫外線を浴びやすい箇所であり、本来なら顔や身体と同様に日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が必要です。 ハゲる原因にはさまざまなものがあげられますが、頭皮環境が悪化することで薄毛につながります。頭皮も顔や身体と同じ皮膚ですから、強い日差しを浴び続ければ紫外線による悪影響を受けてしまうのです。 また頭皮においては皮脂腺や幹線が多い一方で、バリア機能や保湿性という点はそれほど高くありません。その分、髪の毛が外的刺激から頭皮を守ってくれているのですが、それでも強い紫外線を浴び続けると頭皮が乾燥したり日焼けして炎症を起こしたりといった問題が起こります。 頭皮がダメージを負うと抜け毛が増えてしまい、結果的にハゲることになるのです。 紫外線がもたらす頭皮への影響とは 頭皮が紫外線を浴びて日焼けすると、さまざまなトラブルへとつながります。 最終的には、上述したようにハゲる可能性もあるため対策が欠かせません。 例えば紫外線がもたらす頭皮への影響としては、以下のようなものがあげられるでしょう。 ・日焼け(炎症) ・ハゲる ・ヘアカラーの色落ち ・髪の毛や頭皮の乾燥 ここでは、紫外線がもたらす頭皮への影響についてご紹介していきます。 紫外線による頭皮への影響①日焼け(炎症) 私たちの皮膚は、強い日差しを浴び続けると日焼けして肌が黒くなりますよね。 日焼けして間もない頃は、皮膚がヒリヒリと痛むことがありますが、これは熱ダメージによって肌が炎症を起こしている状態です。 ヒリヒリとした痛みから次第に痒みへと変わっていき、つい掻いてしまうと炎症が悪化したり色素沈着につながる可能性があるため気をつけなければなりません。 さらに炎症が治まってくると、日焼けした皮膚がペリペリとめくれはじめ、頭皮に関してはフケが発生することもあります。 紫外線による頭皮への影響②ハゲる 頭皮に紫外線を浴び続けると、顔や身体の肌と同じように日焼けを起こします。 そして日焼けすると、頭皮は炎症や乾燥を引き起こしてしまうので注意が必要です。 頭皮環境が悪化すれば、ハゲるリスクを高めることになります。 また乾燥によってフケが発生すると、頭皮の毛穴詰まりを起こす原因となり、ますますハゲることになりかねません。 紫外線による頭皮への影響③ヘアカラーの色落ち 紫外線を浴びると、ヘアカラーが色落ちしてくるといわれています。 本来ヘアカラーとは、髪のキューティクルを開くことで色素を浸透させる仕組みです。 しかし紫外線を浴びるとキューティクルがダメージを受けて、ヘアカラーの色素が外に出てくるといわれています。 せっかくお気に入りのヘアカラーに染め上げても、紫外線対策をしないと色が変化してしまう可能性があるため注意しましょう。 紫外線による頭皮への影響④髪の毛や頭皮の乾燥 紫外線によってキューティクルがダメージを負うと、髪の毛の水分なども外へと出てしまいます。その結果、髪の毛や頭皮の乾燥を引き起こして、パサつきのある髪の毛へと導いてしまうのです。 さらに水分だけでなくタンパク質なども流れ出して、枝毛や切れ毛といった髪の毛のトラブルにも発展します。 頭皮の乾燥は、フケなどを発生させるだけでなく刺激に敏感な状態になって、頭皮環境の悪化やハゲることにも繋がるでしょう。 日焼け・紫外線から頭皮を守る方法 頭皮が日焼けすると、さまざまな頭皮トラブルの原因となり、ハゲるきっかけにもなります。 日焼け・紫外線から頭皮を守るためにも、きちんと対策していくことが大切です。 ここからは、日焼け・紫外線から頭皮を守る方法についてご紹介していきます。 日焼けから頭皮を守る方法①帽子や日傘を活用する 頭皮の日焼け予防としておすすめなのは、帽子や日傘を活用することです。 特にUVカット加工されたものであれば、紫外線から頭皮を守ることができます。 しかし帽子を被る場合、素材によっては蒸れやすくなって頭皮環境を悪くしてしまうので、できるだけ通気性の高いものを選びましょう。 また男性の中には、日傘を差すことに抵抗を覚える方もいると思いますが、最近では男性向けの日傘も販売されていますのでチェックしてみてください。 日焼けから頭皮を守る方法②髪専用の日焼け止めスプレーを使う 日焼け対策としては、やはり日焼け止めを塗るのが良いですが、髪の毛に塗るのは抵抗がある方もいるでしょう。 しかし最近では、髪の毛専用の日焼け止めスプレーなども販売されています。使い方も簡単で、髪の毛から10~15cmほど離したところからスプレーを吹き付けるだけです。 2~3時間おきにスプレーし直すと、日焼け止め効果をキープすることができます。 日焼けから頭皮を守る方法③保湿成分配合のシャンプーを利用する 紫外線が強くなる夏場は、保湿成分が配合されたものやダメージ回復の効果があるシャンプーを使うとよいです。 紫外線を浴びると頭皮が乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿してあげましょう。 またダメージを負った頭皮を回復してくれるような、美容成分配合のシャンプーもおすすめです。シャンプーをするときも、あまり強く擦らずに優しく洗い上げるようにしましょう。 頭皮の日焼けでハゲる原因と紫外線による影響まとめ 頭皮が日焼けすると、以下のようなトラブルを引き起こします。 ・日焼け(炎症) ・ハゲる ・ヘアカラーの色落ち ・髪の毛や頭皮の乾燥 強い紫外線を浴び続けると、髪の毛や頭皮の乾燥や日焼け(炎症)を起こし、頭皮環境が悪くなってハゲる原因に繋がります。 頭皮が日焼けによるダメージを負っていると感じたり、最近髪の毛が薄くなってきたように感じたりしている方は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 頭皮や髪の毛の状態をお調べして、最適なケア方法・予防方法をご提案させていただきます。

