年齢を重ねてくると、毎日の抜け毛がどうしても気になってしまいますよね。

特にロングヘアの場合は、ショートヘアの方と比べて抜け毛が目立ちやすいですし、余計に抜けた毛が気になってしまうのではないでしょうか?

「ロングヘアだと、ショートヘアに比べて抜け毛が増えるという説もありますが、一般的に一日あたり何本程度なら抜け毛が起きても大丈夫なのでしょうか。

この記事では、ロングヘアと抜け毛の関係性や抜け毛が増える原因についてご紹介していきます。

ロングヘアは抜け毛が増えるというのは事実?

ロングヘアだと抜け毛が増えるという話をよく耳にしますが、実際のところ、ロングヘアだからといって抜け毛が増えるという事実はありません

しかしロングヘアの方の多くは、髪の毛が短かった頃と比べると抜け毛が増えたように感じるようです。
では、なぜロングヘアだと抜け毛が増えると感じるのでしょうか?

髪の毛が長い分、抜け毛が目立ちやすいから

ロングヘアだと抜け毛が増えるといわれている原因としては非常に単純なもので、髪の毛が長い分、抜け毛が目立ちやすいからです。

分かりやすく説明すると、10cm程度の短い髪の毛が100本落ちている場合と50cm程度の長い髪の毛が100本落ちている場合では、後者のほうが量が多く感じます。

こうした視覚的なことが原因で、ロングヘアだと抜け毛が増えると感じてしまうのです。

シャンプーしたときに手に絡みやすいから

もうひとつ、ロングヘアだと抜け毛が増えるといわれる原因としては、長い髪の毛がシャンプーしたときに手に絡みやすいということが挙げられます。

先ほどの例を使うと、10cm程度の短い髪の毛だとシャンプーをしても手に絡むことなく排水溝へと流れていきます。

反対に50cmの長い髪の毛だとシャンプーをしたときに手に絡みやすいので、どうしても抜け毛が増えたように感じてしまうのでしょう。

ヘアケア方法よってはロングヘアが抜け毛の原因になる

ロングヘアだからといって必ずしも抜け毛が増えるわけではありませんが、普段のヘアケアによっては抜け毛を増やす原因になります。

例えば、ヘアワックスやムース、スプレーなどを使ってスタイリングをする場合は、洗い残しには気をつけなければなりません。

それだけでなく、ロングヘアだと髪の毛が長い分どうしても洗い残し・すすぎ残しが起こりやすくなるため、よく洗い流すように意識しましょう。

皮脂汚れやワックス、トリートメントなどの洗い残しがあると頭皮環境を悪化させることになり、結果としてヘアケアが抜け毛の原因になってしまうことがあります。

ロングヘアの方はヘアスタイルにも注意が必要

ロングヘアは、髪の毛が長い分アレンジがしやすい髪型ですが、基本的に分け目や髪型がいつも同じようにスタイリングされているという方は多いのでは?

同じ分け方をしていたり髪の毛をきつく結んでいたりする場合、髪の毛が引っ張られて頭皮に負担がかかってしまいます。

髪の毛にかかった負担が原因で抜け毛を引き起こしくやすくなり、結果として牽引性脱毛症などにつながる可能性もあるのです。

ロングヘアはアレンジしやすい髪型なので、いつも同じ分け方・髪型をするよりも、定期的に変化を楽しんだほうがよいでしょう。

一日あたり何本程度なら抜け毛があっても大丈夫?

ロングヘアの方は、シャンプーをするときやブラッシングをするときに抜け毛が目立ちやすく、その本数が気になることもあると思います。

実際のところ、一日あたり何本程度なら抜け毛があっても大丈夫なのでしょうか?ここからは、一日あたりの抜け毛の本数に関するお話をしていきます。

一般的には一日あたり50〜100本程度の抜け毛がある

季節や人によって抜け毛の本数には違いがありますが、一般的には一日あたり50〜100本程度の抜け毛があるといわれています。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、日々古い髪の毛が抜け落ちて新しく生え変わるというサイクルを繰り返しているのです。

