よく帽子を被っているとはげるという話を聞くことがありますが、みなさんのなかには「ナイトキャップはどうなの?」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか?

ナイトキャップに関しては正しい被り方をしていればはげる心配はありませんが、間違った被り方をしている場合は抜け毛や薄毛の原因になりかねません。

そこでこの記事ではナイトキャップの本来の効果や、はげるリスクを高めてしまう逆効果な被り方などについて解説していきます。

発毛実績 男性はこちら 女性はこちら

ナイトキャップの本来の効果って何?

ナイトキャップ

もともとナイトキャップは中世のヨーロッパ諸国で防寒や、シラミなどの寄生虫予防を目的として使われていたもので基本的に夜間の室内で被るアイテムです。

気温が下がる冬場の夜には髪の毛や頭皮を暖かく包み込んでくれるだけでなく、暑い夏場の夜も通気性の良いナイトキャップを被ることで快適な睡眠時間を確保できます。

また寝具に付着した汚れやダニなどが頭部に付着するのも防いでくれる役割もあり、健康的な頭皮環境を維持するためにはぜひ取り入れたいアイテムといえるでしょう。

このほかにもナイトキャップにはさまざまな良い効果があるわけですが、具体的にどのような効果が期待できるのか確認していきたいと思います。

ナイトキャップの効果①摩擦ダメージを軽減

成人の頭の重さは約4〜6kgといわれており就寝中は枕に面する頭部・髪の毛に荷重がかかるだけでなく、寝返りを打つときなどに髪の毛が摩擦によるダメージを受けて傷ついてしまいかねません。

しかしナイトキャップを被って髪の毛や頭部を覆うことによって、寝返りなどによる髪の毛への摩擦ダメージを軽減できるといわれています。

ナイトキャップの効果②寝癖・髪の毛の絡まり予防

頭に荷重がかかった状態で何度も寝返りを打つと、特に髪の毛が長い方に関しては寝癖がひどくなることや髪の毛が絡まってしまうことも珍しくありません。

その点ナイトキャップは髪の毛をまとめてナイトキャップ内に収めることができるため、寝癖はもちろん髪の毛の絡まり予防にもつながります。

ナイトキャップの効果③髪の毛・頭皮の乾燥予防

頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因になり、睡眠中に無意識にかきむしることで頭皮を傷つけてしまうと抜け毛などが増えてはげる可能性を高めてしまうでしょう。

ナイトキャップはかきむしることで頭皮が傷つくのを予防するだけでなく、髪の毛や頭皮を適度に保湿して乾燥から守ってくれる役割も持っています。

ナイトキャップは間違った被り方をするとはげるリスク増大!?

薄毛に悩まされている女性

上記のナイトキャップの効果を見る限りでは頭皮・髪の毛を良い状態に保ってくれることがわかりますが、これはあくまでも正しい被り方をしている場合の話です。

間違った被り方をしていると逆効果になってはげるリスクを高めてしまいかねないため、ここからはナイトキャップの逆効果な被り方について紹介していきます。

逆効果な被り方①髪の毛が濡れた状態のまま被る

お風呂上がりに髪の毛が濡れた状態のままナイトキャップを被ってしまうと、キューティクルが開いた状態のままになって毛髪内部のタンパク質・水分が流れ出るため注意が必要です。

さらにナイトキャップ内が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなって頭皮環境の悪化を招き、はげる原因にもつながるでしょう。

ナイトキャップを被るときは、しっかりとドライヤーを使って髪の毛を乾かしたうえで被るようにしてください。

逆効果な被り方②寝汗でナイトキャップ内が蒸れる

ナイトキャップを被っていると寝汗で頭が蒸れる場合は、上記でお話しした内容と同様に雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化してしまいかねません。