  • 抜け毛の予防効果がある食べ物とは?髪の毛に良い栄養を取り入れよう

    みなさんは、普段の食生活が抜け毛の原因になる可能性があることをご存知でしょうか。 偏った栄養バランスの食事を摂っていると、抜け毛や薄毛につながってしまいます。 反対にいえば、食事に気を遣えば抜け毛を予防することも可能です。 そこでこの記事では、抜け毛予防に良い栄養素やその栄養素を含む食べ物をご紹介します。 髪の毛に良い栄養を摂取して、健やかな髪の毛へと導いてあげましょう。 抜け毛を予防する効果を持った栄養素とは? 私たちは、普段の食事によって健康的な身体を手に入れることができます。 それは髪の毛も同じで、食べ物が健康的な髪の毛を作りそして抜け毛予防にもなるのです。 まずは、抜け毛予防に必要不可欠な栄養素にはどういったものがあるのか知っていきましょう。 抜け毛予防に必要な栄養素①タンパク質 抜け毛を予防するために、積極的に摂取したい栄養として「タンパク質」があります。 タンパク質の一種であるケラチンは、なんと髪の毛の99%を構成しているのです。 さらに細かく分けると、ケラチンは18種類のアミノ酸によって成り立っています。 そのうち最も割合が高いのが「シスチン」というアミノ酸です。 こういったタンパク質(アミノ酸)を積極的に摂取することで抜け毛予防に繋がります。 抜け毛予防に必要な栄養素②ミネラル ミネラルといえば、どういった栄養素を思い浮かべるでしょうか? 例えば亜鉛もミネラルの一種ですが、アミノ酸をケラチンに変換させる役割を持っています。 亜鉛が不足してしまうと細胞の代謝が悪くなって髪の毛が育ちにくくなるため、亜鉛は非常に大切な栄養素です。 抜け毛予防に必要な栄養素③ビタミン類 頭皮環境を整えてくれるビタミンA、過剰な皮脂分泌を抑制するビタミンB2、タンパク質の吸収を促進するビタミンB6といったビタミン類も抜け毛予防に必須栄養素といえます。 他にもビタミン類は、抗炎症作用やコラーゲン生成をサポートするビタミンCや血管拡張作用のあるビタミンEなど、美肌や美髪作るうえで欠かせないものばかりです。 抜け毛予防に必要な栄養素④その他 上記で紹介した栄養の他にも以下の栄養素が抜け毛予防に良いとされています。 ・イソフラボン ・カプサイシン ・コラーゲン ・乳酸菌 etc... 特にイソフラボンに関しては、女性ホルモンと似た特性があり、薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるといわれているのです。 抜け毛予防に良い栄養を含んだ食べ物にはどんなものがある? 抜け毛を予防したいのであれば、タンパク質をはじめミネラルやビタミン類などを含め、栄養バランスの良い食事を意識することが大切です。 可能な限り無駄な抜け毛を防ぐためにも、髪の毛に良い食べ物を把握しておきましょう。 抜け毛予防につながる食べ物としては、どんなものがあるのか確認していきたいと思います。 抜け毛予防に良い食べ物①大豆食品 大豆食品には、薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンの生成を抑制する大豆イソフラボンが含まれています。 他にもタンパク質やミネラル、ビタミン類など髪の毛に欠かせない栄養素が豊富に含まれている食べ物です。 抜け毛予防に良い食べ物②牡蠣 通称「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣は、亜鉛やアミノ酸といった栄養素が豊富に含まれているのが特徴です。 ビタミンB群の他にも、疲労回復に効果的なタウリンやグリコーゲンなども含まれています。 主にカキフライとして食べる機会が多いですが、脂っこい食べ物はおすすめできないため、焼き牡蠣にするなど食べ方に工夫が必要です。 抜け毛予防に良い食べ物③うなぎ 夏バテ予防に良いとされるうなぎには、ビタミン類に加えてタンパク質や亜鉛が豊富に含まれています。 また血行促進や中性脂肪を減らす効果があるとされるDHA・EPAも含まれており、抜け毛予防に留まらず生活習慣病にも効果的です。 抜け毛予防に良い食べ物④鶏肉 鶏肉はビタミンB群をはじめ、亜鉛などのミネラル・コラーゲンなどが含まれています。 さらに牛肉や豚肉と比べると、タンパク質が多く脂肪分が少ない点が特徴です。 脂質を抑えながらタンパク質などの栄養素を効率よく摂取できる食べ物といえるでしょう。 抜け毛予防に良い食べ物⑤卵 完全栄養食品とも呼ばれる卵はとにかく栄養価が高い食べ物です。 タンパク質だけに限らず、亜鉛や鉄、硫黄といったミネラルも豊富に含まれています。 特に黄身に含まれているビオチンには、髪の毛に栄養を届けるサポートをしてくれる役割があるといわれているのです。 効果的に卵を食べるなら、生ではなく火を通して食べることをおすすめします。 抜け毛予防に良い食べ物⑥緑黄色野菜 トマトやピーマン、かぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜には、ビタミン類をはじめカロテンといった栄養素が豊富です。 カロテンには抗酸化作用があり、細胞が酸化によって老化するのを防いでくれる役割があります。緑黄色野菜は毎食しっかり食べるように意識して不足しないようにしましょう。 抜け毛予防に良い食べ物⑦キムチ キムチとえば、血行促進効果が期待できるカプサイシンが豊富に含まれています。頭皮の血行が良くなることで、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなり抜け毛予防に繋がるというわけです。 さらに発酵食品であるキムチには乳酸菌が多く含まれており、腸内環境を整える効果もあるとされています。 抜け毛の原因は食事以外にもある 抜け毛の原因には、普段の食生活も大きな関係がありますが、食事以外にもさまざまな原因が考えられます。 例えば、睡眠不足やストレス過多、間違ったヘアケア、お酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎなどいろんな原因が重なって抜け毛を引き起こすこともあるのです。 食べ物だけにこだわらず、抜け毛の原因がどこにあるのか知り、正しく予防・対策していくようにしましょう。もし抜け毛の原因が何か知りたい、正しい予防方法を知りたいという場合は、発毛専門のサロンへ相談することをおすすめします。 抜け毛の予防効果がある栄養を含んだ食べ物|まとめ 抜け毛の予防効果がある栄養を含んだ食べ物としては、以下のようなものがあげられます。 ・大豆食品 ・牡蠣 ・うなぎ ・鶏肉 ・卵 ・緑黄色野菜 ・キムチ 上記のような食べ物を積極的に食べることで、抜け毛の予防につながるでしょう。 しかし抜け毛は、さまざまな原因によって起こりうるものだということを忘れてはいけません。 何が原因で抜け毛を引き起こしているのか知りたい方は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください。原因をお調べしたうえで、抜け毛予防や薄毛対策につながる食事・生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

