育毛剤と発毛剤の違い
大正製薬のリアップの特許期間が失効したタイミングを皮切り、アンファーなど様々な企業が「発毛剤」の販売を開始して使用している方も多いのではないでしょうか?

しかし、発毛剤と育毛剤の違いについてきちんと理解していないまま、とりあえず購入して使用してしる方も多いかと思います。

今回は育毛剤と発毛剤の違いと、どんな薄毛抜け毛の症状の人がどっちを使うべきか?について解説したいと思います。

目次

 

発毛剤って何?

医学的に発毛効果が求められている薬の成分は2種類しかありません。それは「フィナステリド」と「ミノキシジルです」が、発毛剤はこの2種類の薬の成分の両方かどちらかが含まれた内服薬または外用薬(塗布薬)のことを指します。

フィナステリド:男性ホルモン抑制
ミノキシジル:血管拡張

 

発毛剤の入手方法

発毛剤は医薬品ということになりますが、入手するには次の3つの方法があります。

・病院での処方
・ドラックストアで購入(ミノキシジル外用薬のみ)
・インターネットで個人輸入

 

発毛剤の注意点

昨今、動画やブログ記事などで安易に個人輸入での購入をすすめる内容が多くなっていますが、服用量の自己判断のリスクや、体質による副作用のリスクも付きまとうので注意が必要です。

フィナステリドには1%未満という低確率ではありますが男性機能の低下というリスクも報告されています。

また、ミノキシジルには以下のような副作用が考えられます。

・初期脱毛(発毛の兆しとして抜け毛が一時的に増える)
・動機・心疾患(動脈の血流量が増える為、低血圧の方は特に心臓に負担がかかる)
・頭皮の炎症(ミノキシジル濃度が肌に合わない場合かゆみを伴う炎症)
・むくみ(血流量が増える一方、静脈の流れが悪い方や代謝が悪い方は老廃物がたまって浮腫む)(

 

例えば、効果が出ないからと言って自己判断でミノキシジルを飲む量を2倍に増やすなどすると、心疾患のリスクも数倍高まってしまいます。医薬品を使用する際は正しく理解した上で使用しましょう。

育毛剤とは?

一方、育毛剤という響きは聞きなれた感がありますが、単純に言えば薬の成分が含まれていない医薬部外品のことを指します。

例えば、センブリエキスなどの天然由来成分や、グリチルリチン酸などの抗炎症剤など比較的副作用のリスクが低い成分が主になります。

その中でも高価にはなりますが、プラセンタエキスや人由来の成長因子などは日本でもエステなどの美容の現場に広く使用され、韓国では医療分野でも積極的に用いられています。

育毛剤の入手方法

発毛剤は医薬部外品ということになりますが、入手するには以下の方法があります。

・ドラックストアで購入
・インターネット通販
・発毛サロン(プラセンタエキスや人由来の成長因子などの希少価値成分含有エッセンス)

 

育毛剤の注意点

育毛剤は医薬品ではありませんので、薬事法で守られていません。つまり、何を入れても規制が無いに近い状態で製造販売されます。

それゆえ、商品の中には利益目的に育毛有効成分がほとんど入っていない育毛剤や、いかにも効果があるように写真を無断転用した広告や根拠のない効果を謳った粗悪な送品もあるので注意が必要です。

また、どの商品を使用するにしても1カ月で効果を時間できるようなものはなく、効果が出るとしても3ヵ月~6か月以上は継続して使用してみる必要があります。

さらに、遺伝要素がかかわるAGA(男性型脱毛症)の進行を食い止めたり、発毛させる効果は育毛剤自体には残念ながら期待はできません。

発毛剤と育毛剤の作用・狙いの違い

ではどんな薄毛、抜け毛の症状の方が発毛剤と育毛剤のどちらを使うべきなのか?について解説します。

発毛剤の効果

発毛剤は脱毛した毛穴から新毛を発毛させて「蘇らせる」ために有効です。

例えば頭頂部は一つの毛穴から本来は2本以上生えているのが正常ですが、1本だけに脱毛してしまった毛穴から2本目を発毛させることも「発毛」です。

一方で、発毛剤には育毛させる効果はあまりありません。この感覚はいつもお客様の発毛と育毛を目の当たりにしているスーパースカルプの発毛技能士ならではの表現かもしれません。

発毛剤は小さい新毛を発毛させるのには有効ですが、そのあと長く太く育毛させる効果は無いのです。

その為、なおさら生活習慣や頭皮環境が悪い方などは、発毛剤を使用しても特に発毛効果すら顕著に出ないまま終わってしまう場合があります。

育毛剤の効果

逆に育毛剤には、脱毛した毛穴から発毛させるだけのパワーはないと考えてください。育毛剤とは字のごとく、弱った髪質を少し強く出来たら大成功です。

育毛剤を使った方が良い方は、「薄毛を予防したい人」「発毛と同時に育毛しなければならない人」のどちらかになります。

遺伝で短期間で進行してしまう加速度がついた薄毛の症状などには太刀打ちできないのが育毛剤です。

そのため、育毛剤を使って本当に育毛効果を得るには人由来の成長因子など、ドラックストアでは手に入らないような希少価値の高い成分を使用するほかありません。

効果をあげるために同時にやるべきこと

発毛剤、育毛剤の成分と効果の違いについてご理解いただけたでしょうか?

では、ただ薬を飲めばいいのでしょうか?ただ、育毛剤を付ければ良いのでしょうか?それは違います。

発毛剤、育毛剤どちらを使うにしても、同時に土壌となる頭皮環境を改善することで効果を最大限に発揮させる必要があります。生活習慣や食生活の改善も大切です。

一般の方でいえば、シャンプーをしっかりすることや、カラーリングやパーマなど頭皮環境を悪く習慣は薄毛が気になる方はやめることも大切です。

全国のスーパースカルプ発毛センターでは、最も効率よく発毛育毛効果をだしてお客様の薄毛の悩みを解消するため、頭皮改善の施術、生活習慣や食生活の改善のアドバイスなどを行っています。

育毛剤、発毛剤を使用して効果が出ずにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

【関連動画】
発毛剤と育毛剤の違い説明できますか?(YouTubeスーパースカルプチャンネル)

2018-12-18 (12)2018-12-18 (11)
お試し体験長四角
S__366395397


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
5月~6月は抜け毛が増える季節。この時期に最も気を付けるべき事とは?2位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは3位
年代別女性のⅯ字ハゲの原因と改善例。20代50代女性の発毛症例ご紹介4位
プロペシア、フィンペシアだけでは発毛しにくい!?遺伝ハゲの衝撃的メカニズム5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,000円(税抜)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

発毛実績97.8% お試し発毛体験