「日焼けが身体に悪いことは知っているけれど、頭皮の日焼けも髪の毛に悪いの?」
「頭皮を日焼けすると抜け毛が増えるって本当なの?」

日焼けは、腕や首などの部位はしっかり対策できていても、頭皮の日焼け対策は疎かになってしまいがちですよね。

紫外線による頭皮の日焼けは、そのままにしておくと乾燥やフケの症状が現れ、最悪の場合は抜け毛や薄毛になってしまう危険性があります。

当記事では、頭皮の日焼けによるトラブルを薄毛やはげとの関係性に触れながら解説していきます。

また、頭皮の日焼け対策やうっかり日焼けしてしまった時の対処法についてもご紹介しているため、頭皮の日焼けや予防法が気になる方は是非最後までご覧ください!

頭皮が日焼けするとどうなる?薄毛やはげとの関係性

頭皮が日焼けするとどうなる?薄毛やはげとの関係性

頭皮が日焼けすることで、髪の毛や頭皮へのダメージはもちろんのこと、その後の髪の毛の成長にも影響を及ぼします。

ここでは、頭皮の日焼けによって起きてしまう症状を3つご紹介します。

頭皮の乾燥による薄毛や抜け毛

頭皮が日焼けをすると炎症を起こし、いわゆるやけどの状態になります。

頭皮がやけどを起こすと、頭皮の水分が無くなることで乾燥状態になり、赤みやかゆみの症状が出ることや、乾燥した頭皮がめくれてフケの原因にもなります。

また、やけどの症状が毛穴まで広がることで抜け毛の症状が出始め、度重なる日焼けのダメージ蓄積で頭皮環境が悪くなると薄毛の原因に繋がることもあるのです。

頭皮の乾燥は、すぐに抜け毛や薄毛の症状が現れるというわけではないですが、紫外線対策をせずにそのままにしておくと、最終的に髪の毛がはげることに繋がってしまいます

白髪が増えやすくなる

紫外線を浴びることで、肌が日焼けして黒くなってしまうのはメラニン色素が肌を変色させているためですが、頭皮が日焼けをすると髪色の主成分であるメラニン色素が生成されなくなります

メラニン色素が生成されなくなる理由としては、頭皮が紫外線を浴びることで活性酸素という物質が大量に生成され、メラニン色素を生成しているメラノサイトにダメージを与えるからです。

メラニン色素が生成できなくなると、生えてくる髪の毛が黒や茶色ではなく、色が付いていない白髪が生えてきます

しかし、頭皮の日焼けが原因で生えてくる白髪は、メラノサイトへのダメージの積み重ねで徐々に生えてくるため、紫外線対策をすることで白髪を予防することができます。

ヘアカラーの色落ちが激しくなる

ヘアカラーは、髪のキューティクルの中に染料を浸透させることで色を付けているという仕組みなのですが、日焼けをすることで染料を閉じ込めているキューティクルが再び開いてしまい、ヘアカラーの色素が外に出て色落ちしやすくなってしまいます。

色が早く落ちてしまうと染めるペースも早くなり、毎月ヘアカラーをしているという方もいらっしゃるかと思いますが、髪の毛に休みの期間を設けずにヘアカラーをしてしまうことで頭皮やキューティクルへのダメージが蓄積されていき、最終的には薄毛や抜け毛・はげの原因にもなりかねません。

ヘアカラーを長持ちさせ、健康な頭皮状態を保つためにも髪の毛や頭皮の日焼け対策は重要です。

頭皮の日焼けを防ぐ対策法

頭皮の日焼けを防ぐ対策法

頭皮が日焼けしていると抜け毛や薄毛に繋がってしまうなど、頭皮環境を悪化させてしまう原因の1つですが、紫外線を防ぐ対策法を講じることで頭皮にダメージを与えずに健康な状態を保つことができます。