  • 大量のフケと抜け毛は粃糠性脱毛症!?原因と対策について知ろう

    脱毛症には、AGA(男性型脱毛症)をはじめ、びまん性脱毛症や円形脱毛症などさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。 その中で、頭に大量のフケと抜け毛が発生して髪の毛が薄くなる状態を「粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)」といいます。 この記事では、粃糠性脱毛症の原因と対策方法について解説していきますので、最近フケや抜け毛が増えてきたと感じている方はぜひ参考にしてみてください。 粃糠性脱毛症とは? 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)とは、フケや抜け毛が増えて髪の毛全体が薄くなる状態のことをいいます。 一般的には男性に発症することが多いと言われていますが、女性にも起こりうる脱毛症です。 頭部全体に細かいフケが大量発生してしまい、抜け毛を引き起こします。 フケは古くなった細胞が剥がれ落ちる自然な現象ですが、大量に発生しているとなると「粃糠性脱毛症」などの頭皮トラブルが考えられるため対策が必要です。 粃糠性脱毛症の特徴について 頭皮のフケは、一般的に誰にでも起こりうるものなので判別が難しい場合もあります。 では粃糠性脱毛症の特徴としては、どういったものがあげられるのでしょうか。 ・乾燥したフケが大量発生する ・頭皮が痒くなる ・頭皮が乾燥する ・全体的に抜け毛が増える 男性の薄毛に多くみられるAGAは、生え際や頭頂部が薄毛になっていきます。 一方、粃糠性脱毛症に関しては、全体的に抜け毛が増えて髪の毛が薄くなるのが特徴です。 明らかにフケの量が多かったり、合わせて抜け毛も増えていたりする場合は、粃糠性脱毛症の可能性が高いでしょう。 フケと抜け毛が発生する粃糠性脱毛症の原因とは? 粃糠性脱毛症は、皮脂の分泌が少なく乾燥したフケが発生することが原因です。 乾燥したフケが大量発生することによって頭皮の毛穴を塞がれて、毛穴の内部に皮脂が溜まり炎症を起こします。その結果、髪の毛を作る毛母細胞に栄養素が届きづらくなって抜け毛を引き起こし薄毛になるというわけです。 では、乾燥したフケを発生させてしまう原因としてはどういったものがあるのでしょうか。 乾燥したフケの原因①洗浄力の強いシャンプーの使用 乾燥したフケが発生する原因としては、洗浄力の強いシャンプーを使っていることがあげられます。洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていると、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうのです。 その結果、頭皮に潤いがなくなって乾燥を招き、カサカサとした乾いたフケを発生させます。 乾燥したフケの原因②洗髪後きちんと髪の毛を乾かさない 髪の毛を洗ったあと、人によってドライヤーを使わずに自然乾燥させる方もいるでしょう。 しかし洗髪後にきちんと乾かさないと、水分の蒸発と一緒に頭皮や髪の毛の水分も飛んでしまいます。 その結果、頭皮が乾燥して乾性フケを発生させる原因となるわけです。 ベタベタしたフケが発生する場合は脂漏性脱毛症の可能性がある ちなみにフケには、乾性フケと脂性フケの2種類があります。 脂性フケは、ベタベタと湿っぽいのが特徴で頭皮に付着したり、かたまりになって落ちたりすることが多いです。この脂性フケは、脂っこいものばかり食べるなど食生活の乱れによって皮脂が過剰分泌されることで起こります。 他にも、洗浄力の強いシャンプーを使ったり何度も髪の毛を洗ったりするのも注意が必要です。 必要な皮脂まで洗い落とされ、不足した油分・水分を補おうと皮脂が過剰分泌されてしまいます。 粃糠性脱毛症は予防できる?フケ・抜け毛の対策方法 粃糠性脱毛症になると、フケが大量に発生するだけでなく抜け毛も引き起こしてしまいます。 上記でご紹介したような原因に当てはまるものがある場合は、適切な対策をしていかなくてはなりません。 では、粃糠性脱毛症を予防するためにも、フケ・抜け毛の対策方法についてご紹介していきます。 フケ・抜け毛の対策方法①低刺激シャンプーに買い換える 粃糠性脱毛症は、洗浄力の強いシャンプーを使っていることが原因の一つです。 そのため、低刺激シャンプーに買い換えることで対策の一環になります。 頭皮が乾燥している方も皮脂が過剰分泌している方も、もとを辿れば洗浄力の強いシャンプーを使っていることが原因になっている可能性が高いです。 低刺激のアミノ酸系シャンプーなどに買い替えて、やさしく丁寧に洗うようにしましょう。 あまりゴシゴシと力を入れたり爪を立てたりして洗うと、頭皮を傷つけてトラブルの原因になってしまいます。 またシャンプーやトリートメントをしたあとは、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。もちろんお風呂から上がったら、ドライヤーを使ってしっかりと乾かすようにしてください。 フケ・抜け毛の対策方法②食生活を見直す フケ・抜け毛は、食事面から対策することも可能です。 脂分や塩分、糖分の過剰摂取には気をつけつつ、トータルバランスの良い食事を摂りましょう。 特にビタミン類は、皮膚の代謝を良くしてダメージを修復する効果が期待できます。 ビタミン類の他にも、髪の毛に欠かせないタンパク質やミネラルを中心に健康的な食生活を送ることが大切です。 フケ・抜け毛の対策方法③生活習慣を改善する 粃糠性脱毛症は、乱れた生活習慣やストレス過多が原因となるケースもあります。不規則な生活習慣やストレスによって、ホルモンバランスが乱れたり免疫力が低下したりするとフケや抜け毛が起こりやすくなるので注意しましょう。 しっかりと良質な睡眠を摂ること、そしてできるだけストレスを抱えないことが大切です。 フケ・抜け毛の原因と粃糠性脱毛症の対策方法まとめ フケの大量発生と抜け毛が起こる原因としては、主に以下のようなものがあげられます。 ・洗浄力の強いシャンプーの使用 ・洗髪後きちんと髪の毛を乾かさない 上記が原因となって頭皮に乾燥を招き、カサカサとした乾いたフケを発生させてしまうのです。そのフケが頭皮の毛穴を塞ぐことで頭皮環境を悪化させ、粃糠性脱毛症を引き起こす可能性もあります。 粃糠性脱毛症の対策方法としては、ヘアケアや食事・生活習慣の見直しなどがありますが、自分で対策が難しいという方はスーパースカルプ発毛センターへぜひご相談ください。 まずはフケや頭皮の状態をお調べして、一人ひとりに合った対策方法をご提案させていただきます。

  • 【スーパースカルプの特徴】最短3ヶ月以内のスピード改善

    初回お試し体験コースまたはご契約をご検討いただいている皆様に向けて、スーパースカルプ発毛センターの特徴をシリーズでご紹介させて頂きます。 最短3ヶ月以内のスピード改善 スーパースカルプ発毛センターの特徴の一つにスピード発毛が挙げられます。 ご契約からわずか3ヶ月以内に効果を実感されるお客様がたくさんいらっしゃいます。 ここで言う3ヶ月以内の効果の実感とは、髪質が改善したり、ボリュームアップを実感したり、抜け毛が減少したりといったコース序盤の効果の実感になります。 しかし、薄毛の部位によっては写真での変化が現れるケースも多いです。 ※効果には個人差があります。 ビフォーアフター写真の40代女性の例では、つむじの頭皮がわずか2ヵ月で目立たなくなっています。 女性の場合、つむじの効果が出るのが早いのは、後頭部に後頭筋という筋肉があるため血流改善が比較的ほかの部位に比べて早いからです。 一方で、男性のつむじの脱毛は、男性ホルモンが影響しているAGA(男性型脱毛症)が原因の場合が多いため、3ヶ月以内の早期改善とはいかず、早くても半年の期間はかかります。 髪は1日で0.3mm伸びる 髪は1日で0.3mm伸びることをご存知でしたか? つまり2週間おきにサロンで施術をする場合、毛根が活性化していれば来店するたびに4.2mmも伸びる計算になります。 サロンでの施術(スペシャルケア)+ご自宅ケア(基本ケア)=毛根の活性化 スーパースカルプにはこの発毛育毛の方程式があります。 だからこその3ヶ月以内のスピード発毛が可能になります。 しかし、馴染みが無い発毛サロンですので、ご不安なことも多いかと思います。 まずは初回お試し体験コースからどうぞ、どうぞお気軽にお問い合わせください。

