タンパク質
食事改善の第一歩はタンパク質が足りているか?のチェックです。

「筋肉の元となるタンパク質」このイメージから、筋トレをする方はプロテインなどでタンパク質を積極的に摂っている方も多いと思います。

しかし、髪の毛もケラチンというたんぱく質で作られているため、タンパク質が不足するだけでも髪質が弱ったり抜け毛や薄毛の原因になり得るのです。

【目次】

髪のもとはタンパク質

人間の身体の大部分が水分とたんぱく質で構成されていることからもわかるように、筋肉や肌、爪、そして頭皮と髪もタンパク質からできています。

毛髪成分の8割はタンパク質で構成され、そのうち「ケラチンタンパク質」が70%、シスチン結合を含まない「非ケラチンタンパク質」が10%を占めます。

髪が傷むと指通りが悪くなり、ツヤが失われてしまいます。これも、髪を包む薄い膜であるキューティクルがダメージを受け、タンパク質が流出してしまうことが原因です。

このことからもわかるように、発毛育毛を達成するには第一に欠かせない栄養素がタンパク質であると言えます。

タンパク質はどれくらい必要?

全国のスーパースカルルプ発毛センターに薄毛の相談に来られる方をみても、タンパク質が想像以上に足りていない方が圧倒的に多いです。

1日に必要なたんぱく質の量は体重によって変わりますが目安としては以下の量になります。

【体重】
40kg:1日40~50グラム
50kg:1日50~60グラム
60kg:1日60~70グラム
70kg:1日70~80グラム
80kg:1日80~90グラム

体重10kgあたりタンパク質10グラムが目安と考えましょう。

おすすめ高タンパク食材

効率よく髪に必要なたんぱく質を摂るのにおすすめな食材をご紹介します。いずれも脂質やカロリーも控えめでおすすめな育毛食です。

100グラムに含まれるタンパク質量

納豆:16.5グラム
きな粉:35.5グラム
卵:1個12.3グラム
鶏のささ身:1個23.0グラム
パルメザンチーズ:44.0グラム
イワシの丸干し:32.8グラム
etc

しっかりタンパク質を摂取しつつも、カロリーや脂質は摂りすぎないように意識して食材を選ぶことが大切です。

また、タンパク質と言っても肉類や乳製品だけでなく、ブロッコリーやバナナにも含まれていて、むしろ髪の栄養という点では脂質の多い肉類よりもおすすめです。

ビタミン、ミネラルも一緒に摂って効率よく栄養吸収するためには特定の食材を毎日たくさん摂るよりも、いろいろな種類の食品をバランスよく食べることが有効です。

発毛育毛、薄毛予防のためにも、高タンパク質の食品を毎日意識して食べるようにしましょう。

2018-12-18 (12)2018-12-18 (11)
お試し体験長四角
S__366395397


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
てっぺんハゲやつむじハゲの原因と対処法2位
プロペシア、フィンペシアだけでは発毛しにくい!?遺伝ハゲの衝撃的メカニズム3位
【44歳男性発毛実績】つむじハゲが6カ月で改善!同僚から紹介されてご来店。4位
太っている人はハゲやすいと思いますか?肥満と薄毛の関係性はとっても深い理由5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,000円(税抜)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

発毛実績97.8% お試し発毛体験