前髪や頭頂部の薄毛と聞くと中高年層に起こるイメージがあると思いますが、実は20~30代の若年層にも前髪や頭頂部の薄毛が起こる可能性はあります

若年層に起こる薄毛のことを一般的に若ハゲといいますが、どういったことが原因で起こるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、若ハゲになる原因や若ハゲの特徴、そして対策方法についてご紹介していきます。

若ハゲが起こる原因とは?

薄毛に悩む男性

20~30代の若い年代で前髪などが薄くなってくると、非常に大きなショックを受けてしまうでしょう。

しかし最近では、10代後半の方でも若ハゲに悩む方が多く、年齢に関係なく薄毛は起こりうるものなのです。

では若ハゲが起こる原因としては、どういったものがあげられるのでしょうか。
まずは、若ハゲが起こる原因をご紹介していきます。

若ハゲの原因①AGA(男性型脱毛症)

まず若ハゲの原因として可能性が高いのは、「AGA(男性型脱毛症)」です。
薄毛に悩む男性のうち、約90%がAGAが原因と言われています。

AGAの特徴は、前髪が薄くなるM字型や頭頂部が薄くなるO字型などがある点です。
またAGAは、男性ホルモンの変化が関係しているとされており、さらに遺伝によって引き起こすケースがあるのも特徴の一つです。

自分自身がまだ若い年代であること、そしてホルモンや遺伝が原因であることを考えると、なかなか自分自身で予防や対策することが難しいでしょう。

もしAGAが原因だった場合は、専門クリニックに相談してAGA治療を受けるなどの対策が必要です。

若ハゲの原因②生活習慣の乱れやストレス過多

若ハゲを引き起こす原因に、生活習慣の乱れやストレス過多もあげられます
特に若い世代は体力があるため、つい遅い時間まで活動してしまうケースが多いです。

そうした睡眠不足に加えて、お酒の飲み過ぎやインスタント食品・外食が多いなど、食生活の乱れも若ハゲの原因につながります

他にも社会人になって新しい環境で過ごすようになると、その分ストレスを感じやすくなる方も少なくありません。こうした不規則な生活習慣やストレスを抱え過ぎることが、若ハゲを引き起こす原因になります。

若ハゲの原因③正しいヘアケアを行なっていない

普段行なっているヘアケアを間違った方法で行なっていると、若ハゲにつながる可能性があるので、ワックスやスプレーなどの整髪剤を付けたまま寝てしまったり、一日に何度もシャンプーをしたりするのはNGです。

ワックスやスプレーが付いたまま寝ると頭皮環境の悪化につながりますし、ホコリや汚れなども付着した状態になりますので若ハゲを助長することになります。

さらに頭皮の皮脂などが気になって一日に何度もシャンプーをすると、かえって必要な皮脂まで奪うことになるのです。

皮脂がなくなれば頭皮は乾燥しやすくなりますし、不足した油分を補おうと皮脂が過剰分泌されることもあります。

若ハゲの特徴とは?前髪が薄くなるケースが多い

薄毛に悩む女性

若ハゲの原因についてご紹介しましたが、実際の若ハゲはどういった状態のことを言うのでしょうか。一般的には、前髪が薄かったりおでこの生え際が後退したりするケースが多いです。

ここからは、若ハゲの特徴についてご紹介していきます。

若ハゲの特徴①前髪が薄かったりおでこの生え際が後退したりする

若ハゲの特徴としては、まず前髪が薄かったりおでこの生え際が後退したりする点です。
前髪の毛量が少ないだけでも、人から見るとかなり薄毛の印象を与えてしまいます。

人によってもともと薄い場合もありますが、遺伝やホルモンバランスの変化、不規則な生活習慣などが原因で徐々に前髪が薄くなったりおでこの生え際が後退したりすることも少なくありません。