  • 【スーパースカルプの特徴】数日単位で発毛経過をマイクロスコープ頭皮画像で徹底観察

    初回お試し体験コースまたはご契約をご検討いただいている皆様に向けて、スーパースカルプ発毛センターの特徴をシリーズでご紹介させて頂きます。 お客様と共に徹底した経過観察 これまでの発毛サロンにおいての問題点は、発毛経過や効果があいまいなままズルズルと費用と期間がかかってしまう点でした。 その点、スーパースカルプ発毛センターでは、マイクロスコープでの頭皮画像にて徹底した経過観察を行うことで、お客様と発毛技能士双方が安心してコースを進めていくことが可能です。 この画像は同じ毛穴を比較したものですが、このように同じ毛穴から良好な毛髪が育ってきているか?を明確にしながら施術を繰り返して行きます。 ビフォーに比べてアフターの方が髪の色素が黒々として、一本一本が太く改善しているのがわかっていただけるかと思います。 このように、お客様ご自身も発毛経過を知ることが出来るため、高い可能性でサロンに通う価値を感じて頂くことが出来ます。 スーパースカルプ発毛センターでは、効果が出ているのか出ていないのか?不明確なままお客様がカウンセラー任せになり、ズルズルと大きな費用がかかるということは無い様に徹底しております。 まずは初回お試し体験コースからどうぞ、どうぞお気軽にお問い合わせください。

  • 【47歳男性発毛症例】奥様の勧めでご来店♪ご夫婦二人三脚の発毛効果♪

    全国のサロンで日々繰り広げられる発毛育毛の真実をお伝えする、スーパースカルプ発毛症例のご紹介です。 薄毛の悩みは時にご本人だけでなく、ご家族にとってもいち早く解決したいほど重要な問題になることもあります。 今回ご紹介する47歳男性のお客様は、奥様の勧めでご来店され、ご契約日当日も奥様が同席されました。 ご自宅でのケアに関しても、発毛育毛はご家族のサポートがとても重要になるということを教えて頂いた発毛症例となりました。 発毛症例写真&発毛技能士コメント ※効果には個人差があります。 頭皮改善経過&発毛技能士コメント お客様直筆お喜びの声 「頭髪が薄くなりつつあったが、改善された。正しい頭髪・頭皮の洗い方を教えていただいた。」

  • 薄毛予防は生活習慣の改善から!薄毛の原因になる生活習慣もご紹介

    「最近なんだか抜け毛が増えてきたような気がする」と感じている方の中には、将来的な薄毛に対する不安が強くなってくるものです。 実は、その抜け毛や薄毛の原因の一つに「生活習慣」があります。 どのような生活習慣を送っているかによって、薄毛の原因になることもあれば予防・改善につながることもあるのです。 そこでこの記事では、薄毛の原因になる生活習慣、薄毛の予防・改善につながる生活習慣についてご紹介していきます。 薄毛の原因につながる生活習慣とは? 普段何気なく生活していると、どういうことが薄毛の原因になっているのか気づきません。 また文字通り習慣化してしまっているものですから、いざ見直そうと思っても改善するのは大変です。 しかし、正しく薄毛の改善や予防を行っていくためには、なぜ薄毛が進行していくのか原因を知ることがとても重要になります。 では、薄毛の原因につながる生活習慣としてはどういったものがあげられるのでしょうか。 薄毛の原因になる生活習慣①睡眠不足 みなさんの中には、遅くまで仕事をしていたりつい夜ふかししてしまったりして、連日睡眠不足に陥っている方もいるのではないでしょうか。 髪の毛は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって成長が促されます。 そのため、睡眠時間が短かったり就寝が遅かったりすると、十分な成長ホルモンが分泌されず、髪の毛の生え変わりのサイクルがうまくいかずに薄毛になってしまいます。 また、十分な時間寝ていたとしても、睡眠の質が悪ければ薄毛の原因につながってしまいかねないので、しっかり疲れが取れる睡眠ができているかチェックしましょう。 薄毛の原因になる生活習慣②ストレス過多 さまざまなことが原因でストレスを抱えると、「コルチゾール」というストレスホルモンが分泌されます。 このコルチゾールが分泌されると活性酸素が増えて、髪の毛を作る毛母細胞をはじめ、さまざまな細胞の老化を促進してしまうのです。 「イライラすることが多かったり、不安や悩みがたくさんある人は髪の毛が薄くなる」と昔から言われていることは、実は間違いではないのです! また、睡眠不足でもコルチゾールは分泌されるため、ストレスは睡眠と合わせて改善を目指す必要があります。 薄毛の原因になる生活習慣③偏った食事 普段から脂っこいものばかり食べている方は、食生活の見直しも必要です。 脂質の多いもの中心の食事を摂っていると、頭皮の皮脂分泌が増加していくため、毛穴が皮脂詰まりを起こしやすくなり薄毛を促進してしまいます。 脂質の他にも、冷たい飲み物や食べ物が好きという方も、注意しなければなりません。 冷たいものを口にすることで身体を冷やし過ぎてしまうと、血行不良を招き頭皮に十分な栄養が届かなくなります。 髪の毛が育つための栄養素は血液によって運ばれていくため、頭皮に栄養が行き届かなくなれば、健やかな髪の毛が育たなくなり薄毛につながる可能性がより高くなります。 薄毛の原因になる生活習慣④お酒の飲み過ぎ 食事面に関しては、脂っこい食べ物だけでなくお酒の飲み過ぎにも注意が必要です。 体内に取り込まれたアルコールは、分解するために「アセトアルデヒド」というホルモンが生成されます。 