男性型脱毛症(AGA)は、多くの男性にとって切実な悩みの一つです。
これらの症状に効果的に対処するためには、適切な治療法・治療薬の選択が重要です。

現在、AGA治療において広く用いられているフィナステリドとデュタステリドは、異なる特徴を持ちます

この記事では、フィナステリドとデュタステリドの違いに焦点を当て、それぞれの効果や副作用、注意点について詳しく解説します。

適切な知識を持ち、自分の状況に合わせて最適な治療選択を行えるようになるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

発毛実績 男性はこちら 女性はこちら

フィナステリドとは?

フィナステリドとは?

フィナステリドは、AGAの治療に広く用いられる医薬品の有効成分です。

本来は前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、脱毛抑制にも効果があり、現在ではAGAの治療薬としても使われるようになりました。

フィナステリドは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、髪の成長に悪影響を与える「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変化する過程を阻害する作用をします。

DHTは、髪の毛の成長サイクルに影響を及ぼし、最終的に脱毛を引き起こすホルモンです。

フィナステリドを投与することで、テストステロンをDHTに変換する「酵素5α-リダクターゼ」の活動を抑制し、薄毛の進行を防ぎます。

フィナステリドの服用は、一般的に身体に深刻な影響を及ぼすことはごく稀です。

しかし、性欲の低下、肝機能障害、抑うつ状態などの副作用が起こる可能性があるため、服用には十分注意しなければなりません。

フィナステリドを含む内服薬としては、プロペシア錠(0.2mg/1mg)とそのジェネリックであるフィナステリド錠(0.2mg/1mg)が存在します。

日本国内でフィナステリドの市販はされておらず、処方を受けるためにはクリニックで医師による診断が必要です。

フィナステリドの効果を感じるまでには個人差がありますが、多くの場合、6ヶ月以上の服用後に効果が顕著になると報告されています。

一部の患者では、3ヶ月ほどで効果が認められることもありますが、効果が現れてからも治療を継続することが勧められます。

薬の使用に際しては、専門医の指導に従い、自分自身で勝手に薬の量を調整することなく適切な使用を心がけましょう。

デュタステリドとは?

デュタステリドもAGAの治療に使用される医薬品ですが、フィナステリドとは異なり、より広範囲の作用を持つのが特徴です。

酵素5α-リダクターゼには、皮脂腺に多く存在するタイプ1(Ⅰ型)と、毛乳頭に多く存在するタイプ2(Ⅱ型)の2種類があります。

このうち、フィナステリドはタイプ2にのみ作用します。

一方で、デュタステリドは5α-還元酵素のタイプ1とタイプ2の両方を阻害することが可能です。

そのため、テストステロンがDHTに変換するのを強力に抑制し、脱毛の進行をより効果的に遅らせることができます。

デュタステリドは、他の治療法で十分な効果が得られなかった男性型脱毛症の患者に推奨されることが多いです。

しかし、フィナステリドと同様にデュタステリドの使用は副作用を伴う可能性があり、性欲減退、勃起不全、精液量の減少などが報告されています。

そのため、医師と十分な話し合いを行い、脱毛の進行状況や体質に応じて適切な治療法および治療薬を選択することが重要となります。

フィナステリドとデュタステリドの主な違い

フィナステリドとデュタステリドの主な違い

フィナステリドとデュタステリドは、いずれもAGA治療に効果がある有効成分ですが、効果や副作用など、いくつかの違いがあります。

ここでは、以下の5つの主な違いについて解説していきます。

  1. 代表的な治療薬
  2. 効果
  3. 有効成分の半減期
  4. 副作用
  5. 料金

代表的な治療薬

まずそもそも、それぞれの成分が含まれる治療薬が異なります。

【フィナステリド】
代表的なフィナステリド製品には、プロペシアがあります。

プロペシアは、世界で初めての1日1回1錠の内服によるAGA治療薬として開発された医薬品です。

個人差がありますが、一般的に効果を実感するには最低でも半年以上の継続服用が必要とされています。

【デュタステリド】
デュタステリドを含む代表的な製品の一つは、ザガーロです。

デュタステリドは、前立腺肥大の治療薬として2009年に厚労省の承認を得ており、アボルブという薬品名で国内で使用されています。

そして、2015年9月に新たにAGA治療薬としての承認が下りました。

服用量は1日1カプセルで、発毛作用がでるまでの期間は平均して半年から1年ほどです。

効果

フィナステリドとデュタステリドの最も顕著な違いの一つは、それぞれがどのようにして5α-還元酵素を阻害するかにあります。

【フィナステリド】
フィナステリドは主に5α-還元酵素のタイプIIを選択的に阻害することで、テストステロンからDHTへの変換を減少させます。

【デュタステリド】
デュタステリドは5α-還元酵素のタイプIおよびタイプIIの両方を阻害することにより、より広範なアプローチが可能です。

そのため、フィナステリドと比較して、体内のDHTレベルをより大幅に、そして広範囲に減少させることができます。

フィナステリドが初期から中等度の症状に対してより一般的に推奨されるのに対し、デュタステリドはより進行した症状や、他の治療法に反応しないケースに適しているとされています。

