男性を中心に多くの方が薄毛に悩んでいますが、薄毛にはさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。薄毛にはM字ハゲやO字ハゲなどがありますが、今回はその中の一つである「分け目ハゲ」の原因と対策方法についてご紹介していきます。

分け目ハゲは、年齢や性別問わず起こりうる可能性があるので、男性に限らず女性の方もぜひご一読ください

分け目ハゲとは?特徴を知ろう

髪の毛を結わっている女性

M字ハゲやO字ハゲといった薄毛の種類はご存知だと思いますが、分け目ハゲというのを聞いたことがあるでしょうか。

みなさんの中で「最近、分け目が薄くなったような気がする」という方は、分け目ハゲの可能性がありますので、まずは分け目ハゲの特徴について知っていきましょう。

分け目ハゲとはどんな薄毛?

一般的に「薄毛・ハゲ」と聞くと成人男性に見られがちなM字ハゲ(前頭部の薄毛)やO字ハゲ(頭頂部の薄毛)をイメージする方が多いと思います。

そうした薄毛とは違って分け目ハゲは、主に「性別問わず起こる」「年齢問わず起こる」「ヘアスタイルの分け目部分に起こる」という点が特徴です。

薄毛は、成人男性に起こりやすいイメージですが、分け目ハゲに関しては若年層の方や女性の方にも起こりうるものといえます。

髪の流れを作る分け目はハゲを隠しにくい

分け目は髪の流れを作る部分であるため、薄毛になっていることを隠しにくいのが嫌なところで、どうしてもハゲていることが顕になりやすいです。

また普段から決まった分け目を作っているケースが多いため、自然に左右に分かれてしまうことも薄毛を隠しにくい理由の一つとなっています。

特に女性に関しては、髪の毛が長い方が多い分、分け目ハゲになると全体的にボリュームが少なく見えてしまったり分け目部分の薄毛が目立ったりするだけでなく、老けて見られる原因にもつながりかねません

髪の分け目がハゲてしまう原因とは?

インスタント食品

分け目ハゲは、年齢や性別問わず誰にでも起こりうる薄毛と言われていますが、なぜ髪の分け目がハゲてしまうのでしょうか。

ここからは、分け目ハゲが引き起こされてしまう原因についてご紹介していきますので、自分は大丈夫か確認してみてください。

分け目ハゲの原因①髪の毛が引っ張られる

人それぞれ髪の毛の生え方に違いや癖があるため、ブラッシングをしたりヘアセットをしたりしても自然と同じ方向に分け目が作られることが多いです。

このように毎回同じ方向に分け目が作られてしまうと、長時間一定方向に髪の毛が引っ張られて、髪の毛や毛根に負荷がかかり続けます

また人によっては、毎日同じヘアスタイルやヘアセットをする方もいると思いますが、ポニーテールやマンバンなど髪の毛を引っ張るような髪型をし続けていると「牽引性脱毛症」につながる可能性もあるでしょう。

こうした髪の毛が引っ張られることや同じ方向に負荷がかかり続けることが、分け目ハゲの原因の一つです。

分け目ハゲの原因②強い日差しを浴びてダメージを負っている

分け目の部分やつむじ付近は地肌が見えているため、何も対策をしないと頭皮が日差しに晒されてダメージを負ってしまいます

紫外線は、頭皮の表面だけでなくその奥にある真皮まで届き、髪の毛の元になる毛母細胞などにもダメージを与えてしまうため注意が必要です。

また紫外線を浴び続けると皮膚の乾燥や日焼けにもつながるので、日差しの強い夏はもちろん普段から紫外線対策を行うことが大切になります。

分け目ハゲの原因③生活習慣が乱れている

分け目ハゲが起こる原因は、髪の毛が引っ張られることや紫外線によるダメージだけでなく、普段の生活習慣にもあります。

例えば、毎日脂っこいものやインスタント食品、コンビニ弁当などばかり食べていると、栄養バランスが偏るだけでなく脂分や塩分過多になって頭皮環境の悪化につながる恐れがあるのです。

食事面以外にも睡眠不足が続いていると成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、髪の毛の成長に影響を及ぼすこともあるでしょう。