このアセトアルデヒドは薄毛の原因である悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を促進させてしまう役割があるのです。 他にもアルコールの分解には、ビタミン類やアミノ酸などの髪の毛に必要不可欠な成分を消費してしまうので、薄毛を助長することになります。 薄毛の原因になる生活習慣⑤タバコをよく吸う 一度習慣化してしまうと、なかなか改善が難しいのが「喫煙」です。 タバコに含まれるニコチンには依存性があるため、かんたんに辞めることができません。 またニコチンには、血管を収縮させる作用があり、頭皮の血行不良を引き起こす可能性があるのです。 血行不良は、薄毛や抜け毛の原因に大きく関係しているので、血行不良につながるような習慣は控えることをおすすめします。 薄毛の予防・改善につながる生活習慣とは? 何気なく生活に根付いた癖や習慣が、薄毛を引き起こす原因になります。 反対に言えば、良くない生活習慣を改善すれば薄毛予防にもつながるでしょう。 ここからは、薄毛を予防するための生活習慣の改善方法についてご紹介していきます。 薄毛の予防・改善方法①睡眠時間の確保と質の向上 生活習慣の改善によって薄毛を予防したいのであれば、睡眠について見直すことが大切です。 普段から睡眠時間が短かったり就寝時間が遅かったりする場合は、改善の余地があります。 成長ホルモンが活発になる時間帯(午後10時〜午前2時)には就寝することが理想的な睡眠といわれています。 できれば成長ホルモンが活発になる時間帯に休むべきですが、午後10時に就寝できなくても上記の時間帯のどこかで眠れるように意識するとよいでしょう。 いつも早寝を心がけていても、睡眠の質が悪いと寝付けなかったり休まらなかったりします。 睡眠の質を良くするためには、他の生活習慣の改善が大切です。 薄毛の予防・改善方法②無理のない範囲でストレス解消 ストレスは、薄毛だけでなく人体にさまざまな悪影響を及ぼします。 睡眠不足はもちろん、働き過ぎや人間関係などいろんなことがストレスを抱える原因になるでしょう。 またストレスによって交感神経が乱れ、夜眠れなくなるといったケースもあります。 ストレスを解消することで睡眠の質向上につながるため、自分に合った方法でストレスを取り除いていきましょう。 適度に運動したり趣味に打ち込んだりなど、自分の好きなことや楽しめることでストレス解消するとよいです。 薄毛の予防・改善方法③栄養バランスの良い食事を心がける 薄毛の予防・改善は、食事面からサポートすることもできます。 まず、脂っこいものや塩分の多いインスタント食品・ファストフード中心の食事を見直しましょう。 健やかな髪の毛は、健康的な体作りから行うことが大切です。野菜なども積極的に食べて、全体的な栄養バランスを考えた食事を意識してください。 その中で特に、髪の毛に欠かせないといわれている「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」は積極的に摂取することをおすすめします。 薄毛の予防・改善方法④お酒の飲み方を見直す みなさんの中には、お酒を飲むことが日々の楽しみになっている方もいるでしょう。 そういった場合、お酒を飲まないというのはストレスになってしまいかねないため、完全な禁酒とまでは言いませんが多少控えるように意識していくのがおすすめです。 適量のアルコールであれば血行促進効果が期待できるのですが、飲み過ぎは身体にも頭皮にも良くないので飲み方には気をつけましょう。 また就寝前にお酒を飲んでしまうと、睡眠の質を悪化させてしまいますので、お酒を飲む時間帯にも気を配るようにしてください。 薄毛の予防・改善方法⑤可能であれば禁煙に努める タバコが身体に悪影響を及ぼすというのは、喫煙者の方も理解しているかと思います。 それでもかんたんに辞められないのが、タバコの怖いところです。 喫煙者にとっては、リフレッシュやストレス解消といったメリットもありますが、それ以上に身体に悪いデメリットがたくさんありますので、可能であれば禁煙に努めましょう。 禁煙外来や禁煙グッズを利用するのも一つですし、電子タバコなどに切り替えて禁煙サポートに活用するといった方法もあります。 薄毛の予防・改善には発毛サロンの利用も検討しよう 薄毛の予防・改善には、生活習慣を見直すことが大切です。普段の何気ない習慣の中に、薄毛を助長する原因が隠されています。 もし自分自身では、原因を見つけ出すことが難しいと感じたら、発毛の専門家に相談しましょう。 スーパースカルプ発毛センターなら、お客様の髪の毛のお悩みを細かくヒアリングして、どういった部分に原因があるのかしっかりとお調べいたします! また、頭皮や髪の毛の状態を確認して、一人ひとりに合った予防・改善方法をご提案いたしますので、まずはお気軽にご相談ください! 薄毛の原因になる生活習慣と予防・改善方法まとめ 薄毛の原因になる生活習慣としては、以下のようなものがあげられます。 ・睡眠不足 ・ストレス過多 ・偏った食事 ・お酒の飲み過ぎ ・タバコをよく吸う 薄毛を予防したいのであれば、乱れてしまった生活習慣を改善することが大切です。 ストレスを溜め込まないように、適度にリフレッシュ・リラックスする時間を設けたり、食生活においては栄養バランスを考えたりして対策していきましょう。 自分自身では改善方法が分からない、何が原因か知りたいという方は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください!薄毛の予防・改善方法をご提案させていただくのはもちろん、生活習慣に関するアドバイスなどもさせていただきます。