フィナステリドの効果はいつから実感できる?効かない時の対処法も紹介

有効成分の半減期

半減期とは、薬が体の中で効き目が半分に減るまでの時間のことで、この時間の長さが薬の効果がどれくらい続くかを決めます。

【フィナステリド】
フィナステリドの半減期は約5〜7時間ほどです。

【デュタステリド】
デュタステリドの半減期は約4週間ほどと、フィナステリドに比べると比較的長期間です。

デュタステリドは一度体内に入ると、より長期間作用し続けます。

つまり、デュタステリドを使用している際に副作用が発生した場合、薬物が体外に排出され、副作用が軽減されるまでには相応の時間が必要となります。

治療効果の持続性の面では利点となり得ますが、副作用が発生した場合、それが長引く可能性があるという点はデメリットと言えるでしょう。

副作用

フィナステリドとデュタステリドの副作用の発生傾向には差があります。

【フィナステリド】
フィナステリドの主な副作用は、初期脱毛、性欲減退、ED・性機能障害、抑うつ症状、肝臓機能障害、発疹などです。

【デュタステリド】
デュタステリドは、フィナステリドに比べて生殖器系に関連する副作用を引き起こす可能性が高いとされています。

主な症状は、性欲減退、勃起不全、精液の量が減少するなどです。

これは、デュタステリドが5α-還元酵素のタイプIおよびタイプIIの両方を阻害するため、より広範囲にわたる体内のDHTを減少させることによるものと考えられます。

デュタステリドにより精子数が90%減ったという方もいるので十分に注意が必要です。

これらの副作用は、特に長期間の治療を必要とする患者にとって、重要な懸念事項となります。

フィナステリドの副作用については下記の記事でも詳しく解説しているので、チェックしてみてください!
フィナステリドの副作用とは?症状の種類や服用時の注意点を紹介!

料金

フィナステリドとデュタステリドでは、治療薬の料金も異なります。

【フィナステリド】
フィナステリドの1ヶ月あたりの価格は、従来の医薬品(先発医薬品)で8,000円程度です。

しかし、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の場合、4,000円前後となります。

ジェネリック医薬品は、元の特許医薬品と同じ有効成分を含んでいるものの、ブランド名を持たないため、通常より低価格で提供されます。

そのため、ジェネリック医薬品を活用することで、治療費用をかなり抑えることができるでしょう。

ただし、脱毛の進行状況に応じてミノキシジルタブレットやサプリメント等と併用して治療を進める場合、合計で10,000円〜20,000円ほどかかる場合があります。

【デュタステリド】
デュタステリドの1ヶ月あたりの価格は、先発医薬品で10,000円程度ジェネリック医薬品は7,000円前後です。

一般的にフィナステリドよりも高額になります。

治療薬を選択する際には、効果、副作用、そしてコストの2つの要素をバランス良く考慮することが大切です。

しかし、基本的に素人が自分で治療方法を正しく選択するのは困難です。

そのため、薄毛が気になり始めたら、なるべく早く専門医に相談するのが良いでしょう。

スーパースカルプ発毛センターでは、専門の発毛技能士がひとり1人にあった施術をご提案いたします。

今なら初回限定で、髪のプロによるカウンセリングから発毛施術までを含む、お試し発毛体験を6,600(税込)円でお受けいただけます。

10,000人以上が発毛体験した発毛施術を、まずはぜひ特別価格でご体験ください!

フィナステリドとデュタステリドはどちらがいいの?

フィナステリドとデュタステリドはどちらがいいの?

フィナステリドとデュタステリドには、効果や副作用の面で違いがあると解説しましたが、結局どちらを治療に用いるのが良いのでしょうか。

フィナステリドがおすすめの人

  • 初めてAGAや前立腺肥大の治療を検討している人
  • 軽度から中等度の脱毛症の人
  • 副作用を特に心配している人

フィナステリドは副作用のリスクが比較的低く、軽度から中等度のAGA治療に効果を示します。

上記のような方はフィナステリドの服用がおすすめです。

デュタステリドがおすすめの人

  • フィナステリドで十分な効果が得られなかった人
  • 重度の脱毛症に悩む人
  • 長期的な治療効果を求める人

デュタステリドはフィナステリドよりも広範囲のDHT抑制作用を持つため、より強い効果が期待できます。

デュタステリドの長い半減期により、持続的な効果が得られる可能性があります。

最終的には、どちらの薬剤も効果と副作用が人によって異なるため、医師の診断と相談のもと、個人に最適な選択をすることが重要です。

フィナステリドとデュタステリドなどAGA治療にはAGA治療薬以外に、生活習慣の改善など副作用の心配をしなくて良いAGA治療があるので調べておきましょう。

フィナステリドとデュタステリドは併用しても大丈夫?

