みなさんは、普段の食生活が抜け毛の原因になる可能性があることをご存知でしょうか。

ハンバーガーやピザといったジャンクフードはとても美味しいですが、これらを毎日食べていると栄養バランスはどうしても偏りがちになります。

そういった栄養バランスの悪い食事を繰り返していると、抜け毛や薄毛につながってしまう可能性があるのです。

そこで今回は、抜け毛の予防効果が期待できる食べ物や栄養素、そもそもなぜ抜け毛予防をするために栄養バランスに気を使うべきなのかを紹介します。

発毛実績 男性はこちら 女性はこちら

抜け毛は食べ物で予防できるの?

抜け毛や薄毛に悩む男性

抜け毛や薄毛は、日々の食事から髪の毛を成長させるための十分な栄養を得られれば予防につなげることが可能です。

髪を作っている「毛乳頭細胞」は、毛細血管を伝って送られてくる栄養をエネルギーにして活性化することで、健康な髪を作るように他の細胞に指示を出してくれます。

しかし、そのエネルギーとなる栄養素が日頃から不足していては頭皮環境も悪くなってしまうので毛乳頭細胞も活動が鈍くなりやすくなってしまいます。

そのため、抜け毛を予防するには食生活を見直して体の土台から整えることが大切です。

また、食生活を見直すことで明らかに抜け毛が増えている状況を直接的に改善したり、治療したりすることはできないので、あくまで予防として取り入れてみましょう。

抜け毛予防に効果的な食べ物とは?

健康的な食材

抜け毛を予防したいのであれば、タンパク質をはじめミネラルやビタミン類などを含め、栄養バランスの良い食事を意識することが大切です。

以下からは、抜け毛予防につながる食べ物としてどんなものがあるのかを紹介しています。

可能な限り無駄な抜け毛を防ぐためにも、髪の毛に良い食べ物を把握しておきましょう。

大豆食品

大豆食品には、薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンの生成を抑制する大豆イソフラボンが含まれています。

他にもタンパク質やミネラル、ビタミン類など髪の毛に欠かせない栄養素が豊富に含まれている食べ物です。

牡蠣

通称「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣は、亜鉛やアミノ酸といった栄養素が豊富に含まれているのが特徴です。

ビタミンB群の他にも、疲労回復に効果的なタウリンやグリコーゲンなども含まれています。

牡蠣は主にカキフライとして食べる機会が多いですが、抜け毛予防として揚げ物などの脂っこい食べ物を日常的に取り入れることはおすすめできないため、焼き牡蠣にするなど食べ方に工夫が必要です。

うなぎ

夏バテ予防に良いとされるうなぎには、ビタミン類に加えてタンパク質や亜鉛が豊富に含まれています。

また血行促進や中性脂肪を減らす効果があるとされるDHA・EPAも含まれており、抜け毛予防に留まらず生活習慣病にも効果的です。

鶏肉

鶏肉はビタミンB群をはじめ、亜鉛などのミネラル・コラーゲンなどが含まれています。

さらに、牛肉や豚肉と比べるとタンパク質が多く脂肪分が少ない点が特徴で、ダイエットや筋トレをしている人にも良いとされています。

脂質を抑えながらタンパク質などの栄養素を効率よく摂取できる食べ物といえるでしょう。

完全栄養食品とも呼ばれる卵はとにかく栄養価が高い食べ物で、タンパク質だけに限らず、亜鉛・鉄・硫黄といったミネラルやビオチンも豊富に含まれています。

特に黄身に含まれているビオチンには、髪の毛に栄養を届けるサポートをしてくれる役割があるといわれているのです。

効果的に卵を食べるなら、生ではなくゆで卵のように完全に火を通して食べることをおすすめします。

緑黄色野菜

トマトやピーマン・かぼちゃ・にんじんなどの緑黄色野菜には、ビタミン類をはじめとするカロテンといった栄養素が豊富です。

カロテンには抗酸化作用があり、細胞が酸化によって老化するのを防いでくれる役割があります。

緑黄色野菜は毎食しっかり食べるように意識して不足しないようにしましょう。

キムチ

キムチといえば、血行促進効果が期待できるカプサイシンが豊富に含まれています。

頭皮の血行が良くなることで、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなり抜け毛予防に繋がるというわけです。

さらに発酵食品であるキムチには乳酸菌が多く含まれており、腸内環境を整える効果もあるとされています。

抜け毛を予防する効果を持った栄養素とは?