  • 抜け毛がひどい原因とは?抜け毛の予防・対策方法をご紹介

    「最近、抜け毛がひどい気がする」と感じたとき、抜け毛の原因がわからないと漠然とした不安が募っていってしまいますよね。 抜け毛が起こる原因としてはさまざまなものがあり、原因を知ることで正しい予防・対策方法を考えることが可能です。 そこでこの記事では、そうした不安を取り除くために抜け毛が起こる原因についてご紹介するとともに、抜け毛の予防・対策方法についてもご紹介します。 抜け毛がひどい原因には何が考えられる? 抜け毛がひどい原因には、以下のようなものが考えられます。 ・夏の強い日差しによるダメージ ・乱れた食生活や不規則な生活習慣 ・女性の場合は産後に抜け毛が増えることもある 抜け毛が起きる原因は一つではなく、加齢や遺伝などに加えて、このような要因が絡み合って抜け毛がひどく進行している可能性があります。 ここでは、抜け毛がひどくなる原因としてあげられる3つの要因について解説していきます。 抜け毛がひどい原因①夏の強い日差しによるダメージ 抜け毛がひどい原因の一つとして、夏の強い日差しによって頭皮がダメージを負ったことが考えられます。 紫外線などの外的刺激を受けて頭皮がダメージを負い、抜け毛が増えてしまうのです。 そのため、夏から秋頃にかけては、通常よりも抜け毛が増える時期といわれており、この時期では一日あたり200本以上抜けることも珍しくありません。 もし夏から秋にかけての時期に抜け毛がひどいように感じたら、季節的なことが原因である可能性が高いので、しっかりと頭皮や髪の毛をケアしてあげるようにしましょう。 抜け毛がひどい原因②乱れた食生活や不規則な生活習慣 抜け毛がひどい原因には、普段の食生活や生活習慣も大きく関わってきます。 例えば、食生活でいえばインスタント食品やカップラーメンといった食事ばかり食べていると頭皮環境を悪化させる原因になるでしょう。 また揚げ物や中華料理など脂っこいものばかり食べていると肥満体型になり、皮脂などが出やすい退室になってしまいます。 結果、頭皮の毛穴が皮脂詰まりを引き起こしやすくなり、抜け毛などを起こす原因となるのです。 他にも睡眠不足だったりストレスを抱えていたり運動不足だったりと、生活習慣に問題があることも抜け毛の原因につながります。 乱れた食生活を正すと同時に、不規則な生活習慣を見直すことが大切です。 抜け毛がひどい原因③女性の場合は産後に抜け毛が増えることもある 女性の場合、産後しばらくは抜け毛がひどい状態が続くケースがあります。 しかしこれは生理的なもので、妊娠や出産などによるホルモンバランスの変化が原因です。 妊娠後期に入ると、女性ホルモンの分泌が増えて髪の毛にも影響を及ぼします。 通常、ヘアサイクルの休止期に入る時期にも抜け毛が起こりづらくなるのですが、これと同じような状態が妊娠後期に起こり、本来抜けるはずの髪の毛がとどまっている状態になります。 そして出産後、ホルモンバランスが正常に戻ったとき、抜けなかった分の髪の毛まで一気に抜け始めるため、抜け毛がひどいと感じやすいです。 一日あたりの抜け毛は通常どれくらい? 抜け毛がひどい原因についてご紹介してきましたが、抜け毛自体は日常の中で誰にでも起こるものです。 一日あたりに起こりうる抜け毛がどれくらいなのか把握しておけば、多少の抜け毛があっても冷静に対策できるようになります。ここからは、一日あたりの抜け毛が通常どれくらいなのかについてご紹介していきます。 一般的には一日あたり50〜100本程度とされている 一日あたりの抜け毛の本数には個人差がありますが、一般的には50〜100本前後といわれています。 50〜100本前後の抜け毛なら正常であるため、それほど気にする必要はありません。 また一日あたりの抜け毛のほとんどは、入浴時に起こるといわれています。 シャンプーやトリートメントをしたあと、手に髪の毛が絡まっていたり排水口に溜まっていたりしても、明らかに多くない限りは心配しなくて大丈夫です。 一日あたりの抜け毛が100本以上だと要注意 一日あたり50〜100本の抜け毛は正常ですが、100本以上の抜け毛がある場合は何か問題が起こっている可能性があります。 朝起きたときに枕の上や入浴時の抜け毛の量などを意識的に確認してみたり、軽く髪の毛を引っ張ったりブラッシングしたりしただけで抜けないかチェックしてみるとよいです。 ただし上述したように、夏秋や産後など時期によって抜け毛が増えることもあります。 抜け毛が多いような気がして不安な方は、自己判断せず発毛専門サロンなどに相談するようにしましょう。 抜け毛がひどいときの予防・対策方法は? 一度、ここまでお話したポイントをまとめてみましょう。 ・抜け毛がひどい原因は生活習慣やホルモンバランスの変化などさまざま ・一日あたり50〜100本程度の抜け毛は正常 ・100本以上の抜け毛がある場合は異常が起こっている可能性がある ・ただし時期によっては通常より抜け毛が増えることもある 万が一、抜け毛がひどい、いつもより多いと思った場合は、しっかりと原因を調べて予防・対策していきましょう。 ここでは、いくつか予防・対策方法についてご紹介していきます。 抜け毛の予防・対策方法①ヘアケア方法を見直す まず自分でできる抜け毛の予防・対策方法としては、ヘアケア方法を見直すということです。 例えば、シャンプーによってはかなり強力な洗浄力のものがあります。 髪の毛や頭皮に付着した汚れやホコリ、皮脂などを洗い落としてくれますが、必要な皮脂まで落として乾燥を招いてしまう恐れがあるのです。 皮脂が不足すると、足りない分を補うために皮脂が過剰分泌され、かえって頭皮環境を悪化させてしまいます。 そのため、自分の頭皮・髪の毛の状態にあったシャンプーやトリートメントを使うことが大切です。 抜け毛の予防・対策方法②生活習慣・食生活を改善する 次にとても大切になってくるのが、普段の生活習慣や食生活です。 例えば、仕事が忙しいなどの理由でストレスを抱えていたり寝不足が続いていたりすると、髪の毛はどんどん元気を損ないます。 ストレス過多であればホルモンバランスの乱れにもつながりますし、寝不足であれば成長ホルモンが正常に作られず健やかな髪の毛に育ちません。 他にも髪の毛の元となるタンパク質やミネラル、ビタミン類などを含め、全体的なバランスを考えた食事を摂ることが大切です。 抜け毛の予防・対策方法③発毛専門サロンに相談する ヘアケアや生活習慣について自分なり見直してみたものの、なかなか良くならないというケースもあるでしょう。 また、そもそも原因が分からずどのように予防・対策していけばいいのかわからないという方もいると思います。 そういった場合は、一人で抱え込まずに発毛専門サロンに相談するのがおすすめです。 原因を調べたうえで、正しい予防・対策方法を提案してくれるでしょう。 スーパースカルプ発毛センターでは、薬に頼らない方法で改善を目指していきますので、これまで育毛剤やAGA治療薬でも良くならなかったという方にもおすすめです。 抜け毛がひどい原因と予防・対策方法まとめ 抜け毛がひどい原因としては、強い日差しによるダメージや生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどがあげられます。 ヘアケアや生活習慣、食事などを見直すことで抜け毛が改善される可能性もありますが、自分一人ではどのように対策すれば分からない場合もあるでしょう。 抜け毛がひどい気がする、予防・対策方法が分からないという方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。 原因をお調べしたうえで、一人ひとりに合った予防・対策方法をご提案いたします!

  • ロングヘアは抜け毛が増える?抜け毛は1日何本までなら大丈夫なの?