ここでは、すぐに実践できる簡単な対策法を2つご紹介します。

帽子や日傘で紫外線を避ける

頭皮の日焼けは、紫外線が頭皮に直接当たることで起きてしまうため、帽子や日傘で紫外線をカットすると頭皮の日焼けを防ぐことができます。

日焼け予防に効果的な帽子はいくつか種類がありますが、UVカット率が99%以上の帽子をおすすめします。

帽子は被るだけで紫外線をカットしてくれますが、長時間装着していることで頭皮が蒸れて雑菌が繁殖してしまうため、室内時は外すなど頭皮環境への配慮も大切です。

日傘は女性のイメージが強いですが、最近では男性でも使いやすいユニセックスデザインの日傘も販売されています。

帽子と日傘を併用して、さらに強力な紫外線カットで頭皮の日焼けを予防しましょう。

頭皮用の日焼け止めを使う

日焼け止めと聞くと、「腕や足に塗って日焼けを予防するアイテム」というイメージがありますが、頭皮専用の日焼け止めも存在します。

頭皮用の日焼け止めは、ミストタイプのものからクリームタイプのもの、頭皮を含めた全身に使えるタイプの日焼け止めまで様々あるため、目的や好みに合わせて頭皮用の日焼け止めを1つは常備しておくことをおすすめします。

うっかり頭皮を日焼けしてしまった時の対処法は?

うっかり頭皮を日焼けしてしまった時の対処法は?

頭皮は、海やプールへ行く際やちょっと外出する際など、日焼け対策を忘れてしまいがちな部位です

しかし、頭皮の日焼けはすぐに影響が出るものではないため、応急措置を施すことで頭皮へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

冷たいタオルで頭皮をクールダウンする

上述の通り、頭皮が日焼けをするとやけどの状態になりますが、このやけどしている状態を長続きさせないことが頭皮を日焼けしてしまった時の対処法の1つです。

頭皮のやけどには、冷たいタオル等を頭皮に当てて温度を下げてあげることで、やけどの症状が収まります。

冷たいものなら何を当てても良いわけではなく、凍った保冷材や氷を直接頭皮に当てる行為は頭皮や髪に良くないためNGです。

頭皮がやけどしているときはいつも以上に敏感なため、極力刺激を与えないように冷たいタオルでゆっくり炎症を抑えていくことが大切です。

頭皮を保湿して乾燥をさせない

頭皮の日焼けは、いつも頭皮に潤いを与えていた水分が失われている状態のため、非常に乾燥しています。

頭皮の乾燥をそのままにしておくと、赤みやフケの原因になるため、早急に保湿をしてあげることが大切です。

頭皮の保湿は、化粧水を使用して行います。

基本的には、使用する化粧水は顔用のもので問題ないですが、敏感肌の方やより頭皮に効果的な保湿をしたいという方は、頭皮用の化粧水を別途用意しましょう。

頭皮への保湿は濡れている状態ではなく、お風呂後のドライヤーで髪を乾かし終わった清潔な状態で使用をすることが最も効果的です。

下記の記事では、頭皮に使える正しい化粧水の選び方や化粧水の使い方について紹介しています。頭皮の保湿について知りたい方は合わせてご覧ください。

頭皮ケアは保湿が大切!化粧水の正しい選び方と使い方について

頭皮にも日焼けは禁物⁉薄毛やハゲとの関係は?まとめ

発毛・薄毛の相談はスーパースカルプ発毛センターへ

頭皮の日焼けは、帽子や日傘といった物理的に紫外線をカットする方法から頭皮用の日焼け止めを使って予防する方法など、手軽に実践できる対策法で大幅に日焼けのリスクを下げることができます。

上記でお伝えした頭皮の日焼け対策を実践しても改善されない方や、過去の日焼けで抜け毛・薄毛が目立つ方は、スーパースカルプ発毛センターの最先端発毛療法を利用することをおすすめします。

スーパースカルプ発毛センターでは、98.7%の発毛実績をもとにお客様1人ひとりの頭皮環境やホルモンバランス等を分析して、お客様の状態に最適な発毛プランをご提案するだけではなく、睡眠や食事等の生活習慣のアドバイスもさせていただいております。

また、全国に80店舗以上のお店を構えているため、抜け毛や薄毛の症状はもちろん、髪の毛に関する不安や疑問等があれば遠慮なくお近くの店舗にご相談ください。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介1位
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ2位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは3位
ロングヘアは抜け毛が増える?抜け毛は1日何本までなら大丈夫なの?4位
タバコを吸うとはげるって本当!?喫煙が薄毛を招く原因と対処法5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円
男性はこちら 女性はこちら
実感お試し
発毛体験申込
サロンを検索 電話する