献血NG
新型コロナウイルス感染拡大の裏側でもう一つの問題が起こっています。それは輸血用の血液の不足です。

外出自粛を受けて献血に出かける人数が全国で減少しているためです。

しかし、AGA治療中は絶対に献血をしてはいけないという事を知っていますか?

今回の記事はAGA治療中に献血をするとどんな弊害があるか?について触れていきたいと思います。

目次

急増!内服薬によるAGA治療

今、人知れずこっそりとインターネットでAGA治療薬を購入して飲んでいる男性が急増しています。

その理由はYouTube動画などでユーチューバーがこぞって「内服薬しか生える方法はない!」と訴えているからかもしれませんね。

また病院での薄毛治療も広告などが多く、気軽に受診し内服薬を処方されるケースも多くなっています。

治療薬ってどんな薬?

医学的に発毛効果が求められている薬の成分は2種類しかありません。それは「フィナステリド」と「ミノキシジルです」。

それぞれの成分には以下のような作用があり発毛を促すといわれています。

フィナステリド:男性ホルモン抑制
ミノキシジル:血管拡張

 

考えられる副作用は?

フィナステリドの副作用として発表されているのは性欲減退、男性機能減退になりますがこれは被験者の1%未満と言われています。他に重大な副作用として『薬の大辞典』に記載されているのは「肝機能障害」ですが、これはほとんどの薬にも含まれるリスクになります。

服用を考える際はこういった副作用についても理解しておく必要があります。

フィナステリド:男性機能減退、生殖機能不全
ミノキシジル:動機、むくみ、狭心症

 

AGA治療中は献血NGの理由

AGA治療中に献血NGの理由は、AGA治療中の男性の血液が女性に輸血された場合、生まれてくる男児の生殖機能に異常が現れるリスクがあるからです。

と言っても、すべての薬が該当するわけではなく、禁止とされているのはプロペシアという薬に代表される「フィナステリド」という成分を服用している場合になります。

仮にプロペシア服用者の血液が女性や子どもに使用されると、妊婦も重篤な症状を引き起こす恐れがあります。そもそもプロペシアは、女性への投与や接触さえ禁忌とされている治療薬です。

そのため、万が一妊娠中に服用すると、男性胎児に悪影響を与える可能性があります。

情報の拡散をお願いします

改めて今回、この記事を書いたのはこの事実を知らない男性が多すぎるからです。

無知ゆえに、未来の子供に危害を加える加害者になりかねないからです。

インターネットで薬を取り寄せる場合でも、病院で処方された薬であっても、今自分が服用している薬がどんな薬なのか?をしっかりと理解することが自分と他人を守ることになります。

2018-12-18 (12)2018-12-18 (11)
お試し体験長四角
S__366395397


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
5月~6月は抜け毛が増える季節。この時期に最も気を付けるべき事とは?2位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは3位
年代別女性のⅯ字ハゲの原因と改善例。20代50代女性の発毛症例ご紹介4位
プロペシア、フィンペシアだけでは発毛しにくい!?遺伝ハゲの衝撃的メカニズム5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,000円(税抜)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

発毛実績97.8% お試し発毛体験