    年齢を重ねてくると、毎日の抜け毛がどうしても気になってしまいますよね。 特にロングヘアの場合は、ショートヘアの方と比べて抜け毛が目立ちやすいですし、余計に抜けた毛が気になってしまうのではないでしょうか? 「ロングヘアだと、ショートヘアに比べて抜け毛が増えるという説もありますが、一般的に一日あたり何本程度なら抜け毛が起きても大丈夫なのでしょうか。 この記事では、ロングヘアと抜け毛の関係性や抜け毛が増える原因についてご紹介していきます。 ロングヘアは抜け毛が増えるというのは事実? ロングヘアだと抜け毛が増えるという話をよく耳にしますが、実際のところ、ロングヘアだからといって抜け毛が増えるという事実はありません。 しかしロングヘアの方の多くは、髪の毛が短かった頃と比べると抜け毛が増えたように感じるようです。では、なぜロングヘアだと抜け毛が増えると感じるのでしょうか? 髪の毛が長い分、抜け毛が目立ちやすいから ロングヘアだと抜け毛が増えるといわれている原因としては非常に単純なもので、髪の毛が長い分、抜け毛が目立ちやすいからです。 分かりやすく説明すると、10cm程度の短い髪の毛が100本落ちている場合と50cm程度の長い髪の毛が100本落ちている場合では、後者のほうが量が多く感じます。 こうした視覚的なことが原因で、ロングヘアだと抜け毛が増えると感じてしまうのです。 シャンプーしたときに手に絡みやすいから もうひとつ、ロングヘアだと抜け毛が増えるといわれる原因としては、長い髪の毛がシャンプーしたときに手に絡みやすいということが挙げられます。 先ほどの例を使うと、10cm程度の短い髪の毛だとシャンプーをしても手に絡むことなく排水溝へと流れていきます。 反対に50cmの長い髪の毛だとシャンプーをしたときに手に絡みやすいので、どうしても抜け毛が増えたように感じてしまうのでしょう。 ヘアケア方法よってはロングヘアが抜け毛の原因になる ロングヘアだからといって必ずしも抜け毛が増えるわけではありませんが、普段のヘアケアによっては抜け毛を増やす原因になります。 例えば、ヘアワックスやムース、スプレーなどを使ってスタイリングをする場合は、洗い残しには気をつけなければなりません。 それだけでなく、ロングヘアだと髪の毛が長い分どうしても洗い残し・すすぎ残しが起こりやすくなるため、よく洗い流すように意識しましょう。 皮脂汚れやワックス、トリートメントなどの洗い残しがあると頭皮環境を悪化させることになり、結果としてヘアケアが抜け毛の原因になってしまうことがあります。 ロングヘアの方はヘアスタイルにも注意が必要 ロングヘアは、髪の毛が長い分アレンジがしやすい髪型ですが、基本的に分け目や髪型がいつも同じようにスタイリングされているという方は多いのでは? 同じ分け方をしていたり髪の毛をきつく結んでいたりする場合、髪の毛が引っ張られて頭皮に負担がかかってしまいます。 髪の毛にかかった負担が原因で抜け毛を引き起こしくやすくなり、結果として牽引性脱毛症などにつながる可能性もあるのです。 ロングヘアはアレンジしやすい髪型なので、いつも同じ分け方・髪型をするよりも、定期的に変化を楽しんだほうがよいでしょう。 一日あたり何本程度なら抜け毛があっても大丈夫? ロングヘアの方は、シャンプーをするときやブラッシングをするときに抜け毛が目立ちやすく、その本数が気になることもあると思います。 実際のところ、一日あたり何本程度なら抜け毛があっても大丈夫なのでしょうか?ここからは、一日あたりの抜け毛の本数に関するお話をしていきます。 一般的には一日あたり50〜100本程度の抜け毛がある 季節や人によって抜け毛の本数には違いがありますが、一般的には一日あたり50〜100本程度の抜け毛があるといわれています。 髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、日々古い髪の毛が抜け落ちて新しく生え変わるというサイクルを繰り返しているのです。 毎日起こる抜け毛に対して何本抜けたかを数えるのは難しいですが、日常的に50〜100本程度抜けるのは普通のことだと思えば、不安も解消されるのではないでしょうか。 夏から秋にかけては一日あたり200本以上の抜け毛があることも 毎年、夏から秋にかけての時期は抜け毛が増える季節といわれており、人によっては200本以上抜けることもあります。 その理由としては、まず動物の冬毛へと生え変わる特性と同様に人の髪の毛も生え変わるという説が一つです。 もうひとつは、真夏の強い日差しを頭皮に浴び続けたことでダメージを負って抜け毛が増えるという説もあります。 そのため、抜け毛が増えたと感じたタイミングが夏から秋頃だった場合は、季節要因の可能性が高いのでそれほど深刻に考える必要はないでしょう。 関連記事:夏になると抜け毛が増える?その原因と対策方法についてご紹介 ロングヘアの方必見!抜け毛の予防方法をご紹介 ロングヘアの方は、普段のヘアケアやヘアスタイルに注意しないと抜け毛を起こす可能性があるので注意が必要です。 ここでは、ロングヘアだからこそ気をつけたい抜け毛の予防方法についてご紹介していきます。 ロングヘアの抜け毛予防方法①すすぎ残しに気をつける ロングヘアの方は、シャンプーやトリートメントをするときも一苦労です。 髪の毛が短い人と比べると泡立たせるのも大変ですし、何よりすすぎ残しに注意しましょう。 ワックスなどの整髪料や皮脂を洗い落とすためにしっかりと洗髪しても、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがあると頭皮環境を悪化させ抜け毛につながってしまいます。 またシャンプーやトリートメントがついた髪の毛が背中などに触れると、背中ニキビなどに発展することもあるので気をつけなければいけません。 ロングヘアの抜け毛予防方法②しっかりと乾かす 洗髪したあとは、すすぎ残しがないようによく洗い流すことが大切ですが、その後のヘアドライも大切なポイントです。 髪の毛が濡れたままだと、乾くのと一緒に髪の毛に必要な水分まで蒸発してしまいます。 またよく乾かさず湿った状態のままだと、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮が炎症を起こす可能性もあるでしょう。 その結果、頭皮環境が悪くなって抜け毛が増える原因にもなりますので、しっかりと正しい方法で髪の毛は乾かしましょう。 ロングヘアの抜け毛予防方法③不安なときは発毛専用のサロンに相談する すすぎ残しに気をつけていてお風呂上がりは髪の毛をしっかり乾かしているにも関わらず、抜け毛が気になってしまう場合は発毛専用のサロンに相談しましょう。 また一日あたりの抜け毛の本数が明らかに多い場合は、これまでご紹介してきたこと以外の原因が考えられます。 しっかりと原因を調べて正しい方法で対策するためにも、専門家に相談するのがおすすめです! ロングヘアは抜け毛が増えるといわれる原因まとめ ロングヘアは抜け毛が増えるといわれる原因としては、短い髪の毛の人に比べて抜け毛が目立つからです。 髪の毛が長い分、落ちている抜け毛や排水溝に溜まった抜け毛が目立ちやすいですし、シャンプー時に手に絡みやすいといったことが原因で抜け毛が増えたように感じます。 また一般的にヘアサイクルの兼ね合いで、一日あたり50〜100本あたりの抜け毛は問題ありません。 しかしロングヘアの方は、シャンプー時のすすぎ残しや十分に乾かしきれないといったことが起こりやすいです。 その結果、頭皮環境が悪化して抜け毛につながる場合があるため注意しましょう。 もし明らかに抜け毛の本数が増えていたり、抜け毛の原因が分からなかったりする場合は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください! 抜け毛の原因をお調べして、一人ひとりにあったヘアケア方法や対策方法をご提案したします。

