だんだんと気温も上がってきて汗をかく季節になると、髪の毛や頭皮のベタつきが気になってきますよね。

毎日しっかりシャンプーをしてケアもしているはずなのに夕方になるとベタベタと油っぽく、前髪は額に張り付くなんてことも。

今回は髪の毛がベタついてしまう原因や、それを防ぐための対処法をご紹介します。
正しい髪の洗い方もお教えしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

髪の毛がベタつく原因

髪の毛

しっかりとシャンプーしたはずなのに髪がベタついていたり、ふとした瞬間に頭皮のベタつきが気になったりしませんか?

ベタつきの原因には主に以下の4つが考えられるそうです。

過剰な皮脂

原因の1つとして挙げられるのは顔や頭皮から分泌される皮脂です。

頬っぺたなどの部分はしっかりと保湿できていても額は頬っぺたほど丁寧に保湿できていないという方が多く、お肌が乾燥肌の方は乾燥のあまり皮脂が余分に分泌されてしまうなど、額が脂っぽくなってしまいます。

また、元々の体質で皮脂の出やすい方や、10代〜20代前半にかけては皮脂の分泌が多い時期のためベタつきが気になることも多いかもしれません。

皮脂分泌が多いタイプであるにも関わらずしっとりタイプのヘアケアを使ってしまっていたり、体質に合わないケアが原因になっていることもあります。

乱れた生活習慣

生活習慣の乱れが頭皮の環境の悪化につながることがあり、頭皮環境が乱れると痒みやベタつき、臭いなどの頭皮トラブルの原因になります。

具体的には、偏った食生活や睡眠不足・ストレスや運動不足などに気をつけ、規則正しい生活を送ることを心がけることが大切です。

特に、油分を摂りすぎると皮脂の分泌量も増えると言われているため、体内の環境を整えることも重要なポイントです。

以下の記事は産後に起こる薄毛について説明した記事ですが、産後も食生活が乱れることが原因で薄毛になったりします。食生活と薄毛の関係性について説明しているため、こちららも併せてご覧ください!

産後に起こる円形脱毛症・分娩後脱毛症などの抜け毛の原因と対処法!

シャンプーの仕方

髪の毛のベタつきには洗髪の仕方が原因になることもあります。
シャンプーをする際に洗浄力の強すぎるシャンプーを使用してしまうと過剰な洗浄によって頭皮のうるおいを洗い流してしまうことがあるのです。

頭皮の潤いを洗い流してしまうと乾燥した頭皮を潤すために皮脂が余計に分泌されやすくなり、過剰な皮脂がベタつきの原因になります。

以下の記事ではシャンプーの適切な頻度と仕方などについて説明しているため、正しいシャンプーの回数や方法が気になるという方はご一読ください。

シャンプーのベスト頻度は?正しいシャンプーで健康な頭皮になる方法

正しい髪の洗い方

ヘアケアアイテム

髪のベタつきの原因には髪の洗い方も関係していることが分かりましたね。

ここからはベタつきの改善のため、正しい髪の洗い方をご紹介します。
今まで毎日行ってきたシャンプーの方法をいきなり変えるのは慣れるまで大変かもしれませんが、この機会に髪の洗い方を見直してみませんか?

①ブラッシング

いきなり髪の毛を濡らすのではなく、まず髪の毛が乾いた状態でしっかりと髪の毛全体をブラッシングしましょう。

目の荒いブラシで髪の毛全体をブラッシングすることで頭皮を優しく刺激することができるだけでなくほこりなどの髪の汚れをとり、髪の絡まりを解くことができます。

②ぬるま湯で予洗い

次に38〜40℃のぬるま湯で予洗いをします。

シャンプーをする際、シャンプーを頭皮につけて洗い流すという行為が目的となってしまっている方が多いため、予洗いをせずに簡単に濡らしてから洗い始めてしまうという方も多いですが予洗いをするかしないかで頭皮環境に大きく影響してきます。

ぬるま湯を髪全体と頭皮にかけ、頭皮や髪についた汚れやスタイリング剤をしかっりと洗い流しましょう。

③泡立てたシャンプーで洗う

シャンプーをする際はシャンプーの液をそのまま頭皮につけて洗うという方が多いのですが、シャンプーを適量手に取ったら手のひらで空気と水を混ぜるようにしてしっかりと泡立ててから洗うようにしましょう。