20~30代前後の方で、前髪が薄いと感じている方は若ハゲの可能性が考えられるでしょう。

若ハゲの特徴②頭頂部付近の肌が見えている

若ハゲになると前髪だけでなく頭頂部付近の髪の毛も薄くなって、つむじが広がって見えたり地肌が見えたりすることもあるのです。

AGAの特徴としては、前髪が薄くなりおでこの生え際が後退するM字型、そして頭頂部が薄くなるO字型などがあげられます。

自分ではなかなか気づきにくい箇所ではありますが、頭頂部の地肌が透けて見える場合は若ハゲの兆候といえるでしょう。

若ハゲの特徴③髪質が細く柔らかい

薄毛は、髪の毛が以前よりも細くなったり柔らかくなったりするのも特徴の一つです。
若ハゲも同様に、前髪が薄くなると同時に細く柔らかくなっている場合が多いでしょう。

これは、遺伝や不規則な生活習慣、乱れた食事などによってヘアサイクルやホルモンバランスが乱れることが原因です。

シャンプーをするときや手櫛をしたときに、髪の毛が弱々しく感じる場合は若ハゲになっている可能性があります。

若ハゲの特徴④頭皮が痒かったりフケが出たりする

間違ったヘアケアを続けていることで頭皮環境が悪化してしまい、頭皮に痒みを感じたりフケが出たりすることがあります。

また間違ったヘアケアだけでなく、空調の効いた空間にずっと居たり紫外線などを長時間浴びたりするのも頭皮環境の悪化を引き起こす原因です。

頭皮の炎症や乾燥が原因で抜け毛が増えて、最終的に若ハゲにつながってしまう恐れがあります。

若ハゲかも?と思ったら実践したい対策方法

リフレッシュ

すでに「前髪が薄くなってきた気がする」「つむじが大きく感じる」といった場合は、若ハゲに近づいている可能性が高いです。

では、若ハゲかもと思ったときに実践すべき対策方法・予防方法としてはどういったものがあるのか確認していきましょう。

若ハゲの対策方法①生活習慣の改善・ストレス解消

若ハゲの対策方法としては、まず生活習慣を見直すことが大切です。
食事はもちろん、睡眠不足・運動不足があるなら改善するよう努めましょう。

食事面に関しては、栄養バランスを考えることが重要です。
特にタンパク質・ミネラル・ビタミン類など髪の毛に欠かせない栄養素は、積極的に摂取することをおすすめします。

また適度な運動習慣や十分な睡眠は、ストレス解消にもつながりますので意識してみてください。

若ハゲの対策方法②正しい方法でヘアケアする

髪の毛や頭皮のことを思って行うヘアケアも間違った方法で行なっていると逆効果になってしまいます

頭皮が乾燥しやすい方、反対に皮脂が過剰に出る方は、何度もシャンプーをしているか使用しているシャンプーの洗浄力が強過ぎることが考えられるでしょう。

保湿成分や美容成分配合の頭皮に優しいシャンプーに切り替えたり、何度もシャンプーしないようにしてください。

若ハゲの対策方法③専門のサロンに相談する

生活習慣の改善やヘアケア方法の見直しによって若ハゲの予防や対策につながりますが、それだけでは良くならない可能性もあります。

そういったときは、発毛専門のサロンに相談して適切な方法で対策するのがよいでしょう
きちんと原因を調べてうえで、一人ひとりに合ったケア方法・対策方法を提案してくれます。

若ハゲの原因や特徴と対策方法まとめ

若ハゲを引き起こす原因としては、以下のようなものがあげられます。

・AGA(男性型脱毛症)
・生活習慣の乱れやストレス過多
・正しいヘアケアを行なっていない

AGAが原因の場合は、専門クリニックに相談して適切な治療を受ける必要があるでしょう。
併せて自分自身でも、生活習慣やヘアケア方法を見直して改善していくことが大切です。

もし「前髪が薄くなってきた」「若ハゲかどうか知りたい」といった方は、ぜひスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

スーパースカルプ発毛センターでは、薬に頼らない方法で薄毛・抜け毛の対策を行なっていきます。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは3位
【頭皮画像】これだけ生えれば初期脱毛は当たり前。発毛中の抜け毛の質について解説します。4位
抜け毛予防になる⁉シナモンの栄養素と育毛効果・摂り方を解説5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験