  • ドライヤー中の抜け毛の原因とは?正しい使い方と予防方法について

    お風呂に入って髪を洗った後、ドライヤーを使っていると、ふと抜け毛がたくさん落ちている…ということを経験した方は多いと思います。 健康的な人でも、ドライヤー使用時に髪の毛は抜けてしまうものですが、抜け毛が多く感じてしまう方は「ドライヤーを使うのがちょっと不安」と思ってしまいますよね。 そこでこの記事では、ドライヤーで抜け毛が起こる原因やドライヤーの正しい使い方、そして抜け毛の予防方法についてご紹介していきます。 ドライヤーをすると抜け毛が起こる原因について ドライヤーをすると抜け毛が落ちるのには、どういった原因があるのでしょうか? 私たち人間の髪の毛には、古い髪の毛が抜け落ちて新しい髪の毛に生え変わるというヘアサイクルがあります。 そのため一日あたり100本前後の抜け毛が起こるのは自然なことで、その抜け毛の数十本がドライヤー中に起きたという可能性が大きいです。 さらに一日の中で起こる抜け毛は、シャンプー時に起こることがほとんどなので、その後のドライヤーで抜け毛が多く感じるのは当然のことだといえるでしょう。 濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態 みなさんも「キューティクル」という言葉を聞いたことがあると思いますが、このキューティクルとはいわば髪の毛の表皮にあたる組織のことをいいます。 魚の鱗のような形状をしており、髪の毛が柔軟に曲がるのはこのキューティクルの形状のおかけです。 乾いた状態の髪の毛はこのキューティクルが閉じているのですが、髪の毛が濡れるとキューティクルは開いた状態になります。 その開いたキューティクル同士で引っかかるため、抜けるはずの髪の毛が頭部に留まった形になるのです。 そしてドライヤーによって髪の毛を乾かすと、キューティクルが閉じて引っかかりがなくなるため、抜け毛が落ちるということになります。 ドライヤーの熱ダメージが抜け毛を促進する可能性もある ドライヤーから発せられる熱風は、およそ100〜120℃と高温です。 頭皮・髪の毛からある程度の距離を取っても、約70〜90℃の熱を感じることになります。 このように高温の熱風を髪の毛に当て続けると、頭皮や髪の毛が乾燥を引き起こしてしまう恐れがあるのです。 必要以上にドライヤーを当てすぎると、熱ダメージによって抜け毛を促進する可能性もあるため、正しい使い方で乾かす必要があります。 抜け毛予防につながるドライヤーの正しい使い方 ドライヤー中の抜け毛の原因としてドライヤーの熱ダメージがあげられますが、だからといってドライヤーを使わないのはNGです。 濡れたままの状態で放置してしまうと、乾くのと同時に髪の毛の水分も一緒に蒸発して乾燥を招いてしまいます。 また、髪の毛を濡れた状態で放置してしまうと雑菌が好む頭皮環境になってしまい、髪の毛のトラブルをを悪化させる原因になるでしょう。 そのため、正しい使い方でドライヤーを使うことが大切です。ここからは、ドライヤーの正しい使い方についてご紹介していきます。 ドライヤーの正しい使い方①まずはタオルドライ 濡れた髪の毛に対していきなりドライヤーを使うのではなく、まずはタオルドライをして極力水分を減らすことが大切です。 タオルドライで余分な水分を拭き取っておけば、ドライヤーをかける時間を短縮することができ、結果として熱ダメージの軽減につながります。 しかし、タオルでゴシゴシと拭くのではなく、タオルで頭全体を包み込み押さえるようにして水分を取り除くのがコツです。 ドライヤーの正しい使い方②ブラッシングをする ドライヤー中にブラッシングしてしまうと髪の毛を傷めてしまいますので、必ずドライヤーをかける前にブラッシングをしましょう。 細かい目のブラシを使うと髪の毛が引っかかって抜け毛を起こしてしまうので、できるだけ目の粗いブラシを使うことをおすすめします。 髪の毛が濡れていてブラッシングしづらい場合は、アウトバストリートメントという洗い流さないタイプのトリートメントを使用するのもよいです。 ドライヤーの正しい使い方③20cmほど離して使う 実際にドライヤーをかけるときは、髪の毛・頭皮から20cmほど離して使うようにしましょう。 基本的には、髪の毛の根元部分から順に、全体をまんべんなく乾かしていきます。 注意点としては、同じ箇所ばかり熱風をあてないことです。細かくドライヤーを動かしながら、一箇所に集中しないように乾かしてください。 全体的に乾かすことができたら、最後に冷風に切り替えて粗熱を取り除きましょう。 頭皮に熱がこもったままだと乾燥を引き起こす原因になりますので、冷風で温度を下げてることで抜け毛予防につながります。 ドライヤー以外の抜け毛の原因と予防方法 抜け毛を軽減するためにはドライヤーが欠かせませんが、正しい使い方をしないと逆効果になります。 上記でご紹介したような正しい使い方で、髪の毛を乾かしていきましょう。 そして抜け毛の原因としては、ドライヤー以外にもさまざまなものがあります。 ここからは、ドライヤー以外の抜け毛の原因と予防方法についてご紹介していきます。 抜け毛の原因①不規則な生活習慣 不規則な生活習慣は、抜け毛を促進する原因になるため注意が必要です。 遅い時間まで起きていたり脂っこいもの中心の食事を摂ったりするのはよくありません。 また睡眠不足は、しっかりと休まらずストレスを溜め込む原因になりますし、髪の毛の成長ホルモンが正常に分泌されず抜け毛につながってしまいます。 他にもタバコを吸い過ぎやお酒の飲み過ぎも良くありませんので、生活習慣が乱れている方は見直すことから始めましょう。 抜け毛の原因②栄養バランスの偏った食事 みなさんの中には、仕事が忙しくて自炊する時間がないという方も多いと思います。 だからといってインスタント食品やコンビニ弁当といったものばかり食べていると、頭皮環境を悪化させてしまいかねません。 塩分や脂質などを過剰に摂取すると髪の毛・頭皮に悪影響を与えることになるので、過剰摂取に気をつけつつ全体的な栄養バランスを考えながら食事しましょう。 髪の毛には、タンパク質やミネラル、ビタミン類といった栄養素が必要不可欠です。海藻や豆腐、魚、鶏肉など、健康に良いとされる食材も積極的に取り入れていきましょう。 抜け毛の原因③間違ったヘアケア 最後に間違ったヘアケアを実践している場合も、抜け毛を促進する原因につながります。 よかれと思ってやっていることが、かえって悪い影響を与えてしまうのは避けたいところです。 例えば、石油系界面活性剤が配合されているシャンプーは、高い洗浄力を持っていますが頭皮には良くありません。 頭皮の乾燥を招いて、結果的に抜け毛につながる可能性があります。 また必要以上に頭皮の皮脂を洗い落とすと、不足した油分を補おうと皮脂が過剰分泌されて頭皮がベタつきやすくなるので注意しましょう。 自分一人では、間違った情報と正しい情報の取捨選択ができずに、自分に合ってないヘアケアを行ってしまうこともあります。 抜け毛の原因がどこにあるのかわからないときは、発毛専門のサロンに相談したり、実際に施術を試してみるのもおすすめです! ドライヤー中の抜け毛の原因と正しい使い方まとめ 私たち人間は、一日の中で平均50〜100本ほどの髪の毛が抜けるといわれています。 そしてその抜け毛のほとんどは、シャンプー時に起こるといわれているので、その後のドライヤーをする際に抜け毛が目立ってみえるわけです。 ただし正しい使い方でドライヤーをかけないと、熱ダメージによって抜け毛を促すことになりかねません。 今回ご紹介した正しい使い方を参考に、これからのドライヤー方法を見直してみてください。 また抜け毛は、ドライヤー以外にもさまざまなことが原因となって起こるものです。 スーパースカルプ発毛センターでは、普段の生活習慣や髪の毛のお悩みを伺って抜け毛の原因をお調べし、一人ひとりに合ったケア方法をご提案いたします!

なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
枕に抜け毛が落ちている!平均的な本数や原因、対策方法をご紹介3位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは4位
年代別女性のⅯ字ハゲの原因と改善例。20代50代女性の発毛症例ご紹介5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円
男性はこちら 女性はこちら
実感お試し
発毛体験申込
サロンを検索 電話する