栄養価の高い食材

私たちは、健康的な身体を普段の食事によって作っていくことができます。

それは髪の毛も同じで、食べ物が健康的な髪の毛を作り、結果的に抜け毛予防にもなるのです。

まずは、抜け毛予防に必要不可欠な栄養素にはどういったものがあるのかを知っていきましょう。

タンパク質

抜け毛を予防するために、積極的に摂取したい栄養として「タンパク質」があります。

タンパク質の一種であるケラチンは、なんと髪の毛の99%を構成しているのです。

さらに細かく分けると、ケラチンは18種類のアミノ酸によって成り立っており、そのうち最も割合が高いのが髪の毛の弾力や硬さを作っているシスチンというアミノ酸です。

こういったタンパク質(アミノ酸)を積極的に摂取することで抜け毛予防に繋がります。

ミネラル

ミネラルといえば、どういった栄養素を思い浮かべるでしょうか?

例えば亜鉛もミネラルの一種ですが、アミノ酸をケラチンに変換させる役割を持っています。

亜鉛が不足してしまうと細胞の代謝が悪くなって髪の毛が育ちにくくなるため、亜鉛は非常に大切な栄養素です。

「亜鉛で髪伸びる」は本当?亜鉛の効果や一緒に摂取すべき栄養素

ビタミン類

頭皮環境を整えてくれるビタミンA・過剰な皮脂分泌を抑制するビタミンB2・タンパク質の吸収を促進するビタミンB6といったビタミン類も、抜け毛予防に必須栄養素といえます。

他にもビタミン類は、抗炎症作用やコラーゲン生成をサポートするビタミンCや血管拡張作用のあるビタミンEなど、美肌や美髪を作るうえで欠かせないものばかりです。

そのほかの栄養素

上記で紹介した栄養の他にも以下の栄養素が抜け毛予防に良いとされています。

  • イソフラボン
  • カプサイシン
  • コラーゲン
  • カテキン
  • 乳酸菌etc...

特にイソフラボンに関しては、女性ホルモンと似た特性があり、薄毛の原因とされるジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるといわれているのです。

抜け毛の原因は食事以外にもある

抜け毛にショックを受ける男性

抜け毛の原因には普段の食生活も大きく関係することがありますが、食事以外にもさまざまな原因が考えられます。

例えば日常的に睡眠不足であったり、ストレス過多・間違ったヘアケア・お酒の飲み過ぎ・タバコの吸い過ぎなど、仕事や生活習慣など色々な原因が重なって抜け毛を引き起こすこともあるのです。

食べ物だけにこだわらず、抜け毛の原因がどこにあるのか知ることで正しく予防・対策していくようにしましょう。

もし、「抜け毛の原因が何か知りたい」「正しい予防方法を知りたい」という場合は、発毛専門のサロンへ相談することをおすすめします。

▶生活習慣の見直しで薄毛解消へ!薄毛・抜け毛になる生活習慣と改善例

まとめ|抜け毛の予防効果がある栄養を含んだ食べ物

抜け毛予防をするためには、栄養バランスの良い食生活にすることで、髪を作る指示を出してくれる細胞「毛乳頭細胞」に栄養を与えて活性化させることがとても大切です。

抜け毛の予防効果がある栄養を含んだ食べ物としては、以下のようなものがあげられます。

  • 大豆製品
  • 牡蠣
  • うなぎ
  • 鶏肉
  • 緑黄色野菜
  • キムチ

上記のような食べ物を積極的に食べることで、抜け毛の予防につながるでしょう。

しかし抜け毛は、さまざまな原因によって起こりうるものだということを忘れてはいけません。

抜け毛を引き起こしている原因を知りたい方や抜け毛を改善したい方は、スーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

原因をお調べしたうえで、抜け毛予防や薄毛対策につながる食事・生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

【実感お試し発毛体験はこちら!】


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
シャンプーブラシを使うとはげる?効果は?メリット・デメリット紹介1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
頭皮がかゆい理由はダニが原因かも?頭皮湿疹の症状や原因・予防方法3位
頭皮が夕方になると臭い?女子に増えている頭皮が臭う原因と対処法とは4位
シャンプー後のリンスやコンディショナーがハゲる原因になる!?5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円 男性はこちら 女性はこちら
0120-96-7710
男性はこちら 女性はこちら
電話する
お試し発毛体験
6,600円(税込)