睡眠不足や栄養不足、運動不足などが原因でストレスを溜め込むと、自律神経の乱れにつながり血行不良を引き起こし、髪の毛に必要な栄養が届かなくなって薄毛になることもあります。

分け目ハゲを防ぐための対策方法

強い日差し

分け目ハゲの原因としては、髪の毛が引っ張られたり紫外線によるダメージを負ったり、生活習慣が乱れていたりすることが挙げられます。

では、分け目ハゲを防ぐためにはどういった対策方法を行えばいいのかご紹介していきますので、分け目の地肌が広くなったように感じている方は参考にしてみてください。

分け目ハゲの対策方法①同じ分け目やヘアスタイルばかりしない

分け目ハゲの対策方法としては、まず同じ分け目やヘアスタイルばかりしないように気をつけるということです。

毎日同じヘアスタイルをして髪の分け目が固定されてしまうと、一定方向にばかり引っ張られたり負荷がかかったりするため、分け目ハゲを引き起こしやすくなります。

長い間同じ分け目をしていると、癖が付いてしまってなかなかヘアスタイルを変えることが難しくなるので、普段から分け目を変えるようにすると良いです。

分け目ハゲの対策方法②日焼け止めや帽子などで紫外線対策をする

分け目部分は地肌が見えていて日差しに晒されやすいので、髪の毛や頭皮専用の日焼け止めスプレーを使ったり帽子を被ったりして紫外線対策をすることをおすすめします。

また紫外線は夏場が強い印象ですが、天気や季節関係なく降り注いでいますので、たとえ日差しが弱そうだと感じても紫外線対策は行なっておくのが良いです。

帽子を被ると蒸れてしまうという方は、麦わら帽子や通気性の良い素材の帽子を選ぶか、日傘などを代わりに使ってみてください

分け目ハゲの対策方法③発毛専門サロンで適切なケアを受ける

分け目ハゲ対策としては、上記でご紹介したことの他にも食生活や生活習慣を見直すことも大切ですし、毎日のヘアケアを意識する必要もあるでしょう。

しかしどうすればいいかわからない、自分に合ったケア方法を知りたいという方もいると思いますので、そういった方は発毛専門サロンに相談して適切なケアを受けるのも一つの方法です。

正しいヘアケア方法や生活習慣の改善方法など、さまざまな面でアドバイスしてくれることもありますので、分け目ハゲにお悩みの方もまずは相談してみるとよいでしょう。

髪の分け目がハゲて見える原因と対策方法まとめ

今回は、髪の分け目がハゲて見える原因と対策方法についてご紹介しました

髪の分け目がハゲて見える原因としては、髪の毛が引っ張られていたり強い日差しを浴びてダメージを負っていたり、普段の生活習慣が乱れていたりすることが挙げられます。

分け目ハゲを対策するには、定期的に髪の分け目を変えたり日焼け止めや帽子などで紫外線対策をしたり、生活習慣を見直したりすることが大切です。

最近分け目が広がってきた気がする、分け目ハゲが目立ってきて困っているという方は、スーパースカルプ発毛センターへご相談ください。現在の髪の分け目や頭皮環境などをお調べし、一人ひとりに合った方法でケア・対策を行なっていきます。

育毛剤やAGA治療薬などに頼ってみたけど効果がなかったという方も、スーパースカルプ発毛センターでは異なる視点からアプローチしていきますので、まずはお気軽にご相談ください。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ1位
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介2位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは3位
【頭皮画像】これだけ生えれば初期脱毛は当たり前。発毛中の抜け毛の質について解説します。4位
抜け毛予防になる⁉シナモンの栄養素と育毛効果・摂り方を解説5位
ページトップへ戻る

初回限定、実感発毛体験6,600円(税込)

発毛実績98.7%!

お申し込みはこちら

スーパースカルプ発毛センター株式会社

スーパースカルプ発毛センターは、発毛実績98.7%で、最短3ヵ月で発毛して、
業界相場1/3~1/4の低価格で発毛を全額返金制度で提供している発毛サロンです。

発毛実績97.8% お試し発毛体験