さらに汗や皮脂によって毛穴が詰まりはげるリスクを高める恐れがあるため、通気性の高い素材を使ったナイトキャップを使用することをおすすめします。

化学繊維のナイトキャップは蒸れやすいため、吸湿性の高いシルク製ナイトキャップなどを使用すると良いでしょう。

逆効果な被り方③ナイトキャップのサイズが合っていない

眠っている間にナイトキャップが脱げてしまう場合は、ナイトキャップと自分自身の頭のサイズが合っていない可能性があります。

ナイトキャップが脱げるということであれば最初から被っていないのと同じになってしまうため、きちんと自分のサイズに合ったものやサイズ調節できるタイプのものを選びましょう。

反対に起きたときに髪の毛にナイトキャップのあとが付いている場合はサイズが窮屈すぎる可能性があり、頭部の血流の妨げになっているかもしれないため少し大きめのものに変えることをおすすめします。

ナイトキャップ以外の薄毛対策を実施することも大切!

予防と対策

ナイトキャップを被ったからといって薄毛を引き起こすわけではありませんが、間違った被り方をしてしまうとはげるリスクを高めてしまいかねないため注意しなければいけません。

また正しくナイトキャップを使用していても人によってははげる可能性もあり、この場合はナイトキャップの被り方以外に何らかの原因があることが考えられます。

以下に当てはまるものがある方は、それが抜け毛・薄毛の原因になっている場合があるため、自分自身で改善できるところから見直していくようにしましょう。

・不規則な生活習慣を送っていないか
・栄養バランスの偏った食事ばかり摂っていないか
・間違った方法でシャンプーしていないか
・頻繁に喫煙や飲酒をしていないか
・ストレスや疲労を放置していないか

生活習慣や食事をどうやって改善すればいいのかわからない、シャンプーや育毛剤などを見直したけど抜け毛が減らないという方は、ぜひ発毛サロン「スーパースカルプ発毛センター」にご相談ください。

スーパースカルプ発毛センターでは専門の発毛技能士が1人ひとりの髪の毛・頭皮の状態、薄毛の進行具合、性別・年齢・生活習慣などに合わせて最適なケアを提案します。

高水圧マイクロレベルジェット噴流による毛穴の汚れ除去や人工太陽光とマッサージによる頭皮の毛細血管の拡張など、さまざまなアプローチで育毛・発毛を目指すことが可能です。

もちろん生活習慣や食事面のアドバイスも行なっているため、普段の日常のなかで何を改善すればいいかわからないという方も安心して悩みを解決できます。

ナイトキャップの正しい被り方がわからない方はもちろん将来的にはげるのではないかと心配に感じている方も、ぜひお近くのスーパースカルプ発毛センターまでお越しください

ナイトキャップははげる?正しい被り方・逆効果な被り方まとめ

ナイトキャップは昔からヨーロッパ諸国で髪の毛・頭部の防寒やシラミなどの寄生虫予防を目的として被られてきたアイテムですが、現在でも使用している方は少なくありません。

ナイトキャップを被ることで頭皮・髪の毛への摩擦ダメージ軽減や乾燥予防、寝癖・髪の毛の絡まりを防ぐといった効果が期待できます。

しかし間違った被り方をしてしまうと頭皮環境を悪化させてはげるリスクを高めるなど逆効果になりかねないため、ナイトキャップを被るときは正しい被り方で着用しましょう。

また正しい被り方をしても抜け毛や薄毛が進行するケースもあり、その場合はナイトキャップ以外のことが原因になっている可能性があります。

抜け毛・薄毛の原因を知りたいという方や、すでに抜け毛・薄毛に悩んでいるという方は発毛のプロである「スーパースカルプ発毛センター」にご相談ください

1人ひとりの頭皮環境や髪の毛の状態をお調べしたうえで、それぞれに合ったケア方法を提案して薄毛という悩みを解決へと導いていきます


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
シャンプーブラシを使うとはげる?効果は?メリット・デメリット紹介1位
頭皮がかゆい理由はダニが原因かも?頭皮湿疹の症状や原因・予防方法2位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介3位
シャンプー後のリンスやコンディショナーがハゲる原因になる!?4位
マカ・亜鉛の効果とは?男性にも女性にも嬉しいメリットがいっぱい!5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円 男性はこちら 女性はこちら
0120-96-7710
男性はこちら 女性はこちら
電話する
お試し発毛体験
6,600円(税込)