先に泡立てておくことでシャンプー中の摩擦を防ぐことができます。

髪を洗う時もゴシゴシとこすって洗わず、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗い、すぐ時は頭皮にシャンプーが残らないようしっかりと時間をかけて洗い流しましょう

④なるべく早く乾かす

お風呂から出たらなるべく早くドライヤーで髪を乾かします。

自然乾燥をしている方や暑い夏などはなかなかドライヤーをする気が起きないこともあるかもしれませんが、髪が濡れたままの状態で放置すると頭皮に湿気がこもり臭いの原因になったり、髪の毛が痛む原因にもなるため気をつけましょう。

ベタつく髪の対処法

つやつやの髪の毛

正しい髪の洗い方をマスターしても効果がでるまでにはしばらく時間がかかりますし、汗をかいてしまった時や元々皮脂の分泌が多い方はどうしても髪のベタつきが気になってしまうこともありますよね。

ここでは、正しく髪を洗っているにも関わらず髪がベタついてしまった時の対処法をご紹介します。

対処法①生活習慣を整える

まずは髪のベタつきの原因である乱れた生活習慣を整えることが大切です。

頭皮や髪のベタつきの原因は汗の水分ではなく汗に含まれるミネラルなのですが、このミネラルの量は生活習慣や体調によって増減します。

生活習慣が乱れていたり体調を崩している時はミネラルが多く含まれベタつきの原因になるため、規則正しい生活を心がけ健康的な生活をすることを心がけましょう。

対処法②ドライシャンプーを活用する

外出時などにベタつきが気になってしまう場合は、ドライシャンプーを活用するのも1つの方法です。

頭皮や髪に吹きかけてタオルで拭き取れば、髪のベタつきもリフレッシュできるため出先でのお直しに最適なアイテムです。

ベタつきが気になりやすい方や気温が高く汗をかきやすい日には、ドライシャンプーをカバンに忍ばせておきましょう。

対処法③フェイスパウダーなどを活用する

額に前髪が張り付くことにお悩みなら、ベースメイクに使用するフェイスパウダーを活用することができます。

汗腺の多いおでこの生え際部分にフェイスパウダーをつけておくことで、汗や皮脂をブロックし、前髪のベタつきを防ぐことができます。

皮脂が多いからと言って脂取りシートなどで皮脂を取り除いてしまうと乾燥が増し、余計に皮脂が分泌しようとしてしまうため、脂取りシートの使用は注意が必要です。

ベタつく髪の毛の対処法まとめ

発毛・薄毛の相談はスーパースカルプ発毛センターへ

髪や頭皮のベタつきの原因と正しい髪の洗い方、そしてベタついてしまった髪の対処法についてご紹介しました。

生活習慣や元々の体質など原因として考えられるものもいくつかあり、その対処法としても簡単に取り組めるものを取りあげました。

これまでベタつきに悩まされていた方もこの記事を参考に対策をしてみてください。


なぜ大手発毛サロンやAGAのお薬・サプリ育毛剤や発毛剤をすべて検討した人が 当社の発毛サロンを選ぶのか?

男性はこちら 女性はこちら

発毛・育毛コラム 正しい知識を学ぼう!

カテゴリ
全国サロン・イベント情報
発毛実績と詳細
薄毛・抜け毛の原因
頭皮と髪の正しいケア
食事・生活習慣etc
アクセスランキング
パーマをあてるとハゲるって本当?原因と対策方法をご紹介1位
ハゲやすい人の特徴とハゲやすい人におすすめの薄毛対策まとめ2位
サウナはハゲにつながる!?育毛効果を促進させるサウナの入り方とは3位
ロングヘアは抜け毛が増える?抜け毛は1日何本までなら大丈夫なの?4位
タバコを吸うとはげるって本当!?喫煙が薄毛を招く原因と対処法5位
実感おためし発毛体験初回限定6,600円
男性はこちら 女性はこちら
実感お試し
発毛体験申込
サロンを検索 電話する