毎日起こる抜け毛に対して何本抜けたかを数えるのは難しいですが、日常的に50〜100本程度抜けるのは普通のことだと思えば、不安も解消されるのではないでしょうか。

夏から秋にかけては一日あたり200本以上の抜け毛があることも

毎年、夏から秋にかけての時期は抜け毛が増える季節といわれており、人によっては200本以上抜けることもあります。

その理由としては、まず動物の冬毛へと生え変わる特性と同様に人の髪の毛も生え変わるという説が一つです。

もうひとつは、真夏の強い日差しを頭皮に浴び続けたことでダメージを負って抜け毛が増えるという説もあります。

そのため、抜け毛が増えたと感じたタイミングが夏から秋頃だった場合は、季節要因の可能性が高いのでそれほど深刻に考える必要はないでしょう。

関連記事:夏になると抜け毛が増える?その原因と対策方法についてご紹介

ロングヘアの方必見!抜け毛の予防方法をご紹介

ロングヘアの方は、普段のヘアケアやヘアスタイルに注意しないと抜け毛を起こす可能性があるので注意が必要です。

ここでは、ロングヘアだからこそ気をつけたい抜け毛の予防方法についてご紹介していきます。

ロングヘアの抜け毛予防方法①すすぎ残しに気をつける

ロングヘアの方は、シャンプーやトリートメントをするときも一苦労です。

髪の毛が短い人と比べると泡立たせるのも大変ですし、何よりすすぎ残しに注意しましょう。

ワックスなどの整髪料や皮脂を洗い落とすためにしっかりと洗髪しても、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがあると頭皮環境を悪化させ抜け毛につながってしまいます

またシャンプーやトリートメントがついた髪の毛が背中などに触れると、背中ニキビなどに発展することもあるので気をつけなければいけません。

ロングヘアの抜け毛予防方法②しっかりと乾かす

洗髪したあとは、すすぎ残しがないようによく洗い流すことが大切ですが、その後のヘアドライも大切なポイントです。

髪の毛が濡れたままだと、乾くのと一緒に髪の毛に必要な水分まで蒸発してしまいます。

またよく乾かさず湿った状態のままだと、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮が炎症を起こす可能性もあるでしょう。

その結果、頭皮環境が悪くなって抜け毛が増える原因にもなりますので、しっかりと正しい方法で髪の毛は乾かしましょう

ロングヘアの抜け毛予防方法③不安なときは発毛専用のサロンに相談する

すすぎ残しに気をつけていてお風呂上がりは髪の毛をしっかり乾かしているにも関わらず、抜け毛が気になってしまう場合は発毛専用のサロンに相談しましょう。

また一日あたりの抜け毛の本数が明らかに多い場合は、これまでご紹介してきたこと以外の原因が考えられます。

しっかりと原因を調べて正しい方法で対策するためにも、専門家に相談するのがおすすめです!

ロングヘアは抜け毛が増えるといわれる原因まとめ

発毛・薄毛の相談はスーパースカルプ発毛センターへ

ロングヘアは抜け毛が増えるといわれる原因としては、短い髪の毛の人に比べて抜け毛が目立つからです。

髪の毛が長い分、落ちている抜け毛や排水溝に溜まった抜け毛が目立ちやすいですし、シャンプー時に手に絡みやすいといったことが原因で抜け毛が増えたように感じます。

また一般的にヘアサイクルの兼ね合いで、一日あたり50〜100本あたりの抜け毛は問題ありません

しかしロングヘアの方は、シャンプー時のすすぎ残しや十分に乾かしきれないといったことが起こりやすいです。

その結果、頭皮環境が悪化して抜け毛につながる場合があるため注意しましょう。

もし明らかに抜け毛の本数が増えていたり、抜け毛の原因が分からなかったりする場合は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください!

抜け毛の原因をお調べして、一人ひとりにあったヘアケア方法や対策方法をご提案したします。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは2位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介3位
ヨーグルトが髪に良い理由は?育毛・薄毛予防に効果的な食べ方を紹介4位
猫っ毛はハゲや薄毛になりやすい?猫っ毛がハゲる原因と改善方法は?5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験