フィナステリドとデュタステリドを併用することは一般的に推奨されていません

理由は、両薬剤が似たような作用機序(薬物が生体に何らかの効果を及ぼす仕組み)を持っているためです。

どちらも5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑えるため、併用することで副作用が増加するリスクが高まります

特に、性機能に関連する副作用(性欲減退、勃起不全など)や、その他の健康リスクが懸念されます。

したがって、原則としてフィナステリドとデュタステリドの併用は避けるべきであり、治療はこれらの薬剤のいずれか一方を選択して行うことが一般的です。

一方、フィナステリドやデュタステリドとミノキシジル外用薬との併用は、AGAの治療において一般的なアプローチであり、医師から推奨されることも少なくありません。

ミノキシジルは血管拡張作用を持ち、頭皮への血流を改善することで毛髪の成長を促進すると考えられています。

この作用機序はフィナステリドやデュタステリドとは異なるため、これらの薬剤を補完し合う形で用いることで、より効果的な治療結果を期待できます。

フィナステリドとデュタステリド服用時の注意点

フィナステリドとデュタステリド服用時の注意点

フィナステリドとデュタステリドの服用にあたっては、いくつか注意しなくてはならない点があります。

フィナステリドの服用で気をつけなくてはならないこと

【妊娠中の女性への影響】
フィナステリドは胎児の正常な発達に影響を与える可能性があります。

そのため、妊娠中の女性はフィナステリドに触れないようにしましょう。

パートナーが妊娠している場合は、必ず医師に相談してください。妊活中の男性もフィナステリドの服用には注意が必要です。

【副作用】
フィナステリドの一般的な副作用には、性欲減退、勃起不全、射精障害などがあります。

これらの副作用は一時的なものであることが多いですが、中には持続する場合もあります。

副作用が気になる場合は、直ちに医師に相談してください。

【長期間の使用】
フィナステリドの効果を最大限に引き出すためには、長期間の服用が必要になることがあります。

定期的に医師の診察を受け、治療の進捗を確認してください。

デュタステリドの服用で気をつけなくてはならないこと

【妊娠中の女性への影響】
デュタステリドもまた、妊娠中の女性や胎児に重大な影響を与える可能性があるため、妊娠中の女性はデュタステリドに触れないよう特に注意する必要があります。

【副作用】
デュタステリドはフィナステリドと同様の副作用を引き起こす可能性がありますが、その頻度や重度が異なることがあります。

特に、性機能に関連する副作用が発生することがあります。副作用に関する懸念がある場合は、医師に相談してください。

【血液検査の影響】
デュタステリドは前立腺特異抗原(PSA)の値に影響を与える可能性があります。

前立腺がんに関する検査を行う際は、デュタステリドの使用を医師に伝えましょう。

AGAが気になる方はスーパースカルプ発毛センターにご相談ください!

AGAに対する有効な治療方法を求めている方は、スーパースカルプ発毛センターにお任せください。

スーパースカルプ発毛センターでは、薄毛になってしまう原因に対して根本的な解決を目指します。

本記事で解説してきたフィナステリドとデュタステリドは、共にAGA治療薬ですが、スーパースカルプ発毛センターでは生活習慣を改善しながら薄毛改善にアプローチします。

一人ひとりの症状や生活スタイルに合わせたパーソナライズされた治療計画を立てることで、AGAの進行を食い止め、健康な髪の成長を促進することが可能です。

髪の毛のプロフェッショナルが、カウンセリングから頭皮の健康状態の診断、治療後のフォローアップに至るまで、一貫してサポートいたします。

AGAや薄毛でお悩みの方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

フィナステリドとデュタステリドの違い|まとめ

本記事では、フィナステリドとデュタステリドの主な違いについて詳しく解説しました。

治療法を選択する際にはこれらの違いを十分に理解し、医師の指導のもと、自分の症状や生活スタイル、そして副作用のリスクを検討した上で、最適な薬剤を選ぶことが重要です。

また、症状や状況に応じて、薬を使用しない治療法を検討するのも良いでしょう。

薬を使用しない治療法では副作用のリスクがないため、副作用への懸念が高い方や、薬物療法に抵抗感を持っている方に特におすすめです。

スーパースカルプ発毛センターでは、早い人で3ヵ月、平均6ヵ月で目に見えた発毛を実感していただけます。

初回お試し発毛は6,600円(税込)でご体験いただけるので、薄毛やAGAにお悩みの方はぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください!


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
シャンプーブラシを使うとはげる?効果は?メリット・デメリット紹介1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
頭皮がかゆい理由はダニが原因かも?頭皮湿疹の症状や原因・予防方法3位
ロングヘアは抜け毛が増える?抜け毛は1日何本までなら大丈夫なの?4位
マカ・亜鉛の効果とは?男性にも女性にも嬉しいメリットがいっぱい!5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円 男性はこちら 女性はこちら
0120-96-7710
男性はこちら 女性はこちら
電話する
お試し発毛体験
6,600円(税込)