「更年期に薄毛になりやすいって本当?」
更年期とは閉経を挟んだ前後10年間を指しており、一般的には40~50代の女性に現れます。

更年期は女性なら誰しもが経験する時期であり、更年期は髪の毛だけではなく身体的・精神的に様々な変化がみられる時期です。

更年期に起こる症状は主に下記の症状が挙げられます。

  • イライラ
  • 身体のだるさ
  • 頭痛
  • 不眠
  • 抜け毛や薄毛
  • 息切れ

当記事では、「なぜ更年期に薄毛や抜け毛の症状がみられるのか?」というトピックを取り上げ、更年期に薄毛になりやすい人の特徴更年期に薄毛にならないための対策法について解説していきます。

なぜ更年期は薄毛になりやすい?

なぜ更年期は薄毛になりやすい?

女性は更年期に入ると女性ホルモンの分泌が低下するため、自律神経が乱れて身体の至る所に変化が見られます。

髪の毛に関しても、女性ホルモンのエストロゲンが減少することでヘアサイクルが乱れ、髪の毛の成長が遅くなることや髪の毛が細くなることが薄毛になりやすい原因として挙げられているのです。

また、肌の新陳代謝が低くなることで頭皮の生まれ変わりに時間がかかり、乾燥やダメージを修復する回復力が下がることも理由として挙げられます。

さらに、過去にブリーチやパーマを立て続けに行ったことによる髪へのダメージや不規則な生活習慣も薄毛になりやすい原因とされています。

しかし、女性の薄毛や抜け毛の症状は男性とは異なり、遺伝の影響は受けにくいと言われているため、しっかり対策することで薄毛や抜け毛を予防することが可能です。

更年期に薄毛になりやすい人の特徴

更年期に薄毛になりやすい人の特徴

更年期に薄毛になりやすい人は、更年期になる前の食事や生活習慣が影響していると言われていますが、更年期での身体的・精神的な症状は人それぞれのため、食事や生活が不規則な人でも全く薄毛にならないという場合もあります。

以下の中で当てはまる項目が多い方は、更年期で薄毛になりやすいといわれているため注意や対策が必要です

  • 喫煙者
  • 全く運動をしていない
  • 不規則な生活習慣
  • 睡眠時間が少ない
  • 日頃の食事バランスが良くない
  • 髪を染める時は美容院ではなく市販のカラー剤で染めている
  • ブリーチを何度も繰り返したことがある
  • パーマを繰り返しかけたことがある

更年期に薄毛になりたくないという人は、ブリーチやパーマは控えて頭皮を休ませる期間をしっかり設けることや食生活を見直して適度な運動を取り入れることで、薄毛の予防になります。

喫煙も更年期の薄毛に影響しているため、禁煙をすることで薄毛へのリスクを下げることができます。

更年期に薄毛にならないための対策

更年期に薄毛にならないための対策

更年期に訪れる女性の薄毛の症状は、男性とは異なり遺伝の影響を受けにくいため、しっかり対策をすることで更年期でも元気で美しい髪の毛を維持することができます。

当記事では、更年期の薄毛を防ぐ具体的な対策方法を3つご紹介していきます。

  • 規則正しい生活習慣にする
  • タンパク質中心の食事にする
  • 女性用の育毛剤を付けて頭皮マッサージを行う

簡単に実践できる対策を厳選してご紹介しているため、薄毛や抜け毛が不安な人は是非参考にしてみてください。

規則正しい生活習慣にする

1つ目は、規則正しい生活習慣に変えるという対策法です。

更年期は女性ホルモンの減少による自律神経の乱れが原因で薄毛やイライラ、頭痛や不眠といった症状が見られます。

さらに、更年期は身体が重く、何をするにしてもストレスになってしまいますが、そんな時こそ朝起きてすぐの軽いウォーキングやしっかりとまとまった睡眠時間を取る等、規則正しい生活習慣に整えることが大切です。

生活習慣を変えることで薄毛の予防だけではなく、不眠等の予防にもなるため、更年期の症状を全体的に予防することにも繋がります。

運動が苦手という人は、最初は軽いウォーキングやお風呂後のストレッチから始めてみるだけでも心身共に変化が表れてくるため、少しづつ継続することが大事です。

タンパク質中心の食事にする

2つ目は、薄毛対策として最も効果的と言われているタンパク質中心の食事に変更するというものです。

髪の毛は主成分の8割がタンパク質を構成するアミノ酸で構成されており、健康的な髪の毛を維持するためには、女性の場合は最低でも1日当たり50gのタンパク質を摂取する必要があります。

食事は「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の3つで構成されていますが、一般的にタンパク質の摂取量が不足している人が多く、炭水化物と脂質中心の食事は髪の毛をはじめとする身体全体に悪い影響を与えてしまいます。

最近では、コンビニでもサラダチキンやプロテインバーといったタンパク質を中心とした食品も多いため、手軽に摂取できる環境が整っています。

タンパク質だけを摂取することは身体に良くないため、炭水化物と脂質も取りすぎないように上手く摂取していくことが髪の毛にも良い健康的な食事といえるでしょう。

中でもおすすめのタンパク質食材は大豆食品です。

大豆には女性ホルモンと同じ作用を持つ大豆イソフラボンという成分が含まれており、体内でエストロゲンと同じように働いてくれるため、大豆食品を意識的に摂取するように心がけるだけで、更年期の薄毛対策になります。

スーパーなどでよく見る豆腐や納豆のような大豆食品にも大豆イソフラボンが含まれていますが、大豆イソフラボンは1日の上限摂取量が70mg程度と言われているため、豆腐1丁や豆乳コップ1杯程度を継続して摂取し続けていくことをおすすめします。

女性用の育毛剤を付けて頭皮マッサージを行う

3つ目は、育毛剤を使用した頭皮マッサージです。

更年期の頭皮は乾燥や血行が悪くなるため、頭皮マッサージで血行を良くして頭皮を柔らかくしてあげることが大切です。

また、女性用の育毛剤を頭皮に付けてあげることで育毛環境が整うだけではなく、保湿効果も期待できます。

ほかにも育毛効果のある薬を利用して予防・対策をするという方法もありますが、薬の副作用に抵抗があるという方は薬不使用のスーパースカルプ発毛センターへ1度お越しください!

更年期に薄毛になりやすい人の特徴は?まとめ

更年期に薄毛になりやすい人の特徴は?まとめ

更年期に薄毛になりやすい人は、これまでの髪へのダメージの蓄積や不規則な食生活が関係しています。

女性は男性と異なり、薄毛や抜け毛が遺伝の影響を受けにくいため、早めの対策で更年期の薄毛を防ぐことが可能です。

大豆等のタンパク質中心の食事や生活習慣を整えることが薄毛対策として効果的ではありますが、それでも更年期の薄毛が不安な人はスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

スーパースカルプ発毛センターでは、更年期で薄毛にお困りのお客様から更年期関係なく薄毛が心配なお客様まで、現在の頭皮環境をお調べし、その結果をもとに1人ひとりの薄毛や抜け毛の原因を突き止めてお客様の頭皮に最適なケアを行います。

スーパースカルプ発毛センターは全国に80店舗以上展開しているため、少しでも頭皮環境や薄毛抜け毛が気になる人はお近くの店舗にお気軽にお問い合わせください。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
5月~6月は抜け毛が増える季節。この時期に最も気を付けるべき事とは?1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは3位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは4位
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験