rf50779431_o全国90店舗以上展開!スーパースカルプ発毛協会公式ブログです。

「髪が命」の女性が薄毛で悩まない為には、予備知識が必要です。

「ハリやコシが無くなった」
「髪がパサつく」
「髪の毛が細くなって絡みやすい」

こういった女性の髪の変化は、血流が悪くなることと合わせて女性ホルモンのバランスの乱れが原因とされています。

加齢による女性ホルモンと髪の変化

女性ホルモンのバランスの乱れが必ず薄毛と直結するわけではありませんが、加齢に伴い髪の毛の状態がどう変化するのかを知っておく事は、近い将来薄毛で悩まないためにも重要になります。

20代

女性ホルモンの分泌量の頂点に向かう20代は髪の状態も良好。髪のハリやコシ、量の多さはピーク。ただし、髪質や元の本数には個人差があり、白髪が出てくる人もいます。

30代

もともとがストレートの髪の女性は徐々に髪の毛に波打ったようなうねりが出てくるように。これは髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうためで、手指通りの悪さを感じるようになります。

40代〜50代

更年期前後には髪質が低下します。閉経後にはそれが顕著になり、薄毛が目立ってきたり、白髪が増える人も多いです。

60代以降

髪の衰えは顕著になり、頭皮と髪の乾燥が加速します。当然ながら薄毛のリスクは増え、自分の髪をあきらめてウィッグの着用を始める方も多いです。

女性ホルモンを減らさないケアを

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つがあります。女性らしい体つきを維持したり、妊娠出産に大きく関わるホルモンです。髪の毛を維持するために働くとされるのはエストロゲンの方です。

つまり、女性ホルモンがピークの20代から30代40代と徐々に女性ホルモンが減退するに従って髪が衰えるのは当然なのです。

だからこそ、なるべく女性ホルモンを減らさない生活習慣や食生活が大切になります。

・適度な運動
・良質な睡眠
・疲れやストレスのケア
・バランスの良い食事

特に過労とタバコは女性ホルモンを減らすばかりでなく、男性ホルモンを増加させ、さらに薄毛を加速し兼ねないので気をつけましょう。

2018-12-18 (12)2018-12-18 (11)
お試し体験四角 - コピー


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは2位
「毛根が死んでいる」はウソ!毛根は死んでいません。細い産毛を製造し続けています!3位
年代別女性のⅯ字ハゲの原因と改善例。20代50代女性の発毛症例ご紹介4位
ビタミンが薄毛育毛・発毛治療に効果的?5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,000円(税抜)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

発毛実績97.8% お試し発毛体験

男性はこちら 女性はこちら 今すぐ電話する 受付10時~18時