自毛植毛は、薄毛治療の中でも高い効果が期待できる方法の1つですが、さまざまな施術方法がありどの種類を選択するかでメリット・デメリットに違いがあります。

自毛植毛にどんな種類があるのか知っておけば、自分に合った施術方法を選択できるだけでなく、失敗のリスクを低減させることにもつながるでしょう。

そこでこの記事では自毛植毛にどんな方法があるのか、そして種類別のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

自毛植毛の施術方法の種類について

植毛

自毛植毛を行なっているクリニックによって、さまざまな施術方法を用意しているのですが、その中でも多くのクリニックで行われているのが以下の3種類です。

・FUT法(ストリップ法)
・FUE法
・CHOI法(ニードル法)

まずは、それぞれの自毛植毛の施術方法について解説していきます。

自毛植毛の施術方法の種類①FUT法(ストリップ法)

自毛植毛の施術方法の一つ「FUT法(ストリップ法)」とは、メスを用いて頭皮ごと髪の毛を採取する方法です。

薄毛の影響を受けていない髪の毛の部分をメスによって切り取り、その採取した頭皮を株に分けて毛根と周辺組織をまるごと移植します。

自毛植毛の施術方法の種類②FUE法

「FUE法」は、先程のFUT法とは違ってメスを使用しない施術方法で、直径1mm前後の小さなパンチを用いて毛根を1つひとつくり抜いて髪の毛を採取する方法です。

他にもFUE法と似た種類で、複数本生えている毛根と周辺組織をまるごと移植する自毛植毛の施術方法で「パンチ・グラフト植毛」というものがあり、これは直径4~5mm程度の円筒形メスを用いて毛根ごと採取して移植します。

自毛植毛の施術方法の種類③CHOI法(ニードル法)

「CHOI法(ニードル法)」は、1992年に韓国で生まれた植毛方法で、植毛針という専用器具を使って穴あけと植毛を同時に行う方法となっています。

FUT法やFUE法が複数本生えている毛根の周辺組織ごと移植するのに対して、CHOI法は髪の毛1本1本を使うのが特徴です。

自毛植毛のメリット・デメリットを種類別に解説

メリットとリスク

自毛植毛の主な施術方法として「FUT法」「FUE法」「CHOI法」をご紹介しましたが、それぞれ異なる特徴、メリット・デメリットがあります。

メリット・デメリットをしっかりと把握しておけば、自分に合った自毛植毛の施術方法を選択できますので参考にしてみてください。

植毛のFUT法のメリット・デメリット

FUT法のメリットとしては、1度にたくさんの髪の毛を採取できるので手術時間を短縮することが可能なので患者さんへの負担を抑えることができます。

同時に医師にかかる負担も少なくて済むため、他の植毛方法と比べても料金がリーズナブルなケースが多いです。

一方でFUT法のデメリットとしてはメスを使うため、切り取った箇所に一文字の傷跡が残ってしまうため場合によって目立つ可能性があります。また、手術中や手術後しばらくは麻酔が効いていますが、麻酔が切れ始めると他の手術方法と比べて傷むといった点もデメリットです。

植毛のFUE法のメリット・デメリット

FUE法は、採取する毛根や周辺組織の大きさや移植する毛穴の大きさが均一になるため、きれいに仕上がるのがメリットとなっており、上述したFUT法と異なりメスを使用しないので、術後の痛みを抑えることができるほか、傷跡も目立ちにくいです。

一方デメリットとしては、一度に大量の植毛を行いたい場合に向かない方法であることが挙げられますが、最近では1時間に1,000株以上移植できる技術や設備が整っているため、他の植毛方法よりもデメリットらしいデメリットがありません

植毛のCHOI法のメリット・デメリット

CHOI法のメリットは、植毛針を使って穴あけと移植を同時に行えるため、工程が少なく手術時間の時短にもつながる点です。

さらに他の植毛方法と違って髪の毛1本1本を植毛していくため、生え際など目立ちやすい箇所も自然な仕上がりにしやすく移植痕も気になりません。

デメリットについては移植する密度に限度があることと、移植できる髪の毛の種類が細い1本毛に限定されることです。また1本1本移植していくため医師に負担がかかり、他の植毛方法と比べて手術にかかる料金が高い傾向にあります。

自毛植毛以外の薄毛の対策方法には何がある?

対策方法

薄毛治療としては、自毛植毛以外にもさまざまな方法がありますので、自分に合った方法で薄毛対策を行なっていくのがよいでしょう。

では、自毛植毛以外の薄毛の対策方法としてはどういったものがあるのか、いくつかご紹介していきたいと思います。

薄毛の対策方法①人工植毛

自分の髪の毛を移植する自毛植毛の他に、ポリエステルやナイロンといった合成繊維で作られた人工毛を埋め込む「人工植毛」もあります。

人工毛を植毛するので新たに髪の毛が生えてくるのを待たなくて良いですし、手術直後から理想の髪型に仕上がる点がメリットです。

自毛植毛よりも費用を安く抑えられますが、人工物を埋め込むため拒絶反応を起こすリスクがあり、定期的にメンテナンスを受けなければならない可能性があります。

薄毛の対策方法②育毛剤

薄毛の対策方法として一般的に思いつく方法といえば、育毛剤の使用ではないでしょうか。

最近では、さまざまな発毛の有効成分の研究が進んでおり、血行促進や男性ホルモンに働きかける成分などが配合された育毛剤が販売されています。

しかし人によっては、育毛剤を使っても効果が現れるまでに時間がかかったり、あまり効果が実感できないケースも少なくありません。

薄毛の対策方法③AGA治療

植毛に抵抗がある方や育毛剤を使ったけど効果が感じられなかった方はAGA治療を受けるという方法もあり、AGA治療薬で薄毛の改善を目指していく方法が一般的ですが、育毛剤同様にお薬でも効果が実感できない方もいると思います。

お薬でも実感できなかった方は薬に頼らない治療方法・ケア方法を提案しているスーパースカルプ発毛センターにご相談ください。

スーパースカルプ発毛センターは、業界相場の1/3~1/4の低価格となっていますので、費用がかかる植毛に抵抗がある方にもおすすめです。

自毛植毛の方法と種類別のメリット・デメリットまとめ

今回は、自毛植毛の手術方法と種類別のメリット・デメリットについてご紹介しました。
自毛植毛は、大きく分けると「FUT法(ストリップ法)」「FUE法」「CHOI法(ニードル法)」の3種類があり、それぞれ異なるメリット・デメリットがあります。

薄毛治療として高い効果を期待できる自毛植毛ですが、方法によっては手術の傷跡が残ったり費用がかかったりするため、しっかりと特徴を把握して検討するようにしましょう。

もし植毛するか迷っている方は、手術を受ける前にぜひスーパースカルプ発毛センターへご相談ください。

スーパースカルプ発毛センターでは、これまでAGA治療薬や育毛剤で効果が感じられなかったという方にも高い効果を実感いただいております。

発毛実績98.7%を誇るスーパースカルプ発毛センターで、薄毛の原因を解決し理想の髪型や毛量アップを目指しましょう!


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは2位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介3位
ヨーグルトが髪に良い理由は?育毛・薄毛予防に効果的な食べ方を紹介4位
猫っ毛はハゲや薄毛になりやすい?猫っ毛がハゲる原因と改善方法は?5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験